クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部) (財)日本野鳥の会 筑豊支部
 ホームギャラリー阿部哲也
online 
total 
modify:2017-09-22

 阿部哲也

短縮URL

11月に出会った鳥達

阿部哲也 2015-11

Highslide JSジョウビタキ

久しぶりの投稿です。仕事の都合やギックリ腰になったり(2週間程歩行困難でした)と暫らくの間鳥見がままならなくて、撮影機材がかび臭くなってしまったのではと心配しました。やっと最近になり腰の痛みも無くなり、時間も取れだしたので鳥見再開です。
すっかり鳥の種も冬鳥に成ってしまいました。人々は既に初認の鳥も、私にとってはつい最近(11月下旬)が初認です。ジョウビタキは行くとこ行くとこで見られたし、アトリ・ルリビタキも見られたので良かったです。やっぱり鳥見は楽しいですね。

鞍手町のアマサギ

阿部哲也 2015-05-25

Highslide JSアマサギ

車で通り掛かると30数羽を超えるアマサギが、田圃を鋤いているトラクターを追いかけて移動して飛んでいたので、思わず停車して撮りました。さらに、数十メートル離れた田圃にゴイサギを発見!。最近ゴイサギは見ていなかったのでラッキーでした。

そのあと蓮池が近かったので行ってみました。いつものようにオオヨシキリが囀っていました。

観察場所メッシュ観察日写真
鞍手郡鞍手町古門@5030-5573 2015年5月25日01〜17
鞍手郡鞍手町上木月 2015年5月25日18のみ

久住山に登りました

阿部哲也 2015-05-04/05

Highslide JSイワカガミ

5月の連休を利用して久住山に登ってきました。自身の体力がどの程度あるのか確認したかったのと、野鳥の会から九重等への自然観察が行われていて以前から野草が気になっていたからです。

初日の4日は午前中は雨が残るという天気予報だったので午後から山に入るつもりで家を出たのは9時過ぎでした。長者原に午前11時過ぎに着き、天気が回復気味なので、タデ原湿原から雨ヶ池を目指しました。タデ原湿原は野焼の跡がまだ少し黒く残っていて、まだ花は多くなくサクラソウやハルリンドウ等が観察できました。雨ケ池登山道中もスミレ類等がボチボチ咲いてのと、ミヤマキリシマの蕾を観察できたくらいでした。まだ、花の最盛期には早かったのでしょうか。坊ガツルまで行こうかと思いましたが明日の久住山登山があるので雨ケ池で引き返しました。 感想

山口県萩市・見島探鳥記

阿部哲也 2015-05-01

Highslide JSブッポウソウ

5月1日に山口県萩市の離島 見島へ行ってきました。4月の恒例の「バードウォッチングin見島」への参加が出来なかったので、単独での鳥見です。前日まで雨が降っていましたので逗留の鳥達が抜けていない事を願いつつ出航しました。願いが叶った様で多くの鳥達の歓迎を受けました。歩行中、目前を鳥が横断したり、樹蔭から突然飛び立ったり傍らを飛び去ったり、様々の鳥達が識別する間もくれない程です。見島牛放牧場から大峠へ向かう道中には、キビタキやコサメビタキの大混群に出会いどの鳥を撮影したら良いか迷うくらいでした。オオルリや他の鳥も混じっていました。

縄張り争いのある本土と違い、同じ樹にキビタキやオオルリが何羽も留まっているのは、さすが離島ならではの光景だなあと思いました。センダイムシクイ・オオルリ・キビタキ・コサメビタキ等は島のあちこちで多く目にしました。でも、この日の一番の感動は、ライファーとなるブッポウソウとの出会いでした。ふと見上げた電線に留まっていたのです。飛び立つなよと願いつつシャッターを切りまくりました。嘴の赤と体の濃い青の金属色がとても印象的でした。八町八反や山あいの水田等でシギチ類を探しましたが、この日は、アマサギ・他のサギ類が20数羽とクサシギが1羽観察できたにとどまりました。こちらは既に抜けたのかも知れません。

時間が取れれば又行きたいと思います。

新宮町・相島へ行ってきました

阿部哲也 2015-04-29

Highslide JSキビタキ

毎年、鳥の移動時期に併せて相島へ行っていますが、今まで行く機会が取れず、少し遅いかなと思いましたが やっと時間が取れたので行ってきました。(2015/04/29)

今季初認となるキビタキ・コサメビタキ・マヒワ(不思議と今季まだ未観察でした)と視られて行った甲斐がありました。キビタキは久しぶりに間近で視られて胸の綺麗なオレンジ色が感動です。期待していたオオルリは残念ながら観られませんでした。別の機会に期待です。

宮若市千石峡で「ヤマセミ」を目撃!

阿部哲也 2015-03-07

Highslide JSヤマセミ

宮若市千石峡に久しぶりに出かけました。少し寒かったのですが、お握りを持って散策です。何気に川に沿って上流の方へ歩いていると、遠目に白っぽい鳥が上流部へ向かって、樹に留まりながら川面すれすれに飛んで行っていくのが確認できたので、後をついて歩いて行きました。まさかとは思っていましたが、そのまさかで紛れもなく「ヤマセミ」です。「筑豊の野鳥 観察ガイドブック」で力丸ダムや千石峡にヤマセミが棲息している情報は知っていましたが、今まで現地では観察は出来ていませんでした。カワセミはほぼ確実に観察できるのですが、ヤマセミは初めてです。目的無しで出かけて行って大収穫の千石峡でした。

  • 観察日:2015年3月7日 午後12:30頃
  • 観察地:宮若市千石峡 @5030-4531

犬鳴ダム探鳥会の下見に行きました

阿部哲也 2015-01-25

Highslide JSキクイイダキ

犬鳴ダムの探鳥会が来週となりましたので、下見に行って来ました。他の場所は解りませんが、鳥影は例年より薄くて、観察種はあまり多くありませんでした。例年見られるイカル・シメは観察出来ず、アオジ・ミヤマホオジロ・シロハラ・カワラヒワ等も数が少ないように思います。

探鳥会当日は参加者の皆さんの思いが通じて沢山出るかも知れません。多数の方の参加を期待しています。

  • 観察日:2015年1月25日 午前9時半頃から12時頃
  • 観察地:犬鳴ダム 司書の湖
  • 観察種:16種
コゲラハシボソガラスキクイタダキヤマガラシジュウカラ
ヒヨドリウグイスメジロシロハラルリビタキ
ジョウビタキウソホオジロミヤマホオジロアオジ
ソウシチョウ(外来種)

2015年新春初撮り やっと逢えたルリビタキ

阿部哲也 2015-01-03

Highslide JSルリビタキ

元旦、2日と雪が降り、やる事が無く自宅でグズッテいました。やっと、三日目に晴れたので、犬鳴ダムへ初撮りに出掛けました。天気の良いわりにやはり鳥の姿は少なくて、鳥の声より雪を踏む足音だけがザクザクと響きます。でも、やっと最奥の公園横の道端で念願のルリビタキに逢えることができました。それも♂♀2羽です。とりあえず新春早々幸先が良いほうだと思います。

  • 観察日 2015年1月3日
  • 観察地 宮若市犬鳴ダム @5030-4434

Copyright (C) 2009-2017 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved. (無断転載禁止)