クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部)
 ホームニュース無人録音調査/2019
online 
total 
modify:2019-06-23

 無人録音調査 /2019

本会(日本野鳥の会筑豊支部)では、フィールドにICレコーダーを設置し、無人で自動録音する調査方法「無人録音調査」により、夜間や早朝、昼間等、音による定点観察調査を実施しています。場所や時間等の設定が自由となるため、これまで困難とされていた各所フィールドの詳細な観察が、音声の証拠とともに可能となりました。2017年5月に開始され、これまで驚異的な成果を挙げています。

※本文中 @503x-xxxxのように記されたコードは[標準地域メッシュまっぷ]により取得した3次メッシュ・コード/世界測地系(@)(地域を一意的に特定するため、日本全国を約1km四方の碁盤目に区分し、8ケタでコード化。コード先頭の識別子@は当サイトのローカル・ルール)です。

無人録音調査 | 2017年 | 2018年

2019年調査一覧 | あまりにも見事な...二題 | コノハズクの交尾声?

2019年調査一覧

広塚忠夫 2019-04-27/

無人録音調査は、主に福岡県・大分県の県境に位置する英彦山山系にて実施されました。

idのプリフィクス[h]は、録音機設置者:広塚忠夫を意味しています。

ボタン(ダミー)配下のコンテンツは、検索サイトには収集されません。

id月日開始場所名メッシュ解析者解析結果
1h14月27日19:30〜経読林道@-渋田朗
h24月28日-経読林道@-渋田朗
h54月28日-経読林道@-渋田朗
h94月28日-経読林道@-渋田朗
h104月29日-経読林道A-渋田朗
h114月30日-経読林道A-渋田朗
h174月27日-?-田中良介
h214月28日-?-田中良介
h224月29日-?-田中良介
h234月30日-?-田中良介
h245月1日-?-田中良介
2h255月23日-薬師林道@-渋田朗
h265月?日-?-田中良介
h275月25日-薬師林道@-渋田朗
h285月22日-?-田中良介
h295月22日-薬師林道A-渋田朗
h305月23日-?-田中良介
h315月22日-国道500号トンネル付近B-渋田朗
h325月23日-?-田中良介
h335月24日-国道500号トンネル付近B-渋田朗
h345月23日-?-田中良介
h355月24日-国道500号トンネル付近B-渋田朗
h365月25日-?-田中良介
3h375月30日-経読林道A-渋田朗
h385月20日-?-田中良介
h396月1日-経読林道A-渋田朗
h40?月?日-?-田中良介
h415月29日-経読林道A-渋田朗
h425月30日-?-田中良介
h435月31日-経読林道A-渋田朗
h446月1日-?-田中良介
h455月30日-経読林道B-渋田朗
h465月31日-?-田中良介
h476月1日-経読林道B-渋田朗
h486月2日-?-田中良介
h495月29日-経読林道B-渋田朗
h505月30日-?-田中良介
h515月31日-経読林道B-渋田朗
h526月1日-?-田中良介
4h536月6日-薬師林道@-渋田朗
h556月6日-薬師林道@-渋田朗
h576月6日-薬師林道@-渋田朗
h596月5日-薬師林道A-渋田朗
h616月6日-薬師林道A-渋田朗
5h726月11日-籠水峠ルート中間点-渋田朗
h746月13日-籠水峠ルート中間点-渋田朗
h766月10日-籠水峠ルート中間点-渋田朗
h786月12日-籠水峠ルート中間点-渋田朗
h806月12日-籠水峠ルート中間点-渋田朗

あまりにも見事な...二題

渋田朗 2019-06-01

  1. アオバトのコーラス [id:h36] 2019-06-01 05:22 経読林道 (mp3)
    2羽のアオバトのコーラスですが、見事にシンクロしています。どんな情景なのか見てみたいものです。ファイル終盤に入っているのは、もしかしてアオバトの地鳴きでしょうか?

    アオバト_見事なコーラス (2019-06-01 05:22)

  2. クロツグミ(ヤイロチョウのマネ) [id:h36] 2019-06-01 04:46 経読林道 (mp3)
    昨年も『クロツグミ・ヤイロチョウの鳴き真似』と報告しましたが、このときに「惜しい!」などと評されたためか、今年はグレードアップしたようです(笑)。クロツグミの囀りの流れの中で交じる声ですが、ここだけ切り出すとそっくり。声紋もよく似ていてお見事です。たまに失敗してクロツグミっぽい声になってしまうのが可愛いですね。
    英彦山で、たくさんの声の中に混じってヤイロチョウの声が聞こえてきたときには、一応注意しましょう。

    クロツグミ_ヤイロチョウのマネ (2019-06-01 04:46)

    クロツグミ_ヤイロチョウのマネ切り出し
    (2019-06-01 04:46)

    ヤイロチョウ切り出し(比較用) (2019-05-24 05:59)

(2019-06-20掲載)

コノハズクの交尾声?

渋田朗 2019-06-17

コノハズク鳴き交わし
「キュリリー」
(2019-06-06 20:09)

(左図クリックで拡大・縮小)

今年も英彦山無人録音調査が始まり、その分析に追われてファイルの整理が間に合っていないのですが、印象に残ったものから順次報告します。
まずは、今年も順調に鳴き声が確認できているコノハズクについて、6月6日夕方の薬師林道で面白い声が録音されていました。
録音ファイル(MP3)は2羽のコノハズクが、おなじみ『仏法僧』の声で鳴き交わしている音声です(うち1羽の声は通常よりやや高い声で、どこかコミカルに聞こえます。また途中でアカショウビンも参戦してますね)。1分あまりの録音の終盤に『キュリリー』という声が入り、そこでコノハズクの鳴き交わしがピタリと止まっています。
この『キュリリー』は、昨年のオオコノハズクでも報告(「オオコノハズクの交尾時の声?」)したように、フクロウの仲間が交尾の際に出す声とされています。オオコノハズクの場合は2.5kHzあたりでしたが、今回の声の声紋を取ってみると、もっと高い6kHzあたりが中心の声です。
ただ6月6日では、交尾時期には遅すぎでは?とも考え、この分野に詳しい東京の鈴木浩克氏に照会したところ、おそらくコノハズクの交尾声ではないかとのコメントをいただきました。時期については、最初の繁殖が失敗して再繁殖を試みるケースで、このような時期にも交尾が行われる事があるとのこと(オオコノハズク繁殖の詳細調査で6/12まで交尾声を確認されています)。
今回の場合、2羽のオス個体がメスを争って鳴き交わし、その決着がついたシーンなのでしょうか? ところで、ふと疑問...コノハズクのメスって、どんな声をだすのでしょうね??
録音調査はいろんなことが判明しますが、課題も次々と生み出しますね。

(2019-06-17掲載)

Copyright (C) 2009-2018 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved. (無断転載禁止、会員を含む)
本ウェブサイトに記載の会社名、システム名、ブランド名、サービス名、製品名は各社の登録商標または商標です。
本文および図表、画像中では必ずしも®、™を表記しておりません。