クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部)
 ホームギャラリーひがら館/広塚忠夫 2021
online 
total 
modify:2021-09-27

広塚忠夫 2021

2021年目次

大ヶ原往復のソロ探索 | 平尾台のソロ観察記

トンボ探索 | 船尾鉱山林道探索 | 猛暑の香春岳 | 松江海岸のアオバト観察 | 中元寺川周辺の探索

小牧蓮池・南良津親水公園の調査 | 観察会・千石峡の事前観察 | 南良津親水公園・小牧蓮池観察記

大法山観察記 | 平尾台ソロ観察記 | 白島(北九州市若松区)調査に参加して

蝶・トンボ観察記 | 春のハチクマ渡り(大法山) | 岩石山観察記 | 観察会:香春岳下見

中島観察記 | 平尾台観察記 | 御所ヶ岳(ホトギ山)観察記 | 井原山の花花花 | 角島のハイタカ渡り

三高山・白馬山探索記 | 井原山・雷山の花々! | 関の山訪問記 | 鳥類標識調査(山田緑地) | 今川の探索記

響灘ビオトープ鳥類標識調査に参加して | 嘉麻市のカワアイサ | 茶臼山・焼立山・牛斬山登山記

久保白ダム観察記 | 大ヶ原・中元寺川観察記 | 曾根海岸観察記 | キレンジャク、平尾谷に出現!

ソロ・バードウォッチング:大ヶ原 | ヤマセミとイカルチドリ | 大ヶ原観察記

2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年

  

英彦山を中心に犬ヶ岳から岳滅鬼山・釈迦ケ岳の英彦山山系ルートの野鳥生息調査を主目的に継続し、併せて植物や生き物観察を愉しみながら、英彦山山系の四季の観察データと画像を記録します。

[英彦山の四季へ]

大ヶ原往復のソロ探索

広塚忠夫 2021-09-07

  • 2021-09-07(火)曇り一時小雨、弱風、26℃〜33℃
  • 探索コース:自宅(田川市奈良)08:47〜川崎町農産物直売所「De・愛」11:56〜大ヶ原(川崎町安眞木)13:20〜自宅(田川市奈良)15:58
  • 野外調査地図トラック情報:開始時間08:47、終了時間15:58、記録時間7h10m 移動距離16,215m
  • 観察種(トンボ):ベニトンボ・マユタテアカネ・リスアカネ・ナツアカネ・オオシオカラトンボ・シオカラトンボ・ハグロトンボ

自宅を出発し、中元寺川を上流に向かい川崎町農産物直売所「De・愛」まで散策を愉しんだ。そこから大ヶ原(川崎町安眞木)まで足を延ばし大ヶ原周回コースを探索し、別コースで自宅まで踏破した。
蒸し暑い天候下で、移動距離が約16kmもあり、疲れ果てて足が棒になった。
野鳥は端境期で期待してなく、トンボとチョウに注目して観察し、特に赤とんぼが楽しませてくれた。
野鳥識別も難しいが、トンボやチョウは更に難しい。間違いがあれば一報頂ければ助かります。

(2021-09-09掲載)

平尾台のソロ観察記

広塚忠夫 2021-09-01

  • 2021-09-01(水) 曇り時々晴れ、弱風、28℃〜30℃
  • 茶ヶ床09:26(曇り・弱風・28℃)〜東屋経由〜エノキ下休憩所09:48〜吹上峠・大平山/四方台分岐10:24〜四方台11:37(晴れ・弱風・30℃)〜鉄塔下経由〜広谷湿原14:03(晴れ・弱風・30℃)〜茶ヶ床14:49(曇り・弱風・30℃)
  • 観察場所:北九州市小倉南区・平尾台
  • 野外調査地図トラック情報:開始09:26、終了14:49、記録時間5h23m、移動距離5,037m
  • 観察種(13種):アオゲラ1・モズ1・ヒバリ4・ツバメ4・ヒヨドリ2・セッカ2・ガビチョウ4・ソウシチョウ3、三次メッシュ:@5030-5722

ススキが風に揺れると秋の気配の平原だが、依然として30度の夏の酷暑だ。稜線上で食事時には、西北西のやや強い涼しい風が吹き抜けて快適のひと時だった。平尾台はどこでも展望が効いて気持ちが晴れる。それに茶ヶ床をスタートするやいなや、花花の大歓迎でカメラシャッターの連続になり超スローテンポのワクワクのソロ観察会になった。
鳥は端境期で少ないが、花はオミナエシ(女郎花)オトコエシ(野郎花)が見頃でナンバンギセル(南蛮煙管)もあちこちで顔を見せてくれた。広谷湿原ではサワギキョウ(沢桔梗)やヒメシロネ(姫白根)に、本命のサギソウ(鷺草)ラン科が約20輪を超え全盛期を迎えていた。ススキの藪漕ぎルートでは赤とんぼのヒメアカネ4匹とゴール間近でショウジョウトンボとの出逢いもあり収穫多い平尾台だった。
帰宅後の記録画像の整理に取り掛かると、名前が出てこなく難儀したが100枚超を図鑑頼りに識別できたので、興味があるものだけでも見て頂ければ幸いです。また、キャプションの間違い等ご指摘頂ければ助かります

(2021-09-04掲載)

トンボ探索

広塚忠夫 2021-08-31

  • 2021-08-31(火)晴れ・弱風
  • 場所:京都郡みやこ町犀川・長寿の里公園、三次メッシュ:@5030-3775
  • 野鳥観察:アオサギ1・トビ1・アオゲラ1・ハシボソガラス2・ホオジロ1
  • トンボ観察:タイワンウチワヤンマ・ウチワヤンマ・ショウジョウトンボ・コシアキトンボ・ハグロトンボ・ベニイトトンボ・ギンヤンマ・シオカラトンボ・ベニトンボ

田代省二氏のトンボ観察テリトリー「長寿の里公園」にお邪魔して、トンボ撮影を愉しみました。
じりじりと太陽の厳しい直射日光を浴びながら、赤とんぼ撮影にのめり込み極暑に耐えました。

(2021-09-01掲載)

船尾鉱山林道探索

広塚忠夫 2021-08-20

  • 2021-08-20(金)08:54〜12:18、曇り〜雨〜曇り、弱風
  • コース:自宅08:54〜船尾鉱山林道入口9:30〜豊前坊権現10:01〜大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)10:34〜船尾鉱山林道入口11:45〜自宅12:18
  • 観察場所:田川市弓削田・船尾鉱山林道
  • 野外調査地図トラック情報:開始08:54、終了12:18、記録時間3h24m、移動距離5,982m
  • 観察種:キジバト1・アオゲラ1・ハシボソガラス5・ハシブトガラス2・ヤマガラ1・ヒヨドリ10+・メジロ3・ソウシチョウ5、三次メッシュ:@5030-3642

コロナ緊急事態宣言が本日発出され、長雨の中のひと時の曇り空に、近場の林道へソロ探索に出掛けた。
いつか来た道の船尾鉱山林道ですが、現在の様に本会サイト「くまたか」の環境がない時代のため、いつ歩いたか記録が分からない。植物部のミニ観察会や個人探索で歩いた記憶は蘇ります。
本日の天気予報は午前中は曇りで午後は雨であったが、見事に外れて、歩き出して10分位で雨が落ちて来た。
いつか来た道の雨上がりの赤松に、ひょいっとアオゲラが飛来し餌取を始めた。その採餌中の画像には長い舌で獲物を引きだしている一瞬が記録されていた。
余裕もあり動画撮影もさせて頂き、感動の撮影時間を過ごした。

(2021-08-21掲載)

猛暑の香春岳

広塚忠夫 2021-08-02

  • 2021-08-02(月)晴れから曇り、弱風、28℃〜31℃
  • 観察場所:田川郡香春町・香春岳、
  • 野外調査地図トラック情報:開始時間08:18、終了時間12:45、記録時間4h26m、移動距離4,260m
  • コース:五徳峠08:18〜二ノ岳(標高468m)10:39〜観音岩10:50〜五徳峠12:45
  • 観察種:ヤマドリ1・アオゲラ3・ハヤブサ2・ハシボソガラス4・ハシブトガラス6・ヒヨドリ5・ウグイス7・メジロ4・オオルリ1・カワラヒワ8・ソウシチョウ50+、三次メッシュ:@5030-4627

8月の猛暑の夏に香春岳を探索したのは、記憶を遡ってもお初のようだ。
前回は4月の香春岳観察会で訪れている。その時は馬の背までの登山道から西側の人桝遺跡へ入るネザサの丘を、香春町道草の会の方々が草刈りをやっておられて、快適な歩きを楽しんだが、今回は藪状の道に変身して歩くのが大変だった。
その藪状の登山道では、ノヒメユリ(野姫百合)ユリ科とヒオウギ(緋扇・檜扇)アヤメ科のだいだい色ががった赤色の花が、藪から顔を出し目立っていた。二ノ岳ではネコノチチ(猫の乳) がたわわに実をつけていたが、まだ黄色の前の緑色の段階の初記録となった。
樹林や竹藪からはワシワシ(クマゼミ)やニイニイゼミなどの蝉時雨とソウシチョウの群れの競演で、蒸し暑さが増大した。
二ノ岳に向かうイワシデ(岩四手)の森から、頭上をヤマドリ雄が横切ったのには驚いた。また三ノ岳方向でハヤブサ2羽が枝の隙間から飛翔するのが観察でき、猛暑の香春岳も次々と感動をもたらしてくれた。謝謝!

(2021-08-03掲載)

松江海岸のアオバト観察

広塚忠夫 2021-07-29

  • 2021-07-29(木)晴れ、弱風
  • 場所:松江海岸
  • 観察種:アオバト100+
  • 観察者:森永光直・阿部哲也・広塚忠夫

松江海岸探鳥会7月25日は、筑豊博物研究会の夏の自然観察会と行事が重なり参加できなかった。
そこで、本日2021年野鳥展の会場のセッティングが終わり、海水を飲むアオバト観察に出掛けると海岸にアオバトは飛来してくれた。しかし、肝心の海水を飲む姿は観察できなかった。
特急ソニック通過音で飛び上る効果も、昼までは効果があったが、昼過ぎると次第に効果がなくなり、それにガンガン照り付ける太陽光の暑さに負けて、塩水飲むアオバト撮影は断念して帰宅した。
遠路から来られた森永光直氏は私より先に退却さて、阿部哲也氏は私が帰る時も粘っておられたが、成果はいかに?

(2021-07-31掲載)

中元寺川周辺の探索

広塚忠夫 2021-07-18

  • 2021-07-18(日)
  • 観察場所:田川市奈良/春日町・中元寺川 @5030-3653
  • 観察種:アオバズク3・カルガモ5・ササゴイ1
  • 観察者:広塚忠夫

自宅をスタートして、近辺の田圃や公園・中元寺川沿いをソロ・バードウォッチングを行いました。
県絶滅危惧U類のアオバズク(青葉木菟)の親子と対面し、河川では周りを警戒しながらカルガモファミリーが並んで泳いでいました。また、久しぶりに県準絶滅危惧ササゴイ(笹五位)が傍から飛びだし対岸のブッロクに着地しました。

(2021-07-21掲載)

小牧蓮池・南良津親水公園の調査

広塚忠夫 2021-06-30

鞍手町小牧(通称ハス池)周辺のヨシ原の埋立計画が浮上してきた、このヨシ原は、希少種ヨシゴイの生息・繁殖する貴重な環境です。
福岡県の希少野生生物(「福岡県レッドデータブック2011」)によりますと、鞍手町ハス池ヨシ原に夏期飛来し繁殖するヨシゴイは、(絶滅危惧1A類)にあたります。福岡県のヨシゴイが絶滅危惧1A類と選定された理由は、ヨシゴイ繁殖地が県内に2〜3ヵ所しかなく、生息数は激減していることがあげられます。
この貴重なヨシゴイ繁殖地を保全するため、日本野鳥の会筑豊支部は、福岡県・鞍手町にヨシゴイ保全要望書を提出しています。それに続いて、公益財団法人日本野鳥の会と連携して環境省にヨシゴイ保全要望書の提出準備中です。
保全の基礎資料となるヨシゴイ生息・繁殖の現状把握のため、現地調査を実施しています。
会員の皆様も、現地での観察・撮影情報がありましたら、当会筑豊支部の本会サイト「くまたか」info@yacho.orgに投稿をお願い致します。

(2021-07-01掲載)

観察会・千石峡の事前観察

広塚忠夫 2021-06-19

  • 2021-06-19(土)07:00〜12:00、雨のち曇り後晴れ、弱風
  • ルート:駐車場から八木山川沿いに上流へ向かい、力丸ダム下、導水管までの往復約4.4km。
  • 観察者:三浦美代子・北冨加代・広塚忠夫
  • 観察種:カルガモ3・チュウサギ1・アオゲラ1・リュウキュウサンショウクイ(亜種)3・サンコウチョウ1・ハシボソガラス3・ヤマガラ1・シジュウカラ1・ヒヨドリ5・キビタキ1・オオルリ2・キセキレイ1・ホオジロ2、三次メッシュ:@5030-4531、シカ♂1

笠置山登山と観察会下見を兼ねて花の水辺公園(千石峡)駐車場に車を走らせましたが、雨が落ちてきたので登山は諦め、千石峡沿い観察のみに変更しました。
ここは歴史ある魅力的な大木群との出逢いがあり、大好きなコースです。一方シダ類も多く、シダ類はソーラス(胞子曩群)を確認して識別するので、時間もかかり大変難しい識別を強いられますが、チャレンジする価値は大いにあります。
7月1日の観察会では数種でも識別して、シダ類ファンが生まれること期待しています。

(2021-06-27掲載)

南良津親水公園・小牧蓮池観察記

広塚忠夫 2021-06-21

  • 2021-06-21(月)晴れ、弱風、32℃
  • 南良津親水公園(小竹町)
  • 小牧蓮池(鞍手町)

画像NO.1〜15は南良津親水公園、NO.16〜27は小牧蓮池で撮影です。

(2021-06-23掲載)

大法山観察記

広塚忠夫 2021-06-20

  • 2021-06-20(日)08:18〜11:29、晴れ・微風・21℃〜28℃
  • コース:梅林公園08:18〜三光園08:43〜鬼子母神堂09:15〜第一展望台09:56〜麻畠展望台10:06〜天慎寺10:28〜大法山10:41(232m)〜白馬山10:58(261m) 〜奥の院11:17〜梅林公園11:29
  • 観察場所:福岡県嘉麻市/田川市・大法山
  • 観察鳥(17種):アオゲラ1・ハシボソガラス2・ハシブトガラス5・シジュウカラ2・ヒヨドリ9・ウグイス6・メジロ5・キビタキ4・オオルリ4・スズメ10・カワラヒワ3・ガビチョウ2・ソウシチョウ15・三次メッシュ:@5030-2691

サンコウチョウで有名な大法山を訪れたが、鳴き声の“月日星ホイホイホイ”も姿も見えなかった。国武光成氏は二日前に鳴き声も姿も観察していたそうです。
鬼子母神堂から第一展望台の登りルートの自然林からサンコウチョウのギッギッと地鳴きの様な声がするので近づくと、なんと、キビタキの鳴き声の一つだった。このキビタキ君は撮影サービスのポーズは十分とってくれたので、感謝した。

(2021-06-20掲載)

平尾台ソロ観察記

広塚忠夫 2021-06-14

  • 2021-06-14(月)06:08〜11:49、霧雨・くもりから晴れ・弱風・23℃〜27℃
  • コース:茶ヶ床06:08(くもり・弱風・23℃)〜茶ヶ床・自然観察センター分岐06:32〜大平山・中峠分岐06:52〜中峠08:00〜広谷湿原08:30〜鉄塔経由〜四方台09:53〜大平山・貫山分岐10:15〜再訪の中峠(くもり・弱風・27℃)10:50〜茶ヶ床11:49(晴れ・弱風・27℃)
  • 観察場所:平尾台(北九州市小倉南区)
  • 野外調査地図トラック情報:開始時間06:08、終了時間11:49、記録時間5h40m、移動距離6,191m
  • 観察種:キジ5・ホトトギス2・コゲラ1・ハシボソガラス2・ハシブトガラス2・ヒバリ5・ツバメ5・ヒヨドリ2・ウグイス15・セッカ25・クロツグミ1・カワラヒワ30+・ホオジロ6・ホオアカ10+・ガビチョウ3、三次メッシュ:@5030-5722

平尾台は広大で気持ちまで広くなる。それに歩き易く腹一杯一楽しませてくれる観察地だ。
霧雨でガスの濃い平尾台に一番乗りだった。霧雨で見通しが悪いことから逆に、野鳥の出現が多く、特にスタートからゴールまでセッカのテリトリー争いの飛翔が観られた。
濃霧の平原であろうが、鳥には迷惑をかけるが、こちらはシャーター連続で高揚感が一杯であった。観察ルートはあちこちグルグル回った印象だが、午前中はあっという間に過ぎた。
広谷湿原のトキソウ(朱鷺草)は終わっていて観られなかったが、品の良い華麗なヤマトキソウ(山朱鷺草)は見頃で感動のひと時だった。
帰宅後は、約800枚の画像から88枚を選択し投稿した。

(2021-06-15掲載)

白島(北九州市若松区)調査に参加して

広塚忠夫 2021-06-09

  • 日時:2021-06-09日(水)
  • 天候:快晴・弱風
  • 集合:海と大地(若松区響町3丁目1-34)駐車場に8時集合
  • 参加者
    • 野鳥の会(10名):三上剛、川ア実、林田達也、岩本光徳、中原亮、糸山徹、濱ア登、濱ア勇、岡部海都、広塚忠夫(10名)
    • 同行者(3名):県自然環境課:加藤綾香、県保健環境研究所:須田隆一・中島淳

白島(北九州市若松区)は特別鳥獣保護地区である。猛暑の中、急登のジャングル化した難コースの先頭を行く70代の岩本光則氏が、鎌で蔓などを刈り払い何とか歩ける山道になる。ゆっくり観察しながら歩くが、それでも枯れ木や蔓、石に足をとられ転倒や尻餅をつく。その上に蒸し暑さと蚊の襲撃も加わり、ほんま、厳しい状況下での調査となった。
最後尾の川崎実氏らが道に迷って遅れて合流した時の顔の表情は、もうグロッキーで心配だった。しかし、最後まで調査責任者の任務は完遂された。
私と同じ70代の糸山徹氏は、重たい一眼レフカメラを抱えての参加のため、尻餅をつきつつ悪戦苦闘されていた。
巣穴ポイントに現着し、オオミズナギドリ巣穴調査一ヶ所と定点調査二ヶ所(途中実施含む)を終えて昼食にありつく。
オオミズナギドリ巣穴調査は、時期的に繁殖前であり、巣穴利用は確認出来なく、昨年までに利用されたのであろう巣穴を、精密に図面上にプロットできる内容で記録されていた。
午後の調査は、巣穴調査班と定点調査班に別れ行う事が了解され、私は定点調査班に加わった。理由は、精密な巣穴調査にはお役に立てないような傍観者の位置であり定点調査班に手を挙げた。
海岸線の二ヶ所の定点調査のため、往路とは逆の急降下の荒道を下り、海岸線ゴールの間近で、枯れ木をつかみ、それがぽっきり折れて約5mも転落してしまった。幸い怪我もなくぶら下げていたカメラも無傷で助かったが、後期高齢者の足の踏ん張りの弱さを再認識した。
調査を二手に別れ実施したことから予定より早く調査完了したので、30分早めの出航となった。
帰路は白島の雄島・女島の両島を船上から外景調査を実施した。漁船チャーターのためこの調査が可能となった。
島に近づき、エンジンも切って頂き、暫しの調査を行ったが、エンジンを切っても揺れはあり、揺れながら観察しミサゴ・アマツバメの記録画像が残せた。
本調査は貴重な体験ではあったが、鳥の観察は少なく、期待のカラスバトは定点調査時に枝越しの移動が観察されただけで、全体を通して貧相だった。

(2021-06-11掲載)

蝶・トンボ観察記

広塚忠夫 2021-05-21

  • 2021-05-21、08:59〜16:31、曇り、弱風、19℃
  • 観察ルート:行橋市天生田・古里自然癒しの里〜築上町・小川ダム〜中津市・野依新池〜宇佐市・植野池
  • 野鳥観察記録(19):ヨシガモ2・カルガモ2・キジバト1・カワウ1・ホトトギス1・トビ1・リュウキュウサンショウクイ(亜種)1・ハシボソガラス3・ハシブトガラス2・ツバメ2・ヒヨドリ5・ウグイス1・エナガ1・メジロ2・キビタキ1・カワラヒワ2・ホオジロ3・コジュケイ1・ガビチョウ2、野鳥観察記録は行橋市天生田・古里自然癒しの里@5030-4726のみ。

本日はトンボ・蝶を主にした観察会日であったが、新型コロナ禍で中止となり、ソロ観察会と洒落こむ。途中からO氏が来られ、ご一緒してトンボ・蝶の識別指導を受けた。
自然観察は、興味が尽きないほど次々に新しい出逢いがあり、楽しませてくれる。その対象のトンボ・蝶も魅力的で美しいが、識別は難しい。
野鳥の識別も大変だが、草本・木本も雑種や園芸種が生まれ難しい。だが、どの識別過程でも名前の由来や言葉の意味が面白いものがあり、想像を膨らませてくれる。その面白みも、名前を覚え・忘れない重要な要素となる。
トンボ・蝶の観察会は、三回目であり、今後も続けていきたい。

(2021-05-28掲載)

春のハチクマ渡り(大法山)

広塚忠夫 2021-05-06

  • 2021-05-06(木) 08:41〜12:41、快晴・微風から弱風・19℃〜27℃
  • コース:天慎寺08:41〜第一展望台09:31〜鬼子母神堂10:02〜三光園10:56〜梅林公園11:28〜奥の院11:42〜白馬山12:02(261m)〜大法山12:28(232m)〜天慎寺駐車場12:41
  • 観察場所:福岡県嘉麻市/田川市・大法山
  • 野外調査地図トラック情報:記録時間3h44m、移動距離10,513m
  • 観察鳥(17種):キジバト2・ハチクマ1・アオゲラ3・ハシボソガラス2・ハシブトガラス5・ヤマガラ3・シジュウカラ3・ヒヨドリ9・ウグイス4・メジロ7・ミソサザイ1・キビタキ4・オオルリ3・カワラヒワ7・イカル2・ガビチョウ2・ソウシチョウ20+、三次メッシュ:@5030-2691

快晴の春の陽気に誘われて、近場の大法山探索に出掛けた。出発点の天慎寺駐車場で下車して青空見上げると、猛禽だ!この地点の春の猛禽はサシバと思い込んでいる。しかし、何故かサシバのピックーの鳴き声がなく旋回している。なんと、春のハチクマ渡りの単独飛行であり、太陽の光に反射して素晴らしい。ゆったりと帆翔しながら上昇するハチクマを撮影し、それに余裕をもって動画まで撮らせて頂き、ワクワク気分で最高のスタートとなった。
この時期は、まだまだ虫の襲撃もなく、気候も探索日和で快適だ。
オオルリ・キビタキの懸命な囀りも花を添えてくれた。途中で、登山と野鳥撮影が趣味のH氏と出会い、モニター画像を覗くと、連続してレベルの高い野鳥が現れ、凄いの一言だった。是非、入会頂き、当会サイト「くまたか」に投稿されるようお願いしたが、期待して待っておこう。
大法山の野鳥と言えばサンコウチョウだが、まだ時期が少々早く、5月中旬以降にご帰還になるのだろう。

(2021-05-07掲載)

岩石山観察記

広塚忠夫 2021-04-26

  • 2021-04-26(月)快晴・17℃〜25℃・弱風
  • 観察場所:田川郡添田町・岩石山
  • コース:添田公園駐車場09:35〜一ノ滝10:21〜岩石山山頂10:45〜赤村側第一ルート登山口11:30〜アスファルト舗装の林道を約30分林道歩く〜添田公園入口12:03〜添田公園駐車場12:47
  • 観察種(11種):キジバト3・ハシボソガラス2・ハシブトガラス5・ツバメ2・ヒヨドリ10+・ウグイス1・メジロ2・キビタキ1・オオルリ1・イカル2・ソウシチョウ5、三次メッシュ:@5030-2699
  • 野外調査地図トラック情報:開始09:35、終了12:47、記録時間3h12m、移動距離5,589m

岩石山(がんじゃくさん)に久しぶり登った。添田町側登山口から山頂を経て赤村側登山口に下り、そこからアスファルト舗装の林道を約30分歩き、添田公園入口から下りルートを進み添田公園駐車場に無事に戻った。
見頃の花はマルバアオダモ(丸葉青だも)が最高だった。この白い花が、びっしりあちらこちで魅せてくれた。
鳥は往路でオオルリの囀りが聴こえ、帰路の終着点の添田公園のイロハモミジ(いろは紅葉)にキビタキが突如飛来し、そのポイントに近づき探すが見つからなかった。いつ移動したのか判らない。良くあることだが、動体視力の低下が一因だろう。

(2021-04-29掲載)

観察会:香春岳下見

広塚忠夫 2021-04-14

  • 2021-04-14(水)晴から曇り・22℃〜25℃・弱風
  • コース:五徳峠08:48〜二ノ岳(標高468m)12:02〜観音岩12:20(昼食)〜五徳峠14:13
  • 観察場所:田川郡香春町・香春岳
  • 野外調査地図トラック情報:開始08:48、終了14:13、記録時間5h24m、移動距離3,685m
  • 観察種(14種):ヤマドリ1・トビ1・コゲラ1・アオゲラ2・ハシブトガラス7・ヤマガラ3・シジュウカラ4・ヒヨドリ100+・ウグイス4・センダイムシクイ1・メジロ6・オオルリ1・イカル6・ソウシチョウ8、三次メッシュ:@5030-4627

観察会:香春岳の下見を、観察会前日14日に単独で行ったので、投稿が前後したが、記録を大事にしていることから画像と合わせて遅れての投稿となった。
観察結果は、今年やっとオオルリとセンダイムシクイの鳴き声を聴いた。どちらも声だけであるが、オールリリジジとチョチョビーの二つの囀りが届き、その瞬間に幸せ一杯になった。囀りの威力は凄い!
期待のチョウジガマズミ(丁子莢迷)は、全盛期を過ぎていたが、花は何とか少し残っていた。そこで、明日の観察会まで散らないようにね!と声をかけた。白い花のマルバアオダモ(丸葉青だも)・イブキシモツケ(伊吹下野)・シロバナハンショウヅル(白花半鐘蔓)は緑の森に映えていた。

(2021-04-16掲載)

中島観察記

広塚忠夫 2021-03-08,26

  • 2021-03-08(月)8:30〜11:20、晴れ、弱風
  • 観察場所:中間市下大隈・遠賀川中島

天候もよく多くの会員さんの笑顔に出逢いました。
北九州支部会員の浜崎さんから、ここはベニマシコのポイントです、と、教えて頂いて、すぐにベニマシコとホオジロのツーショットが撮影できました。
ハイイロチュウヒやハイタカまでサービスで、ツグミとハチジョウツグミも現れました。
森永光直部長から、ここ、探鳥会の開催場所に適地と言われましたので、是非是非と応じました。

(2021-04-14掲載)

平尾台観察記

広塚忠夫 2021-04-06

  • 2021-04-06(火)08:54〜14:06、快晴・弱風・15℃〜20℃
  • コース:千貫岩休憩所08:54〜大かんの台(432.8m)09:29〜風神山(418.9m)09:51〜不動山(404.1m)10:19〜堂金山(404.6m)10:47〜貝殻山(472.4m)11:19〜茶ヶ床11:59〜平尾山神社12:51〜平尾台観察センター13:06〜千貫岩休憩所14:06
  • 観察種(12種)キジ3・トビ6・ハシボソガラス12・ハシブトガラス3・シジュウカラ2・ヒバリ6・ツバメ4・ヒヨドリ30+・ウグイス12・ホオジロ10+・ガビチョウ2・ソウシチョウ6、三次メッシュ:@5030-5722

平原には花が一杯、茶ヶ床の駐車場には車が一杯で道に溢れていました。
人気のホタルカズラ(蛍蔓)ムラサキ科の群落があちこちで見られ、スミレ類も見頃を迎えていて花一杯の平尾台でした。シラン(紫蘭)ラン科は一部だけ開花していますが、今から次々に開花して楽しませてくれるでしょう。
明日の観察会は、沢山の花々が迎えてくれるでしょう。

(2021-04-07掲載)

御所ヶ岳(ホトギ山)観察記

広塚忠夫 2021-04-01

  • 2021-04-01(木)快晴から曇り・弱風・20℃〜22℃
  • コース:住吉神社10:19〜景行神社10:59(快晴・弱風・20℃)〜御所ヶ岳(ホトギ山249.9m)11:47(快晴・中風・22℃)〜馬ケ岳12:49(快晴・弱風・22℃/216m)〜二ノ岳13:15〜馬ケ岳登山口13:42〜住吉神社14:38(曇り・弱風・20℃) ※「住吉神社」の吉はつちよし
  • 観察場所:福岡県行橋市・御所ヶ岳(ホトギ山)/馬ケ岳
  • 野外調査地図トラック情報:開始時間10:19、終了時間14:38、記録時間4h19m、移動距離6,629m
  • 観察種(15)キジバト2・トビ1・ツミ1・ハシボソガラス2・ハシブトガラス10・シジュウカラ2・ヒバリ5・ツバメ4・ヒヨドリ2・ウグイス4・メジロ12・スズメ10+・カワラヒワ5・ホオジロ2・ソウシチョウ2、三次メッシュ:@5030-4704

有名な御所ヶ谷神籠石を見学し、古代の山城の御所ヶ岳(ホトギ山)経由して、黒田官兵衛(別名:黒田如水)の居城だった馬ヶ岳縦走コースを、ソロ探索しながら愉しんだ。
長い稜線上では、メジロの囀りが賑やかだった。メジロの聞きなしは「長兵衛・忠兵衛・長忠兵衛とかチュルチルミチュル」だが、まさに言われる通り恋人探しだろうが、懸命に歌声で呼びかけていた。
期待の白い花のタムシバ(噛柴)モクレン科は早々と終っており、代わってコバノミツバツツジ(小葉の三葉躑躅)が開花していた。春の花は麓から山頂へ向かって順に開花していくが、低山であり温暖化の影響もあってか、予想が狂った。
コースは整備され歩きやすく、シハイスミレ(紫背菫)がスタートから圧倒し、タチツボスミレ(立坪菫)・ナガバタチツボスミレ(長葉立坪菫)・ツボスミレ(坪菫)別名ニョイスミレと続いた。
山頂で蝶が飛来し撮影後、ネットで調べると、ヒオドシチョウ(緋縅蝶)と判った。続いては、ムラサキシジミ(紫小灰蝶)と識別したが、間違っていたら教えて頂ければ助かります。

(2021-04-04掲載)

井原山の花花花

広塚忠夫 2021-03-25

  • 2021-03-25、晴れ、弱風、14℃〜16℃
  • コース:水無登山口08:53〜井原山〜水無登山口15:50
  • 野外調査地図トラック情報:開始時間08:53、終了時間15:50、記録時間6h56m、移動距離4,643m
  • 観察場所:福岡県糸島市・井原山
  • 参加者(9名):三浦美代子・三浦博嗣・田原美佐江・田原茂巳・田辺憲子・山下哲郎・瀧井喜代子・成富節子・広塚忠夫
  • 観察種(8種):コゲラ2・ヤマガラ5・シジュウカラ2・ヒヨドリ6・ウグイス4・メジロ3・ミソサザイ3・ミヤマホオジロ1、三次メッシュ:@5030-1270

絶好の花観察日和で、全員、井原山(983m)登頂を成し遂げ満足の笑顔で記念撮影して、無事に下山しました。
水無ルートは、渓流沿いにニリンソウ(二輪草)のお花畑が連続して出現し花真っ盛りでした。ネコノメソウ類は花図鑑ができそうな位の揃い踏みで、とりわけイワボタン(岩牡丹:別名ミヤマネコノメソウ)は地味な花の記憶がありましたが、本日は派手な姿を魅せてくれました。期待のスミレ類も群落が連なり喜ばせてくれました。
スミレの特記は、稜線上のミヤコザサや樹木の下に、スミレの仲間のナガバノスミレサイシン(長葉の菫細辛)の数の多さに歓声をあげシャッターを押し続けました。この群れに白花品種のシロバナナガバノスミレサイシン(白花長葉の菫細辛)の珍品種との出逢いもありました。これだけ大量の記録画像は、帰宅後の編集には時間が取られますが、でも、編集時も楽しい時間帯となります。

(2021-03-27掲載)

角島のハイタカ渡り

広塚忠夫 2021-03-17

  • 2021-03-17(水)06:00〜11:30、曇り一時晴れ、北東の風やや強い、
  • 観察種(11種)ヒメウ5・ウミウ50+・ウミネコ2・ミサゴ1・トビ6・ハイタカ30±・オオノスリ1・モズ1・ミヤマガラス100+・ヒヨドリ10+・ウグイス3、三次メッシュ:@5130-4627、(注):現地の調査員の渡り記録はハイタカ「67」
  • 場所:山口県下関市豊北町・角島

天気予報が晴天・降水率0%であり、急に思い立ち薄暗い早朝に自宅を出発して、角島のハイタカ渡り観察に向かった。木月インターから濃霧の中を走り、まだ、暗いうちに現着した。
観察ポイントを探すため海岸線を探索していると、ウミウとヒメウの群れが低く飛翔していた。
本命のハイタカは、6時頃から11時30分の観察結果は、30±羽で、現地調査員は「67」を記録されていた。それに、モニター画像を見ると鮮明で目にきっちとフォーカスされており、自分の画像とは雲泥の差を見せつけられた。
本日は、やや風が強く北東の風はハイタカ渡り観察として好条件で、低く飛翔した方です。とも、言われていた。
渡りが途切れた時に、たまたまテスト撮影した画像を、帰宅後に検証していると、「オオノスリ?」を見つけた。鷹研プラスの波多野邦彦氏講義で、初列風切り上面にフラッシュ(白班状)があると図鑑にメモしており、更に顔つきも似ておりオオノスリと識別した。さて、この拾い物が間違いでなければ良いが、ご遠慮なくご指摘願いたい。

(2021-03-18掲載 > 2021-03-19)

三高山・白馬山探索記

広塚忠夫 2021-03-14

  • 2021-03-14(日)快晴・弱風・14℃から15℃
  • 観察場所:福岡県嘉麻市・三高山(さんたかさん)/白馬山(はくばさん)
  • ルート:三高山登山口09:05(快晴・弱風)〜三高山山小屋09:27(快晴・弱風・14℃)〜三高山09:52(251m)〜白馬山10:23(快晴・弱風・13℃・261m)〜奥の院10:51〜梅林公園11:05(晴れ・弱風・15℃)〜三高山登山口12:00
  • 野外調査地図トラック情報:開始時間09:05、終了時間12:00、記録時間2h54m、移動距離3,514m
  • 観察種(14種):キジバト2・コゲラ3・ハシボソガラス2・ハシブトガラス2・シジュウカラ3・ヒヨドリ20+・メジロ5・シロハラ1・ツグミ20+・ルリビタキ1・ジョウビタキ1・ミヤマホオジロ15+・アオジ2・ガビチョウ1、三次メッシュ:@5030-2691

三高山(さんたかさん)登山口をスタートし山小屋に立ち寄り、三高山に登った。このルートは、相当前に植物観察会で訪れ以来、久しぶりだったが、道は整備されいて歩きやすかった。
大法山・白馬山・三高山は自然林で大木が多く、シイ・カシの極相林になっている。本日のルートでカギカズラ(鉤蔓)アカネ科の化け物(失礼)に出逢い、直径が15cmを超えた大木に成長していて見応えがあった。
大法山はパスして白馬山経由し梅林公園に下った。公園では元職場の友人が梅が枝餅を販売していたので、ご馳走になった。ここから国道を歩き三高山登山口に戻った。
道沿いの高台の桜の木に、ツグミの群れを見つけたが、鳴き声も発しなく静かに、北帰行の準備だろうかと想像した。

(2021-03-16掲載)

井原山・雷山の花々!

広塚忠夫 2021-03-10

  • 2021-03-10(水)08:01〜15:27、曇り一時晴れ・微風〜強風・8℃〜14℃
  • コース:水無登山口08:01(曇り・微風・8℃)〜井原山10:16(曇り・冷たい強風・7℃・濃ガス)〜本富士山(もとふじやま)10:39〜雷山11:26(曇り・中風北風・14℃)〜富士山(ふじやま/944m)12:28〜本富士山12:46〜キトク橋・アノン滝・井原山分岐13:22(曇り・弱風・12℃)〜水無尾根ルート経由〜水無登山口15:27(晴れ・弱風・12℃)
  • 野外調査地図トラック情報:開始時間08:01、終了時間15:27、記録時間7h26m、移動距離9,849m
  • 観察場所:福岡県糸島市・井原山/雷山
  • 観察種(7種):コゲラ1・ハシブトガラス6・ヤマガラ2・シジュウカラ2・ヒヨドリ3・ウグイス4・ミソサザイ3

健脚の三浦美代ちゃんの井原山・雷山縦走企画にお供で、水無登山口をスタートし無事に帰着しました。
平尾台や英彦山とは花花も趣を異にして水無谷ルートは、ほんま、素晴らしいの一言でした。
真っ白なユリワサビ(百合山葵)が目立って、それに7月下旬に開花のオオキツネノカミソリ(大狐の剃刀)の葉っぱの群生が、全山を占拠している様相は迫力満点だが、何故か、これ正常なのか一抹の不安も感じました。英彦山でもお馴染みのホソバナコバイモ(細花小貝母)は、控えめな品のある花は落葉の保護色で見つけ難いが、ここは違って、群落が次々に現れ別世界です。
陰湿な渓流沿いには極小さなコガネネコノメソウ(黄金猫の目草)・ヤマネコノメソウ(山猫の目草)・タチネコノメソウ(立猫の目草)・イワネコノメソウ(岩猫の目草)と多彩でした。スミレはナガバタチツボスミレ(長葉立坪菫)・タチツボスミレ(立坪菫)に加え、登山口からアオイスミレ(葵菫)の小さな群落が数か所で発見でき、ニリンソウ(二輪草)は往路では、まだ眠たそうに半開きであったが、帰路の5時間後は目覚めて白い花びらを全開していたのには、ビックリしました。
井原山から雷山のピストンルートは、花も鳥も少なく、樹木を識別しながらひたすら長い距離の山行で疲れました。このルートは4月下旬から5月のコバノミツバツツジ(小葉の三葉躑躅)が圧巻だそうで、その時期に是非訪れてください。

(2021-03-12掲載)

関の山訪問記

広塚忠夫 2021-03-06

  • 2021-03-06(土)晴れ後曇り、弱風、16℃
  • 観察場所:福岡県飯塚市/田川市・関の山
  • コース:道の駅いとだ08:24〜水落の滝09:29〜大山09:56〜関の山10:56〜見晴台11:11〜田川分岐11:14〜道の駅いとだ13:26
  • 野外調査地図トラック情報:開始08:24、終了13:26、記録時間5h1m、移動距離7,515m

本会サイト「くまたか」にアオイスミレやホソバナコバイモなど、三浦夫妻のスプリングエフェメラル(春の妖精)の投稿画像が、好きな花の季節到来を告げています。これに触発されて、本日は関の山を歩きました。ここではノジスミレ(野路菫)やナガバタチツボスミレ(長葉立坪菫)があちこちで迎えてくれました。
一方、池の対岸の日陰にオシドリの二組の番が、少し間を置き並んでいました。普通は群れで観察することが多いのですが、もう、カップルを組んで繁殖地の北帰行モードに移っているようです。季節の移り変わりは早いもので、3月です。
帰路は大山・関の山中間点の田川分岐から道の駅いとだルートを選択しましたが、凄い藪漕ぎで虐められました。竹藪(メダケ:雌竹)に加わりノイバラ(野茨)とジャケツイバラ(蛇結茨)の棘が、手袋の上から刺し数か所の棘傷で痛みが続いています。このルートは2018-01-16で酷い目にあっていますが、性懲りもなく又行ってしまいました。このコースは避けた方が無難です。

(2021-03-07掲載)

鳥類標識調査(山田緑地)

広塚忠夫 2021-02-24

  • 2021-02-24(水)06:30~16:30、晴れ、弱風、15℃
  • 場所:北九州市小倉北区山田町・山田緑地
  • 参加者:10名:鳥類標識調査メンバー(全員、北九州支部会員)
  • 観察種(16種):オシドリ2・カワウ1・ミサゴ1・ハイタカ1・コゲラ2・ハシブトガラス3・ヤマガラ2・シジュウカラ4・ヒヨドリ5・シロハラ6・ルリビタキ4・ジョウビタキ3・ベニマシコ6・イカル15・アオジ1・クロジ1、三次メッシュ:5030-6628、(注)調査の待機時間を利用して観察した種類

本日は森本嘉人鳥類標識調査員の指導により山田緑地で鳥類標識調査が行われ、個人的には4回目の参加となりました。調査の力量は、お邪魔虫レベルからやっとこさ半人前になったと自己評価していますが、まだまだ足手まといです。
早朝から準備に入り、約10時間のハードな調査を手慣れた10人のティームワークで実施されました。
待機時間は、森のゲート⇒イノシシ谷⇒サンショウウオの谷⇒ヤマモモ峠⇒とんぼの池⇒森の池⇒森のゲートの観察ルートを三回に分けて急ぎ足で探索しました。一部急登もありますが、フラットコースが大部分で歩きやすく探鳥会コースとして適しています。
山田緑地は自然に任せると全体が森林化するので、森のゲートに流れ込んでくる渓流の上流側を、ヨシやススキ、セイタカアワダチソウを毎年刈り取ることで草原を維持しているそうです。その草原にはルリビタキ・ジョウビタキ・ベニマシコが何度も出現してくれます。特に人気のベニマシコは間近でサービス満点ですが、一般のカメラマンはリング付きの野鳥は作品にならないと忌避されるそうです。

以下は、森本嘉人鳥類標識調査員からの「草原として残して置くことの必要性について」の回答です。

“開園当初から当緑地内には、草地がほとんどなく、将来とも鳥類のうちホオジロ系の鳥たちを越冬・収容させるためにわずかながら草原が残っていた現在の場所について、周囲の森林に取り囲まれないよう、毎年冬鳥が渡去した3月に.葦やススキ等を残し更新させるため除伐作業を行うことを山田緑地管理事務所に(北九州市)具体的に説明し要望を続け、現在では毎年事務所の業務として実施してます。当初はボランティア5、6人で作業を行ったことがあります。
要望を理解して取り組んだ事務所には、こちらが調査者として毎年年度末に経過を報告してます。今年も3月に除伐作業を行うよう話してます。現在、この草地創出の効果は、アオジ、ミヤマホオジロ(年により増減がある)、ベニマシコ、ジョウビタキ、ルリビタキ、シロハラ、クロジ等が利用してます。
要望を続けたのは、山田緑地鳥類調査者として、宮原克久、武田尊史、林孝各氏と他で私が一応窓口として行ってます。事務所のほうも、ベニマシコがいるおかげで来園者が増えるのも認めてます。”

鳥類標識調査に関しては、鳥類標識調査<(公財)山階鳥類研究所 保全研究室 (鳥類標識センター)>を参照して、学習して頂ければ幸です。

(2021-03-01掲載)

今川の探索記

広塚忠夫 2021-02-19

  • 2021-02-19(金)快晴・弱風・7℃
  • 観察場所:添田町下津野・今川
  • 観察種(15種):キジバト2・ダイサギ2・ミサゴ1・クマタカ1・ヤマセミ1・カケス1・ヒヨドリ2・シロハラ5・ツグミ5・ルリビタキ2・タヒバリ 1・ホオジロ7・カシラダカ2・ミヤマホオジロ10+・アオジ2、三次メッシュ:@5030-2771

コロナ禍で当会行事中止が続いているし、コロナ籠りのストレス解消も兼ね三密を避け添田町の今川沿いを探索しました。所謂、ソロ・バードウォッチングです。
今川沿いは、残雪が20p程度あり長靴を履いてよろけながらの探索となりました。雪が二日間降り続いたが、本日は快晴・7℃の気持ちの良い天候で、鳥達もサービス満点でした。
早速、今年初めてタヒバリ君の撮影ポーズから始まり、ルリビタキは近づいて来てくれて遊んでくれました。枝被りのヤマセミの眼光は、川を泳ぐ魚か、こちらを視ているのか判らないが、魅力的でした。たまたま青空を見上げると、ほんの短時間ではあるが、クマタカの出現で心臓がドキドキと激震し久方ぶりの感動のシャッターでした。
やはり、フィールドは魅力一杯で愉しませて呉れます。

(2021-02-21掲載)

響灘ビオトープ鳥類標識調査に参加して

広塚忠夫 2021-02-16

  • 響灘ビオトープ鳥類標識調査
  • 2021-02-16(火)06:30〜16:08、晴れ・弱風
  • 調査場所:北九州市若松区・響灘ビオトープ
  • 観察種(15種):カルガモ1・アオサギ2・オオバン8・トビ1・チュウヒ1・モズ3・ハシボソガラス4・シロガシラ7・ヒヨドリ50+・ウグイス3・メジロ10+・シロハラ3・ツグミ5・ジョウビタキ2・ホオジロ4、三次メッシ@5030-7518

北九州支部の公式行事ではありませんが、支部会員の10人のメンバーで鳥類標識調査が行われていましたので、参加させて頂きました。
宮原克久鳥類標識調査員(バンダー)の最後の挨拶時の総括では「本日の捕獲鳥は、6種36個体で、最低の記録」でしたと、述べられました。調査の合間に、了解いただき広大なビオトープの外周を探索しましたが、植生管理と言われている工事が、あちこちで行われていて、トラックが行き来していたことも、最低記録の一因かと思われます。確かに、鳥との出逢いは極貧でした。
収穫は、チュウヒが葦原を低空で、顔は餌探しの態勢でこちらに向かってきましたが、即、ピントが合わなく後ろ姿を追う撮影になり、少し残念ですが、それなりの唯一の成果でした。

(2021-02-17掲載)

嘉麻市のカワアイサ

広塚忠夫 2021-02-11

  • 観察日:2012-02-11(木)
  • 観察場所:嘉麻市山野・遠賀川茶屋の元橋付近、@5030-3537
  • 観察種:カワアイサ、雄3羽
  • 観察者:広塚忠夫

国武光成氏からカワアイサ8羽(雄7,雌1)が出現との電話連絡を受け現地に行くと、3羽のカワアイサ雄しか見られず、5羽について、川沿いを探しましたが、どこかへ去ったようでした。
残留の3羽のカワアイサは、一生懸命に餌どりをしていて、警戒心も薄く、じっくり土手の上から撮影できました。
2月13日はカワアイサ3羽とも、抜けたとの情報を国武光成氏から頂きました。
(編集注:[開|閉]内に動画があります。)

(2021-02-14掲載)

茶臼山・焼立山・牛斬山登山記

広塚忠夫 2021-02-09

  • 2021-02-09(火)08:49〜16:39、快晴・弱風・2℃〜9℃
  • コース:JR採銅所駅08:49〜現人神神社09:33〜こもれび渓谷口10:29〜こもれび別れ10:49〜茶臼山11:35(408m)〜折返し〜こもれび別れ12:15〜満干越12:21〜吉原の滑め滝12:42-12:58〜金満山13:29〜焼立山(赤牟田の辻)14:16〜山犬の峠15:01〜牛斬山15:32-15:46〜JR採銅所駅16:39
  • 野外調査地図トラック情報:開始時間08:49、終了時間16:39、記録時間7h50m、移動距離14,109m
  • 観察場所:田川郡香春町採銅所・鮎返川
  • 観察種(20種):トビ1・カワセミ1・アオゲラ1・モズ2・ハシボソガラス3・ハシブトガラス8・シジュウカラ2・ヒヨドリ10+・エナガ10+・メジロ15+・シロハラ5・ツグミ6・ジョウビタキ5・スズメ60+・キセキレイ2・セグロセキレイ1・カワラヒワ150+・ホオジロ1・アオジ1・コジュケイ2、三次メッシュ@5030-4658 (注)観察記録は「採銅所駅〜こもれび渓谷口の鮎返川沿いのみ」

快晴の気持ちの良い気候のなか、JR採銅所駅をスタートし、すぐ傍のJR線路に架かる「高原三連橋」を撮影していると、カワセミ雌が現れた。この地点から焼立山連山下に広がる里山の中心部を流れる「鮎返川」沿いを観察し歩いた。
大木にカワラヒワの大群がこれでもかと出現してくれて、里山の森からコジュケイの鳴き声が、別方向から2度届いた。この川沿いは、沢山の鳥たちが遊んでくれた。この緩やかなルートは、探鳥会に適した場所と判断した。「こもれび渓谷口」から森林地帯に入り鳥の出現は、ヒヨドリ・シロハラ・カラスと全く貧相だった。でも、結果論ですが、好きな登山が楽しめた。しかし総延長14km超で、登ったり下ったり茶臼山を折返し、元の「こもれび別れ」からは長い急登を頑張って焼立山(赤牟田の辻)にたどり着いた。見晴らしが良く、東側は三郡山・関の山、西側は貫山・平尾台を眺めながら一服した。まだまだ続く、稜線コースを進み、久しぶりに牛斬山に登った。ばてばて気味であるが、最後の長い下り道を歩きJR採銅所駅に到着した。ほんま、膝ががくがく笑いまくっていた。

(2021-02-11掲載)

久保白ダム観察記

広塚忠夫 2021-02-08

  • 日時:20201-02-08(月)10:20〜12:30、快晴・弱風
  • 観察場所:飯塚市久保白・久保白ダム湖
  • 観察者:広塚忠夫
  • 観察種:(22種)マガモ200+・ホシハジロ6・キンクロハジロ6・カイツブリ3・カンムリカイツブリ5・カワウ120+・アオサギ4・ダイサギ10+・オオバン4・アオゲラ1・ハシボソガラス5・ヒヨドリ20+・ウグイス1・エナガ5・メジロ7・シロハラ8・ルリビタキ4・ジョウビタキ3・スズメ10+・ミヤマホオジロ5・アオジ1・ソウシチョウ6、三次メッシュ:@5030-3511

本日は、連れ合い春子ちゃんの定期健診のためアッシー君を務め、飯塚病院で降ろし待機時間を利用して、久保白ダム周回ルートを探索しました。
先ず、カモ類の識別を試みましたが、逆光で難しく木陰まで移動して、なんとか識別しカウントできました。
久保白ダム本堤西の駐車場に駐車して、東側の平畑武則氏の畑までのコースを往復しましたが、残念ながら畑仕事は休日の様で彼は不在でした。
本日のサービスの一番は、ソウシチョウのトリオが仲良く、否、競争して採餌する様子が間近で観察・撮影できました。
ダム内はマガモとカワウが圧倒していました。

(2021-02-08掲載)

大ヶ原・中元寺川観察記

広塚忠夫 2021-02-04

詳細は[開閉]内に(サイト注)

(2021-02-05掲載)

曾根海岸観察記

広塚忠夫 2021-01-25

  • 2021-01-25(月)13:20〜16:40、晴れ・弱風
  • 観察場所:曽根海岸(北九州市小倉南区曽根新田)
  • 観察者:広塚忠夫
  • 観察種(18種):ヒシクイ1・マガン1・ツクシガモ50±・カルガモ100+・コガモ50+・ゴイサギ1・アオサギ3・ダイサギ5・コサギ3・クロツラヘラサギ6・タゲリ15・ユリカモメ10・ズグロカモメ100+・ハイイロチュウヒ1・カワセミ1・ムクドリ20+・カワラヒワ30+・オオジュリン3、三次メッシュ@5030-5796

平尾台から移動して曽根干潟に到着時は、干潮で遠くの沖に白い鳥などが飛び交っているが、識別が難しかった。
それでも、海岸線の近くの干潟にズグロカモメとツクシガモの飛翔に惹きつけられてシャッターを切り続けた。
途中で林孝さん(会員)と出会い、後背地の田圃や葦原へ徒歩で移動し観察を続けた成果は、ハイイロチュウヒ雄、クロツラヘラサギ、タゲリなどが観察された。林孝氏が重い一眼レフカメラを担いで、ハイイロチュウヒの撮影に成功し喜んでおられた。

(2021-01-30掲載)

キレンジャク、平尾谷に出現!

広塚忠夫 2021-01-25

  • 2021-01-25(月)09:11〜12:43
  • コース:茶ヶ床09:11(快晴・弱風・6℃)〜四方台・中峠分岐の稜線上10:20〜四方台10:25(快晴・中風・6℃)〜貫山山頂10:57(快晴・中風下・8℃)〜鉄塔下11:28〜広谷湿原11:50(快晴・弱風)〜茶ヶ床12:43(快晴・中風下・10℃)
  • 観察場所:平尾台(北九州市小倉南区)
  • 野外調査地図トラック情報:開始時間09:11、終了時間12:43、記録時間3h31m、移動距離7,037m
  • 観察種:トビ1・ハイタカ1・ハヤブサ1・モズ2・ハシボソガラス2・ハシブトガラス5・ヒヨドリ5・ウグイス1・キレンジャク3・ツグミ2・ジョウビタキ3・ホオジロ3、三次メッシュ:@5030-5722

1月の冬季の平尾台を歩いた。平尾台は広々とした草原一帯が一望でき、また、歩き易いので楽しみながら安全に自然観察が出来るのが良い。加えて、この広い草原は心も広くなり癒しの草原でもある。
冬季は、花は朽ちているか、それとも果実も飛び出している状態であるので識別は難しいが、なんだろうかと想像するのも面白い。
その草原からホオジロの鳴き声から始まり、ハイタカとハヤブサの飛翔まで観察できた。
貫山に久しぶりに登り、曽根海岸と北九州空港を俯瞰していると、午後は曽根干潟に行こうと心が動いた。
鉄塔を経由して広谷湿原で周りを見ながら、愛妻コンビニ握りを食べている時に、後背のノグルミ(野胡桃)で休憩中のキレンジャクを見つけ、サービスの良い彼らの撮影を暫し愉しんだ。それにしても1月のご帰還とは、嬉しい出逢いだった。

(2021-01-27掲載)

ソロ・バードウォッチング:大ヶ原

広塚忠夫 2021-01-20

  • 2021-01-20(水)09:20~12:45、快晴・弱風
  • 観察地:大ヶ原(川崎町安眞木)
  • 観察種(24種):キジバト5・タシギ1・クサシギ1・トビ1・ハイタカ1・コゲラ2・モズ2・ハシボソガラス20+・ハシブトガラス2・シジュウカラ1・ヒヨドリ30+・ウグイス2・メジロ25+・シロハラ4・ツグミ6・ルリビタキ2・ジョウビタキ3・アトリ50+・カワラヒワ10+・ベニマシコ2・ホオジロ2・クロジ1・ガビチョウ2・ソウシチョウ10+、三次メッシュ@5030-2696

快晴の中元寺川ソロ・バードウォッチングに続き英彦山方面を予定していたが、方向転換し、近場の大ヶ原に向かった。ラピュタファームに駐車して、探鳥会と反対コースで周回した。こちら周りの方が、本命観察コースは順光となり観察条件が良いのでこのコースを選択した。
現場に着くと、先客のカメラマンのお二人さんが焦点を合わせておられた。
この大ヶ原は、鳥見達を喜ばせてくれる探鳥地で、本命のベニマシコをはじめアトリ・ミヤマホオジロ・ルリビタキなどが遊んでくれた。
湿田に向かい観察しながら歩いていると、タシギと思われる嘴の長い茶系の中型の鳥が、急に飛び出し低空を高速で移動して下の湿田へ着田した。しっかり着地点を確かめて、徐々に近づき探索するが見つからない。過去も数回同じことを繰り返しているので、今回はやる気満々で探すが、わからない。湿田に朽ちたマメ科のカワラケツメイ(河原決明)が、ばらばらに生えているので探しやすい筈だし、また、全体を俯瞰できるので容易に発見できるはずだが、現れない。その間、後方の森にアトリの動きに気を取られるが、静止して腰を沈めて探しすと、タシギの像がやっと表れた。なるほど、相手さんは保護色で自信があるのか、身動き一つなく、ただ、画像確認では普通の目から最大のどんぐり目玉に大きくした動きが確認されただけだ。一度見つけると、なんだ、こんな所に静かにいたのかと、あっけにとられ、見つけたぞ!と感動もした。
ここの大ヶ原のシギ科で良く似た姿のヤマシギ・アオシギの過去の記録画像を捜し出し投稿させて頂いた。しかし、普通に見られるタシギの記録が最後になるとはタシギ様にお詫びします。
参考まで、日本鳥類目録:改訂第7版によると、九州ではヤマシギ:冬鳥、アオシギ:冬鳥、タシギ:旅鳥・冬鳥と記載されていた。

(2021-01-24掲載)

ヤマセミとイカルチドリ

広塚忠夫 2021-01-20

  • 2021-01-20(水)、快晴・弱風
  • 観察場所:田川郡川崎町安眞木
  • 観察種:カルガモ7・アオサギ1・ダイサギ1・イカルチドリ1・ヤマセミ1・カワラヒワ8、三次メッシュ:@5030-2695

ホカホカ気候で快晴の鳥見日和でした。
家の近くの中元寺川沿いを車窓からソロ・バードウォッチングを愉しみながらゆっくりと走っていると、ヤマセミを発見し暫し撮影を愉しみました。しかし、散歩される方が多くて枝から飛び出して、下流に飛び去ってしまいました。その近くで久しぶりにイカルチドリと再会し、採餌している様子を観察しました。コチドリに似ていますが、イカルチドリは留鳥で、コチドリに比べるとアイリングが目立たなく、大柄であることから識別しました。
本日の他の場所へ移動しての続編は、別途、アップロード準備中です。

(2021-01-21掲載)

大ヶ原観察記

広塚忠夫 2021-01-10

  • 2021-01-10(日)10:30〜12:00・小雪・弱風
  • 観察場所:大ヶ原(川崎町安眞木)
  • 観察種(15種):キジバト3・ハシボソガラス5・ウグイス2・メジロ10+・シロハラ2・ツグミ1・ルリビタキ2・アトリ50+・カワラヒワ30+・マヒワ10+・ベニマシコ3・カシラダカ5・ミヤマホオジロ20+・アオジ3・クロジ1、三次メッシュ:@5030-2696

当会拡大三役会議(1月7日)にて、県下の新型コロナ禍状況を非常事態と判断し、1月から3月の各種行事中止を合意した。本日予定の英彦山探鳥会も中止だが、担当(代打)の任務として、JR彦山駅で待機した。
集合時間が過ぎ参加者なしを確認し、勿体ないので深倉峡に向かった。民家を過ぎ上りカーブ辺りから積雪が30cmを超え走行困難となり、折り返して大ヶ原へ方向転換した。
大ヶ原も小雪が舞っていた。時たま太陽の光が届き、樹上からドスン・ドードーと雪の塊が落下する中で観察した。ここは、鳥が多く撮影も楽しめた。お馴染みの大橋氏(一般)も来られていてご一緒して愉しんだ。

(2021-01-10掲載)

Copyright (C) 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved. (無断転載禁止、会員を含む)
本ウェブサイトに記載の会社名、システム名、ブランド名、サービス名、製品名は各社の登録商標または商標です。
本文および図表、画像中では必ずしも®、™を表記しておりません。