クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部)
 ホームニュース筑豊・京築
online 
total 
modify:2017-12-10

 筑豊・京築 2016年

短縮URL

筑豊・京築地方(福岡県)の野鳥や野生植物、フィールドに関する情報掲示板です。

探鳥リスト、初・終認、初囀、花や実、昆虫など野鳥をはじめ野生生物全般とそのフィールド、活動等について、会員のみなさん、観察情報をお寄せください。

※本文中 @503x-xxxx #503x-xxxxのように記されたコードは[地図上で標準地域メッシュを確認するページ]により取得した3次メッシュ・コード/世界測地系(@)(地域を一意的に特定するため、日本全国を約1km四方の碁盤目に区分し、8ケタでコード化。コード先頭の識別子@は当サイトのローカル・ルール)です。

| 福岡野生動物保護センター 2015年度救護数 | 夏鳥ササゴイを真冬に観察 |

| ユーモラスなジョウビタキ | タヒバリとイソシギ | 迷い込んだコミミズク | バンの観察報告その2 |

| バンの観察報告 | ハシビロガモの観察報告 | インドアカガシラサギ | 築上町にクロハラアジサシ |

| カワラヒワの鳴き声(動画) | 経読林道再訪の記 | ヒドリガモの幼鳥♂(動画) | 声を上げる野鳥たち |

| 動画・野鳥の食堂 | 山口小学校・緑の少年団探鳥会 | 八木山小学校・緑の少年団探鳥会 | ヒレンジャク |

| 山口小学校みどりの少年団バードウォッチング報告 | 2016年冬八木山小学校、緑の少年団探鳥会 |

| 2017年版 | 2015年版 | 2014年版 | 2013年版 | 2012年版 | 2011年版 | 2010年版 | 2009年版 |

福岡野生動物保護センター 2015年度救護数

福岡野生動物保護センター長
網野泰蔵 2015年

別表は、昨年度の保護鳥獣の集計表です。

福岡野生動物保護センター(アミノ動物病院内)

夏鳥ササゴイを真冬に観察

中村嘉一 2016-12-16

ササゴイは、福岡県では夏鳥であり「筑豊の野鳥 観察ガイドブック」(2007年、日本野鳥の会筑豊支部刊、アクセスにはアカウントが必要)でも5月〜10月の観察とされています。真冬の2016年12月、飯塚市上三緒・ガンジャクため池(@5030-3547)にてササゴイを観察し、写真を撮影しました。

  • 最初の観察:ガンジャクため池でのササゴイの最初の観察は、2016-12-16で、時間は09:00〜12:20までの間に、池の南側から飛来して西側の木立に入るのを目撃したのが最初です。添付写真(01)は、そのときの枝被りのササゴイの写真です。撮影の時刻は、12:18となっていますが、飛来の時間や撮影時の状況は記憶にありません。
  • 2回目は、2016-12-17 09:00〜12:00までの間に池の西側で魚を狙っているところを目撃して、シャッターを5〜7回ほど切りましたが、数枚がボケていましたので削除し、残ったのが写真(2)・(3)です。撮影の時刻は、09:36となっています。
  • 3回目は、2016-12-23 15:30〜16:00までの間に池の西側で目撃して撮影していますが、撮影状況等の記憶にありません。写真(4)がそのときの写真です。撮影時刻は、15:55となっています。
  • 4回目は、2016-12-24 13:50〜14:40までの間で具体的な観察状況は記憶にありません。写真もありません。鳥だよりのため、観察した場所や日時・観察種は、帰宅直後に手帳に記載しており、手帳にササゴイの記載があります。
  • 5回目は、2016-12-29 13:51〜14:40までの間で写真はありません。手帳に観察したと記載がありますが、その状況は記憶がありません。
  • その後、ガンジャクため池には、2016-12-30、2017-01-02、同01-03と観察に行っていますが、目撃はありません。

ユーモラスなジョウビタキ

中村嘉一 2016-12-24

ジョウビタキのユーモラスな行動を観察・撮影することができましたので参考報告いたします。
ガンジャクため池に野鳥観察に行く途中、民家の灯油ボイラーの給油管に止まっているジョウビタキを発見しました。観察すると、ステンレス製のボイラーに写った自分の姿に、何回も突くユーモラスな動作を繰り返していた。その状況を静止画と動画で撮影しました。
  • 和名:ジョウビタキ
  • 観察(撮影)日時:2016-12-24 13:49
  • 観察(撮影)場所:飯塚市上三緒1番地 神田池前民家(メッシュコード @5030-3547

タヒバリとイソシギ

中村嘉一 2016-12-23

久しぶりに遠賀川で観察中にイソシギを発見して、ファインダーを覗くと画面にイソシギ以外の野鳥の存在に気づき撮影。
急遽その野鳥に焦点を絞り撮影して、帰宅再生後、図鑑で調べて 「タヒバリ」ではと思った。が、新米観察者のため、情報部に照会して「タヒバリ」とのお墨付きを頂き、一件落着しました。

  • 和名:タヒバリ、イソシギ
  • 観察日時:2016-12-23 14:00
  • 観察場所:飯塚市上三緒・遠賀川一本木堰上流約300m メッシュコード@5030-3546

迷い込んだコミミズク

西野真奈美 2016-12-19

19日主人が帰宅して「会社の工場内にフクロウが侵入した」事を聞きました。
19日の夕方にシャッターのすき間から工場内に入って来たようで、それから工場の天井近くをあちこち飛んだり止まったり、明かりとりの天窓に近づいたりしていたそうです。翌日も変わらない感じでいたので、昼食時にシャッターを開けて様子を見ていましたが出て行かず、皆どうしたものかと考えていました。そんな中ある方が中二階のところに(疲れていたのか)寝ていた“フクロウ”をそっと背後から近づいて捕まえ、無事、外に放されたということです。
20日に飛翔の写真が送られてきたので図鑑の写真と照らし合わせて見たところ、コミミズクではないかと思いました。主人が帰宅後、図鑑を見せて確認したらコミミズクの方に似ていると言う事なので、翌日(21日)会社の方が捕獲時に撮られた写真を送っていただきました。
本件で相談をしていた広塚忠夫氏に写真を転送して確認してもらい、コミミズクという判断をいただきました。(e6418+3285)

バン観察報告その2

中村嘉一 2016-12-18

初観察の「バン」については、既報(バンの観察報告)のとおりですが、3日連続となる12月18日ガンジャクため池で、「バン」を約30分ほど粘って再観察・撮影することができましたので報告いたします。ただし、約80メートル離れた、ため池の対岸のササや小枝を透しての撮影のため、少々ボケています。
バン3写真の右から2番目の隙間に居たところを撮影しました。初観察以降その姿が見えず、17日午後も約30分張り込みましたが観察できませんでした。本日も約30分張り込み観察を続けたところ、熱意が通じたのでしょうのか、再観察・撮影することができました。
番で採食中、約10メートル離れたところで、10羽近くが集団渦巻き採食をしていました(動画収録)。どうしたことか、この番はその集団には加わることなく離れて番だけでグルグル回っていました。
  • 和名:バン
  • 観察(撮影)日時:2016-12-18 14:41〜14:45
  • 観察(撮影)場所:飯塚市上三緒1番地・ガンジャクため池(メッシュコード @5030-3547

バンの観察報告

中村嘉一 2016-12-17

ガンジャク池(メッシュコード@5030-3547)での観察2日目となる12月17日9:09分ごろ、ハシビロガモと毛色の違う初めて観察する水鳥と遭遇して撮影することができました。
帰宅後図鑑で調べて、野鳥の名前が「バン」であると知りました。撮影したバンは、撮影側の岸から泳いで対岸にある木の下に隠れるまでの数十秒間しか観察できず、シャッターは2回しか切れませんでしたが、慌てて1枚は手ぶれでボケています。その後約30分ほど張り込みましたが、成果はありませんでした。
参考までに、その写真とその日撮影したハシビロガモ(動画)を参考まで添付します。この張り込み中、あらたに「渦巻き採食」も障害物なく撮影できました。
池は、子どものころ魚捕りをしていた池で、自宅から歩いて10分程のところです。当時は、上三緒炭鉱の敷地内で、二つ池があり神田池とガンジャク池と呼んでいました。観察した池はガンジャク池だと記憶が蘇えりました。

ハシビロガモの観察報告

中村嘉一 2016-12-16

ハシビロガモの雄・雌を観察・撮影しましたので、参考まで報告します。
初めて訪れた池で遭遇したハシビロガモ雄雌。ハシビロガモの初観察は、エクリプスから復帰途中で、色鮮かな雄に感動しました。図鑑の解説にあった「水面採食」や「渦巻き採食」の行動を観察・撮影することもでき二重の喜びを味わった。
  • 和名 ハシビロガモ
  • 観察(撮影)日時 2016-12-16 09:22〜09:28、12:29〜12:33
  • 観察(撮影)場所 飯塚市上三緒1番地・ガンジャクため池 メッシュコード @5030-3547

インドアカガシラサギ

撮影:大木謙之介 掲載2016-11-26

  • 撮影日:2016-10-02
  • 撮影地:福岡市東区・アイランドシティ中央公園 @5030-3393
  • 撮影者:大木謙之介

2016年9月26日地元の方が発見し、西日本新聞にも紹介され大きな反響を呼んだ珍鳥。撮影に成功された大木謙之介氏(会員)により、本サイト[くまたか]に画像を提供していただきました。右足を引きずるようにしていたとのことで、ちゃんと渡れるとよいのですが。(サイト管理者・有働)

築上町にクロハラアジサシ

大木謙之介(談) 掲載2016-11-26

2016年9月2日、築上町築城(@5031-3093)において、クロハラアジサシを初めて確認し撮影しました。終認の10月1日まで1ヶ月、現場に通い観察を続けました。後述の特徴から個体を見分けると滞在期間は短く、居ても2日ぐらいの印象で、いずれも現地を通過しただけではないかと思われます。トータルでは30羽くらいが通過したようです。現地では珍しい観察種ですが、2016年9月は台風が相次いだため、通常の渡りルートから逸れた可能性も考えられます。
クロハラアジサシという和名にかかわらず、ほぼ冬羽で腹の色は白。でも9月の初めころ見たときは、腹は半分くらいに色があり、写真(10)の数羽にも和名先頭“クロ”の黒い夏羽の名残が見られます。この腹の色と模様である程度個体を見分けることができたので移動の様子が分かり、助かりました。印象に残ったのは、ハヤブサに襲われて辛くも脱した個体です(写真09)。片足を痛め赤い血の色が見えていました。自然の摂理とは言え、無事に渡っていったか、とても気がかりです。
珍鳥の場合は、渡去の完了を確認後一般に公開します。さもないと、観察家やカメラマンが集中し、当の野鳥はもちろん近隣や農作業の方々に迷惑がかかることが多いためです。今回は、既に飛び去り、最終確認日から2ヶ月足らずも経過しており、問題なしとしました。

(※本文はサイト担当・有働より大木謙之介氏への聞き書きであり、間違い、過不足の責はすべて筆者にあります。2016-11-26)

カワラヒワの鳴き声(動画)

中村嘉一 2016-11-11

自宅付近を散歩中、初めて聞く野鳥の鳴き声が上空から聞こえてきました。見上げると電線に、カワラヒワ1羽が止まりしきりに鳴いていました。携帯していたデジカメで動画再生しました。

  • 和名:カワラヒワ
  • 撮影日時:2016-11-11
  • 撮影場所:飯塚市上三緒 (メッシュコード @5030-3556
  • 撮影・観察者:中村嘉一

経読林道再訪の記

有働孝士 2016-11-12

経読林道は11月3日の自然観察会に参加し、秋の訪れを実感しました。しかし、紅葉は未だしの感があり、例年より10日以上遅いようだという観測を聞きました。少し心残りがあって、9日後の12日午後、経読林道を再訪し、妻と一緒に歩いてみました。気温は13℃。3日の8℃より少し高いので快適です。
密かに考えていたのは、広塚師匠のマネで、途中あれこれを撮影し[くまたか]に発表することでした。しかし、明らかに自分の能力をひどく買い被っていたようで、撮影技術はもとより、識別能力、被写体選択のカンなど、どれをとっても無いか大きく見劣りしており、はからずも師匠の偉大なパワーを再認識させられたものでした。
期待通り林道は秋たけなわ。紅葉の種類も増えており、遠くに望む山肌も緑に混じって黄色や赤の美しいモザイク模様になっていました。もちろん、メグスリノキも真っ赤に紅葉し見ものでしたが、色合いは昨年のサーモン・ピンク(2015年11月自然観察会)になっておらず、わずかに時期が早かった様子です。とはいえ、紅葉の癒やし力は凄いもので、すばらしく快適な時間でした。この時季、この場所ですから、野鳥との出会いは少なかったけど、道を曲がるごとにあらわれる光景には、植物が意図せずに飾る、無垢の美が溢れているように感じられました。

ヒドリガモの幼鳥♂(動画)

中村嘉一 2016-09-27

見慣れないカモを発見観察中、草の花等を食べていると思い撮影しましたが、再生すると時々ですが、葉を口に入れて噛みこんでいるように見えます。

  • 和名:ヒドリガモの幼鳥♂
  • 撮影日時:2016-09-27 16:59
  • 撮影場所:飯塚市鶴三緒 遠賀川の一本木堰付近 (メッシュコード @5030-3546
  • 撮影・観察者:中村嘉一

声を上げる野鳥たち

中村嘉一 2015-10..12,2016-07

Highslide JS

モズの雄、ホオジロ、チョウゲンボウの鳴き声は、NHK北九州局のローカル番組「ニュースブリッジ北九州」の「とれたてDO画」に投稿、モズの雄・ホオジロが放映されましたが、チョウゲンボウは不採用でした。

動画・野鳥の食堂

中村嘉一 2016-06-17,28,07-05,15

Highslide JS

ゴイサギ等野鳥の捕食の瞬間をカメラに納めたいとの思いで通い続けて撮影するなか、魚がジャンピングするのを見つけて撮影していました。その後、ゴイサギが中くらいの魚を銜えて、生きたまま飲み込むシーン(3:18)に、魚の悲しい習性・命の繋がり等、自然界の厳しさをあらためて感じました。
これが「野鳥の食堂」を編集するきっかけとなり、少しストリー性があるようにビデオ編集ソフトを使って、撮影日を度外視し並び替えて編集作成したものです。
これまで、私が撮影した野鳥の写真や動画を使って編集作成した映像「身近で見られる野鳥」3編が、私のビデオ編集の師匠である方が発信している「シニア旅同行会」というホームページに搭載されていますので、良かったらアクセスしてみて下さい。また、ほかには5本の映像がNHK北九州放送局で放映されました。

山口小学校・緑の少年団探鳥会

三浦博嗣 2016-05-18

Highslide JS

2日前の下見の時は、大雨のせいもあり観察種も7種と少なかったが当日は五月晴れのもとのバードウォチングとなりました。
学校に到着したときには、校庭の木からリュウキュウサンショウクイ(亜種)7羽も飛び立っていき、多くの鳥を観察できるのではと期待されます。生徒の開会の挨拶に始まり、緑の少年団団長から各班長、校長先生の挨拶を終え、当会の野村氏が夏鳥のキビタキの写真と録音した囀りを聞いてもらい、今年は下級生も参加の為、双眼鏡の扱い方を指導した。その後、1年生から6年生37名と各班担当の先生及び保護者の方々を交え3班に分かれての探鳥をしました。
各班ごとに、溜池からケ−ル畑・野の田畑・愛鳥の森とそれぞれル−トを変えての探鳥です。子供たちも上級生は鳥の声を聞き分けることも、見つけることも上手で、鳥の飛びかたや囀りかたの違いにも興味をしめしていました。また、植物にも関心のある子供もおり、日頃から自然への興味の高さからなのかとうれしくなりました。
最後に各班ごとに鳥合わせを行い、発表し全体で24種を観察することができました。来年の3月で山口小学校も統廃合で閉校となるようですが、いままで緑の少年団として鳥や自然への愛着や活動にご協力いただいたことに感謝するとともに、子供たちがいつまでも元気で自然と共生していただけたらと思っています。

八木山小学校・緑の少年団探鳥会

三浦博嗣 2016-04-28

Highslide JS

八木山小学校(飯塚市八木山)では1月以降今年2回目の探鳥会を開催しました。26日の下見では、晴天で新緑が芽生えて青々とした校舎の裏山からも夏鳥の囀りが聞こえていました。
今日は昨日からの雨模様で少し風もありましたので、校長先生と協議して、学校近くで傘をさしての眼による観察(双眼鏡を使わず)と鳴き声観察及びスライドによる勉強会にしました。
校長先生のご挨拶があり、本会を代表して野村氏の挨拶のあと、三班に分かれて周辺の裏山や田んぼのコ−スを探鳥しました。雨の中聞き取りにくい状況でも各班とも班長さんを中心にまとまり、鳥の鳴き声に耳をかたむけている姿がとても印象にのこりました。しかし残念なことに出会えた鳥が少なかった。その後、教室にもどり班長による各班の探鳥種を50音順に黒板にまとめ、その後野村氏から「夏に見ることができる身近な野鳥」をテーマに20種の野鳥を留鳥と夏鳥に分けそれぞれの特徴などを児童にわかりやすく話していただきました。
児童の皆さんからの質問もなかなか的を得ており日頃から関心を持ち、積極的に取り組んでいく姿勢が表れていて大変うれしく思いました。
今後もこのような地域環境と学校の積極的な取り組み指導で、児童の皆さんが自然への繋がりを大切にする心をいつまでも継続していただければと思いつつ無事に探鳥会を終えることができました。

ヒレンジャク

重藤久美子 2016-02-29

Highslide JS

1年ぶりに、ヒレンジャクが近所にやってきました。
撮影日 2016-02-29
場所 田川市宮尾町 (@5030-3653)

山口小学校みどりの少年団バードウォッチング報告

野村芳宏
2016-02-27

Highslide JS

朝から天候が悪くできるかどうか危ぶまれる状況であった。もし雨天の場合でも対応できるように支部のプロジェクターとパソコンを準備して、山口小学校へ出かけた。初めに校長先生に挨拶をし、色々と話を伺った。県内ではインフルエンザが流行しているが山口小学校の児童は一人も欠席がないということであった。元気な子どもたちである。そして2017年度からは統合され山口小学校は閉校になってしまうことを聞いた。このバードウォッチングも来年度までの活動になってしまうかもしれない。
子どもたちが体育館前に集まって来たころ、急に雨が強くなってきた。しかし、教頭先生の判断で短縮してでも実施するということになった。子どもたちの進行で、はじめの会が行われ、校長先生から野鳥の会のメンバー3名、広塚・木村・野村が紹介された。それから、雨の中3班に分れそれぞれ出発をした。短縮ということもあってやや急ぎ気味に出かけた。私が担当した1班は、まず池を見に行った。マガモやキンクロハジロをスコープで見ることができた。子どもたちを対象にした探鳥会ではカモ類の観察は適している。あまり動きがなくスコープで見ることができるからである。我々にとっては見慣れたマガモでも、スコープに入れてみると羽根の色が美しく、子どもたちに喜ばれる。池での観察が終わったころから、天候が回復してき日が差してきだした。それで短縮ではなく少し時間をかけて周ることになった。田んぼでは保護者の方が鳥を見つけてくれたので、スコープに入れると、幼い顔のかわいいモズのメスであった。枯草にかなり長い時間止まってくれていたので、全員スコープでじっくり見ることができた。くちばしが鷹のように鋭く曲がっていることなど話した。広塚さんが率いる3班とすれちがったときに、桜の木にウソがいたという情報をもらったので、楽しみにしてその場所に行った。ところが、私が見つけることができずに、子どもたちに観察させてやることができなかった。最後に、再び体育館前に集合し、今日観察をすることができた野鳥を確認した。これも子どもたち自身の手によってなされた。
本日確認できた種は、上記の通り26種である。雨が降って少し慌ただしいバードウォッチングであったが26種もの観察ができ、上出来であった。子どもたちの心に残るバードウォッチングになってくれればと思う。

2016年冬、八木山小学校・緑の少年団探鳥会

担当:柴田光 2016-01-15

Highslide JS

今年初の小学校バードウォッチングを、本日2016年1月15日(金)に、ここ八木山小学校で開催しました。事前に下見に来た時は、粉雪舞う、お天気で確認種も非常に少なく13種に終わりましたが、今日15日(金)は一変して青空が広がり絶好のバードウォッチング日和になりました。
校長先生のご挨拶があり、野鳥の会代表の挨拶で、野村さんより、冬鳥の代表であるジョウビタキを取り上げて説明がありました。児童の開会の挨拶を終え、三班にわかれて、それぞれ学校周辺の裏山、田んぼ、小川をコースに探鳥しました。
一斑では一番多くの種を確認することができ、二班ではカワセミをスコープで観察し、三班では唯一の猛禽類ハイタカを確認する事ができました。それぞれの班で収穫のあったバードウォッチングだったと思います。
こちらの児童の皆さんには毎回驚かされますが、八木山小学校の素晴らしい環境と指導方針で、児童それぞれがマナーを守り、興味関心を抱き積極的に物事に取り組む姿勢が見てとれました。こう言った活動を今後も継続していって欲しいと思います。
最後に児童が鳥合わせを行い、野鳥の会代表で木村さんが、冬鳥の説明を中心に興味深いお話をされ、閉会しました。

Copyright (C) 2009-2017 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved. (無断転載禁止)