クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部)
total 
modify:2017-03-30

 客鳥

短縮URL

一般の方(本会非会員)からのご投稿やニュースの掲示板です。

会員以外の方からの情報ご提供では、本会会員の紹介またはしっかりした客観証拠(写真、動画、録音等)がある場合で、提供情報掲載および実名公表を許諾された方のうち、観察情報として有用な価値のある内容に限り、本メニュー[客鳥]に掲載しています。

※上記条件以外に、観察(撮影)日、場所(番地まで詳細に。ただし福岡県内に限る)、観察者、標準和名(不明の時は本会で特定)が明らかなこと、観察者(=ご投稿者)の連絡先を本会に開示すること、ニュース価値が高いこと等が必要です。元会員のコンテンツも本メニューに移動・掲載しています。

| 油山のキッコウハグマ | 森本義光様(別ページ) | マナヅル田川市で一時休憩 |

| 才所 裕様(別ページ) | 新美洵一の野鳥雑記帳(別ページ) | 隠れていたヒクイナ |

| ハクセキレイとアオバズク | 行橋市でカササギ3羽 | ハリオシギの標識捕獲(北九州市) |

| 瀬板の森にコマドリのさえずり響き渡る | 瀬板の森のコマドリ | 北九州市・瀬板の森公園でブッポウソウ |

油山のキッコウハグマ

酒井浩二 2016-10-30, 11-03

油山市民の森(福岡市)の周回路沿い(※10番杭そば)にひっそりと咲いていました。ロープで囲み保護区(管理区)にしてありますが、それがなければ見過ごしそうな小さな花です。
一見すると、15枚の花弁からなる1つの花のようですが、3個の小花からなる集合体のようなものだとか。
※油山の観察路には分岐点に番号杭が立ててあり、自然観察センターで入手できる案内図と照らし合わせると、現在地・道順がわかります。

  • 標準和名:キッコウハグマ
  • 撮影者:酒井浩二
  • 撮影年月日:2016年10月30日、2016年11月3日
  • 撮影場所:福岡県福岡市南区・油山市民の森
  • メッシュコード:@5030-2219

紹介者:松隈英子

マナヅル田川市で一時休憩

加治俊秀 様 2016-02-19

Highslide JS

2016-02-19、マナヅル5羽が田川市位登(@5030-3633)の田んぼに降りたったところを同市の加治俊秀さんが発見、撮影した。北帰行の途中と思われ、10分ほど居て飛び立ったそうである。西日本新聞より本会事務局・広塚忠夫に問い合わせがあり判明した。このニュースは西日本新聞2016年2月19日・朝刊に掲載された。珍しい記録となるため、広塚忠夫は発見者・加治俊秀さんに面会のうえお話を伺い、[くまたか]へ記録および写真の掲載許可を得た。筑豊に飛来したマナヅルの記録は、国武光成による2008年12月27日嘉麻市碓井(@5030-2585)の記録(バードリサーチ内データベース)以来である。なお、快く資料のご提供と公表をお許しいただいた加治俊秀さんに感謝申し上げる。
本会支部長・梶原剛二によるツル誘致活動への激励ともなるニュースで、実現に一歩近づいたのではないだろうか。

紹介者:広塚忠夫(2016-02-19有働記 元記事保存)

隠れていたヒクイナ

江上都子 様 2014-07-29

Highslide JS隠れているヒクイナ

昨日、倉庫に迷い鳥が、、、隠れているところ、捕獲したら、あれ?これってヒクイナ??

ほほえましいです。50pない距離ですが、微動だにしません。隠れている(つもりの)ヒクイナです。実は28日から倉庫に居て、音で脅したりして出そうとしたのですが、出ていかず、、、ピタと見失うのです。写真のように、気配を消してやり過ごしていたのかもしれません。

ヒクイナは迷惑そうでしたが、写真を撮りましたので、送ります。撮影後、元気に万年池(田川市)へ一直線に飛んでいきました。

近くで見られて嬉しかったですけど、いつかは自然の中で観察したいですね。

※たいへん貴重な情報と写真をご提供いただきました。ありがとうございます。(紹介者:広塚忠夫)

ハクセキレイとアオバズク

田口洋子 様 2014-05-13,17

Highslide JS

近頃、公園にカササギを見ることがなくなりましたのでお便りすることが、できず残念に思っている日々でした。

カササギとは違うのですが、自宅から見える、聞こえる鳥さんのご報告聞いてください。

(紹介者:有働孝士)

行橋市でカササギ3羽

田口洋子 様 2013-05,-11

Highslide JSカササギの猛攻を喰らうネコ

行橋市西泉および南泉でカササギを観察しましたので、お役に立てばと思い、撮影した写真と観察情報などをお送りします。カササギは同時に最大3羽観察しており、繁殖の可能性も考えられます。

始めて見たのは5月2日、行橋市西泉(@5030-4747)の公園にいるカササギです。写真(01)はその時、公園前の道路の電信柱に止まっているのを撮ったものです。

次に8月頃でしょうか、この公園の三軒先の空き地に2羽のカササギを見ました。空地には胡瓜やトマトが作られております。その土地のお向かいに住む主婦がカササギは「よく見るよ」と言っておられました。(残念ですがこの時の写真はありません)続く

※たいへん貴重な情報と写真をご提供いただきました。ありがとうございます。(紹介者:有働孝士)

ハリオシギの標識捕獲(北九州市)

森本嘉人 様(日本野鳥の会北九州)
2013-05-07

Highslide JSハリオシギ

ハリオシギの標識捕獲・放鳥

(公財)山階鳥類研究所標識調査協力員として、主に北九州市で作業を行っており約10年前から、調査参加者の協力により毎年約650羽〜850羽の標識捕獲・放鳥をしてます。ハリオシギは、タシギ属の仲間でオオジシギ、チュウジシギ、タシギは外観上いくつかの識別点はあるが識別困難種として知られています。

長い間、渡りの時期に北九州市小倉南区曽根神新田等で観察されるタシギ類について他の仲間がいないか疑問を持ち続けていた。北九州市の野鳥目録にはオオジシギ、チュウジシギの記録はあるがハリオシギの記録はない。偶然にも今回ハリオシギに会うことになったのである。

尚我々の調査作業では、別紙写真(右写真 クリックでPDF表示)のように初めて捕獲した種または貴重な種については台帳を作成し、保存しています。また今回の資料が何らかのお役に立てれば幸いです。

森本嘉人(日本野鳥の会北九州

紹介者:広塚忠夫


瀬板の森にコマドリのさえずり響き渡る

柳 英浩 様(本部会員)
2013-04-21

Highslide JSコマドリ
(クリックで拡大/縮小)

4月14日日曜日、木の橋そばの樹木の中から、「ヒンカラカラカラ」と鳴き声が聞こえましたが、視認できず。

4月20日土曜日、北口方面でも鳴き声情報がありました。

4月21日日曜日、今にも雨が降りそうな早朝の6:57に鳴き声を手がかりに藪の中で視認およびピンボケ写真撮影に成功、所用で一時瀬板を離れましたが、夕方の17:56、日暮れ前に同じ場所で撮影しました。

暗い藪の中が好きな鳥ですね。この日は、他に2名ほど撮影できたと情報があります。昼を中心として晴れてきましたので、自分よりきれいな写真を撮影された人がいると思います。早朝に超ピンボケ写真が撮影出来、先陣が切れたと自分ながら喜べましたが、これでは自他共に満足できる写真ではありませんでした。そこで同日夕方に再訪して、粘りに粘ってこの写真を撮ることが出来ました。コマドリも私のしつこさに観念したのか、真っ正面から私を見下ろした後に立ち去っていきました。

  • 撮影年月日:2013-04-21
  • 場所:北九州市八幡西区・瀬板の森公園 @5030-6528
  • 撮影:柳 英浩

紹介者:有働孝士(柳 英浩様は日本野鳥の会本部会員の方です。貴重な情報なので「くまたか」から掲載許可をお願いしました。快諾していただきありがとうございます。)

瀬板の森のコマドリ

池間 正 様 2013-04-20

Highslide JSコマドリ

渡りの途中と思われるコマドリが、北九州市八幡西区・瀬板の森公園に滞在していました。

4月10日あの特徴的なさえずりを聞き、13日に姿を確認、その後4月24日ごろまで滞在していたと思われます(早川)。滞在中はあまり移動せず、おおむね同じ場所でさえずっていました。

カメラマン・観察者の集中によるコマドリへの悪影響をさけるため、渡去が確実になるまで「くまたか」での公開を見合わせていました。

  • 撮影年月日:2013-04-20
  • 場所:北九州市八幡西区・瀬板の森公園 @5030-6528
  • 撮影:池間 正

紹介者:早川佳宏(池間 正様は、瀬板の森公園における鳥見仲間の方です。「くまたか」掲載を快諾いただきました。ありがとうございます。)

北九州市・瀬板の森公園でブッポウソウ

(撮影:山田邦彦 様)
2012-05-16

Highslide JS

北九州市八幡西区陣原・瀬板の森公園でブッポウソウが目撃され、2012年5月16日(@5030-6528)山田邦彦氏によりたいへん珍しい写真が撮影されました。

ブッポウソウは夏鳥として繁殖のため我が国に帰ってきます。瀬板の森公園で営巣してくれればうれしいのですが、渡りの途中、休憩していたのかもしれません。

※山田氏は本会会員ではありませんが、早川佳宏さんを介し、特にお願いして写真の掲載を許可していただきました。ありがとうございます。弊会では、資料として大切に保管させていただきます。もしこのページをご覧の節は、お手数ですがぜひご連絡をお願いいたします。(サイト管理者:有働)

[くまたか]からお願い

Copyright (C) 2009-2016 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved.