クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部)
 ホームギャラリー広塚忠夫 2020
online 
total 
modify:2020-10-22

広塚忠夫 2020

2020年目次

秋の平尾台観察記

香春岳探索記 | オシドリご帰還 | ハチクマ秋の渡り観察記(六ヶ岳) | ハチクマ渡り(六ヶ岳)観察記

ハチクマ渡り自主調査(六ヶ岳) | 9月の平尾台観察記 | 極暑の平尾台、また楽しからずや! | 関の山探索記

古処山観察記:哀れなオオキツネノカミソリ | 平尾台観察記 | ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)観察記

香春岳観察記3 | 盗難の無人録音ICレコーダー戻る | 香春岳観察記2 | 木村塾展を訪れて

古処山探索記:ツゲ(黄楊)3種識別 | 井原山探索記 | 東よか干潟(大授搦)探鳥記 | 大法山観察記

東与賀干潟(大授搦)観察記 | 香春岳観察記 | ネット犠牲のノスリ♂ | 東よか干潟(大授搦)観察記

ヒレンジャクの三度の来訪 | 東与賀干潟(大授搦)観察記 | 自宅にヒレンジャク飛来 | 曽根海岸定例探鳥会

2020年  2019年  2018年  2017年  2016年  2015年  2014年  2013年  2012年  2011年  2010年 
2009年 

  

英彦山を中心に犬ヶ岳から岳滅鬼山・釈迦ケ岳の英彦山山系ルートの野鳥生息調査を主目的に継続し、併せて植物や生き物観察を愉しみながら、英彦山山系の四季の観察データと画像を記録します。

[英彦山の四季へ]

秋の平尾台観察記

広塚忠夫 2020-10-20

  • 2020-10-20(火)晴れ〜快晴、弱風〜中風、14℃〜24℃
  • コース:茶ヶ床07:18(晴れ・弱風・14℃)〜大平山・茶ヶ床分岐08:13〜四方台・茶ヶ床の稜線上分岐09:01(快晴・中風・20℃)〜鉄塔下09:51〜広谷湿原10:42(快晴・弱風・22℃)〜林道経由〜桶ヶ辻11:36−12:00〜天狗岩12:20(快晴・中風)〜茶ヶ床13:39(快晴・弱風・24℃)
  • 野外調査地図トラック情報:開始07:18、終了13:39、記録時間6h20m、移動距離9,7551m
  • 観察種:キジ1・トビ1・ハシボソガラス3・ハシブトガラス2・シジュウカラ3・ヒバリ2・ヒヨドリ20+・ジョウビタキ3・アトリ20+・カワラヒワ5・ホオジロ3・ホオアカ2・ガビチョウ3・ソウシチョウ6、三次メッシュ:@5030-5722

雄大な平尾台の草原を前にするだけで、爽快感が漂います。歩き始めると、これでもかとシャッターを押さずにいられない花々や野鳥、蝶それに山々の風景など、贅沢三昧で愉しませてくれました。10月23日の自然観察会は楽しみ一杯で、大自然が迎えてくれること保証されています。
一方、楽しみの中にも危険も待ち構えていました。あの危険なオオスズメバチに遭遇し、距離を置いて何枚か撮影していると、穴から数匹飛び出して来たので、静かに逃げ去りました。
桶ヶ辻では、昼食しながら来年2月の野焼きに備えて、防火帯の枯草を燃やす作業を眺めていました。なんと、この防火帯作業の火が延焼し、翌朝7時頃まで燃え続けて約20ヘクタールを燃やした、との報道を知って驚きました。当日現場で作業についてお聴きすると、“作業者は全員平尾台在住者で、私が一番の若手60歳で、皆さんは全員先輩です。この桶ヶ辻から貝殻山ルートは、風が舞い風上と風下がよく入れ替わり作業が一番難しい場所"と言われていました。当会筑豊支部とよく似た年齢構成の様ですが、怪我人はいなく安堵しました。

(2020-10-22掲載)

香春岳探索記

広塚忠夫 2020-10-09

  • 2020-10-09(金)快晴から曇り・22℃〜25℃・微風から中風
  • コース:五徳峠09:52〜二ノ岳・三ノ岳分岐10:57〜二ノ岳12:01(標高468m)〜観音岩12:04−12:29(昼食)〜五徳峠13:59
  • 野外調査地図トラック情報:開始09:52、終了13:59、記録時間4h7m、移動距離6,738m
  • 観察種(10種):トビ3・アオゲラ3・ハシボソガラス5・ヤマガラ2・シジュウカラ1・ヒヨドリ30+・メジロ4・シロハラ5+・ガビチョウ2・ソウシチョウ20+、三次メッシュ:@5030-4627

秋の気持ち良い観察日和の香春岳(香春町)を満喫した。
野鳥は、まだまだ端境期であろうか、貧相であったが、冬鳥の小群シロハラの鳴き声と暗い樹林の中での動きが観察された。でも、記録写真は残せなかった。
植物は、ヤマコウバシ(山香し)クスノキ科の葉っぱの模様が、魅力的で惹きつけられた。
二ノ岳に向かう馬の背の道では、トンボのマユタテアカネ(眉立茜)が10頭程度観察され、アサギマダラ(浅葱斑)も何頭も現れヒヨドリバナ(鵯花)の蜜吸いの姿が楽しませてくれた。

(トンボ識別の参考文献:日本のトンボ(尾園 暁・川島逸郎・二橋 亮 著)文一総合出版)

(2020-10-10掲載)

オシドリご帰還

広塚忠夫 2020-10-07

  • 2020-10-07(水)快晴・弱風
  • 自宅(田川市奈良)07:36〜中元寺川経由〜乙女橋(川崎町池尻)07:58〜カラ池(田川市位登)08:36〜自宅09:26
  • 野外調査地図トラック情報:開始07:36、終了09:26、記録時間1h50m、移動距離6,547m
  • オシドリの観察記録:カラ池 @5030-3642(田川市位登) オシドリ12羽
  • モズの高鳴きの記録(合計9羽):@5030-3653(田川市奈良) 2羽、@5030-3643(川崎町池尻) 2羽、@5030-3642(田川市位登) 5羽

秋晴れの中元寺川沿いを探索するが、毎年一番に顔を見せるコガモは「0」で留鳥のカルガモだけだった。次はオシドリとの出逢いを期待してカラ池に向かう。現着し距離をとり池を覗くが全然いないので、金網を超えて近ずくと突然森からオシドリが池に着水した。12羽カウントできた。まだ森には低い声など気配がするが、12羽の初出逢いで気分も高揚し満足した。コース上でモズのギッギッ ギッギッと高鳴きが響き渡るので記録した。

(2020-10-07掲載)

ハチクマ秋の渡り観察記(六ヶ岳)

広塚忠夫 2020-09-30

  • 2020-09-30(水)曇り後晴れ、微風〜弱風、23℃
  • 観察場所:六ヶ岳(鞍手町・宮若市・直方市)
  • コース:直方市上新入登山口06:49〜六ヶ岳07:25〜下山開始12:05〜直方市上新入登山口:12:52
  • 観察種(11種):キジバト1・ハチクマ3(09:20/1羽、09:24/1、09:32/1)・トビ5・サシバ1・アオゲラ3・ハヤブサ1・ハシブトガラス3・ヒヨドリ50+・メジロ10+・ガビチョウ2・ソウシチョウ20+、三次メッシュ:@5030-4594

剣岳(鞍手町)でハチクマ秋の渡り観察を続けておられた「国武光成氏・鬼丸忠久氏」から、渡り観察は本日(29日)で調査終了します。と電話を頂きました。
一方、高塔山(北九州市若松区)観察の荒井充子さんから、同じく29日の渡り情報が入ってきて“17時ごろハチクマが内陸部の筑豊方面に低空で群れが、飛び去りました。多分、明日の朝だちは期待できると思います”との嬉しい情報を頂き、早朝の7時25分に山頂に現着し準備万端でした。しかし、朝だちは残念ながら観ることが出来ませんでした。本日は空振りかと待つこと約2時間、やっとハチクマ1羽が出現してくれて、待ちに待った出現で、最高の感激をもたらしてくれました。その後2羽で合計3羽ですが、記録写真も残せてそれなりの今年最後の渡り観察でした。あくまで個人的観察が本日を最後としました。
六ヶ岳の観察は、有本英一郎氏、林田達也氏が調査を継続し、探鳥会には山口得知代さんも参加頂きました。私は5回六ヶ岳に登り秋のハチクマ渡りを満喫しました。登り口は鞍手町長谷登山口2回、宮若市宮田側登山口2回、最後に直方市上新入登山口1回を利用しました。
手持ち無沙汰でトンボ観察をしていると、何度も餌取りを繰り返すトンボを撮影して、帰宅後に図鑑・サイトを調べてネキトンボ(根黄蜻蛉)と識別しました。翅の基部が橙色をしているので根黄(ネキ)だそうで、識別の決定打は、翅胸側面に2本の太い黒状を確認してネキトンボとしました。初出逢いのおまけつきで終了でした。

(2020-10-01掲載)

ハチクマ渡り(六ヶ岳)観察記

広塚忠夫 2020-09-22

  • 2020-09-22(火)晴れ、弱風、
  • 調査場所:六ヶ岳(鞍手町・宮若町・直方市)
  • 調査参加者(2名):林田達也・広塚忠夫
  • コース:宮田側登山口08:06〜六ヶ岳08:36〜下山開始12:45〜宮田側登山口13:05

山頂に8時過ぎに到着すると、既に、林田達也氏が観察中でした。出現情報をお聞きすると、なんと、早朝6時30分頃に登頂し、早々とハチクマは42羽を確認されていました。
9時過ぎに南側に3羽が出現して、記録写真が撮れて満足しました。
その後、高塔山から情報が入り「400から500」が内陸部に入りました。また、コウノトリ6羽が皿倉山付近を飛んでいます。と嬉しい情報を頂きますが、六ヶ岳からは確認できませんでした。
9月22日の高塔山タカ速報は、2185羽を観察されていたことから、本日は2020秋のハチクマ渡りのピークだったようです。
私はお先に下山しましたので、本日の六ヶ岳観察情報は、林田達也氏から詳細な報告があります。

(2020-09-23掲載)

ハチクマ渡り自主調査(六ヶ岳)

広塚忠夫 2020-09-19

  • 2020-09-19(土)晴れ、弱風
  • 調査場所:六ヶ岳(鞍手町・宮若町・直方市)
  • 調査参加者(4名):林田達也・有本英一郎・山口得知代・広塚忠夫
  • コース:長谷登山口07:32〜六ヶ岳08:05〜12:45〜長谷登山口13:15

山頂に8時過ぎに到着すると、既に、林田達也氏と有本英一郎氏が観察中でした。
林田達也氏は早朝7:10頃から開始され午後遅くまで調査予定と言われたので、本日のハチクマ渡り調査を取りまとめてサイト「くまたか」投稿をお願い致しました。
私は12時45分に下山開始し、その時点までの観察数はハチクマ130+羽でした。本日の渡りは南側コースを空高く渡って行ったので、見つけるのが難しかった。
明日20日から21日のハチクマ探鳥会には、渡りの山が訪れると予想しています。

(2020-09-19掲載)

9月の平尾台観察記

広塚忠夫 2020-09-14

  • 2020-09-14(月)晴れ後曇り、弱風、20℃〜30℃
  • 茶ヶ床08:10(曇り・弱風・20℃)〜東屋経由〜吹上峠・大平山/四方台分岐10:39〜四方台11:37(晴れ・弱風・27℃)〜鉄塔下12:22〜広谷湿原13:13(晴れ・弱風・30℃)〜茶ヶ床14:06(曇り・弱風・29℃)
  • 観察場所:平尾台(北九州市小倉南区)
  • 野外調査地図トラック情報:開始08:10、終了14:06、記録時間5h55m、移動距離8,027m
  • 観察種(13種): キジ1・チゴハヤブサ2・ハシブトガラス1・シジュウカラ3・ヒバリ3・ツバメ8・ヒヨドリ6・メジロ1・セッカ3・エゾビタキ6・カワラヒワ1・ホオジロ2・ガビチョウ2、三次メッシュ:@5030-5722

広々とした平尾台は見渡すだけで、気持良くなる。午前中は涼しい風が吹き抜けて快適な探索だったが、午後からは汗ばむ状況になった。
沢山な花々を始め野鳥・蝶・トンボ等の撮影対象を記録重視で、シャッターを切りまくった。
途中、観察会の事前調査に来られていた三浦夫妻と出会い、花の情報交換をして別れた。
9月27日の自然観察会(平尾台)には、久しぶりに皆様と逢えること楽しみにしています。

(2020-09-16掲載)

極暑の平尾台、また楽しからずや!

広塚忠夫 2020-08-31

  • 2020-08-31(月)曇り後晴れ、弱風、31℃〜36℃
  • 茶ヶ床09:45(曇り・弱風・31℃)〜中峠〜広谷湿原10:41〜上の広谷湿原11:30(晴れ・弱風・36℃)〜鉄塔下12:07〜広谷台13:30(晴れ・弱風・36℃、標高510m)〜不動の滝13:00〜広谷湿原経由〜中峠13:33〜茶ヶ床13:56(晴れ・弱風・35℃)
  • 観察場所:平尾台(北九州市小倉南区)
  • 野外調査地図トラック情報:記録時間4h08m、移動距離6,995m
  • 観察種:ハシブトガラス1・ヒバリ4・ヒヨドリ3・セッカ7・カワラヒワ1・ホオジロ4・ホオアカ1・ガビチョウ1、三次メッシュ:@5030-5722

平尾台は、暑い暑い極暑だった。暑い時間帯に訪れたので暑いのは当然だ。それでも、平尾台は切れ目なくシャッターチャンスを与えて呉れて、花・鳥・蝶・トンボの撮影のひと時は、暑さを忘れさせてくれた。野鳥はこの暑さで日蔭に隠れているのか、淋しい鳥相であった。
広谷湿原では、真っ白で飛び立ちそうなサギソウ(鷺草)が沢山観られ、人気のサワギキョウ(沢桔梗)も見頃を迎えていた。ノヒメユリ(野姫百合)は最終の二輪が魅せてくれた。
帰宅後の楽しみでもある画像の選択は、500枚以上を捨てて77枚に絞って投稿させて頂いた。画像のキャプションは復習しながら作成しているが、間違い箇所があれば、教えて頂ければ助かります。9月は、屋外行事再開の自然観察会(平尾台)を楽しみに待っています。

(2020-09-01掲載)

関の山探索記

広塚忠夫 2020-08-21

  • 2020-08-21(金)晴れ、微風〜弱風、32℃〜37℃
  • ルート:大山(多田山)登山口下10:52〜大山(多田山)登山口10:56(晴れ・弱風・33℃)〜烏尾峠・大山分岐11:23(晴れ・微風・32℃)〜大山)11:39(晴れ・微風・32℃)〜糸田口・大山・関の山分岐12:01〜関の山山頂12:36(晴れ・弱風・37℃)〜見晴台12:54〜大山(多田山)13:20(晴れ・弱風・33℃)〜大山(多田山)登山口13:58〜大山(多田山)登山口下14:06
  • 観察種:キジバト1・アオゲラ1・ヤマガラ2・ツバメ2・メジロ9・ガビチョウ3・ソウシチョウ100+、三次メッシュ:@5030-3650
  • 移動距離:野外調査地図トラック情報7,044m

関の山は、飯塚市・田川市の市境にある359mの低山で、山名は太宰府と宇佐(大分県)を結ぶ大宰府官道の関所があったことから命名された。また、有働孝士邸の裏山でもある。
全ルートで、ソウシチョウとセミ科のツクツクボウシの鳴き声が続いた。ソウシチョウの勢力拡大は、想像以上でありギーギー・ギャーギャーと騒音をまき散らすように群れが観察された(失礼)。本日の記録を点検すると10ケ所で100+羽を想定した。まさに、英彦山の密集を超えている。ガビチョウは2ケ所だけでした。両種とも人間の勝手で、飼い鳥として輸入し、籠脱けで増えすぎて、外来生物法で特定外来生物に指定している。
唯一残っている関の山山頂周りの平原に到達すると、ノヒメユリ(野姫百合)が出迎えてくれた。この時期に登ったことがないのか、ノヒメユリとは初めての出逢いだった。
下山後は、近くの筑豊緑地の国内公認50mプールで泳がせてもらった。65歳以上であれば50円の超低料金で、利用価値大いにありです。今年は3回目の利用でした。

(2020-08-23掲載)

古処山観察記:哀れなオオキツネノカミソリ

広塚忠夫 2020-08-06

  • 2020-08-06(木)晴れ後曇り・22℃〜28℃・弱風〜強風下
  • コース:遊人の杜入口07:46(晴れ・弱風・25℃)〜遊人の杜08:06〜八丁越登山口・古処山分岐08:54(曇り・中風・22℃)〜古処山山頂09:29(曇り・強風下・24℃)〜大将隠し経由〜遊人の杜入口11:43(曇り・弱風・28℃)
  • 場所:古処山(福岡県朝倉市・嘉麻市)
  • 観察種:キジバト5・アオゲラ2・ハシボソガラス5・ハシブトガラス2・シジュウカラ1・ヒヨドリ4・ゴジュウカラ1・ミソサザイ2・クロツグミ1・ソウシチョウ20+、三次メッシュ:@5030-1588

自然観察会(古処山)も新型コロナウイルス禍で中止となり、オオキツネノカミソリ(大狐の剃刀)群落地の生育状態が心配で確認に登るが、嘉麻市側の群落地はどこもさっぱりで、見ることが出来なかった。シカの食害であろう。あちこちの群落地には、オオキツネノカミソリを保護しています!との看板「花まもり2020」を名乗る団体が大掛かりなネットを張り保護に乗り出して居られた。
それでも、本日は古処山山頂のシナノキ(科の木)の周りのネットに囲まれたところに、5輪のオオキツネノカミソリ(大狐の剃刀)の淋し気な花がネット越しに観られただけだった。井原山のオオキツネノカミソリ(三浦美代子:2020-07-26)の華やかな群落地とは対極の様相だ。
道中で老夫婦が三脚使用で花を撮影された居たので、近ずくとナツエビネ(夏海老根)の薄紫の姿が観られた。その他大部分はまだ蕾の時期だった。ベニシュスラン(紅繻子蘭)ラン科は全く見付けることが出来なく、またまた、盗採の被害を心配した。
鳥は端境期そのもので、非常に少なく、一方ソウシチョウは別格の様に、動きも鳴き声も独占状態だった。

(2020-08-09掲載)

平尾台観察記

広塚忠夫 2020-07-25

  • 2020-07-25(土)曇り後雨、弱風、23℃〜28℃
  • 茶ヶ床10:25〜中峠〜羊群原経由〜茶ヶ床13:08
  • 観察場所:平尾台(北九州市小倉南区)
  • 野外調査地図トラック情報:記録時間3h03m、移動距離4,719m
  • 観察種:キジバト1・ホトトギス1・アオゲラ1・ハシボソガラス5・ハシブトガラス5・ツバメ10+・ヒヨドリ5・ウグイス6・セッカ15+・スズメ2・カワラヒワ10+・イカル1・ホオジロ8・ホオアカ4・ガビチョウ2、三次メッシュ:@5030-5722

平尾台に「ササバラン(笹葉蘭)」があるとは知りませんでした。三浦博嗣氏の7月度平尾台の開花情報に触発されて出掛ける。
それは観たことがない「ササバラン(笹葉蘭)」との出逢いを第一目的としてポイントに急いだ。が、スズメ・ホオジロ・ホオアカの採餌風景が飛び込んできて撮影に時間をとられ進めない。しかし、ほんま愉しい時だ。続くは鳴きながらのセッカの平原上の舞いである。ヒッヒッヒッヒッと空高く舞い上がりチャッチャッ、チャッチャッと鳴きながら降下を繰り返す。立ち止まって高速シャッターで狙うが上手くいかないが、面白い。ファミリーであろうか、セッカ4羽の嬉しいカメラアングルのチャンスもあった。
道端には、ノヒメユリ(野姫百合)・コオニユリ(小鬼百合)・キキョウ(桔梗)が迎えてくれる贅沢な展開もあり、目的地にはなかなか進めない。雲行きも怪しいので、急がねばと思い、ポイントだろう斜面に到達して探すが判らない。そこで、山田陽子さんに電話を入れると、丁度夫婦で中峠を下って居られ“広塚さんそこは行き過ぎですよ”と遠隔で指示を受けた。多分この辺りと目星をつけて探し廻って、あー蘭だ!と感動の出逢いだ。残骸の時期と思っていたので、まだまだ見頃の素敵なササバランを二株目も探すことができた。
雨が落ちてきたので、傘の下から観察・撮影を続けて、通常とは逆コースを歩いた。大粒の雨もあがると、セッカを筆頭に、またまた草原の舞いを繰り広げてくれた。セッカは一夫多妻と言われスタートから終盤まで一番の出現率のサービスだった。ほんま、多妻とは大変だなーと思わずにはいられない。雨上りの最後の花は、ホウライカズラ(蓬莱蔓)の一輪とヤマホトトギス(山杜鵑草)一輪を撮影して、平尾台を後にした。雄大に広がる草原は、解放感に溢れ愉しみとコロナ免疫力アップに、皆様も訪れては如何でしょうか。

(2020-07-27掲載)

ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)観察記

広塚忠夫 2020-06-27..

  • 観察日:2020-06-27〜07-09
  • 観察場所:田川市奈良(自宅):三次メッシュ:@5030-3653

孫娘と連れ合いで、ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)チョウ目(鱗翅目)タテハチョウ科の幼虫から蛹を経て羽化まで観察しました。
幼虫は毒々しいトゲがあるが、アリアケスミレ(有明菫)を食べている時、手にとって触ってみましたが無害でした。
肝心な羽化の瞬間は記録できませんでしたので、次を機会に残して置きました。なお、蛹から羽化までの期間は9日〜10日でした。
サイトや図鑑を調べて判ったことは、サナギの背にあるトゲが金色のものは羽化後にメスになり、銀色のものはオスになる。また、トゲを「雫」と表現しているサイトもありました。
サンショウ(山椒)を食草とするアゲハチョウも並行して観察していましたが、幼虫段階で残念ながら何者かに食べられてしまいました。

(2020-07-10掲載)

香春岳観察記3

広塚忠夫 2020-04-16

  • 2020-04-16(木)曇り後晴れ、弱風
  • 五徳峠09:24〜ファミリーコース経由〜香春岳二ノ岳13:49(晴れ・弱風・21℃)〜観音岩14:02〜五徳峠15:32
  • 野外調査地図トラック情報:記録時間6h7m、移動距離6,393m
  • 観察種:トビ1・アオゲラ1・ハシブトガラス4・ヤマガラ1・シジュウカラ2・ヒヨドリ10・ウグイス3・センダイムシクイ2・シロハラ1・オオルリ2・カワラヒワ5・イカル2・コジュケイ1・ソウシチョウ20+、三次メッシュ:@5030-4627

本日は、自然観察会(香春岳)が中止となっていましたが、担当任務の現地待機のため香春町役場に9時過ぎまで待機しました。帰宅するのは、もったいないので、そのまま香春岳を探索することにしました。
五徳峠に現着するなり、センダイムシクイが「焼酎一杯グィー」と歓迎の鳴き声を長く聴かせてくれて、嬉しくなり鬱積した気分も晴れました。途中でホタルカズラ(蛍蔓)を撮影中には、オールリリリ・・・とオオルリからもワクワク気分のプレゼントがありました。
この時期の見もののチョウジガマズミ(丁子莢迷)花々は、香りも姿共に最高の時でした。馬の背の周りのフデリンドウ(筆竜胆)もびっしりと咲いていて愉しませてくれました。
4月から5月のバードウィークの期間は、ワクワクの季節ですが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大で、当会は全ての行事が、中止に追いやられています。感染に最大の注意を払い、三密(密閉・密集・密接)を避けてた生活スタイルを築いて頂ければ幸です。

(2020-04-17掲載)

盗難の無人録音ICレコーダー戻る

広塚忠夫 2020-04-08

ほんま、うれしいニュースです。盗難被害にあっていた高価なICレコーダー2個が、戻ってきました。
無人録音調査は、2017年から開始して凄い実績を残しています。その間に、主役である高価なICレコーダー2個が設置現場から盗難にあい、がっかりしていました。
別添写真(01)のお願いを現場付近の林道脇に掲示して、返還をお願いしていたところ何と、2020-04-08に発見できました。取付場所と全く違って、林道近くの場所に無造作に置かれていました。出逢った瞬間は、信じられませんでした。どの様な理油であれ、当会の手元に戻って来たことは嬉しいことです。2019年5月、盗難に会って以来、待ち望んでいた再会です。
新型コロナウイルス感染対応に悩まされている時に、ほんま、嬉しいニュースをお知らせできてよろしゅうございました。
残念ながら録音データは残っていませんでしたが、本体は故障もなく完動しました。
なお、ICレコーダーの画像は、発見現場ではなく、余りの嬉しさに、現場写真を撮っていなく、置かれていた谷間から3m位移動して、道に拡げて撮影した証拠写真です。

(2020-04-10掲載)

香春岳観察記2

広塚忠夫 2020-04-03

  • 2020-04-03(金)くもり後晴れ、15℃〜20℃、弱風
  • コース:五徳峠09:52〜ファミリーコース・岩登りコース分岐10:17〜ファミリーコース経由〜二ノ岳・三ノ岳分岐11:32〜二ノ岳山頂13:16〜観音像13:22〜二ノ岳・三ノ岳分岐14:08〜三ノ岳山頂(508m)14:40〜岩登りコース経由〜五徳峠15:55
  • 観察鳥:ノスリ1・コゲラ2・ハシボソガラス3・ハシブトガラス2・ヤマガラ3・シジュウカラ2・ヒヨドリ5・ウグイス6・メジロ10+・シロハラ1・ルリビタキ1・イカル3・ホオジロ1・コジュケイ1・ガビチョウ2・ソウシチョウ20+、三次メッシュ @5030-4627

新型コロナウイルスの感染防止策として、密閉・密集・密接を避けて、香春岳に単独で向かった。
そこには、春の花畑があちこちに観られ、観察・識別しながら撮影を繰り返し忙しい満足な香春岳だった。
とりわけ、スミレ(菫)の多くの仲間が、見頃を迎えて居て識別に悩んだが、オトメスミレ(乙女菫)との初出逢いの成果もあった。オトメスミレはタチツボスミレに混じって観られることが多く、花弁が白色で、距が淡紫色になる品種である。和名は牧野富太郎博士が箱根の乙女峠で発見したことに由来し、箱根には多いとか。なお、品種であるが、遺伝的にもかなり安定しているので、同じ場所で続けて観られるとのことで、来年も楽しみにしている。
香春岳は沢山の花が迎えてくれて今が旬です。是非、足を運んでください。

(2020-04-05掲載)

木村塾展を訪れて

広塚忠夫 2020-04-01

たまたま別件の電話交信で木村塾展を知り、即、訪れました。
残念ながら、新型コロナウイルス禍を考慮して、作成済チラシの配布などの一般広報は、取りやめて塾の内々で開催されていました。

  • とき:2020年4月1日(水)〜5日(日)
  • ところ:SPACE for you U-X-T 添田町大字添田1018-13
  • 展示内容:塾生の絵画・イラスト・ポスター・俳句・作文・木村直喜氏の葦ペン画・写真
  • お問い合わせ:0947-82-0111

(2020-04-02掲載)

古処山探索記:ツゲ(黄楊)3種識別

広塚忠夫 2020-03-29

  • 2020-03-29(日)晴れ〜快晴、嘉麻市側強風・秋月側弱風・6℃〜13℃
  • コース:古処山登山口(秋月側)06:15〜古処山林道終点07:39〜水船08:51〜古処山山頂09:30〜古処山・屏山・ツゲ人工林分岐10:13〜屏山10:45〜古処山・屏山・ツゲ人工林分岐11:29〜水船11:54〜古処山林道終点12:28〜古処山登山口(秋月側)13:04
  • 野外調査地図トラック情報:移動時間6h49m、移動距離12430m
  • 野鳥観察種:トビ1・カケス1・ハシブトガラス3・ヤマガラ1・ヒガラ3・シジュウカラ2・ヒヨドリ20+・ウグイス2・メジロ5・ゴジュウカラ1・ミソサザイ15・キセキレイ1・ホオジロ1・三次メッシュ:@5030-1588、シカ3

古処山は、福岡県朝倉市と嘉麻市にまたがる標高859.5 mの山です。
昨年開通の「八丁トンネル:延長3791m」を初走行し、これにより通常の古処山登山出発地点の「遊人の杜(嘉麻市)」より朝倉市「秋月側古処山登山口」までの走行時間は、相当短縮になった。
私の本日の第一の目的は、2018-08-22に古処山山系のツゲ(黄楊)の識別のため登ったが、できなかったので花の咲く時期に再チャレンジした結果、幸運にもツゲの花が咲いていて識別することが出来た。
筑豊博物研究会「古処山の自然」(1987発行、編集者・太川浩平)の古処山のツゲに関する記述を引用する。
古処山に産するツゲは、オオヒメツゲ・アサマツゲ・マルバツゲの三種類であるが、大部分はオオヒメツゲで、アサマツゲとマルバツゲは極めて少数である。マルバツゲは枝が横にはり、葉は左右に並びて生し丸味を帯びているが、オオヒメツゲとアサマツゲとは共に枝が立って葉は楕円形・倒卵形又は長倒卵形で、オオヒメツゲとアサマツゲの区別はオオヒメツゲは花が枝の頂きに生じ葉が小さく、アサマツゲは花が葉腋に生じ葉が大形な点である。
識別は別添の記録写真により、あくまで上記の記述内容に従って行った。この識別方法が、現在のツゲ分類について有効かどうかは、筆者浅学にして不明である。
花々は、シロバナネコノメソウ(白花猫の目草)・サツマイナモリ(薩摩稲森)・ コショウノキ(胡椒の木)・セントウソウ(仙洞草)の白い花が目立ち、ご褒美は、先週の井原山で観察していて見慣れたイワボタン(岩牡丹:別名ミヤマネコノメソウ)が意外に多く、3ヶ所で発見することが出来た。
オオキツネノカミソリ(大狐の剃刀)の群落地でも有名な古処山であるが、山頂の一部を除き、ことごとくシカの食害が目につき、今年も残念ながら期待できない。
野鳥はミソサザイ(三十三歳)が圧倒していて、往路観察だけで15羽を記録した。

追記:
上記投稿後、ツゲに関して古処山のツゲ3変種は、ツゲ(黄楊:Buxus microphylla)にまとめられたという下記の資料を見つけた。

  1. フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)ツゲ
    1927年の天然記念物指定時には、「大部分は 変種オオヒメツゲ Buxus microphylla var. arborescens Nakai で、その他に変種アサマツゲ var. japonica と変種マルバツゲ var. rotundifolia Nakai がある」と説明されていたが[20]、これらの変種は var. japonicaにまとめられ[4]、その後、上述のとおり、Buxus microphylla にまとめられた。 {ツゲ(黄楊[3]、柘植[3]、樿、学名 : Buxus microphylla var. japonica)は、ツゲ科ツゲ属の常緑低木[3]。}
  2. 福岡県レッドデータブック2011、「福岡県の希少野生生物\ツゲ
    ツゲ(ツゲ科)絶滅危惧U類 国天然記念物(古処山のツゲ原始林)、県天然記念物(秋月のツゲ原始林)。別名アサマツゲ、オオヒメツゲ

以上の1.、2.に従うと、古処山の3変種はツゲ(黄楊)と表現しなければなりません。
しかし、素人の植物愛好家のレベルからでも、変種3種の外形上の特徴から簡単に識別可能でありながら、ツゲ(黄楊)一本にまとめてしまったことに、大いに疑問を持ちました。その根拠を植物学者に質問しなければと思っています。

(2020-03-31掲載)

井原山探索記

広塚忠夫 2020-03-24

  • 2020-03-24(火)晴れから快晴、11℃〜20℃、弱風
  • コース:水無登山口08:12〜水無登山口・三瀬峠・井原山分岐11:13〜井原山11:27〜水無登山口14:05
  • メンバー:光希君(小3)・三浦美代子・三浦博嗣・広塚忠夫
  • 観察種:コゲラ2・カケス2・ヤマガラ5+・シジュウカラ3・ヒヨドリ20+・ウグイス5・エナガ2・メジロ10+・ミソサザイ4・ソウシチョウ10±・三次メッシュ:@5030-1270

井原山(標高:982m)は、福岡県と佐賀県の県境に聳える脊振山地第2高峰の山であり、オオキツネノカミソリ(大狐の剃刀)で有名な花の宝庫の井原山探索行に、三浦夫妻にご一緒させて頂いた。
花は期待以上に、ユリワサビ(百合山葵)・ニリンソウ(二輪草)・ホソバナコバイモ(細花小貝母)・ヤマルリソウ(山瑠璃草)・コチャルメルソウ(小哨吶草)・コガネネコノメソウ(黄金猫の目草)の仲間の花々が咲き誇っていた。
今回の狙いは、イワボタン(岩牡丹:別名ミヤマネコノメソウ)・キバナノアマナ(黄花の甘菜)ユリ科・トウゴクサバノオ(東国鯖の尾)キンポウゲ科でしたが、イワボタン・キバナノアマナには出逢えたが、残念ながらトウゴクサバノオは探すことが出来なかった。また出直しだ。
イワボタンについては、偶然にもブロガー(一人ですけど、なにか?)にルート上で出逢い、咲いている場所を教えて頂き観る事が出来た。感謝

(2020-03-25掲載)

東よか干潟(大授搦)探鳥記

広塚忠夫 2020-03-15

3月15日は藍島北九州・筑豊合同探鳥会であったが、新型コロナウイルス対応で中止になっていた。しかし、担当林孝氏は渡船場待機の任務があり、折角だからと二人藍島探鳥に誘われたので準備していた。が、今度は風が強くフェリーの出航中止になる可能性大と電話連絡が入り、それでは折角だからと東よか干潟(大授搦)に一人で向かった。
東よか干潟(大授搦)訪問は2/11、2/24、3/11に続き4回目の3/15である。
到着が早かったこともあり、干潟には誰もいなく私ひとりだ。でも、後背地の公園は家族連れで賑わっていた。昼ごろになると、更に駐車場が満杯になり子供達の元気な声が響いていた。子供達は家に籠もるのは我慢できないようだ。
干潟は、潮高4.8m(12時48分)でシギチドリは遠く遙かの汀線から近づいてくれない。近くはズグロカモメとシロチドリの群れ、それにセグロカモメの小さな群れが観られただけだ。遠くのシギチドリをプロミナーを通して識別したが、やはり、近くでも難しいのに遠くの識別は、「多分あれかなぁ」で終わってしまった。
その中でやや近くの単独行動の一羽について、関西弁のグループから聴かれ、図鑑をみながら識別したが、自信がないので、帰って調べてくださいと投げ返した。帰宅後に頭が痛くなるほどサイト・図鑑を眺めるが、逆に期待種の先入観があり混乱してしまった。
ところで、前日14日の宮本秀美さんの報告記と比べると、潮高5.3mと4.8mのたった0.5m違いは、シギチドリの距離感が相当違う事が判った。識別レベルは能力の違いであり、4月・5月・6月連続訪問で夏羽シギチドリを観察しながら、ぼちぼちレベルアップを図ることにしよう!

(2020-03-16掲載)

大法山観察記

広塚忠夫 2020-03-13

  • 2020-03-13(金)くもり・微風から弱風・11℃〜14℃
  • コース:天慎寺09:15〜第一展望台10:30〜三光園11:23〜鬼子母神堂11:57〜大法山12:11(232m)〜天慎寺駐車場12:38
  • 野外調査地図トラック情報:記録時間3h22m、移動距離5,607m
  • 観察鳥:亜種アカヤマドリ1・キジバト2・アオバト2・コゲラ1・アオゲラ2・ハシブトガラス6・ヤマガラ3・シジュウカラ2・ヒヨドリ 15+・ウグイス5・エナガ12・メジロ15+・シロハラ5・カワラヒワ15+・ホオジロ1・クロジ1、三次メッシュ:@5030-2691

いつもの逆コースを散策した。
毎年オシドリが来る森の池には一羽もいなかった。
人工林に入るとサツマイナモリ(薩摩稲森)アカネ科が、白花に少しピンク色のラインで強調して、花畑を作っていた。
逆コースの第一展望から第二展望台を経由する尾根筋登山道は、整備され歩きやすいようになっていた。
三光園の庭園に下ると、久留米ツツジが植えられており、そのツツジの中をエナガ・ミヤマホオジロ・メジロ・シジュウカラの混群が観られ、特にエナガは近寄って来てくれて、ながらく遊んでくれた。
舗装路をゆっくり登っていくと、クロジが枝に止まり、保護色で安心している様にじっと撮影に応じてくれた。
大法山に到着して、人工林の近道を通り過ぎ、元の登山道に戻つて進むと、あの魅力的な亜種アカヤマドリが現れ、一瞬静止して目が合うと森に消えた。撮影が出来なかったので、尚更、艶やかな羽根の色が記憶に残った。
コロナウイルスの影響であろうか、誰にも会わなかった。
最近、サイト投稿が少なくなっている様に感じますが、各地の観察記録を大事にして、サイト交流を愉しみましょう。

(2020-03-15掲載)

東与賀干潟(大授搦)観察記

広塚忠夫 2020-03-11

  • 2020-03-11(水)快晴
  • 観察場所:東よか干潟(佐賀県佐賀市東与賀町)三次メッシュ:@4930-6201

運転嫌いだが、お誘いがなく自ら運転して東与賀干潟(大授搦)に出掛けましたところ、当会会員5名と北九州会員3名の顔顔が見られました。
3月一番の大潮5.7mで、間近にシギチドリを観察できましたが、目的のヨーロッパムナグロは見つけることが、出来ませんでした。
いつも、他人に本願ですが、自らプロミナー持参して、あの大群から目的の小さいシギを探す努力をしないと、いつまでもビギナーレベルを脱出できないと自覚しました。
難しいのは遣り甲斐があり継続する。とも言われていますので。

(2020-03-12掲載)

香春岳観察記

広塚忠夫 2020-03-03

  • 2020-03-03(火)
  • コース:五徳峠09:50(くもり・弱風)〜二ノ岳11:17(晴れ・11℃・中風)〜五徳峠14:24(くもり・中風)
  • 観察種:ハイタカ1・ノスリ1・アオゲラ1・ハシブトガラス5・ヤマガラ1・シジュウカラ3・ヒヨドリ5・メジロ2・ミソサザイ1・シロハラ1・イカル4・ガビチョウ1(三次メッシュ@5030-4627)

先に投稿された福智山のアオイスミレ(三浦美代子さん2020-03-01)の画像に触発されて、香春岳のアオイスミレに逢いに出かけましたが、いつものポイントは花どころか、葉っぱが二三枚寂しく見られただけでした。
でも、喜ばせてくれたのは、オニシバリ(鬼縛り)の黄緑色の花が見頃で、 コショウノキ〈胡椒の木〉とサツマイナモリ(薩摩稲森)の白い満開の花、ミヤマウグイスカグラ(深山鶯神楽)のピンク系の花を咲かせる4本の樹木を発見出来たこと、二ノ岳山頂直ぐ手前のイヌガシ(犬樫)の暗紅紫色の見頃の花に出逢えたことです。鳥はノスリとハイタカが現れましたが、私の腕前では撮影できませんでした。
最後の報告は、広い馬の背のササ林を伐採され、二ノ岳に到る藪漕ぎ状の道も綺麗に整備されて、4月の観察会を応援されている様に感じました。草刈りは、周りの看板から道草の会の皆さんと思われます。感謝。

(2020-03-07掲載)

ネット犠牲のノスリ♂

広塚忠夫 2020-03-04

  • 日時:2020-03-04(水)
  • 場所:田川郡添田町別所河内(三次メッシュ@5030-1790)
  • 報告者:広塚忠夫

JR彦山駅に7時前に集合。飯田知彦鳥類学者・田代省二北九州支部研究部長と三人で、英彦山に万能巣箱を設置して、主にコノハズクの繁殖手助け計画のため、適地・適樹を探索しました。
帰路、農業用網に掛かり、無惨なご臨終のノスリを調べて撮影しました。このノスリの両脚ともリングは装着されていませんでした。
なお、田代省二氏が、この個体は脛毛にびっしり横班があるので、ノスリ♂です。と、識別されました。

(2020-03-05掲載)

東よか干潟(大授搦)観察記

広塚忠夫 2020-02-24

2020-02-24、晴れ、弱風
前回に続きT氏の誘いに乗って参加させて頂いた。往路も帰路も、お抱え運転手付きで、ゆったりと後部座席に腰を下ろし、帰路は疲れてウトウトと涎を流しても許容していただき感謝で一杯です。
東よか干潟(大授搦)では、先ずクロツラヘラサギの群れが太陽に照らされて輝いている場所から撮影開始でした。圧巻はツクシガモの大群落が、波打ち際に近くからズート遠くまで、一直線に並んで無心に餌取の風景です。前回観察時よりも嘴と凸が夏羽に進んでいるようで、これだけでも満足域に達ました。それにハマシギの大群落が大サービスです。ここからが識別が大変で、周りの皆様の識別力を頼りにシギチドリと対面します。
本日の収穫の第一はライファのヨーロッパムナグロでした。この方をシギチドリの大群から見つけ出すのに、プロミナーに入れて頂いても難しいの一点だった。だれかが、浮かんでいるボールの様なものの横に立っているのが、ヨーロッパムナグロと識別方法を得て、なんとかライファにたどり着きました。しかし、正解かどうか自信がありません。
ほんま、山猿が海猿に変身して干潟のシギチドリから遊んで頂いた。この春の渡り時期は最低でも月一回訪れて、識別レベルアップに頑張ろうと心しています。

(2020-02-27掲載)

ヒレンジャクの三度の来訪

広塚忠夫 2020-02-02..

ヒレンジャクが、三度も自宅を訪問してくれたので、2020年はヒレンジャクの当たり年です。
隣のクロガネモチ(黒金黐)の実を食べに来た時に、一時休憩で電線に止まった姿が、パソコンに向かう机から観察できたので、ほんま、贅沢な光景です。これは既に投稿していますが、これが一度目の飛来でした。
二度目は2月8日、なんとなく、あの特徴あるヒリリリリとの鳴き声が聞こえるので、外にでると、玄関側の電線にヒレンジャクを発見し、そこから北側のお宅の柿木に移動し、光線の具合も良くそれなりの撮影がきました。
三度目は2月19日です。英彦山から帰宅すると連れ合い春子さまが、ヒレンジャクが早朝31羽来てましたよ!とおっしゃるので、窓越しの電線を見ると、西日の逆光で見難いが、まだ、いるではないか。ほんまラッキー!
ヒレンジャク情報は、田川市の重藤久美子さんから二度、頂いていますし、2月10日に有本英一郎氏の自宅前に出現の投稿があっていますので、まだまだ、当たり年のヒレンジャクの投稿あること期待しています。

  1. 2020-02-02 田川市奈良 @5030-3653 ヒレンジャク15± 観察者:広塚忠夫
  2. 2020-02-08 田川市奈良 @5030-3653 ヒレンジャク20± 観察者:広塚忠夫
  3. 2020-02-19 田川市奈良 @5030-3653 ヒレンジャク31 観察者:広塚春子、午前中31羽)

(2020-02-23掲載)

東与賀干潟(大授搦)観察記

広塚忠夫 2020-02-11

  • 2020-02-11(火)はれ、弱風

T氏からお誘いがあり、参加させて頂きました。
天候も良く探鳥日和で、まずの出逢いは、クロツラヘラサギが近くで60+観察の贅沢でした。
ハマシギとツクシガモの凄い大群に圧倒され、また、久しぶりにソリハシセイタカシギ(アボセット)2羽にも再会できて大満足でした。
その他のシギチドリ類は、識別レベルから良く判りませんでした。

(2020-02-12掲載)

自宅にヒレンジャク飛来

広塚忠夫 2020-02-02

  • 2020年2月2日(日)
  • 田川市奈良 @5030-3653
  • ヒレンジャク15±

パソコンを見ていると、チリリリと鳴き声が聴こえてきたので窓越しに外の見ると、自宅の目の前の電線に、レンジャクが群れていた。
撮影していると、隣家のクロガネモチ(黒金黐)に移動したので、近づくと、今度は、近所のケヤキ(欅)の大木に飛び去った。

(2020-02-03掲載)

曽根海岸定例探鳥会

広塚忠夫 2020-01-05

  • 2020-01-05(日)9時〜12時、晴れ、弱風
  • 参加者(34名):
  • 観察種(51種):ツクシガモ・マガモ・カルガモ・オナガガモ・コガモ・ウミアイサ・カイツブリ・カンムリカイツブリ・キジバト・カワウ・アオサギ・ダイサギ・コサギ・バン・オオバン・ダイゼン・シロチドリ・ダイシャクシギ・イソシギ・ハマシギ・ユリカモメ・ズグロカモメ・カモメ・セグロカモメ・ミサゴ・トビ・ノスリ・カワセミ・チョウゲンボウ・モズ・ハシボソガラス・ハシブトガラス・シジュウカラ・ヒバリ・ヒヨドリ・ウグイス・ムクドリ・シロハラ・ツグミ・ジョウビタキ・イソヒヨドリ・スズメ・ハクセキレイ・セグロセキレイ・タヒバリ・カワラヒワ・ホオジロ・ホオアカ・アオジ・オオジュリン・カワラバト〈ドバト〉

本日は、筑豊支部の行事が組まれていませんので、H氏T氏らと北九州支部主催の曽根海岸定例探鳥会に参加しました。小春日和で気持ちよく暖かく、談笑しながらゆっくりと歩き51種も観察されました。
しかし、潮の時期が悪く、海岸線の遙か遠くにダイシャクシギなど大部分の鳥は移動していました。時折、海岸道路近くにズグロカモメ・ツクシガモが飛来したので撮影でき、また、後背地の川や田畑にオオジュリン・ホオジロ・コガモ・ツグミなどが出現してくれたので、それなりに楽しい探鳥会でした。

(2020-01-05掲載)

Copyright (C) 2009-2018 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved. (無断転載禁止、会員を含む)
本ウェブサイトに記載の会社名、システム名、ブランド名、サービス名、製品名は各社の登録商標または商標です。
本文および図表、画像中では必ずしも®、™を表記しておりません。