クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部) (財)日本野鳥の会 筑豊支部
 ホームニュース客鳥森本義光(2013)
online 
total 
modify:2017-09-20

 森本義光

短縮URL

2013年〜

| 2015年秋・タカ渡り | 1月の探鳥 | 大ヶ原のベニマシコ | 2014"4月〜12月まとめ (2) | 2014"4月〜12月まとめ (1) |

| 3月の和白、芦屋、宗像、福津 | 2013〜14年冬季号 | 夏〜秋季号 7月〜10月 | 夏季号 4月から6月 | 春季号:1月から3月 |

2011年〜2012年

2015年秋・タカ渡り

森本義光 2015-09/10

Highslide JSハチクマ

今年はPMが基準値を超える日が多く視界が悪い上に、ハチクマ高度が高い日が多く昨年の様に大迫力の場面はお眼にかからなかったが、ハチクマ渡り終盤、場所移動した風師山では「ツミ」「チゴハヤブサ」が連日近くを飛び楽しませてくれました。もっと成鳥が近くを飛んでくれたら言う事ないのですが・・

1月の探鳥

森本義光 2015-01

Highslide JSハイイロチュウヒ

今月は48種 写真を撮りましたが、肝心のハイチュウは今回も遠く、おまけに1月の18時前後は暗くて写真撮るには厳しかった。

大ヶ原のベニマシコ

森本義光 2014-12

Highslide JSベニマシコ

先日の例会で、「ベニマシコ」が話題になった様で、後日行ってみました。

何度も出てくれるのですが、鳥が小さいうえに距離があり、2L版程度の写真しか撮れず、結局4回行きました。

26日は、やっと近くに来たのを撮る事が出来ました。

2014"4月〜12月まとめ (2)

森本義光 2014-04/12

Highslide JSオオタカ

(サイト注:カメラマンの集中による悪影響が懸念されるため、[くまたか]では場所情報を伏せております。)

2014"4月〜12月まとめ (1)

森本義光 2014-04/12

Highslide JSウグイス

近場の定点観察がほとんどでお馴染みの鳥達が多いのですが、それでも、年に 1〜2度は思いがけない出会いがあります。

(サイト注:カメラマンの集中による悪影響が懸念されるため、[くまたか]では場所情報を伏せております。)

3月の和白、芦屋、宗像、福津

森本義光 2014-03

Highslide JSウミスズメ

3月は気候も良くなり10日間探鳥に出かけました。

(詳細は[折りたたみ]内部に。[開|閉]ボタンをクリック)

2013〜14年冬季号

森本義光 2013-11/2014-02

Highslide JSベニヒワ

昨年の11月〜12月と今年の1月〜2月で出会った鳥達です。

「ベニヒワ」に県内で出会えるとは・・幸運でした!!

<2013年11月>

車で移動中 遠い上に逆光で双眼鏡でもよく判らなかったんですが、穂先に何羽かいて写真に良さそうだったので行って見る事に・・ 近くに行くと、白っぽい鳥で頭上が赤い鳥でびっくり! 帰ってネットで調べて二度びっくり!! どうして福岡にいたんでしょう?

(01〜11) 福津市勝浦、(12) 北九州市若松区響町、(13〜16) 遠賀郡芦屋町

<2013年12月>

5回出撃の内1回は少し足を延ばしました。

(17〜20) 大分県宇佐市、(21〜24) 北九州市八幡西区・瀬板の森公園

<2014年1月>

瀬板の森公園では「トラツグミ」目当てに3日間通いましたが、大勢の人が居るのも構わず、連日、地上・木の上と30分位サ-ビスしてくれました。小鳥が皆この様だと撮るのに苦労しないんですが・・。

(25〜26) 北九州市八幡西区・瀬板の森公園、(27〜32) 北九州市若松区頓田

<2014年2月>

ミヤマガラスが700羽以上ゆっくりと上空舞う光景は壮観でした。

(33〜34) 北九州市若松区小敷、(35〜36) 北九州市若松区頓田、(37〜38) 遠賀郡遠賀町、(39〜45) 鞍手郡鞍手町、(46〜48) 嘉穂郡桂川町

夏〜秋季号 7月〜10月

森本義光 2013-07/10

Highslide JSハチクマ

夏は暑さと鳥も少ないので出かけたのは、7月は3回、8月は夕方河口堰に1回行ったのみでしたが、9月鷹の渡りからスタ−ト。

皿倉山〜高塔山等毎日出かけました。

夏季号 4月から6月

森本義光 2013-04/06

Highslide JS麦秋を翔ぶツバメ

昨年夏以来、鳥はミサゴが主になっていますが、4月は英彦山と鞍手行き。5月には「ハチクマ」を撮りに北九州市若松区「高塔山」と八幡東区「皿倉山」へ14日間出かけましたが、大陸からのスモッグ等で写真がどうにか撮れたのは2日間だけでした。

6月に入ってからは毎年同じですが、毎日家でゴロゴロ・・「ツバメ」撮に出かけた2日間だけでした。

ツバメの飛翔写真は初めてでしたが、スピ−ドが早くファインダ−に捉えるのが一苦労。その上小さいので、麦畑ではオ−トフォ−カスが効かなくて手動介入でピント合わせ。4kgの機材手持ち撮影、高齢者には堪えました。

春季号:1月から3月

森本義光 2013-01/03

Highslide JSハイタカ

目指す鳥には毎回出会えず、今回もお馴染みの鳥達が主になりましたが、自身の初撮りが6種と収穫はありました。

翔ぶ鳥の躍動感に魅せられて、いわゆる“流し撮り”のトレーニングをしています。高速で動いているものを写真で止めてみると、非常に奇妙な世界が垣間見えます。今回もハイタカやノスリ、キセキレイ、ミサゴなどの浮遊感のある一瞬を捉えようと努力してみました。

2011年〜2012年

Copyright (C) 2009-2017 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved. (無断転載禁止)