クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部)
 ホームギャラリーたましぎ館三浦博嗣 4
online 
total 
modify:2022-06-27

 三浦博嗣 4

平治岳のミヤマキリシマ | 6月度平尾台の開花情報(第1回目)

5月度平尾台の開花情報(第4回目) | 5月度平尾台の開花情報(第3回目) | 5月度平尾台の開花情報(第2回目)

時雨岳・白鳥山のヤマシャクヤク | 5月度平尾台の植物開花情報(第1回目) | 4月平尾台の開花情報(第4回目)

4月平尾台の開花植物 | 井原山4月の花を訪ねて | 平尾台観察会の下見 | 3月度平尾台の開花植物(第2回)

3月度平尾台の開花植物 | 井原山春の妖精たち | 野焼き後の平尾台 | 久しぶりの大ヶ原 | 近場の鳥たち

三浦博嗣 1(2015〜2019) | 三浦博嗣 2(2020) | 三浦博嗣 3(2021) | 三浦博嗣 4(2022)

ヒガラ

【画像の見方】小画像をクリックで拡大・縮小、拡大画像は複数同時表示・ドラッグで移動可能、スペース・矢印キーで連続閲覧

平治岳のミヤマキリシマ

三浦博嗣 2022-06-12

  • 日時:2022年6月12日(日)07:15〜16:00 晴れ/曇り 気温16〜20度 北風1m/s
  • 場所:平治岳(大分県竹田市)、男池(由布市庄内町阿蘇野)
  • コース:男池園地駐車場〜かくし水〜ソババッケ〜大戸越〜平治岳山頂〜大戸越〜ソババッケ〜男池園地駐車場(8.1km)
  • 野鳥(20種):カッコウ2、ツツドリ3、ホトトギス1、ジュウイチ1、アオバト2、ハシボソガラス2、カケス2、アオゲラ3、コゲラ2、キセキレイ1、イカル1、クロツグミ2、エナガ3、ヒヨドリ5、ミソサザイ6、オオルリ5、ヤマガラ1、シジュウカラ2、ゴジュウカラ2、ソウシチョウ3

久しく男池からの登山にきていませんでしたが、今日の男池園地は少しガスがかかり、そこに朝の陽光が差し込み清々しい心地にしてくれました。
遠くでカッコウの声、谷間の奥からアオゲラの声やオオルリの囀りを聞き、多くの樹木や草花を見ながら平治岳(ひじだけ)を目指して、少しずつ高度を上げながら途中のソババッケに向かいました。ソババッケから平治岳登り口の大戸越までさらに岩の多い急登を登ると平治岳を目の前にすることができます。
例年ならここから斜面一面はミヤマキリシマのピンクで染まっているのですが、今年はピークを過ぎていることと、虫食いの被害で思い描いていた景色は見れませんでした。
しかし、頂上の周りなどはまだ十分に鑑賞できました。ここではもう一つの楽しみはオオヤマレンゲ。こちらは咲き始めており「森の貴婦人」の名の通り凛々しい姿でした。
このコースは草・樹木そして野鳥と全てが満足できました。最後に一緒に登った孫が、男池湧水をペットボトル2本に入れて喜んでいました。

(2022-06-14掲載)

6月度平尾台の開花情報(第1回目)

三浦博嗣 2022-06-08

  • 日時:2022年6月8日(水) 06:50〜13:00 (6:10H) 曇り/晴れ 気温16〜24度 弱風
  • 場所:北九州市小倉南区平尾台
  • コース:茶ヶ床園地〜中峠〜広谷湿原〜四方台〜貫山林道〜小穴〜大平山・茶ヶ床分岐〜茶ヶ床園地(9.5km)
  • 観察種 草本(95種)、木本(43種)、野鳥(20種):キジ5、ホトトギス3、トビ1、ハシボソガラス6、ハシブトガラス5、ヒバリ6、ツバメ2、 ヒヨドリ10、ウグイス10、メジロ2、セッカ20+、カワラヒワ2、ホオジロ10、ホオアカ6、マガモ2、コゲラ1、オオルリ1、キビタキ2、ソウシチョウ5、ガビチョウ2.

今日も暑くなりそうなので、早朝5:20分に家を出て茶ヶ床園地駐車場に6:40過ぎに着くと、すでに車が1台(見たことのある)。何時に来たの?(5:30に)広塚事務局長に電話すると、もう四方台方面とのことでした。わたしの今日の目的種は、「ヤマトキソウ」「ノハナショウブ」「コバノトンボソウ」「スズサイコ」「マイサギソウ」「カキラン」6種。
「ヤマトキソウ」は今年は多く、いくつも出ており、「ノハナショウブ」は咲き始め、「コバノトンボソウ」は数株、「カキラン」は咲き始め「マイサギソウ」に「スズサイコ」は今日のコースでは見つけられず、もう少し後ではないでしょうか。11時近くなると暑くなったので貫山林道へ。ここは「モミジウリノキ」「バイカウツギ」「コガクウツギ」ロードになっています。
草原の花は、今までのメイン「黄色」から「白色」などに変化しています。16日(木)の時は、今日見られなかった「マイサギソウ」「スズサイコ」そして「カセンソウ」も期待できます。

(2022-06-09掲載)

5月度平尾台の開花情報(第4回目)

三浦博嗣 2022-05-24

  • 日時:2022年5月24日(火)8:30〜13:45 晴れ 気温18〜28度 北風1M
  • 場所:北九州市小倉南区平尾台
  • コース:茶ヶ床園地〜中峠〜広谷湿原〜茶ヶ床園地・大平山分岐〜大平山〜茶ヶ床園地
  • 参加者:(会員)森永光直、瀧井喜代子、木下伸子、三浦博嗣、(一般)K・M途中より参加
  • 観察種(草本98種、木本45種、野鳥18種):キジ5、キジバト1、ホトトギス2、トビ2、コゲラ1、ハシボソガラス2、ハシブトガラス1、ヒバリ20+、ツバメ2、イワツバメ20+、ヒヨドリ10、ウグイス10+、センダイムシクイ1、セッカ10+、カワラヒワ5、ホオジロ10+、ホオアカ10+、ガビチョウ10+

5月12日の自然観察会を雨で中止としましたので、本日(24日)個人主催で観察会をしました。2週間近く過ぎており、開花植物も終期のものや、逆に開花を迎えたものなど僅かな期間で入れ替わりがあったが、この時期ならではの花も見られました。
トキソウは先週より更に多く開花しており、ヒメケフシグロ、ヒメジョオン、ハルジオンはピークを迎えヤマツツジの蕾も膨らみを始めていました。またムラサキが咲き出し、ツレサギソウはピーク、フナバラソウは大半が盛りを過ぎ、エビネも終期に近いものでした。
今日の一番の目的はサイハイランで、2か所(1か所は集合前に見てきました)で最高の開花を見れました。少し暑く夏日を思わせる気候でしたが、多くの花々に暑さを忘れさせてもらいました。

(2022-05-25掲載)

5月度平尾台の開花情報(第3回目)

三浦博嗣 2022-05-20

  • 日時:2022年5月20日(金)07:45〜12:10 曇り 気温16〜22度 微風
  • 場所:北九州市小倉南区平尾台
  • コース:茶ヶ床園地駐車場〜中峠〜広谷湿原〜中峠〜大平山〜茶ヶ床園地駐車場
  • 観察種(草本91種、木本45種、野鳥14種):キジ5、トビ1、ハシボソガラス2、ハシブトガラス3、シジュウカラ1、ヒバリ6、ツバメ2、ヒヨドリ10+、ウグイス4、セッカ20+、スズメ5、ホオジロ10+、ホオアカ5、ガビチョウ3

家を出るとき少し雨が落ちていたいたが、茶ヶ床園地では曇っていたものの雨の心配もなくスタート。
観察路では「カノコソウ」はピンクから白色へと終期に近いが、黄色の「ニガナ」「ハナニガナ」「オカオグルマ」「コウゾリナ」が咲き、少しづつ「ウツボグサ」も咲き出し、「オカウツボ」も数か所で見られました。湿地では「トキソウ」が多く咲き始め、これからが見頃を向かえます。台地では「フナバラソウ」も多くなり、「ムラサキ」が咲き出し「エビネ」もまだ見れますよ。
湿地、台地もこれからが一番多く花々が観察できる時期になりました。24日(火)は一緒に出かけて行きましょう。

(2022-05-21掲載)

5月度平尾台の開花情報(第2回目)

三浦博嗣 2022-05-10

  • 日時:2022年5月10日(火) 08:20〜14:30 晴れ/曇り 気温15〜20度 西風3m/s〜1m/s
  • 場所:北九州市小倉南区平尾台
  • コース:茶ヶ床園地〜中峠〜広谷湿原〜貫山登山口〜貫山林道〜小穴〜大平山分岐〜中峠・茶ヶ床園地分岐〜茶ヶ床園地駐車場
  • 参加者:木下伸子、田辺憲子、山下哲郎、三浦美代子、三浦博嗣。
  • 観察種:草本(108種)、木本(52種)、野鳥(17種)キジ5、トビ2、ハシボソガラス2、ハシブトガラス5、シジュウカラ2、ヤマガラ3、キビタキ2、ヒバリ10+、ツバメ2、ヒヨドリ5、ウグイス10、セッカ20+、スズメ2、ホオジロ7、ホオアカ6、ガビチョウ2、ソウシチョウ3

12日(木)の定例自然観察会:平尾台の下見と5月の開花情報を兼ねて8時前に茶ヶ床園地駐車場に到着。風が強くて肌寒く1枚重ね着をしてスタート。
散策路脇は黄色のニガナ、ハナニガナ、コウゾリナ、オカオグルマなどに埋まっていますが、それでも少しづつ花は入れ替わっています。ラン科植物では、ハシナガヤマサギソウはピークを迎え、キンラン、エビネは少し盛りを過ぎ、新たにツレサギソウが開花を始めました。これからもムラサキなども咲き出します。
これから花の種類が多くなり楽しむことができます。また、ご一緒しましょう。

(2022-05-11掲載)

時雨岳・白鳥山のヤマシャクヤク

三浦博嗣 2022-05-05

  • 日時:2022年5月5日(金)晴れ 気温12〜19度
  • 場所:熊本県八代市と宮崎県椎葉の県境に位置する時雨岳と白鳥山
  • 参加者:10名(男性2名、女性8名)
  • 野鳥(14種):ツツドリ2、ヤマガラ3、シジュウカラ2、ヒガラ5、ゴジュウカラ2、カケス1、オオルリ2、アオゲラ3、ミソサザイ4、コゲラ1、センダイムシクイ2、ウグイス3、キビタキ2、ガビチョウ3

GWを利用し山仲間(総勢10名)と落人伝説の多い山地に連れ立っていきました。前日は登山口近くでそれぞれテント・車中泊し、翌日7時過ぎから登山開始。 時雨岳までは林道から直登1時間、元気なおば様(?)方に引っ張られるように登る。時雨岳の山頂そして南斜面はヤマシャクヤク、ヤマシャクヤクで埋まり、こんなに多いのは見たことがありません。他にも初めてオオキヌタソウ(大砧草)アカネ科に出会えました。(最初はツクバネソウかなと思いましたが、花が違う?キヌタソウ? 花弁の数が少ない・・・帰宅してオオキヌタソウと判別)そしてルイヨウボタンにも出会えました。白鳥山では山頂直下の石灰岩地のヤマシャクヤクはなかなか趣がありました。そしてイチイの大木も多くありました。ただ、ここではバイケイソウ(梅憲草)ユリ科がヤマシャクヤクより多く、どんどん範囲を拡大しています。
九州背梁山地にはまだまだこのような、出会ったことのない植物が多くあることでしょう。

(2022-05-07掲載)

5月度平尾台の植物開花情報(第1回目)

三浦博嗣 2022-05-02

  • 日時:2022年5月2日(月) 07:05〜11:45 晴れ 気温12〜19度 西風2〜3m/s
  • 場所:北九州市小倉南区平尾台
  • コース:茶ヶ床園地〜広谷湿原・中峠分岐〜大平山・四方台分岐〜大平山〜茶ヶ床園地駐車場
  • 観察種(野鳥14種):キジ6、セッカ15、ヒバリ13、ウグイス7、カケス1、ホオジロ7、ホオアカ4、ハシブトガラス5、ハシボソガラス3、コゲラ1、ソウシチョウ3、ガビチョウ5、トビ2、アオゲラ1

今日の平尾台台地は気温も12度で西風が強く肌寒く、また写真を撮るのも大変でした。茶ヶ床園地駐車場ではAM7時なのに、GWからでしょうか車5台とバイク3台も停まっていました。
花々は2週間前からすると少しずつ主役が入れ替わりつつあります。また、昨年より開花の早いものや、遅いものと現地で確認しないとわかりません。このGW中に是非行って下さい。
キンラン(金蘭)ラン科やエビネ(海老根)ラン科にオカオグルマ(丘小車)キク科そしてカノコソウ(鹿の子草)スイカズラ科が見られますよ。

(2022-05-03掲載)

4月平尾台の開花情報(第4回目)

三浦博嗣 2022-04-25

  • 日時:2022年4月25日(月) 07:25〜13:30(5.5H)晴れ 気温14〜23度 微風
  • 場所:北九州市小倉南区平尾台
  • コース:茶ヶ床園地〜広谷湿原〜九電電波塔〜貫山林道〜大平山・四方台分岐〜中峠・大平山分岐〜茶ヶ床園地
  • 観察種野鳥(18種):キジ5、シジュウカラ3、ウグイス5、ヤマガラ6、キジバト2、ヒヨドリ20+、ハシボソガラス6、ハシブトガラス8、オオルリ1、キビタキ2、クロツグミ1、トビ2、アオゲラ1、ソウシチョウ5、ヒバリ10、セッカ10+、ホオジロ12、ホオアカ3.

平尾台に向かう途中は濃霧で心配しましたが、平尾台は霧はなく晴れていました。自然観察センター駐車場でH氏と、そして見晴台ではN氏とそれぞれ違う目的でしたが偶然会いました。
広谷湿原に向かう道脇はキク科の花々(ニガナ、ハナニガナ、コウゾリナ、オニタビラコ)やオカオグルマなど黄色の花が咲き始めて十分に楽しませてくれました。
湿原は野焼きの影響で見通しよく、湿地植物が咲き始めるころは期待が持てるようです。貫山林道は高、低木の花芽が多く、山道脇はフデリンドウやツルカノコソウなどが見頃でした。台地植物は今年はすでにキンランが多く開花し、シュンランは終わり、シランは開花が遅れと花々で少し早かったり遅かったりとマチマチです。今からがいよいよ本番です。

(2022-04-26掲載)

4月平尾台の開花植物

三浦博嗣 2022-04-13

  • 日時:2022年4月13日(水) 07:35〜13:00(5.25H)曇り 気温17〜20度 北風2m/s
  • 場所:北九州市小倉南区平尾台
  • コース:吹上峠〜大平山〜小穴〜貫山林道〜四方台〜大平山・貫山分岐〜中峠・大平山分岐〜吹上峠(9.5km)
  • 観察種(草本69種、野鳥21種):ヒヨドリ50+、ウグイス8、ホオジロ6、ホオアカ2、キジ6、イカル1、ツグミ30、セッカ5、アオゲラ1、ハシボソガラス4、ハシブトガラス6、コゲラ2、メジロ2、オオルリ1、カケス1、シジュウカラ2、ハイタカ1、トビ1、コジュケイ1、ソウシチョウ5、ガビチョウ1

今日の平尾台は濃霧で吹上峠からは台地方向は全く見えませんでした。到着時は気温は17度から20度にまで上がったが10時過ぎには濃霧と北風で気温も下がり肌寒い日になりました。
少しずつ開花植物も多くなり、シュンランや1株だけ日向にあるエビネが開花しておりオキナグサも一部は綿毛に近いものもありましたが、まだ十分に見ることができます。
久しぶりの貫山林道は、スミレ類も多く、草原では見れない花々があり、野鳥も多く、今年初めてオオルリの声を聞けました。このルートはこれから観察コースにいれようと思います。
今日はもう少し歩きたかったのですが、霧が深くなり寒いので途中でリタイアしました。

(2022-04-14掲載)

井原山4月の花を訪ねて

三浦博嗣 2022-04-05

  • 日時:2022年4月5日(火) 08:20〜15:45 (7H25) 気温7〜18度 北風1m/s
  • 場所:糸島市・井原山(いわらやま)
  • コース:水無登山口〜第二鍾乳洞分岐〜井原山山頂・アンの滝分岐〜井原山山頂〜アンの滝・水無登山口分岐〜水無登山口(5.8km)
  • 参加者:山下哲郎、田辺憲子、木下伸子、三浦美代子、三浦博嗣
  • 観察種(野鳥12種):ヒヨドリ7、ヤマガラ5、シジュウカラ3、ミソサザイ8、メジロ5、カワラヒワ3、ホオジロ2、キジバト2、コゲラ1、アオゲラ1、ハシブトガラス5、ウグイス10

今年の春の花は開花が遅れており、前回の訪れから20日以上経ってから再再訪。水無登山口は珍しく一台も車が停まっていませんでした。
少し肌寒さを感じさせるものの、花は期待を裏切らず私たちを歓迎してくれました。キバナノアマナも、イチリンソウ・ニリンソウそしてケシ科のヤマエンゴサク・ジロボウエンゴサクも満開でした。そして昨年は見れなかったトウゴクサバノオも多く開花しており十分堪能しました。ただ、一部昨年は開花していたものが見られなかったのは残念でした。

(2022-04-06掲載)

平尾台観察会の下見

三浦博嗣 2022-04-03

  • 日時:2022年4月3日(日) 08:35〜14:30(約6H) 気温8〜17度 微風
  • 場所:北九州市小倉南区平尾台
  • コース:自然観察センター駐車場〜千貫岩駐車場〜風神山〜堂金山〜貝殻山〜天狗岩〜茶ヶ床園地〜自然観察センター駐車場(9.3km)
  • 観察者:三浦美代子・三浦博嗣
  • 観察種 草本(49種)・野鳥(15種):キジ1、トビ1、コゲラ2、ハシブトガラス5、ハシボソガラス6、シジュウカラ2、ヒバリ10、ツバメ1、ヒヨドリ10、ウグイス8、スズメ7、ツグミ10+、カワラヒワ4、ホオジロ10+、ホオアカ2

4日後の定例自然観察会に向け、下見も兼ね、日曜日でもあり、天気も良いのでこの時間でほぼ満車状態でした。自然観察センター駐車場から千貫岩駐車場を経由し風神山に向かいますが、多くのトレラン者がいました。
この時期の主役である「オキナグサ」「ツクシショウジョウバカマ」を求めてここから天狗岩までゆっくりと歩きました。ホタルカズラやバラ科のキジムシロにツチグリそしていろんなスミレなども顔を出していました。
7日の観察会はいつものコースを変え、茶ヶ床園地駐車場から天狗岩への往復のアップダウンの少ない歩きやすいルートで距離も4km弱に変更し、メインの花々をじっくり観察します。多くの皆さんの参加を期待しています。(持参物は ルーペ、植物図鑑、昼食、飲料水)

(2022-04-04掲載)

3月度平尾台の開花植物(第2回)

三浦博嗣 2022-03-28

  • 日時:2022年3月28日(月) 曇り 気温9〜12度 北風2〜3m/s
  • 場所:北九州市小倉南区平尾台
  • コース:吹上峠〜大平山〜小穴〜中峠〜広谷湿原・茶ヶ床園地分岐〜茶ヶ床園地〜吹上峠(約7km)、(車で移動)千貫岩駐車場〜風神山(往復1.6km)
  • 観察種:草本(開花植物のみ21種)
  • 野鳥(14種):キジ3、ホオジロ15+、ホオアカ4、ツグミ20+、ヒヨドリ5、ヒバリ20+、アトリ30、ウグイス10、シジュウカラ2、コゲラ1、トビ1、カワラヒワ3、ハシブトガラス10+、ガビチョウ1

前回の訪れから10日以上経ち花々も多くの開花を期待して、吹上峠から登りました。
道脇には数種のスミレが咲いていましたが、他にはバラ科のツチグリやキジムシロそしてホタルカズラなど数を増やしているものの他種はほとんど開花していませんでした。その中で開花間近のオキナグサ(2株)を見つけ、今年もやっと平尾台の春の妖精に出会うことができました。毎年この場所が一番先に開花してくれます。他の場所では全く出ていませんでした。
今日の台上は風が冷たく冬に戻ったようでしたが、これから日に日に暖かくなり1つ1つ開花する花が増えてきて、4月7日の観察会では皆さんの眼を十分に楽しませてくれると思います。

(2022-03-28掲載)

3月度平尾台の開花植物

三浦博嗣 2022-03-16

  • 日時:2022年3月16日(水) 07:50〜12:30(4H40)晴れ 気温11〜20度 微風
  • 場所:北九州市小倉南区平尾台
  • コ-ス:平尾台自然観察センター駐車場〜千貫岩〜風神山〜不動山〜堂金山〜貝殻山〜茶ヶ床園地〜千仏洞・茶ヶ床園地分岐〜自然観察センター駐車場(8・8km)
  • 観察種(野鳥17種):ウグイス13、ホオジロ10+、キジバト2、キジ2、ツグミ8、ヒバリ20+、シジュウカラ2、ヤマガラ2、ヒヨドリ5、メジロ2、カワラヒワ3、ハシブトガラス7、ハシボソガラス3、コゲラ1、ガビチョウ1、ツバメ2、トビ2

先週、野焼き後の景色を見てから1週間経ち(野焼きから約3週間)ぼちぼち開花している植物を観察するのと、過去の3月に開花した植物写真で、身近な植物がないことに気が付きその写真を撮るためにゆっくり道をジグザグに歩きました。
散策路からは、ウグイスやヒバリの囀りがあちらこちらから聞こえてきていました。春の代表的な花々ではホタルカズラは3株、スミレ各種も3種ほど、春のセンボンヤリも3株と咲き始めていましたが、本格的な開花はあと2週間近くかかるようでした。そして平尾台でどのコース、どの山も登っていたと思っていましたが、貝殻山には登っていないことに気が付き登りました。少し暑いくらいの気候でしたが山頂に吹く風の心地よさと展望は素晴らしいものでした。
いよいよ花の平尾台の本番です。4月からの観察会を楽しみに待っていて下さい。

(2022-03-17掲載)

井原山春の妖精たち

三浦博嗣 2022-03-13

  • 2022年3月13日(日) 08:40〜14:30 曇り 気温9〜14度
  • 場所:糸島市井原山
  • ルート:水無登山口〜アンの滝分岐〜井原山山頂〜アンの滝分岐〜水無登山口
  • 参加者:6名

前回の観察登山から1週間。ここのところ気温が高く開花も一段と進んでいるのではと期待して訪れました。
水無登山口は日曜日にもかかわらず車は3台と少なかった。スタートしてまもなく前回開花の少なかったホソバナコバイモも多く開花しているものの、スプリングエフェメラル(春の妖精)も少し開花があるが、数は少ないか、まったく開花していない状態。ネコノメソウの仲間もヤマネコノメソウは多く開花してるが、コガネネコノメソウやイワボタンはわずかに開花しているが他はほとんど開花していない。
山頂は一面のガスで視界はゼロ、風は冷たく少し下り登山道脇にて昼食。みそ汁にお汁粉つきと最高に美味しくいただきました。
一番の目的のキバナノアマナはこのルートでは開花種は見つけることができませんでした。あと、10日〜2週間でそれ以外に、イチリンソウやジロボウエンゴサクなどなど多くの開花に出会えることでしょう。
帰路の途中、スミレのなかで一番先に開花するアオイスミレやツクシショウジョウバカマが林道脇の壁面に一斉に咲き誇っていました。本格な出会いはこれからですので、また、10日ほどして再訪します。

※スプリングエフェメラル(春の妖精)と呼ばれているのは、「ツクシショウジョウバカマ」「キバナノアマナ」「ホソバナコバイモ」「イチリンソウ」「ニリンソウ」「ジロボウエンゴサク」「ヤマエンゴサク」などですが、私的には3〜4月に初めて出会える花はすべて「春の妖精」だと思っています。

(2022-03-14掲載)

野焼き後の平尾台

三浦博嗣 2022-03-08

  • 日時:2022年3月8日(火) 08:15〜13:16(5H) 気温6〜13度 微風
  • 場所:北九州市小倉南区平尾台
  • コ-ス:吹上峠〜大平山〜小穴〜四方台〜貫山〜九電電波塔〜広谷湿原〜中峠・大平山分岐〜吹上峠(10.7km)
  • 観察種(12種):ウグイス2、エナガ5、ホオジロ16、ヒバリ30、コゲラ2、メジロ10、シジュウカラ3、ハシブトガラス8、ジョウビタキ2、ツグミ10、カワラヒワ20、シロハラ1

2月26日(土)の野焼きで延焼した場所が情報によると、偽水晶山・水晶山まで広がり広谷湿原にも及んだとのことで花は無いことは承知で確かめに行きました。歩いたコ-スでは開花している花は「オオイヌノフグリ」だけで他にはありません。
天気も良く絶好の散策日和なので、久しぶりに貫山に登り偽水晶山近くから広谷湿原にむかう道路の東側は一面の焼け野原。いままでは樹木や背の高い草に覆われていた場所が見たことのない風景に一変していました。
近年は湿原とは名ばかりで、人の手が入ってなく多くの湿地植物が埋もれていたのではないかと思っていましたが、今年は今まで見られなかった植物も見られるのではないでしょうか。
あと1週間もすれば様々な植物が芽吹きをむかえるでしょう。今年も植物観察を大いに楽しみましょう。

(2022-03-08掲載)

久しぶりの大ヶ原

三浦博嗣 2022-02-08

  • 日時:2022年2月8日(火) 10:00〜13:20
  • 場所:大ヶ原(田川郡川崎町安眞木)
  • 観察者:三浦博嗣、三浦美代子
  • 観察種:アオゲラ2、ベニマシコ7、アオジ15、ミヤマホオジロ30、カシラダカ20+、シロハラ20+、ジョウビタキ4、コゲラ2、エナガ8、ヒヨドリ30+、アトリ10、シジュウカラ5、トビ1、ハシブトガラス10、ウグイス2、メジロ13、モズ1

約1ヶ月振りの大ヶ原にベニマシコを観察しに行きました。いつもの場所には2人の方がカメラを構えており、先ほど3羽出ましたよとのことで待ちましたが出てこず。
一人移動し別の場所で探すも出るのはヒヨドリにシロハラ、アオジなどばかりで、本命の鳥は出ず再度元の場所に戻ると、家内は先ほど5羽出たとのことでしたので、待つも出ず。
探鳥会コ-スを廻って帰る途中でアオゲラの声。探すと遠くの松の木にいるのを見つけ、遠いですがやっと撮影でき帰りを急いでいると今まで一度も見たことのない場所になにか赤い物が見え、何とベニマシコ、それも雄2羽(茎かぶりでしたが)。
今回は諦めていましたが最後にお土産をもらいました。

(2022-02-08掲載)

近場の鳥たち

三浦博嗣 2022-01-30

  • 2022年1月30日(日) 12:30〜14:30
  • 場所:宗像市
  • 観察種:コサギ2、コガモ20、マガモ30+、アオサギ2、ダイサギ3、カワウ20+、ヨシガモ15、キンクロハジロ10、ハシビロガモ10、カイツブリ4、カルガモ10、ミサゴ2、カンムリカイツブリ2、ヒシクイ6、ハシブトガラス4

A氏とお会いした時に、近場のダムに「ヒシクイ」の情報をいただき、2か所を回りました。最初のダムは昨年は多くのカモ類が入っていましたが今年は当初、全く水がなく、カモ類はほとんどいませんでしたが、最近少し水量が多くなり「ヨシガモ」や「コガモ」などが入っていました。
次のダムには、奥の方に「マガモ」や「キンクロハジロ」や「ハシビロガモ」は見られるものの、「ヒシクイ」は見当たらず少し移動すると道路から近い小さな洲に6羽の「ヒシクイ」休んでいるのを見つけることができました。その中の1羽は嘴の基部に白い部分があり「サカツラガン」特有の特徴がありましたが、嘴の先は黄色くなっており「ヒシクイ」と思いますが、お分かりの方はお教え下さい。
*私の写真にはその特徴が写っていませんが、美代子氏の写真には写っています。

(2022-01-31掲載)

Copyright (C) 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved. (無断転載禁止、会員を含む)
本ウェブサイトに記載の会社名、システム名、ブランド名、サービス名、製品名は各社の登録商標または商標です。
本文および図表、画像中では必ずしも®、™を表記しておりません。