クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部)
 ホームニュース筑豊・京築2017
online 
total 
modify:2017-03-30

 筑豊・京築 2017年

短縮URL

筑豊・京築地方(福岡県)の野鳥や野生植物、フィールドに関する情報掲示板です。

探鳥リスト、初・終認、初囀、花や実、昆虫など野鳥をはじめ野生生物全般とそのフィールド、活動等について、会員のみなさん、観察情報をお寄せください。

※本文中 @503x-xxxx #503x-xxxxのように記されたコードは[地図上で標準地域メッシュを確認するページ]により取得した3次メッシュ・コード/世界測地系(@)(地域を一意的に特定するため、日本全国を約1km四方の碁盤目に区分し、8ケタでコード化。コード先頭の識別子@は当サイトのローカル・ルール)です。

山口小学校・2017年緑の少年団探鳥会 | オオバンの脚を観察 | 2017年冬、八木山小・緑の少年団探鳥会

2016年版 | 2015年版 | 2014年版 | 2013年版 | 2012年版 | 2011年版 | 2010年版 | 2009年版

山口小学校・2017年緑の少年団探鳥会

三浦博嗣 2017-02-07

担当者の感想:三浦博嗣
長い間、緑の少年団として活躍され、私たち筑豊支部も協力させいただいた探鳥会も小学校の統廃合で最後になりました。当初は1月26日でしたが、インフルエンザにより今日の実施になりました。
まず各班のリ−ダより今日の目標を発表され、校長先生から各班の野鳥の会の講師の紹介があり、児童の皆さんには、野鳥の会筑豊支部から「水辺の鳥ハンドブック」を贈呈していただいたことのお話しがあり、児童全員からお礼の言葉をいただきました。
その後、1年生から6年生までの児童が3班に分かれ、それぞれのコ−スを班長を先頭に探鳥をします。毎年2回と事前学習で、高学年になればなるほど野鳥の名前を把握されており、野鳥の動きにも対応していました。今回はカモ類も多く、スコ−プでまじかに見る色彩に感激の声があがっていました。
最後に各班のリ−ダより鳥合せをし、昨年より多くの種類を観察できました。その後、児童全員と先生方、父兄、講師で記念撮影をしました。
124年の伝統と自然豊かな里山で育まれた子供たちに、これからも豊かな感性を持ち続けて欲しいと思います。これからも、野鳥の声や姿を忘れないでと願っております。

  • 日時:2月7日(火) 9:30-11:30
  • 場所:山口小学校(宮若市山口)
  • 参加者:山口小学校児童(37名)、教員数名、父兄3名、野村芳宏、柴田光、三浦博嗣
  • 観察種(36種)
    アオゲラ、アオサギ、アオジ、アトリ、ウグイス、エナガ、オオバン、オナガガモ、カワウ、カワラバト、カワラヒワ、ギジバト、キンクロハジロ、コガモ、コゲラ、コジュケイ、シジュウカラ、シロハラ、ジョウビタキ、スズメ、ツグミ、トビ、ノスリ、ハクセキレイ、ハシボソガラス、ヒドリガモ

オオバンの脚を観察

中村嘉一 2017-01-19

飯塚市有安・鳥羽池での木に止まっている野鳥の観察・撮影を目的に同公園の南側の駐車場に車を止めた。左回りに周回道路を約7〜80メートル進んだ地点で、散歩中の人がアヒルにパンを切り裂いたような餌を与え終った直後のようなところに遭遇した。その散歩人とすれ違った後、何気なくそのアヒルたちを観察していると、その傍にオオバン数羽も居たが、段々と道路側に近づき始めた(写真(1))。その後、道路から一段低くなっている湿地に上がりパン屑ようなものを捜しながら食べ始めた。
そのためオオバンの特徴ある脚を観察・撮影できる絶好のタイミングとなったので、写真(2)、写真(3)を撮影した。そのときのオオバンからの撮影地点までの距離は、約5〜6メートルだったが、捕食に夢中になり警戒心が低くなったのか、パン屑を捜しながら捕食を続けたので写真(4)〜写真(8)と続けて撮影できた。写真(2)には、オオバンの左脚の趾が写っているようです。

  • 標準和名 オオバン
  • 観察日時 2017-1-19 11:43〜11:44
  • 観察場所 飯塚市有安・鳥羽池 メッシュコード@5030-3567
  • 観察(撮影)者 中村嘉一

2017年冬、八木山小・緑の少年団探鳥会

柴田 光 2017-01-12

2017年八木山小学校のバードウォッチングに当会より、野村さん、木村さん、私(柴田)の三人で参加しました。心配された天候ですが、私が学校へ到着する頃には青空が見え始めバードウォッチング日和となりました。
先ず、校長先生からのお話しで、今日の注意点や、来月に予定されてあるバスハイクの御説明がなされ、海の鳥を観察する事から、しっかり予習をして沢山の鳥を観察しましょうと、児童の皆さんにお話されました。
続いて、野鳥の会の講師の紹介と、福岡県嘉穂・鞍手保健福祉環境事務所の方のご紹介がありました。代表で野村さんが、下見の時に沢山見られた、モズを取り上げて、生体や習性について話され、今日も見られると思いますので、しっかり観察して下さいと児童の皆さんにお伝えして、バードウォッチングをスタートしました。
一年生から六年生までの児童が三班に分かれ、それぞれのコースを、班長を先頭に探鳥していきます。
事前学習もしっかりされていて、児童のみんなが野鳥の名前を把握されているようです。普段スコープに映し出された野鳥を見る事は中々ないようなので、バードウォッチングの時にスコープで見る野鳥を楽しみにしているようです。
最後に鳥合せをして、野鳥の会から木村さんが、観察した野鳥の中から冬鳥を中心に渡りの時期や特徴を説明され、記録した野鳥の覚え方を一例に、今日見た鳥の事を、話し説明する事で自分の中に、しっかりと刻み覚える事が出来るので、お家の方に是非話して下さいと説明されていました。
鳥合わせの結果は22種です。
去年より少なくなりましたが、まずまずの成果ではなかったかなと思います。

  • 日 時:1月12日(木)
  • 場 所:八木山小学校(飯塚市八木山)
  • 参加者:
    八木山小学校児童(1 年生〜6年生)、教員数名、野村芳宏、木村直喜、柴田光
    福岡県嘉穂・鞍手保健福祉環境事務所地球環境化 川原賢、澤柳綾子

Copyright (C) 2009-2016 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved.