クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部)
 ホームニュース野外調査観察サイト2017
online 
total 
modify:2017-03-30

観察サイト 2017

短縮URL

年別メニュー


01月02月03月
2017年03月

2017年03月

掲載順序(id)は、受け入れ順に降順(最新ほど上)で掲載しています。

-->
idメッシュ
観察日

サイト 調査員

【凡例】

[種数] 観察リスト・[種数除外]・(亜種)・写真写真リンク注目種
[観察地名/福岡県内] 備考 (観察時間、気象、識別根拠、その他)
17 5030-3578
2017-03-30
03 有働孝士
[1] 1vc
[飯塚市有安] ピチッピチッという独特の声で気づいた。クチバシはすでに黄色から鉛色に変色している。
16 5030-2595
2017-03-23
00 有働佳世子
[1] カササギ1vc
[桂川町土師]
15 5030-3578
2017-03-28
03 有働孝士
[36] ヒヨドリ・メジロ・ハシボソガラス・シロハラ・シジュウカラ・ウグイス・カワラヒワ・スズメ・ハシビロガモ・カイツブリ・ヒドリガモ・キンクロハジロ・キジバト・ホシハジロ・エナガ・ハシブトガラス・カワウ・ツバメ・セグロセキレイ・ソウシチョウ・アトリ・ミヤマホオジロ・カシラダカ・ツグミ・アオジ・ホオジロ・モズ・ジョウビタキ・カワラバト・オオバン・ハクセキレイ・コガモ・カルガモ・ヒバリ・キジc・ムクドリ
[飯塚市有安] メッシュ03調査
14 5030-3512
2017-03-28
11 三宅敏靖
[22] キンクロハジロ3・カイツブリ20+・カンムリカイツブリ4・キジバト2・カワウ4・アオサギ2・ダイサギ1・オオバン30+・ノスリ1・カワセミ1・コゲラ1・ハシボソガラス1・ハシブトガラス5・ヤマガラ1・シジュウカラ1・ヒヨドリ7・ウグイス5・シロハラ3・ルリビタキ2・カワラヒワ2・ホオジロ1・ソウシチョウ2
[[飯塚市久保白・久保白ダム] 7:30〜8:40 晴れ ダム湖はカモ類が少なくなり、静かになって来ました。
13 5030-5777
2017-03-24
00 古城英彦
[7] ツクシガモ23・ハシビロガモ7♂5♀2・オオソリハシシギ1・ダイシャクシギ69・ズグロカモメ60+・カモメ8・オオジュリン5
[北九州市小倉南区・曽根海岸] 朽網川河口周辺のみの観察。
12 5030-2609
2017-03-12
00 森永光直
[1] ツバメ1
[添田町落合・JR彦山駅前] 第849回例会:英彦山定例探鳥会/感想
11 5030-3643
2017-03-14
00 広塚忠夫
[1]
[川崎町池尻]
09 5030-2667
2017-03-12
00 広塚忠夫
[1] 70±
[添田町中元寺]
08 5030-3596
2017-03-11
00 松隈英子
[4] キセキレイ・ウグイス・ジョウビタキ・シロハラ
[飯塚市鯰田]
07 5030-3596
2017-03-10
00 松隈英子
[1] キセキレイ
[飯塚市鯰田] 初観察です。
06 5030-2337
2017-03-05
00 森永光直
[7] 1・シロハラ5・ルリビタキ♀1・アトリ1・ヒヨドリ3・アオサギ1・カワラバト10
[春日市・春日公園] ヤツガシラは1月より観察されていた 小生は初めての観察 観察時刻13:00〜14:00
05 5030-2229
2017-03-01
00 森永光直
[1] 2
[福岡市・油山] 花木園の69杭 2羽観察
04 5030-2219
2017-03-01
00 森永光直
[6] ホオジロ・コゲラ・エナガ・シジュウカラ・キジバト・
[福岡市・油山] ウグイスの囀り初認 ルリビタキ♀1 天気晴れ
03 5030-2310
2017-03-01
00 森永光直
[6] ミヤマホオジロ・シジュウカラ・カケスc・ツグミ・エナガ・カワラヒワ
[福岡市・油山] ウグイスの囀り初認 ルリビタキ♀1 天気晴れ
02 5030-2320
2017-03-01
00 森永光直
[7] ウグイスs・カワラヒワ・ヤマガラ・ホオジロ・アトリ・ルリビタキ・クロジ
[福岡市・油山] ウグイスの囀り初認 ルリビタキ♀1 天気晴れ
01 5030-3596
2017-03-01
00 松隈英子
[6] カワラヒワ8・シジュウカラ1・キジバト1・ジョウビタキ1・シロハラ1・ガビチョウ2
[飯塚市鯰田] 10時過ぎに家の周りを散歩して、発見した鳥達です。
2017年02月

2017年02月

鳥信記/2017年2月

2017年2月の総種数は86種。(先月1月は88種、前月より-2種)、57レコード、39メッシュ、報告者12名(三宅敏靖、三浦博嗣、三浦美代子、中村嘉一、古城英彦、宮本秀美、広塚忠夫、有働孝士、森永光直、渋田朗、金子忠英、阿部哲也)。
50音配列順リスト(86種、2亜種含む):アオゲラ・アオサギ・アオジ・アオバト・アトリ・イカル・イソシギ・イワツバメ・ウグイス・ウソ・ウミアイサ+・エナガ・オオタカ・オオハム・オオバン・オカヨシガモ・オシドリ・オナガガモ・カイツブリ・カケス・カシラダカ・カラスバト・カルガモ・カワウ・カワセミ・カワラバト・カワラヒワ・カンムリカイツブリ・キジバト・キセキレイ・キンクロハジロ・クサシギ・クマタカ・クロジ・ケリ・コガモ・コガラ・コゲラ・コジュケイ・ゴジュウカラ・シジュウカラ・シメ・シロエリオオハム・シロハラ・ジョウビタキ・スズメ・セグロセキレイ・ソウシチョウ・タヒバリ・ダイサギ・チョウゲンボウ・ツグミ・トビ・トモエガモ・トラツグミ・ノスリ・ハイタカ・ハギマシコ・ハクセキレイ・ハシビロガモ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・ハジロカイツブリ・(ハチジョウツグミ)・バン・ヒガラ・ヒドリガモ・ヒバリ・ヒヨドリ・ビロードキンクロ・ベニマシコ・ホオジロ・ホシハジロ・マガモ・マガン・ミサゴ・ミソサザイ・ミツユビカモメ・ミヤマホオジロ・ムクドリ・ムネアカタヒバリ・メジロ・モズ・ヤマガラ・ヤマシギ・(リュウキュウサンショウクイ)・ルリビタキ ※( )内亜種

(以上文責・有働孝士 2017-03-10)

鳥信記メモ /渋田 朗

2月も計86種(2亜種含む)の報告を頂きました。ありがとうございます。2月に入る前後には冬鳥の北帰行が始まり、身近な水辺のカモ類なども徐々に数が減ってきて、ちょっと寂しさを感じる時期かもしれません。とはいえ、去る鳥がいるなら、移動途中に立ち寄る鳥もいるはずで、気を抜いている場合ではありません。私の地元・福津市の住民によれば、ここの農地にも6〜7羽のマガンが立ち寄ったとの事ですが、あっという間に通過してしまったようです。こういう話を聞くと、いかにマメにフィールドに出るかが勝負だなぁとつくづく思います。
さて鳥信の中では、なんと言っても英彦山でのハギマシコ100+の群れが目を惹きます。筑豊では冬の英彦山以外ではなかなかお目にかかれない鳥ですので、大群に出会われたときはさぞ感激されたことと思います。厳寒期でも頻繁に英彦山に登られている、努力の賜物ですね。
1月に続いて、2月もまたケリの報告がありました。県内では局地的に農地で繁殖して、人間を含む外敵を威嚇して騒ぐ鳥として有名ですが、冬季は個体数も少なくなり、見られる場所は貴重だと思います。農地ではあとムネアカタヒバリが報告されています。県内では越冬個体数も結構居て、農耕地帯を注意深く歩いていれば、かなりの頻度で遭遇します。飛び立つときに、チィーというメジロのような地鳴きを発する音が多いので、これを覚えていれば探しやすいです。このような地元の細かい生息状況というのは、図鑑ではカバーしきれていない事も少なくなく、やはり沢山フィールドに出て体感する事が大切だと思います。
昨年末から賑やかだった福津・宗像の海鳥は、2月第一週にピークを迎えた感じで、ミツユビカモメのような珍しい顔ぶれも含め、地元では久しぶりに海鳥の大群を見る事ができました。群れは魚群を追ってどんどん移動していましたが、第二週以降は大きな群れが見つからなくなりました。
会報がお手元に届くのは3月下旬。いよいよ夏鳥の飛来が始まり、一年で最も賑やかな春の渡りシーズンが本格開幕します。今年はどんな鳥に出会えるか、今からとても楽しみです。

(以上文責・渋田 朗 2017-03-11)

「野鳥だより・筑豊」2017年4月号「鳥信記」より転載

掲載順序(id)は、受け入れ順に降順(最新ほど上)で掲載しています。

idメッシュ
観察日

サイト 調査員

【凡例】

[種数] 観察リスト・[種数除外]・(亜種)・動画動画・写真写真リンク・注目種
[観察地名/福岡県内] 備考 (観察時間、気象、識別根拠、その他)
58 5030-4531
2017-02-04
00 宮本秀美
[4] エナガ20+・メジロ3・シジュウカラ4
[宮若市・千石公園] 犬鳴予習の帰り道
57 5030-4458
2017-02-04
00 宮本秀美
[4] ケリ3・ツグミ2・トビ1・ハイタカ1
[宮若市] 犬鳴予習の帰り道
56 5030-5433
2017-02-24
00 三浦博嗣
[1] シメ
[宗像市] 久し振りに「シメ」を見ました
54 5030-6528
2017-02-14
00 三浦美代子
[19] アオゲラ・アオジ・ウグイス・エナガ・オオバン・オシドリ・カイツブリ・カルガモ・カワラヒワ・キンクロハジロ・コゲラ・シロハラ・ジョウビタキ・ソウシチョウ・ハクセキレイ・ハシブトガラス・ヒヨドリ・メジロ・ヤマガラ
[北九州市八幡西区・瀬板の森公園] 瀬板の森公園のソウシチョウとオシドリ
53 5030-6539
2017-02-26
00 金子忠英
[3] オナガガモ・ツグミ・ヒドリガモ
[北九州市八幡西区・割子川] 割子川のヒドリガモ
52 5030-3559
2017-02-27
00 有働孝士
[1] チョウゲンボウ
[飯塚市綱分]
51 5030-6528
2017-02-25
00 阿部哲也
[7] ルリビタキ・シロハラ・ジョウビタキ・アオジ・ソウシチョウ・シジュウカラ・アトリ
[北九州市八幡西区・瀬板の森] 頓田貯水池と瀬板の森で鳥見
50 5030-6598
2017-02-25
00 阿部哲也
[5] カイツブリ・キンクロハジロ・カンムリカイツブリ・オオバン・ジョウビタキ
[北九州市若松区・頓田貯水池] 頓田貯水池と瀬板の森で鳥見
49 5030-5492
2017-02-02
00 阿部哲也
[1] ジョウビタキ
[宗像市・多礼ダム] 飯塚市笠城ダム公園の鳥達と宗像市多礼ダムのジョウビタキ
48 5030-4512
2017-02-02
00 阿部哲也
[8] エナガ・カワウ・キセキレイ・キンクロハジロ・シジュウカラ・ミサゴ・メジロ・ルリビタキ
[飯塚市庄司・笠城ダム公園] 飯塚市笠城ダム公園の鳥達と宗像市多礼ダムのジョウビタキ
47 5030-1774
2017-02-28
00 広塚忠夫
[8] ハシブトガラス4・コガラ4・ヤマガラ3・ヒガラ1・シジュウカラ5・エナガ7・ゴジュウカラ2・ソウシチョウ1
[添田町・英彦山] (257) ハギマシコの大群100+に感動!
46 5030-1764
2017-02-28
00 広塚忠夫
[2] ハシブトガラス2・ゴジュウカラ1
[添田町・英彦山] (257) ハギマシコの大群100+に感動!
45 5030-1754
2017-02-28
00 広塚忠夫
[8] クマタカ1・カケス1・コゲラ1・ハシブトガラス2・コガラ1・ヤマガラ3・シジュウカラ3・メジロ3・ゴジュウカラ2・ミソサザイ1・ハギマシコ100・イカル2
[添田町・英彦山] (257) ハギマシコの大群100+に感動!
44 5030-1763
2017-02-28
00 広塚忠夫
[8] カケス1・ハシブトガラス1・ヤマガラ2・ヒガラ1・シジュウカラ4・ヒヨドリ1・ゴジュウカラ1・ミソサザイ3
[添田町・英彦山] (257) ハギマシコの大群100+に感動!
43 5030-1773
2017-02-12
00 広塚忠夫
[3] アオゲラ1・ヤマガラ3・ヒヨドリ2
[添田町・英彦山] (256) 眩しい雪の芸術品!
42 5030-1774
2017-02-12
00 広塚忠夫
[2] ヒガラ1・ルリビタキ1
[添田町・英彦山] (256) 眩しい雪の芸術品!
41 5030-1773
2017-02-02
00 広塚忠夫
[9] アオバト2・コゲラ1・ヤマガラ1・シジュウカラ1・ヒヨドリ1・ゴジュウカラ1・エナガ5・ルリビタキ1・アトリ10
[添田町・英彦山] (255) 英彦山登山は爽快だ!
40 5030-1774
2017-02-02
00 広塚忠夫
[5] コゲラ2・ハシブトガラス3・ヒガラ1・ゴジュウカラ2・ツグミ1
[添田町・英彦山] (255) 英彦山登山は爽快だ!
39 5030-6628
2017-02-16
00 宮本秀美
[17] メジロ30+・シロハラ10・ツグミ4・ルリビタキ8・シジュウカラ6・ヤマガラ6・キジバト2・ハシブトガラス4・ベニマシコ5・ミヤマホオジロ10+・ジョウビタキ8・コゲラ4・ミサゴ1・トビ1・エナガ10・カワセミ2・ウグイス1
[北九州市小倉北区・山田緑地] 野村先生の写真を見に;山田緑地
38 5030-4512
2017-02-05
00 宮本秀美
[1] ミソサザイ
[飯塚市庄司・笠城ダム公園] カワセミの狩り;笠城ダム公園
37 5030-4512
2017-02-13
00 宮本秀美
[23] キンクロハジロ6・カルガモ14・オオバン2・カイツブリ2・ジョウビタキ6・モズ1・ソウシチョウ10+・シロハラ18・ヤマガラ6・コゲラ7・シジュウカラ2・クロジ10+・ヒヨドリ4・カワセミ1・ダイサギ1・アオサギ1・ハシブトガラス3・メジロ10+・ウグイス1・ウソ5・カワウ2・ルリビタキ1・キセキレイ1
[飯塚市庄司・笠城ダム公園] カワセミの狩り;笠城ダム公園
36 5030-4512
2017-02-04
00 宮本秀美
[21] ウソ5・アオサギ4・カワウ2・ダイサギ2・ジョウビタキ2・メジロ5・ウグイス1・コゲラ2・エナガ10+・シジュウカラ2・ヤマガラ6・ソウシチョウ10+・シロハラ3・ヒヨドリ4・キンクロハジロ10・カルガモ20・オオバン4・(リュウキュウサンショウクイ)2・ツグミ1・ハシブトガラス2・クロジ10+
[飯塚市庄司・笠城ダム公園] 犬鳴予習の帰り道
35 5030-4512
2017-02-01
00 宮本秀美
[19] メジロ20・コゲラ5・ヤマガラ10・シジュウカラ8・エナガ20・ヒヨドリ10・ジョウビタキ6・シロハラ5・ハシブトガラス6・キンクロハジロ10・カルガモ20・オオバン6・カワウ3・ダイサギ4・アオサギ2・クロジ20・ソウシチョウ4・ミヤマホオジロ6・トラツグミ1・タカ sp. 1
[飯塚市庄司・笠城ダム公園] 笠城ダム公園(飯塚市)2月1日
34 5030-3502
2017-02-19
00 中村嘉一
[1]
[桂川町寿命・中屋橋] 久保白ダムでの探鳥会のため、王塚古墳を出発して直ぐの午前9時18分ころ、穂波川に架かる中屋橋から橋の先約70メートルの下流側の左岸を移動しながら捕食しているのを発見・撮影しました。
33 5030-5411
2017-02-26
00 渋田朗
[1] 1v
[福津市・久末ダム] 越冬個体が福岡支部の探鳥会で1月・2月と続けて観察された。
32 my7vt
2017-02-11
00 渋田朗
[1] ムネアカタヒバリ4cv
[福津市津屋崎] この日は4羽が群れていたが、この冬はタヒバリ類の個体数がちょっとさびしい感じ。
31 by7vt
2017-02-11
00 渋田朗
[1] マガン幼鳥1v
[福津市津屋崎] 相変わらず神出鬼没ながら越冬中。この数ヶ月で嘴基部の白色部がやや大きくなり、成長が感じられる。
30 1y8mt
2017-02-05
00 渋田朗
[7] ビロードキンクロ6v・ミツユビカモメ成鳥1f・第一回冬羽1f・カンムリカイツブリ100v+・ハジロカイツブリ300v+・オオハム5v・シロエリオオハム100v+・ウミアイサ200v+
[宗像市] この日をピークに海鳥の大きな群れは見られなくなった。
29 ay7vt
2017-02-05
00 渋田朗
[1] トモエガモ12v
[福津市津屋崎] 本種は溜池の岸沿いでひっそりしている印象が強いが、この日は海辺の目立つ場所に群れていた
28 by7vt
2017-02-05
00 渋田朗
[1] ヤマシギ1f
[福津市津屋崎] 民家が立ち並ぶ一帯の植え込みの根本から飛び立ってびっくり
27 fy7ut
2017-02-04
00 渋田朗
[1] ウミスズメ類 sp. 8f
[福津市津屋崎] 沖を飛ぶ姿のみ
26 0y7vt
2017-02-04
00 渋田朗
[1] アオゲラ2v
[福津市津屋崎] 目立つ木の幹にペアでじっととまっていた。ペアでの行動が目立つ。
25 zy7ut
2017-02-04
00 渋田朗
[1] カラスバト2f
[福津市津屋崎] 離島ではおなじみだが本土では稀。また地元ではこれまで秋の渡りの記録のみで、越冬期は初めて。
24 1y8mt
2017-02-04
00 渋田朗
[2] ビロードキンクロ8v・ミツユビカモメ成鳥1f・第一回冬羽1f
[宗像市] ビロードキンクロはこの冬は越冬しているが、この日が最多の個体数。ミツユビカモメは2週連続の確認だが、前週のポイントから何キロも離れた場所。
23 5030-3512
2017-02-25
11 三宅敏靖
[28] ヒドリガモ3・マガモ100+・ハシビロガモ2・ホシハジロ5・キンクロハジロ30+・カイツブリ10+・カンムリカイツブリ2・キジバト2・カワウ7・アオサギ1・ダイサギ1・オオバン100+・ノスリ1・カワセミ1・ハシブトガラス5・ヤマガラ2・ヒヨドリ8・ウグイス3・エナガ5・メジロ2・シロハラ4・ツグミ2・ルリビタキ1・ジョウビタキ2・スズメ2・ハクセキレイ1・ミヤマホオジロ2・ソウシチョウ5
[飯塚市久保白・久保白ダム] 09:00〜10:10 曇り 春めいて、水鳥もだんだん少なくなりました。
22 5030-3578
2017-02-26
00 有働孝士
[29] カワラヒワ・ヒヨドリ・ハシブトガラス・ウグイスcv・ジョウビタキ・カワウ・ハシビロガモ・メジロ・キジバト・コガモ・スズメ・コジュケイc・ソウシチョウc・ツグミ・エナガ・シロハラ・ホオジロ・カシラダカ・セグロセキレイ・カワセミ・キセキレイ・モズ・カルガモ・ハクセキレイ・カワラバト・トビ・ヒバリsf・ヒドリガモ・ハシボソガラス
[飯塚市有安] メッシュ03調査
21 syekt
2017-02-24
00 古城英彦
[5] ミサゴ1・ケリ3・クサシギ1・ムネアカタヒバリ1cf・タヒバリ4
[行橋市] ムネアカタヒバリは少し離れた所を鳴きながら飛んで行った。
20 5030-4051
2017-02-24
00 古城英彦
[9] オオタカ1・アオゲラ1c・ウグイス1s・シロハラ7・ツグミ50+・ジョウビタキ3♀・カシラダカ10+・ミヤマホオジロ10+・アオジ5+
[行橋市長井] オオタカは山陰に飛んで行くところ確認。それと、今年初めてウグイスの初鳴きを聞いた。
19 5030-5433
2017-02-24
00 三浦博嗣
[1]
[?] 久し振りに「シメ」を見ました
18 5030-3557
2017-02-18
00 中村嘉一
[2] アオジ シジュウカラ
[飯塚市] シジュウカラの鳴き声は、動画ではそれぞれ鳴き方が異なるように感じますが?
17 5030-4512
2017-02-18
00 有働孝士
[21] ハシブトガラス・マガモ・オオバン・カルガモ・メジロ・アオサギ・カイツブリ・ルリビタキ♂・ダイサギ・シロハラ・コゲラ・キンクロハジロ・カワラヒワ・ソウシチョウ・ツグミ・ヤマガラ・ジョウビタキ・モズ・エナガ・ヒヨドリ・シジュウカラ
[飯塚市庄司・笠城ダム公園]
16 5030-3553
2017-02-15
00 中村嘉一
[10] 2・モズ2・ハシボソガラス3・ 5・ ・カイツブリ・カワセミ・ハクセキレイ・ダイサギ・ヒヨドリ
[飯塚市若菜・内住川] 晴天で、ヒバリが鳴きながら飛翔(上昇)していました。今季初認です。
15 5030-6528
2017-02-15
00 中村嘉一
[15] ジョウビタキ3・ヤマガラ・ 2・ 8・ 10・ヒヨドリ4・カワラヒワ4・トビ2・アオジ2・キセキレイ・メジロ2・カルガモ8・キンクロハジロ6・
[北九州市八幡西区・瀬板の森公園] 08:59〜10:56 野鳥が近い瀬板の森公園
14 5030-2229
2017-02-15
00 森永光直
[5] メジロ・シロハラ・ホオジロ・シジュウカラ・ヒヨドリ
[福岡市・油山]
13 5030-2219
2017-02-15
00 森永光直
[10] ホオジロ・イカル・ジョウビタキ♀・ ・ルリビタキ♂・シロハラ・ウグイス・コゲラ・モズ・ヒヨドリ
[福岡市・油山] ベニマシコは野焼き実施で移動したと思える
12 5030-2310
2017-02-15
00 森永光直
[7] アトリ・メジロ・カワラヒワ・ジョウビタキ♀・シジュウカラ・ツグミ・ヒヨドリ
[福岡市・油山] アトリはモミジバフウの実を
11 5030-2320
2017-02-15
00 森永光直
[7] ♂♀・ミヤマホオジロ・ ・シロハラ・ヤマガラ・カワラヒワ・ヒヨドリ
[福岡市・油山] 08:10〜11:30 晴れ ルリビタキ・シロハラ・ヤマガラ・ヒヨドリはハゼの実を
10 5030-3547
2017-02-14
00 中村嘉一
[12] カルガモ3・コガモ5・ 2・バン・カイツブリ・シロハラ4・ジョウビダキ・ 4・アトリ4・メジロ5・
[飯塚市上三緒ガンジャクため池・神田池] 16:11〜16:36 ミヤマホオジロの正面からの観察は、初めてです。キジバトの両足の色が違うのは、光線の関係ですかね。
09 5030-3547
2017-02-12
00 中村嘉一
[1] バン
[飯塚市上三緒・ガンジャクため池] 本日、午後4時11分ころ、飯塚市上三緒ガンジャクため池で、バンの水浴びの動画撮影ができましたの参考まで送信します。撮影の設定を間違えたようで、画面が少し暗くなっています。
08 5030-3547
2017-02-11
00 中村嘉一
[10] コガモ15・カイツブリ・キンクロハジロ♀・ 5・ジョウビダキ2・ 3・ヒヨドリ2・ハシブトガラス2・ 4・アトリ3
[飯塚市上三緒・ガンジャクため池、神田池] 16:10〜17:18 エナガかシメとの再会を期待していました。約20分間粘ってエナガと再会できました。最初に出逢った高さ約5メートル木に、約6分間動き回って採食していました。
07 5030-3643
2017-02-08
00 広塚忠夫
[18] バン2・ムクドリ40+・オカヨシガモ4・ヒドリガモ17・カルガモ8・オオバン2・キジバト7・イソシギ1・クサシギ2・ハシボソガラス2・ハクセキレイ1・コガモ10・アオサギ1・イワツバメ10+・ヒヨドリ6・シロハラ1・ウグイス1・ツグミ2
[川崎町池尻] 14:53〜15:40、曇り一時小雨、弱風
06 5030-3653
2017-02-08
00 広塚忠夫
[15] スズメ3・イワツバメ10+・アオサギ2・ダイサギ1・シロハラ1・ハシビロガモ4・キジバト1・ヒヨドリ2・トビ1・カイツブリ3・オオバン1・イソシギ1・ツグミ3・ムクドリ10+・モズ1
[田川市奈良] 14:20〜14:53、曇り一時小雨、弱風
05 5030-3547
2017-02-08
00 中村嘉一
[13] ・カイツブリ・キンクロハジロ♀・コガモ4・メジロ2・ジョウビダキ3・シロハラ4・カワウ・ 2・カワラヒワ2・ヒヨドリ3・ハシブトカラス・キジバト3・ [再掲:バン・カイツブリ・コガモ]
[飯塚市上三緒・ガンジャクため池] エナガとの再会を期待していたが、代わりにシメと逢うことができました。
04 5030-4512
2017-02-07
00 有働孝士
[23] カイツブリ3・モズ2・ハシブトガラス・ダイサギ1・コゲラ4・メジロ8・ツグミ4・シジュウカラ4・シロハラ5・ミヤマホオジロ1・カシラダカ1・ハシボソガラス1・オオバン3・カルガモ4・アオサギ2・キセキレイ1・イカル1s・キンクロハジロ5・ソウシチョウ6・ヤマガラ1・ヒヨドリ6・カワウ2・ジョウビタキ5
[飯塚市庄司・笠城ダム公園] M氏ご報告のクロジを求めたが成果なし。アオジさえ観察できず。意外に広い公園に感心しきり。
03 5030-3547
2017-02-02
00 中村嘉一
[1]
[飯塚市上三緒・神田ため池]
02 5030-3567
2017-02-01
00 中村嘉一
[1]
[飯塚市有安・鳥羽池]
01 5030-3547
2017-02-01
00 中村嘉一
[10] ・メジロ2・ジョウビダキ♂・ 3・ハクセキレイ・ コガモ13・ヒヨドリ・シジュウカラ・ ・ダイサギ
[飯塚市上三緒・ガンジャクため池]
2017年01月

2017年01月

鳥信記/2017年1月

2017年1月の総種数は88種。(先月12月は79種、前月より+9種)、69レコード、45メッシュ、報告者11名(三宅敏靖、中村嘉一、古城英彦、宮本秀美、広塚忠夫、有働孝士、松本勲、松隈英子、森永光直、渋田朗、阿部哲也)。
50音配列順リスト ※( )内亜種:アオゲラ・アオサギ・アオシギ・アオジ・アオバト・アカエリカイツブリ・アトリ・アリスイ・イカル・イソシギ・イワツバメ・ウグイス・ウソ・エナガ・オオアカゲラ・オオバン・オカヨシガモ・オシドリ・カイツブリ・カケス・カシラダカ・カツオドリ・カルガモ・カワウ・カワガラス・カワセミ・カワラヒワ・カンムリウミスズメ・カンムリカイツブリ・ガビチョウ・キジバト・キセキレイ・キンクロハジロ・クイナ・クサシギ・クロジ・クロツラヘラサギ・ケリ・コガモ・コガラ・コゲラ・コサギ・コチドリ・ゴジュウカラ・シジュウカラ・シメ・シロハラ・ジョウビタキ・スズメ・セグロセキレイ・ソウシチョウ・ダイサギ・(チョウセンチョウゲンボウ)・ツグミ・ツメナガホオジロ・トビ・トモエガモ・ハイタカ・ハクセキレイ・ハシビロガモ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・ハヤブサ・バン・ヒガラ・ヒドリガモ・ヒヨドリ・ビロードキンクロ・ヘラサギ・ベニマシコ・ホオジロ・ホシハジロ・マガモ・マガン・マヒワ・ミコアイサ・ミサゴ・ミソサザイ・ミツユビカモメ・ミヤマホオジロ・ムクドリ・ムネアカタヒバリ・メジロ・モズ・ヤマガラ・ヤマセミ・ヨシガモ・ルリビタキ(88種、1亜種含む)

(以上文責・有働孝士 2017-02-09)

鳥信記メモ /渋田 朗

先月の『お試し』が及第点をいただけたとのことで、今月から正式に鳥信記メモを担当させていただくことになりました渋田です。若輩者の私に務まるか不安は残りますが、精一杯やりますのでよろしくお願いいたします。
1月という時期は、越冬地にも慣れて割とのんびりした冬鳥の姿を楽しめる一方で、強い寒波に乗っかるように、この地域では珍しい鳥が南下してくることがあります。寒波で荒れた天候になると、実は内心ワクワクしています(笑)。
そんな2017年最初の鳥信ですが、元日から幸先よくアオシギ・ベニマシコが報告されています。アオシギが生息するのは非常に限られた貴重な環境ですので、この環境を大切にして、見つけた時はそっと見守りたいものです。
ガンカモ調査の時期でもあり、最大19羽ものミコアイサをはじめ、水鳥の報告が多いですが、意外にもオナガガモの報告がありませんでした。私の住む津屋崎では、マガモ・カルガモに次ぐ個体数なのですが、筑豊(内陸の池やダム湖での観察が多い)との環境の違いでしょうか。
逆に、こちらではさっぱりのウソやマヒワ・イカルなどアトリ科の小鳥が、他の各地では普通に観察されていて、ちょっと地域が変われば鳥相も違うんだなぁと実感しています。福岡市の油山では、ベニマシコも安定して観察できているようで羨ましいです。ところでウソで思い出しましたが、この地域では亜種ウソよりも亜種アカウソの方がずっと個体数が多い事は、意外と知られていないようです。ウソの群れを見かけたら、胸に赤味・褐色味の無い、綺麗なグレーの亜種ウソが混じっていないか確認してみて下さい。
この冬は福津・宗像の海鳥が好調で、ミツユビカモメやカンムリウミスズメなど、かつて大豊作だった2009〜10年の冬に匹敵する顔ぶれです。ただし殆どが沖にいて遠距離の観察になることと、非常に広範囲を移動して回っているようで大変でした。既にピークは過ぎたようで、原稿執筆中の2月中旬には、また静かな海に戻った感じです。
さて、先月のホイグリンカモメに続いてまた難問ですが、亜種チョウセンチョウゲンボウが報告されています。今回報告のような特徴の個体は、冬季に時々記録されますが、その分類や取扱いは、書籍によって以下のようにわかれています(書籍名は各々の説の掲載例)。

@このような個体への言及なし(日本鳥学会(2014): 日本鳥類目録 改訂第7版 日本鳥学会)
AFalco tinnunculus tinnunculus 基亜種チョウセンチョウゲンボウとして掲載(真木広造・大西敏一・五百澤日丸(2014):日本の野鳥650 平凡社,東京)
B亜種チョウゲンボウの淡色型か、別の亜種F. t. perpallidusか不明との解説 (Mark Brazil (2009): Birds of East Asia, Princeton University Press, New Jersey)

今回の報告は『亜種チョウセンチョウゲンボウ』の表記で、上記Aの説に沿った報告です。本件のように諸説ある場合、基本的に報告者の意図を尊重した上で、わかる範囲で補足をしたいと考えています。
当会がリファレンスとする@の日本鳥類目録では、大陸系亜種の記録は検討もされていないようです。理由は不明ですが、本件を詳細研究した論文などの実績がまだ無いのでしょうか。またBのF. t. perpallidusは、ロシア極東部から中国東部、朝鮮半島に分布する別亜種とされていて興味深いですが、この亜種を認めていない研究者も多いとのこと。
上記はいずれも著名な書籍ですが、それらの間でも見解がわかれるような問題が、私たちの手の届く範囲にも意外と残っているということですね。特に亜種分類の問題は非常に難しく、論文や海外文献(この場合ハヤブサ科の専門書など)も調べる必要が出てきます。もちろん私もそこまで出来ていませんが、まだ未解明の問題にどなたか挑戦してみませんか!

(以上文責・渋田 朗 2017-02-14)

「野鳥だより・筑豊」2017年3月号「鳥信記」より転載

掲載順序(id)は、受け入れ順に降順(最新ほど上)で掲載しています。

idメッシュ
観察日

サイト 調査員

【凡例】

[種数] 観察リスト [種数除外] (亜種) 写真写真リンク 注目種
[観察地名/福岡県内] 備考 (観察時間、気象、識別根拠、その他)
69 5030-5492
2017-01-13
00 阿部哲也
[2] ミコアイサ19・ジョウビタキ
[宗像市・多礼ダム] 宗像市・多礼ダムのミコアイサ
68 5030-4424
2017-01-12
00 阿部哲也
[5] アオジ・ウソ・ジョウビタキ・ミヤマホオジロ・ルリビタキ
[宮若市犬鳴・犬鳴ダム] 犬鳴ダムの近況
67 5030-6528
2017-01-05
00 阿部哲也
[10] アオジ・ウグイス・エナガ・オシドリ・コゲラ・ジョウビタキ・シロハラ・ソウシチョウ・ヒヨドリ・ルリビタキ
[北九州市八幡西区・瀬板の森公園] 瀬板の森公園で初撮り
66 5030-1774
2017-01-21
00 広塚忠夫
[4] ハシブトガラス1・ヒヨドリ2・ゴジュウカラ6・オオアカゲラ1
[添田町・英彦山] (254) 愚かな登山
66 5030-1773
2017-01-21
00 広塚忠夫
[12] コゲラ1・アオゲラ2・カケス2・ハシブトガラス1・コガラ3・ヤマガラ5・ヒガラ1・シジュウカラ1・ヒヨドリ1・ゴジュウカラ3・シロハラ1・ウソ7
[添田町・英彦山] (254) 愚かな登山
65 5030-1773
2017-01-07
00 広塚忠夫
[14] アオバト1・コゲラ1・オオアカゲラ2・アオゲラ2・カケス3・ハシブトガラス24・ヤマガラ13・シジュウカラ12・ヒヨドリ3・ゴジュウカラ2・ミソサザイ1・ツグミ3・ルリビタキ1・ウソ2
[添田町・英彦山] (253) ウソに翻弄された初英彦山
64 5030-3567
2017-01-19
00 中村嘉一
[1] オオバン
[飯塚市有安・鳥羽池]
63 5030-1782
2017-01-24
00 宮本秀美
[5] カワラヒワ2・ヤマガラ2・ヒヨドリ2・コゲラ1・ハシブトガラス2
[添田町・英彦山] 2017四王寺の滝
62 5030-1773
2017-01-24
00 宮本秀美
[7] シジュウカラ4・ヒガラ2・ヤマガラ4・コゲラ6・ミソサザイ2・ハシブトガラス2・ヒヨドリ3
[添田町・英彦山] 2017四王寺の滝
61 5030-4512
2017-01-07
00 宮本秀美
[11] ジョウビタキ2・ヤマガラ6・シジュウカラ4・エナガ10+・メジロ10+・カワセミ1・アオサギ2・キセキレイ2・コガモ2・ハシブトガラス4・ヒヨドリ10+
[飯塚市・笠城] 大ヶ原(川崎町)・千石(宮若市)・笠城(飯塚市)
60 5030-2696
2017-01-07
00 宮本秀美
[12] ジョウビタキ4・アオジ6・シロハラ4・ヒヨドリ10・キセキレイ3・ミヤマホオジロ10+・カシラダカ6・アトリ10+・メジロ10+・ヤマガラ2・シジュウカラ3・エナガ10+
[川崎町・大ヶ原] 大ヶ原(川崎町)・千石(宮若市)・笠城(飯塚市)
59 5030-3512
2017-01-31
11 三宅敏靖
[25] ヒドリガモ30+・マガモ200+・カルガモ5・ホシハジロ10+・キンクロハジロ100+・ミコアイサ1・カイツブリ10+・カンムリカイツブリ1・キジバト2・カワウ10+・アオサギ1・ダイサギ1・コサギ1・オオバン150+・ハシブトガラス5・シジュウカラ2・ヒヨドリ15・ウグイス2・メジロ7・シロハラ3・スズメ5・ハクセキレイ1・アオジ2・クロジ1・ソウシチョウ8
[飯塚市久保白・久保白ダム] 13:00〜14:30 晴れ ダム湖に珍しく、ミコアイサ♂が入っていました。ダム湖周辺では、例年この時期に数多く見られるミヤマホオジロが見当たりません。
58 iy7yt
2017-01-29
00 渋田朗
[1] ミコアイサ13v
[宗像市] この冬は10羽強の数でほぼ安定して見られる。
57 2y7vt
2017-01-29
00 渋田朗
[1] マガン幼鳥1v
[福津市津屋崎] 越冬しているが相変わらず周辺の水辺を飛んで回っているようで、発見できない日も多い。
56 ry8lt
2017-01-29
00 渋田朗
[2] トモエガモ14v・ミコアイサ雌2v
[福津市津屋崎] トモエガモ14羽は今季最多。
55 vy7vt
2017-01-28
00 渋田朗
[1] ミツユビカモメ成鳥1vf
[福津市津屋崎] 沖の方に多くのカモメ類が飛翔する中、独特の翼のパターンが確認できた。
54 xy7vt
2017-01-22
00 渋田朗
[1] コチドリ3v
[福津市津屋崎] 工事で水が干上がった溜池に3羽。この地域での越冬個体は珍しい。
53 py7ut
2017-01-21
00 渋田朗
[1] アカエリカイツブリ1v
[福津市津屋崎] 今季何度か姿が見られるが、この日が一番海岸から近い位置に浮いていた。それでも写真は厳しい。
52 qy7ut
2017-01-21
00 渋田朗
[1] アリスイ1v
[福津市津屋崎] 車道のすぐ横の林縁にとまっており、危うく見逃すところだった。ここ数年越冬個体が増えてきたようにも感じる。
51 qy7ut
2017-01-14
00 渋田朗
[1] カツオドリ2vf
[福津市津屋崎] 数年ぶりに海岸から確認。以前は毎冬見られたが、ここ数年は姿を見る機会がなかった。
50 wy7vt
2017-01-07
00 渋田朗
[1] ツメナガホオジロ1vf
[福津市津屋崎] ヒバリの群れに混じって飛翔、鳴き声も。やっと今季初認の非常に手強い相手。
49 py7ut
2017-01-07
00 渋田朗
[1] カンムリウミスズメ6v・ウミスズメ類 sp. 9f
[福津市津屋崎] 久しぶりにカンムリウミスズメ6羽が、海岸から確認できる距離に浮いていた、その他は沖を飛ぶ姿。
48 1y8mt
2017-01-07
00 渋田朗
[1] ビロードキンクロ6v
[宗像市] 12/31初認時から1羽増えて6羽を確認。
47 0y7vt
2017-01-04
00 渋田朗
[1] シメ4v
[福津市津屋崎] この冬の早い時期は、地元フィールドではあまり見かけなかったが、年末辺りから少し見る機会が増えてきた。ウソ・マヒワ・イカルなどのアトリ科の小鳥が、引き続きなんとなく不調な感じ。
46 5030-3642
2017-01-28
00 広塚忠夫
[12] ヒヨドリ9・イカル3・キジバト1・カワラヒワ10+・トビ1・カシラダカ5・ツグミ1・ 1・ウグイス1・エナガ10+・ダイサギ1・カイツブリ1
[田川市位登] 14:50〜16:00、快晴、弱風、(イノシシ:ウリ坊1)
45 5030-3643
2017-01-28
00 広塚忠夫
[8] モズ3・オオバン4・コガモ18・ツグミ7・トビ2・ホオジロ2・セグロセキレイ2・ヒヨドリ1・カルガモ10・イソシギ1・ハイタカ1・キジバト1
[川崎町池尻] 14:15〜14:50、快晴、弱風
44 5030-3653
2017-01-28
00 広塚忠夫
[8] モズ1・アオサギ1・コサギ2・カイツブリ1・ヒヨドリ2・バン1・オオバン1・スズメ10+
[田川市奈良] 14:00〜14:15、快晴、弱風
43 5030-3642
2017-01-12
00 広塚忠夫
[14] ヒヨドリ13・シロハラ2・ジョウビタキ1・(@カラ池:ホシハジロ1)・カワラヒワ20・(Aノシ池:ホシハジロ6)・(B池:マガモ6・ホシハジロ2・カイツブリ1)ダイサギ1・トビ1・ウグイス1(C池:ホシハジロ2・キンクロハジロ1・オオバン1)ツグミ1・ソウシチョウ1
[田川市位登] 11:32〜12:31、曇り、弱風
42 5030-3643
2017-01-12
00 広塚忠夫
[12] オカヨシガモ9・ヒドリガモ2・カイツブリ2・ホオジロ8・カルガモ5・コガモ3・ムクドリ20・ウグイス1・カワウ1・ツグミ3・ハクセキレイ1・ジョウビタキ1
[川崎町池尻] 11:00〜11:32、曇り、弱風
41 5030-3563
2017-01-12
00 広塚忠夫
[9] スズメ2・ヒヨドリ4・コサギ1・セグロセキレイ1・カルガモ1・カイツブリ3・オオバン4・カワウ1・ムクドリ1
[田川市奈良] 10:44〜11:00、曇り、弱風
40 5030-3578
2017-01-28
00 有働孝士
[14] カワラヒワ・スズメ・ヒヨドリ・ツグミ・ハシボソガラス・ホシハジロ・メジロ・シロハラ・ハシブトガラス・イワツバメ3f・ウグイス・キセキレイ・モズ・セグロセキレイ
[飯塚市有安] メッシュ03調査
39 5030-3557
2017-01-26
00 中村嘉一
[8] ツグミ・ 2・スズメ6・ 2・ホオジロ・ハクセキレイ2・ 2・ヒヨドリ5・
[飯塚市上三緒] カワセミとの再会を願って観察しましたが、願いは叶わず。カラスは、高度が高く、ハシブトかハシボソか不明。
38 5030-2219
2017-01-21
00 森永光直
[8] ♂1♀1・マヒワ16・ 36・ミヤマホオジロ17・カワラヒワ5・アオジ1・カケスc・ 3 ベニマシコ♂1♀1
[福岡市・油山] ベニマシコ♀動画2 写真(ウソ・ルリビタキ♂・アトリ)
37 5030-3532
2017-01-21
00 有働孝士
[14] ハシボソガラス・セグロセキレイ・ハクセキレイ・アオジ・トビ・カシラダカ・ツグミ・ハヤブサ・モズ・ジョウビタキ♀・カワラヒワ・クサシギ・イソシギ・キセキレイ
[飯塚市安恒・内住川]
36 syekt
2017-01-15
00 古城英彦
[1] ケリ6
[行橋市]
35 zyejt
2017-01-15
00 古城英彦
[4] ミコアイサ1♂・カンムリカイツブリ1・ヘラサギ2・クロツラヘラサギ1
[行橋市] 自分のお膝元でミコアイサとヘラサギが同時に見れるとは。バンザ〜イ!!
34 syekt
2017-01-01
00 古城英彦
[2] (チョウセンチョウゲンボウ)1♀幼鳥・ムネアカタヒバリ1冬羽
[行橋市] チョウセンチョウゲンボウ観察記 チョウセンチョウゲンボウは平凡社『日本の野鳥650』や文一総合出版『比べて識別!野鳥図鑑670』では「チョウゲンボウの亜種」として掲載されていますが、『日本鳥類目録 第7版』や日本野鳥の会『フィールドガイド日本の野鳥』では掲載されていません。よって、後者に従事し、ひとつの種として報告しました。
※チョウセンチョウゲンボウ(Falco tinnunculus tinnunculus)は冬期に大陸から渡ってくるチョウゲンボウの亜種ですが渡来数は、そんなに多くはないようです。また、♂は違いがはっきりとしているので、まず間違わないそうですが、♀は似ています。一番の識別ポイントは胸から下腹にかけての縦斑。チョウゲンボウ♀は比較的長くて太い縦斑ですが、チョウセンチョウゲンボウ♀は細くて短い縦斑で下に行くにつれて点斑になって行きます。また、頭から背中の色もチョウゲンボウより薄いようです(全体的にピンクぽく見える。ただ、この件は個体差があるようです)。
33 5030-3596
2017-01-19
00 松隈英子
[1] カワラヒワ2
[飯塚市鯰田]
32 5030-4728
2017-01-15
00 古城英彦
[4] オカヨシガモ4・ヒドリガモ16・マガモ14・アオジ4
みやこ町国作] ガンカモ調査
31 5030-4727
2017-01-15
00 古城英彦
[4] ヒドリガモ65・マガモ4・カワセミ1・シロハラ1
[みやこ町豊津] ガンカモ調査
30 5030-4738
2017-01-15
00 古城英彦
[4] コガモ8・ホシハジロ3・キンクロハジロ5・ケリ2
[行橋市南泉] ガンカモ調査 この周辺ではケリは初観察。局地的だが分布を拡げているのか?
29 5030-4728
2017-01-15
00 古城英彦
[6] ヒドリガモ6・マガモ23・コガモ11・ハシビロガモ27・ホシハジロ15・キンクロハジロ17
[行橋市南泉]ガンカモ調査
28 5030-4737
2017-01-15
00 古城英彦
[10] ヨシガモ32・オカヨシガモ3・マガモ3・コガモ4・ホシハジロ21・キンクロハジロ14・オオバン14・シロハラ2・ジョウビタキ2・アオジ1
[行橋市矢留]ガンカモ調査
27 5030-4727
2017-01-15
00 古城英彦
[8] ヨシガモ31・ヒドリガモ2・オシドリ7・クイナ1c・オオバン12・シロハラ4・ツグミ1・ジョウビタキ3
[行橋市矢留] ガンカモ調査 クイナは矢留貯水池下の水田で声が聞こえたので姿を探すが確認出来ず残念!!
26 5030-3596
2017-01-16
00 松隈英子
[1] ミソサザイvc
[飯塚市鯰田] 朝、ミソサザイが帰って来ました。元気な鳴き声、姿を見せてくれました。
25 5030-3556
2017-01-15
00 中村嘉一
[10] メジロ4・ヤマガラ・コゲラ・スズメ7・ 6・ ・ハクセキレイ3・キジバト・ 5・ムクドリ
[飯塚市上三緒] ヒヨドリ動画:観察を終え帰宅すると、燐家の敷地にあるキンカンの木に止まり、実を食べているのを発見して撮影。平成25年2月ころ、同様の状況を撮影してNHK北九州放送局に投稿すると、平成27年3月4日「とりたて動画」のコーナーで放映されました。
24 5030-2219
2017-01-13
00 森永光直
[1] ベニマシコ♂1
[福岡市・油山] 本日、油山にてベニマシコ♂の動画(mp4)を撮影致しましたので報告致します。
23 5030-3557
2017-01-12
00 中村嘉一
[3] ・ヒヨドリ3・ツグミ4・メジロ2
[飯塚市上三緒] 10:44〜11:00 カワセミ・ホシハジロとキンクロハジロ・アオサギの捕食の瞬間の写真を添付します。
22 5030-3556
2017-01-12
00 中村嘉一
[3] カワラヒワ2・ ・ハクセキレイ2
[飯塚市上三緒] 10:35 民家の庭の木に止まっているのを偶然見つけて撮影した、アオジの写真2枚を添付します。
21 5030-3548
2017-01-11
00 中村嘉一
[7] ハシビロガモ10+・オオバン8・コガモ2・ダイサギ・カワウ2・トビ・
[飯塚市赤坂・三軒屋池] 13:25〜13:38
20 5030-2320
2017-01-02
00 森永光直
[8] アオジ1・ホオジロ1・アトリ5・シジュウカラ2・シロハラ2・ミヤマホオジロ5・ヤマガラ1・ツグミ1
[福岡市・油山]
19 5030-2219
2017-01-02
00 森永光直
[5] 11・シロハラ1・ミヤマホオジロ30・コゲラ1・ 20
[福岡市・油山]
18 4930-6553
2017-01-11
00 森永光直
[10] ダイサギ6・アオサギ 1・イソシギ1・カワガラス2・ カワセミ♀1・ 1・キセキレイ2・セグロセキレイ1・カイツブリ2・オオバン1
[八女市黒木町・八女黒木ふじの里]
17 5030-2229
2017-01-10
00 森永光直
[6] ミヤマホオジロ5・メジロ10・ルリビタキ2・ 10・コゲラ1・シジュウカラ3
[福岡市・油山]
16 5030-2219
2017-01-10
00 森永光直
[7] カワラヒワ5・ 50・アオジ5・カシラダカ1・ホオジロ10・ツグミ3・ベニマシコ2
[福岡市・油山]
15 5030-2310
2017-01-10
00 森永光直
[4] シジュウカラ1・エナガ1・ヤマガラ1・キセキレイ1
[福岡市・油山]
14 5030-2320
2017-01-10
00 森永光直
[5] 3・シロハラ2・アトリ5・ミヤマホオジロ1・ 1
[福岡市・油山]
13 5030-3547
2017-01-09
00 中村嘉一
[8] ツグミ10+・ 2・ ジョウビダキ2・ハシビロガモ10・カイツブリ4・マガモ・ホシハジロ♀2・ヒヨドリ4
[飯塚市上三緒1番地・ガンジャクため池] 11:00〜11:20
12 5030-4512
2016-01-01
00 宮本秀美
[3] ジョウビタキ・カルガモ・クロジ
[飯塚市庄司]
11 5030-4531
2016-01-01
00 宮本秀美
[1] クサシギ
[宮若市]
10 5030-2696
2017-01-01
00 宮本秀美
[10] キジバト・セグロセキレイ・ホオジロ・モズ♀・カワラヒワ・ヒヨドリ・ウグイス・アオサギ・ハシブトガラス・カシラダカ
[川崎町安眞木・大ヶ原] 川崎町安眞木・大ヶ原
09 5030-2696
2017-01-01
00 広塚忠夫
[3] ツグミ・アトリ・イカル
[川崎町安眞木・大ヶ原] 川崎町安眞木・大ヶ原
08 5030-3630
2017-01-01
00 中村嘉一
[1] キンクロハジロ
[飯塚市入水]
07 5030-2696
2017-01-01
00 中村嘉一
[2] イカル・ヤマガラ
[川崎町安眞木・大ヶ原] 元日探鳥会:大ヶ原
06 5030-2696
2017-01-01
00 森永光直
[4] ホオジロ・モズ・イカル・ベニマシコ
[川崎町安眞木・大ヶ原] 元日探鳥会:大ヶ原
05 5030-2696
2017-01-01
00 松本勲
[4] ホオジロ・イカル・カシラダカ・
[川崎町安眞木・大ヶ原] 元日探鳥会:大ヶ原
04 5030-3512
2017-01-04
00 有働孝士
[14] カシラダカv・ヒヨドリfc・コゲラc・アオジv・キンクロハジロv・エナガvc・シロハラfc・メジロv・シジュウカラv・ヤマガラc・オオバンc・ウグイスc・カワセミv・ハシブトガラスc
[飯塚市久保白・久保白ダム]
03 5030-3522
2017-01-04
00 有働孝士
[6] カワセミf・ウグイスc・オオバンv・カイツブリcv・マガモv・カンムリカイツブリ1v
[飯塚市久保白・久保白ダム]
02 5030-3557
2017-01-03
00 中村嘉一
[1]
[飯塚市上三緒・馬場堤前]
01 5030-3547
2017-01-03
00 中村嘉一
[13] シロハラ3・ジョウビタキ2・ ・ ヒヨドリ2・ カイツブリ4・コガモ2・カワウ・ハシビロガモ11・ダイサギ・アオサギ2・ホシハジロ2・ツグミ6
[飯塚市上三緒1番地・ガンジャクため池] 9:30〜10:25 住宅街での初・観察撮影のヤマガラとブッシュ内のバン写真を添付します。動画はバンの毛づくろい、カイツブリの毛づくろいです。

[くまたか]からお願い

ページトップへ

Copyright (C) 2009-2016 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved.