クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部)
 ホームギャラリーたましぎ館三浦美代子
online 
total 
modify:2018-01-21

 三浦美代子 \2018年

短縮URL

くじゅう連山の素晴らしい樹氷 | 初登山英彦山で出会ったハギマシコ

[2018年] | [2017年] | [2016年] | [2015年] | [2014年]

くじゅう連山の素晴らしい樹氷

三浦美代子 2018-01-14

  • 2018-01-14(日) 曇りのち晴れ くじゅう連山(大分県)
  • 牧ノ戸登山口(-5℃) 8:50〜沓掛岳(1503m) 9:40〜扇ヶ鼻分岐 11:04〜西千里ヶ浜〜久住山避難小屋(昼食) 12:00-12:40〜久住分かれ 13:12〜御池 13:20-13:50〜久住分かれ 14:15〜牧ノ戸登山口 16:30
  • 観察した鳥:ウソ、ヒヨドリ、メジロ、ゴジュウカラ

大分県にあるくじゅう連山の牧ノ戸登山口は多くの登山客の車でいっぱいだった。路面の凍結で滑ってしまった車もあり、昨日はわが仲間達も手伝ったらしい。くじゅう連山も向かいの黒岩、泉水山も白銀の世界だ。アイゼンを履き、雪の樹林帯を歩く。雪にすっぽり覆われた三俣山が見える。沓掛山から見渡すくじゅう連山の雪景色は素晴らしかった。ヒヨドリが目の前を飛んで行った。西千里ヶ浜を歩いていると、阿蘇五岳の涅槃像がくっきり、近くに見えた。久住山のどっしりした姿も見えてきた。避難小屋で昼食を楽しんだ後は、中岳の凍てついた御池の上を歩いて楽しんだ。下山時にようやく青空が見え始め、 光り輝く樹氷と小さな虹を見ることができ嬉しかった。

(2018-01-18掲載)

初登山英彦山で出会ったハギマシコ

三浦美代子 2018-01-07

  • 2018-01-07(日) 曇り -1℃〜4℃ 英彦山(1200m、添田町)
  • 豊前坊駐車場(-1℃) 8:52〜シオジの林 9:30〜一本杉 10:03〜北岳 10:58〜中岳(2℃、昼食) 11:35-12:33〜北西尾根ルート〜バードロード分岐(4℃) 13:22〜スキー場 14:00〜豊前坊駐車場(2℃) 14:28
  • 観察した鳥:オオアカゲラ、メジロ、コゲラ、ゴジュウカラ、ハギマシコ(±200)、ヤマガラ

今年初登山で英彦山に登った。豊前坊駐車場は少しアイスバーンになっていたが山道は雪は少なかった。逆鋒岩あたりでアイゼンを履き、一本杉手前の岩場では、やはり凍り付いていた。前日の1月6日の青空の樹氷(広塚忠夫氏の英彦山の四季−コガラの4羽の群!−参照)は、ほとんど消えていた。
北岳手前の台地で、くじゅう連山や阿蘇五岳がくっきり見え、その美しさに見惚れていると、突然小鳥の大群が飛んできて、雪の草むらにおりたった。茶色の頭にお腹の紫色が見える。ハギマシコ?だろうかと双眼鏡で探す。寒さで体が冷え、手もかじかんできた。あっという間に群れで下りて行った。博嗣さんが撮影したカメラでハギマシコと確認でき、出会えたことに喜んだ。(「英彦山北岳でハギマシコの大群」)
北岳は風が吹き抜け寒かった。中岳では休憩小屋で暖かい昼食や他のグループからおぜんざいを頂き感謝した。筑豊山の会の会長加藤さんが来られ、とまっていたトイレのモーターを動かしてくれた。有難いことである。
北西尾根の林の中でも鳥の群れがサットと飛び立った。何の鳥かわからなかった。ヤマガラも多く飛んでいた。
今年も英彦山の山登りを楽しませてくださいとお願いしてきた。

(2018-01-08掲載)

Copyright (C) 2009-2018 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved. (無断転載禁止)