クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部)
 ホームニュース筑豊・京築2022-23
online 
total 
modify:2022-09-26

 筑豊・京築 2022-23年

筑豊・京築地方(福岡県)の野鳥や野生植物、フィールドに関する情報掲示板です。

探鳥リスト、初・終認、初囀、花や実、昆虫など野鳥をはじめ野生生物全般とそのフィールド、活動等について、会員のみなさん、観察情報をお寄せください。

※本文中 @503x-xxxxのように記されたコードは[標準地域メッシュまっぷ]により取得した3次メッシュ・コード/世界測地系(@)(地域を一意的に特定するため、日本全国を約1km四方の碁盤目に区分し、8ケタでコード化。コード先頭の識別子@は当サイトのローカル・ルール)です。

2022-23年 | 2020-21年 | 2018-19年 | 2017年 | 2016年 | 2015年 | 2014年 | 2013年 | 2012年 | 2011年
2010年 | 2009年

 個人情報の公表を望まれない方へ 

顔出しの写真、氏名ほか個人情報の掲載・公表を望まれないご本人様・保護者様は、掲載に先立ち担当または当サイト[ご連絡]にお申し付けいただくか、掲載後なら、具体的な①掲載場所(説明、URL)、詳細な②削除部分③削除の理由④ご本人様との関係、あなた様の⑤ご連絡先等を明記の上、当サイト[ご連絡]または会報「野鳥だより・筑豊」巻末投稿先(編集部)からお申し付けください。迅速に対応いたします。ご迷惑をお詫び申し上げ、ご協力に感謝いたします。
ボタン内の非表示情報は、通常、グーグルやヤフーほかの検索サイトには収集・公開されません(公開は検索サイト各社の仕様・方針に依存します)。

ヒガラ

【画像の見方】小画像をクリックで拡大・縮小、拡大画像は複数同時表示・ドラッグで移動可能、スペース・矢印キーで連続閲覧

網野先生によるキジ放鳥に参加

有働孝士 2022-09-26

両脚4ヵ所も骨折し遠賀町で救護されたキジ♀が、福岡野生動物保護センター(直方市・アミノ動物病院内、網野泰臓センター長)に収容されていましたが、完治したので9月26日放鳥されることになりました。放鳥場所は、直方市永満寺・紅葉の森(公園)で、ここは以前にも数回放鳥が行われた福智山山麓の木立の多い公園です。
今回の放鳥の集まりについて世話をされた本会事務局長・広塚忠夫氏によれば、キジ♂の観察記録は比較的あるのですが、♀の記録は知られておらず、珍しいとか。色が地味な上に鳴かず飛ばずで目立たないせいでしょうか。私は初めて見ましたが♂のようにど派手な色彩もなく、顔は優しい表情をしていました。動物の世界では、何かと不利な役割を負わされることが多い♀ですが、幸い福岡野生動物保護センターの治療により重傷から回復し、野に復帰することができて何よりでした。今後は幸せな“鳥生”となりますよう。
放鳥後は、あまり人を恐れる様子もなく、少しビッコをひきつつゆっくりと歩きながら、森の奥に消えていきました。
実は、福岡県ではヒナやカラス類、ヒヨドリ、スズメ、カワラバトや人が原因でない傷病を対象外にするなど、制限を設けて野生動物の救護を差別しており、何のための制度・施設かと問題になる対応となっています。
福岡野生動物保護センターは、福岡県指定の傷病野生鳥獣医療所の一つですが、網野泰臓センター長は長年動物の治療にあたっておられ、県の差別的な対応ではなく、野生動物への分け隔てのない治療により、ありがたい思いを持った方も多いことでしょう。

※参考:ケガをしている動物を見つけたら(福岡県ウェブサイト)

(2022-09-26掲載)

小竹町・親水公園にヨシゴイを呼び戻そう

有働孝士 2022-08-31

  • 観察日:2022-08-31
  • 場所:小竹町南良津・南良津親水公園
  • 観察者:広塚忠夫・有働孝士
  • 野鳥:キジバト、バン、セッカ、スズメ

2022年野鳥展、本日閉幕。宮若市・若宮コミュニティセンター「ハートフル」で撤収に参加しました。終了後広塚忠夫さんにお誘いいただき、小竹町南良津の南良津親水公園にご一緒しました。以前は繁殖していたヨシゴイ(「南良津の池」広塚忠夫 2009-07-27)が今はまったく観られず、そのナゾを解くための視察だそうです。
そんなこととは露知らずノコノコとついて行った私に突然この大問題を振られ、静かにパニック。そう言えばと、8月運営委員会資料として広塚氏が示された文献「ヨシゴイはなぜ集団で繁殖するのか:巣場所選びと繁殖成功」(上田恵介、Strix 1996)を思い出しました。論文では営巣場所として、巣の周囲に適当な深さの水域が必要だとか。容易には巣に近づけないので天敵よけになるといいます。この論文配布、広塚氏の周到な布石だと思い至ったのはずっと後のこと。
夏の終わりらしく、現地の親水公園は水面がほとんどヒシに覆われ、まるで水深がひどく浅いかあるいは陸地のような見かけです。繁殖期にこれでは、居着かないのは当然かもしれません。もちろん問題はそれほど単純ではないでしょうが、数少ない手がかりです。親水公園内の植生のうち大部分は件のヒシにヨシとヒメガマが自生していますが、十分な自由水面があれば帰ってくれるかもしれません。
ヨシは水深があまり深いと生育できず、その点ヒメガマならある程度の水深は問題なく、細長い葉はよくしない巣作りの素材としても適していると言えそうです。そうなれば、まずはヒシの繁茂を抑制し十分な広さの水面確保が解決への道筋か。とまあそんな風で、広塚さんとあれこれ話し合い、アイデアを交換しながら、思わず楽しいひとときとなりました。ちなみに上記論文の筆者上田恵介氏は(公財)日本野鳥の会の現・会長です。
さかんに目前をよぎるのはトンボです。今どき珍しい広く浅い池ですので、繁殖には最適の環境です。飛び過ぎるトンボを見て、たちどころに種名を言い当てる広塚氏に驚きました。かっこいい、いつの間にそんなワザを。ヒシに止まるビギナー向けのシオカラトンボを教えていただき、撮影してみました。この時、密かに広塚様をトンボの師匠と仰ぎ、弟子入りを決意しました(もちろん束脩ナシで)。
アオビタイトンボ出現!」(広塚忠夫)ではトンボの希少種発見が報告されています。この池、実は多種多様なトンボで賑わっているトンボ天国ではないか。まずは観察記録作りからとりかかり、さらに珍種発見が重なれば(可能性大)、注目され重要な池に格上げとなります。ぜひトンボ調査の観察会を実施しましょう。地元・小竹町では「小竹町南良津親水公園基金条例」を定めています(この情報も広塚氏ご教示)。自然保護、生物多様性等の方面から利用はできないか、探るのも一法です。
私的季節区分では9月からが秋。よって本日、8月31日は夏の最終日です。最後の夏の日ならばこそ、暑さも苦にはなりません。長く厳しい季節をどうにかしのいで本日を迎え、しめくくりにふさわしく啓発的で夢のある観察行となりました。折よくお誘いいただいた広塚さんに感謝。夏枯れも終わり、いよいよ明日から9月。秋の涼風に乗って待望の旅鳥たちが渡ってくることでしょう。

(2022-09-01掲載)

ナツエビネを求めて

田辺憲子 2022-08-23

2022年8月23日、以前より見たかったナツエビネを見に誘っていただき、福智山(直方市)に登ってきました。
山歩きの間中、ミーミーと蝉時雨、耳が悪い私には鳥の声はメジロ・シジュウカラ・ヒヨドリ・ソウシチョウしか聞き取れませんでした。沢沿いの道は虫が多く、蚊取り線香とハエたたきが大活躍。滝の周辺で前回、美代子さんが見つけておられた待望のナツエビネが・・・またその後次々とナツエビネが出てきて大感激。その他にミヤマフユイチゴやナンバンハコベも初見でした。
美代子さん、誘って頂きありがとうございました。皆さん、いろいろお世話になりました。

(2022-08-25掲載)

英彦山登山

田辺憲子 2022-08-04

誘っていただき、2022年8月4日英彦山(添田町)に登ってきました。
イワタバコの群落、そして一花だけ残っていたタマガワホトトギス等の花などが見られました。
またゴジュウカラ・ヒガラ・コゲラ・コサメビタキ等が次々と現れ、曲がりなりにも同定できるくらいにのゴジュウカラやヒガラの写真を初めて撮ることが出来ました。
今回は花は勿論、鳥も満喫でき、大満足の登山でした。
みなさんお世話になりました。

(2022-08-06掲載)

八木山小学校緑の少年団探鳥会報告

佐藤久恵 2022-04-22

  • 2022年4月22日(金曜日) 晴れ
  • 場所:飯塚市八木山・八木山小学校周辺
  • 参加:
    • 本会3名:野村芳宏、木村直喜、佐藤久恵
    • 八木山小学校:生徒12名、先生方
  • 観察された鳥(21種):アオゲラ、アオサギ、ウグイス、カワラヒワ、キビタキ、コゲラ、カワウ、カルガモ、キセキレイ、サシバ、シジュウカラ、スズメ、ダイサギ、チュウサギ、ツグミ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ヒヨドリ、ホオジロ、メジロ、ヤマガラ
八木山小学校の今年の新一年生は4名です。総生徒数は13名で昨年より3名減りました。参加された生徒さんは12名でした。
環境は山に囲まれたとてものどかな所です。この時期には田に水が入り蛙(シュレーゲルアオガエルだと木村さんに教えて頂きました)が大合唱し、空にはサシバが舞っています。
こんな里山の学校の子ども達ですから、実にのびのびとしていて鳥の知識もなかなかのものです。
これからも探鳥の楽しさを伝えていきたいと思います。

(2022-04-22掲載)

福岡野生動物保護センター 2021年度救護数

福岡野生動物保護センター長
網野泰蔵 2021年

2021年度の野生動物保護事例の集計が終わりましたので報告します。
年々ツバメの数が減ってきているようです。放し飼いネコによる被害も相変わらずです。
適正飼育の啓発を続けていく事が必要のようです。
釣糸等については、ゴキブリホイホイやネズミ捕りもちの屋外使用による接着被害も含みます。

年度記録

福岡野生動物保護センター(アミノ動物病院内)

(2022-04-15掲載)

メッシュ探鳥

有働孝士 2022-02-04

ひとりバードソン+3次メッシュを重視した探鳥を計画、実行してみました。ひとりバードソンの成績は全29種。予想はしていましたが、まさに惨憺。フィールドにおけるおのれの微力を痛感した次第です。
とはいえ、今回の主要な目的は、観察場所が主役の観察記録です。まず場所を設定し、どんな種類がいるのか調べるという方法です。そして場所の設定は、3次メッシュコード。3次メッシュコードの有用性は、日ごろ筆者の主張するところですが、なかなかご理解が得られず、本会における普及は未だし。メッシュ同定に面倒感があるためか(無料スマホアプリのアンドロイド 野外調査地図やiOS GSI Map++(地理院地図++)で本当はとても楽ですが)、むしろ迷惑に感じておられる会員諸氏も多い様子で、申し訳なく思っています。
本日、自宅でしばらく観察後、出発。近くの鳥羽池(飯塚市)で水鳥観察。オシドリを見込んだ大師溜池(飯塚市)では不発。故人の初代事務局長・高橋氏の報告が多かった塩頭溜池(小竹町)を初訪問でも、奥行きがない池のためか水鳥類も少なくちょっと当て外れ。ジュリン類を求めて南良津親水公園(小竹町)。昔は数倍はあった湿地の広がりが思い出され、心打たれます。ともあれ、なんとか残されたこの珍しい湿地公園はもっと観察を重ねるべきフィールドです。遠賀川中島(中間市)では冬景色を楽しみました。ヨシの面積がもっと広いと多種の鳥が暮らしてくれるはずの場所です。
タイトルの「メッシュ探鳥」とは、車で移動しながら、適当な場所で滞留し観察。そのメッシュコードとともに記録を残すという手法です。今回の教訓は、あまり種数にこだわると観察場所が限定されてしまうことです。バードソン形式探鳥は合わないかも。移動しつつ適当に決めた何気ない場所で観察する「メッシュ探鳥」の趣旨に沿い、新しいメッシュをフィールドとして記録することが楽しみにつながるようです。次回はこの方法でやってみたいと思います。

総リスト(29種):マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、クサシギ、イソシギ、ミサゴ、トビ、カワセミ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、メジロ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、ソウシチョウ

(2022-02-05掲載)

健康の森公園観察会下見

有働孝士 2022-01-26

  • 日付:2022-01-26
  • 場所:飯塚市吉北
  • 参加者:後藤ようこ、広塚忠夫、有働孝士
  • 観察種(野鳥13種 @5030-4515):オシドリ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カワウ、アオサギ、ミサゴ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、メジロ、ツグミ、ミヤマホオジロ
  • トラッキング:Google マップ(トラッキング誤差のため、ラインが無意味に飛び跳ねて見にくいですが、参考程度で)

来年度、2022年4月21日(木)、後藤ようこさん担当予定(総会で決議されれば確定)の「第141回:健康の森公園観察会」の下見に広塚さんから誘われ、参加しました。本日は、担当予定の後藤ようこさん、広塚忠夫さんと私こと有働の3名。
どんよりとした雲が低い空でしたが、雨の気配はなく無風でそれほど寒くもありません。森の中は少し暗いので、撮影時の手ブレが心配です。森は常緑のシイ・カシ類が優勢で、落葉樹はあまり多くないという筑豊特有の林相です。
公園周辺はすっかり開発され白々しい空き地が広がっており、付近には工場などが散見します。たぶん、開発されるまで周辺一帯は健康の森公園と同じ林相だったのではないかと思われます。未だ売れ残っている広々とした空き地には、鬱蒼と森林が広がっていたはずで、売れない土地のために根絶やしにされた樹々が哀れです。
周辺がだだっ広く空虚な土地ばかりなので、健康の森公園に足を踏み入れると世界が一変します。緑のトンネルめいた歩道を木立が取り囲み、名前を探り出すように迫ってきます。しか〜し、本日は。二人も強力な師匠がおられ、もはや怖いものなし。おかげさまで、識別三昧。楽しい2時間でした。
現地情報です。集合地の駐車場東隣り飯塚市栽培温室棟の付属トイレ(写真04)が使えます。駐車場(無料)は付近に3ヵ所もありますが、ひときわ目立つ飯塚市のゴミ処理場・クリーンセンター(写真02)の斜め向かいです。お間違いのないよう。集合地の駐車場下にあるゲートボール場は、2010年10月17日、当時財団本部の会長であった柳生博氏の講演会「柳生博と森林をかたり、地域をつくる会」が開かれた場所です。
「第141回:健康の森公園観察会」は、来年度の植物部提案計画です。総会決議前なので厳密には未定の計画ですが、もし実施されたらという仮定のもとに下見が行われました。

(2022-01-26掲載)

八木山小学校・緑の少年団探鳥会報告

三浦博嗣 2022-01-14

  • 日時:2022年1月14日(金)曇り/晴れ 4度
  • 場所:八木山小学校(飯塚市八木山)
  • 参加者:
    • 八木山小学校児童(1年生〜6年生) 16名
    • 校長先生・教師 9名
    • 日本野鳥の会筑豊支部 野村芳宏、柴田光、佐藤久恵、三浦博嗣
    • 嘉穂・鞍手保健福祉事務所地域環境課 2名
  • 観察種(23種):カワウ、ダイサギ、ノスリ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、シロハラ、ジョウビタキ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、マヒワ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ

前日の下見時は、9時前後に降り始めた雪で田畑は一面真っ白になり翌日の探鳥会が実施できるか不安でしたが、その後は雪も止み、観察会当日は風が冷たいものの晴天に恵まれました。八木山の地(里山の原風景を思わせる)で今年も笑顔の素敵な16名の生徒さんたちと探鳥を楽しめました。
生徒代表挨拶、校長先生の挨拶そして野村担当から双眼鏡の使い方や注意点などのお話後、2班に分かれスタート。校舎裏の樹には、「ヒヨドリ」や「シジュウカラ」電線には「カワラヒワ」の姿が見られ、笹藪からは「ウグイス」の声などきくことができました。小学校前の国道を渡ると、一面の田んぼと畑、そして小川が流れており、ここでも多くの野鳥を観察。すこし離れた木に「エナガ」の群れを観察。そして事前学習で勉強した「ノスリ」が最初は遠くの樹の上、その後上空を旋回したあとに近くの木にとまり皆さん大喜びでした。憧れの「カワセミ」は見ることができなかったのは残念でした。各グループは班長さんが下級生をよくまとめていました。
観察を終えて、各般の鳥合わせをし、観察種の中から最後に柴田担当から、観察種で「冬鳥」と「留鳥」の説明をしました。毎年、年2回の「緑の少年団探鳥会」を実施できるのは、校長先生、諸先生方の「生徒たちを自然と触れ合い」させたい熱意の表れだと感じ、野鳥の会もご一緒できることに感謝しています。

参考:冬の野鳥観察会 in 飯塚市立八木山小学校(福岡県\トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 自然環境 > 鳥獣保護)

(2022-01-16掲載)

Copyright (C) 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved. (無断転載禁止、会員を含む)
本ウェブサイトは無断で自由にリンクまたはディープ・リンクができます(画像への直リンクを除く)。
本ウェブサイトに記載の会社名、システム名、ブランド名、サービス名、製品名は各社の登録商標または商標です。
本文および図表、画像中では必ずしも®、™を表記しておりません。