クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部) (財)日本野鳥の会 筑豊支部
 ホームギャラリー古城英彦2017-18
online 
total 
modify:2017-10-15

 古城英彦

短縮URL

Dragonflies-Ⅲ

古城英彦 2017-09-08,10-08

今回は9月上旬と10月上旬に秋に現れるトンボ(Dragonfly,-flies)たちを中心に撮影しました。
秋と言えば、赤トンボ類とアオイトトンボ類が主になります。
普通、『赤トンボ』と言えば、トンボ科アカネ属のトンボ類を指します。代表的な種類には童謡『赤とんぼ』で歌われているアキアカネがいます。しかしながら、このアキアカネ、近年減少が著しく、豊前海沿線では殆ど見る事が出来ません。そう言う訳で残念ながら、今回は撮れていません。それでも、比較的普通に見られるマユタテアカネやノシメトンボ。珍しい種類になるヒメアカネ、マイコアカネなどのアカネ属の赤トンボ類を撮りました。また、全国的に分布域がかなり局地的で絶滅危惧TB類になっているオオキトンボと言う貴重なトンボも撮りました。このトンボはアカネ属のトンボですが、赤くはならず、全身がオレンジ色をした赤トンボです。
また、その他にはアカネ属同様、秋を代表するトンボ類のひとつであるアオイトトンボや貴重なコバネアオイトトンボ(絶滅危惧TB類)などのアオイトトンボ類を撮りました。
それでは、今回撮影した個性豊かな14種類のトンボたちをご覧ください。

因みに日本で見られるトンボは203種類。この内の51種類(25%)が日本固有種となります。一般的に言われている『赤トンボ』とは、分類学的にはトンボ科アカネ属のトンボの総称です。ですので、『赤トンボ』と言う種類のトンボはいません。また、ショウジョウトンボやハッチョウトンボのようにアカネ属以外の赤いトンボは通常は『赤トンボ』とは言わないようです。敢えて言うなら、『赤いトンボ』とでも表現すべきでしょうか。

中津干潟・野鳥情報2017-09-08

古城英彦 2017-09-08

9月8日の中津干潟探鳥会での観察種の中から、シギ・チドリの分だけ報告させて頂きました。また、県外と言う事もあって、メッシュコードがわかりませんので入れていません。

◎鳥情報

  • 観察日:2017-09-08
  • 観察場所:大分県中津市・中津干潟
  • 観察者:古城英彦
  • 観察種(19種):ダイゼン50・コチドリ5・ハリオシギ1・チュウジシギ5・タシギ10・オオソリハシシギ5・チュウシャクシギ10・アオアシシギ1・タカブシギ15・キアシシギ20・ソリハシシギ1・イソシギ1・キョウジョシギ5・オバシギ10・トウネン10・ヒバリシギ3・ウズラシギ1・サルハマシギ1・ハマシギ20
  • 備考:大分県中津市・中津海岸「中津干潟探鳥会」。但し、ハリオシギだけは終了解散後に自宅の写真確認でわかった種類。
  • 参考文献:平凡社『決定版 日本の野鳥650』、(公財)日本野鳥の会『フィールドガイド 日本の野鳥』、文一総合出版社『♪鳥くんの比べて識別!野鳥図鑑670』

2017年筑豊支部野鳥展にて

古城英彦 2017-08-11,19

宮若市の若宮コミュニティーセンターで開催されている『日本野鳥の会筑豊支部2017年野鳥展〜里山の野鳥たち(8月1日〜31日迄開催)』、自身の写真が2点展示されていると言う事もあって、11日と19日に当番を受けました。展示会などの担当は初体験なので、最初は少し戸惑いを感じましたが、『気楽に応対すればいいや』と思い、気軽に迎えるようにしました。
それと、11日は会場からの帰りに千石峡で、19日は会場に向かう途中に市街地の傍を流れる八木山川で、トンボや蝶を撮影しました。その分も一緒に載せました。
最後に、今回展示会の当番と言う事を初めて経験しました。最初は少し戸惑いがあったものの、気楽に対応できたように思えます。また、19日はテレビや新聞で報道された影響もあってか??11日より来場者の方は幾分多く、2、3名の方、及び、ご夫婦で来られた一組の方などはかなり関心があるような感じでした。また、この日はセンター内で練習をしていた地元の子ども合唱団の子供たちと父兄の方々が練習終了後に皆で見てくれました。とても喜ばしい出来事でした。

Dragonflies-Ⅱ

古城英彦 2017-06-09, 07-14

今回は、6月上旬と7月中旬に夏のトンボ(Dragonfly,-flies)たちを中心に撮影しました。
まず、6月上旬に撮影した中で注目するのは、何と言っても日本固有のムカシヤンマでしょう。このトンボは生態的特徴が『恐竜時代のジュラ紀に生息していた一群のトンボの特徴を持っている』と言われています。また、生息地域も本州と九州の山地の限れた環境にしか生息していません。その為、世界的にみても貴重なトンボと言う事が言えます。
また、7月中旬に撮影した中での注目種はアオビタイトンボでしょう。このトンボは、1980年頃ぐらい迄は国内での生息地域は南北の大東島だけでした。ところが、1980年代に入ると、南西諸島に分布を拡大し、その後、北へどんどん分布を広げて行き、今ではまだ極局地的ですが山口県の一部まで生息しています。九州でも生息地は、まだ極めて局地的なのですが、北九州市若松区にある響灘ビオトープや大分県中津市にある池では夏期は確実に見られます。「これも温暖化の影響かも!!」と思うとチョット複雑な気持ちになるところです。また、この時期は他にもキイトトンボ、ベニイトトンボのイトトンボ類や美しいチョウトンボ、赤色が鮮やかなショウジョウトンボ、それに出始めたばかりのアカネ属の赤トンボたちなどなど、目を惹くトンボが沢山出てきています。
それでは、今回撮影した個性豊かな24種類のトンボたちをご覧ください。
※因みに日本で見られるトンボは203種類。この内の51種類(25%)が日本固有種となります。また、1980年以降、温暖化の影響??か、タイワンウチワヤンマ、アオビタイトンボ、ベニトンボの3種類の北上が伝えられています。

Dragonflies-Ⅰ

古城英彦 2017-05-04,12,26

5月、春〜夏に向かって行く中、この時期に現れるトンボ(Dragonfly,-flies)たちを中心に撮影しました。
この時期に現れるトンボは、絶滅危惧ⅠA類のベッコウトンボをはじめ、日本固有のサナエトンボ類などが主になります。他にもカワトンボやイトトンボ類など、色々な種類が見れて、とても面白いです。中でも日本固有のサナエトンボ類は、どれもよく似ており、識別するには一苦労です。それでも、識別ポイントさえしっかり認識しておけば、とても楽しめるトンボたちです。
それでは、今回撮影した個性豊かなトンボたち18種類をご覧ください。

※2012年に最新のDNA鑑定や生態調査などでトンボの分類系統が見直されました。それによって、以前ニシカワトンボ、ヒウラカワトンボと呼ばれていたものが『アサヒナカワトンボ』と改名。ヒガシカワトンボ、オオカワトンボと呼ばれていたものが『ニホンカワトンボ』と改名されました。九州で見られるのは『旧名ニシカワトンボ→改名後アサヒナカワトンボ』、『旧名オオカワトンボ→改名後ニホンカワトンボ』となります。また、シオヤトンボも亜種だったタイワンシオヤトンボとは別種に区分され、日本固有種になりました。因みに日本で見られるトンボは203種類。この内の51種類(25%)が日本固有種となります。

春の曽根海岸Ⅰ

古城英彦 2017-03-24, 04-14

早春の3月24日と渡りが本格化する時期の4月14日に曽根(北九州市小倉南区)に足を運んでみました。
まず、3月24日は今季初の曽根訪問となり、ダイシャクシギやズグロカモメ、ツクシガモなどの冬季いつも見れる顔ぶれと、オオソリハシシギやハシビロガモなどを観察撮影しました。また、この日は特に目立った鳥は居ませんでしたが、久しぶりの曽根探鳥を十分満喫出来たと思います。
それと、4月14日は午後から曽根に行きました。潮は遥かに引いていて、シギ・チはかなり遠かったのですが、何とか工夫をし、写真を撮る事が出来ました。アオアシシギ、ダイゼン、オバシギ、オオソリハシシギなどがいましたが、中でもハマシギの群れと行動を共にしていた12羽ほどのコオバシギには感激しました。実に久しぶりの出会いでした。また、後背地の水田横の草むらでチュウジシギを撮影する事が出来ました(チュウジシギとした根拠は嘴がタシギにしては短く、且つ、目の前の眉斑が広かった。また、全体的に体色が濃いく、翼を広げた時に白線が見えなかった事など。)。それにしても、この日は渡りが本格的になってきたと言う事を実感し、たいへん満足が出来た半日でした。やっぱり、この時期の曽根は最高!!です。

チョウセンチョウゲンボウ観察記

古城英彦 2017-01-01

昨年大晦日の夜、知人のSさんより「今日、今川河口にサカツラガンが2羽入った。」と電話が入りました。「サカツラガン」と言えば、鳥見暦20年にして、未だお目にかかれていない珍鳥!!『この機会を逃しては』と思い、翌1月1日元旦にもかかわらず、早速、朝行ってみました。ところが探せど、探せど、その姿は見当たらず、残念でしたが諦めて帰路へと着きました。しかし、あまりにも悔しいので、もしかしたらと思い、昨年「ケアシノスリ」を見た場所、市内の津留地区へ行きました。
ケアシノスリはいませんでしたが、一本の木に止まっていた「チョウゲンボウの♀」が飛び立ち電柱に止まりました。しかし、『このチョウゲンボウ、何かちょっと違うな』と思い、じっくりと観察開始。『お腹の縦斑が非常に細くて細い。それに、中央部が点斑になっている。また、頭から背中にかけても色が淡い(何となくピンクぽっく見える)。雨覆いの黒斑もチョウゲンボウ♀に比べると小さくて密度が高い。』と言う事で図鑑などで調べた結果、「チョウセンチョウゲンボウ♀の幼鳥」である事が判明しました。
「チョウセンチョウゲンボウ」と言えば、少数が冬鳥として大陸から渡来している「チョウゲンボウの亜種」とされています。しかしながら、観察頻度は少なく、私は初めて見る種類でしたので、写真をバチバチ撮りまくりました。それと、同地で「ムネアカタヒバリの冬羽(初撮影)」まで見る事が出来ました。ムネアカタヒバリも春と秋に西日本中心に少数が観察される程度の旅鳥です。九州以南では越冬個体もいるそうですが、さらに少なく珍しい種類と言っても良いでしょう。ですので、サカツラガンは見られなかったものの、『こいつぁ、正月から縁起が良いや!!』で大満足で家に帰りました。 尚、今回、正月元旦から運よく珍鳥2種類を見る事が出来、酉年好発進の年となりましたが、現地での問題発生を防ぐ為、報告を遅らさせて頂いた事を御詫び致します。

出水鳥見旅

古城英彦 2017-01-04

正月3ヶ日を終えた1月4日、4シーズンぶりに出水へ足を運びした。当日の天気は青空広がる晴れ、ポカポカ陽気で最高でした!!
この日は知人のOさんの車で出水、高江(川内市)を廻る日程でしたが、日帰りの強行日程だった為、ゆっくりと観察出来ず、アボセットやキガシラセキレイ、アカツクシガモなどの珍鳥情報は得ていたものの、探す事ができず残念でした。
それでも、クロヅルを除くツル類は飛翔を含めバッチリ撮れました。中でも少ないカナダヅルは十分過ぎる程撮れましたし、タゲリやミサゴもこれまでにない程良く撮れ、その上、ヘラサギの10羽程度の群れや中に入っていたクロツラヘラサギなども撮れて、とても大満足の探鳥でした。
最後に、やはり4シーズンぶりに行った出水は本当に良かったです。今回はゆっくり観察して廻れなかったのですが、また幾度となく足を運んでみようと思っています。
次に、この日確認した鳥をあげておきます。

ツクシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、キジバト、アオサギ、ダイサギ、コサギ、ヘラサギ、クロツラヘラサギ、カナダヅル、マナヅル、ナベヅル、オオバン、タゲリ、タシギ、イソシギ、ミサゴ、トビ、オオタカ、チョウゲンボウ、モズ、コクマルガラス、ミヤマガラス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ヒヨドリ、ホシムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ムネアカタヒバリ、タヒバリ、カワラヒワ、ホオジロ(44種)
トップへ移動

Copyright (C) 2009-2017 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved. (無断転載禁止)