クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部)
 ホームギャラリーたましぎ館三浦美代子
online 
total 
modify:2019-06-23

 三浦美代子 \2019年

短縮URL

英彦山のオオヤマレンゲ | 山口県大海山、勘十郎岳の自然の魅力

くじゅう連山のミヤマキリシマ | 由布岳のイワカガミ | 犬ヶ岳のツクシシャクナゲ | 涌蓋山のキスミレとハルリンドウ

くじゅう連山黒岳のツクシシャクナゲは裏年で残念! | 雁俣山のカタクリとヒカゲツツジ | 花の宝庫の井原山・雷山

許斐山でコマドリを見た! | 福智山山開きと春の花々 | 4月の平尾台で識別した可愛いスミレたち

羽金山のツクシショウジョウバカマの群生 | 多良岳、経ヶ岳のマンサク | 一ノ岳で出会ったウソ、キクイタダキ

仰烏帽子山の樹氷とフクジュソウ(福寿草) | 英彦山の素晴らしき樹氷 | 雪のない英彦山とウソ

[2019年] | [2018年] | [2017年] | [2016年] | [2015年] | [2014年]

英彦山のオオヤマレンゲ

三浦美代子 2019-06-17

  • 2019-06-17(月) 晴れ 13℃〜19℃ 添田町英彦山
  • 豊前坊登山口(13℃) 8:00〜望雲台分岐 8:20〜望雲台〜望雲台分岐 9:10〜シオジ林 9:21〜一本杉 10:06〜北岳 10:38〜中岳山頂(17℃) 11:20-11:40〜行者堂 12:00-12:30〜北西尾根〜バードライン分岐(19℃) 13:45〜スキー場 14:10-14:25〜豊前坊駐車場(17℃) 14:50
  • 観察した鳥:ミソサザイ、アオゲラ、ガビチョウ、ソウシチョウ、オオルリ、ツツドリ、シジュウカラ、ホオジロ、ゴジュウカラ、カケス、エナガ、ヤマガラ、メジロ、モズ、カワラヒワ、ヒヨドリ、コゲラ

英彦山にオオヤマレンゲ(大山蓮華)の花を見たいと思い、一人で登った。
オオヤマレンゲ(大山蓮華)は福岡県の希少野生生物で、英彦山地の稜線部にごくまれに生えるモクレン科で落葉低木である。(福岡県レッドデータブックより引用)。
高住神社のM氏から、前日の日曜日には観光バスが2台も来てオオヤマレンゲ(大山蓮華)目当ての登山客で賑わったと話を聞いた。溶岩の壁のオオヤマレンゲの花の蕾が今年は少ないといわれたが、甘い香りの白い花を見つけた時は嬉しかった。
白い花は下向きか横向きに咲き、花の内側の花糸は淡赤色で、葯が淡黄緑色。(「樹に咲く花」より引用)。清楚な美しい花である。行者堂にもあるオオヤマレンゲ(大山蓮華)は多くの花をつけていて楽しませてくれた。大事に守っていきたい樹である。山頂ではヒコサンヒメシャラ(英彦山姫沙羅)が綺麗に咲いていた。木の側にはネットが新たに張り巡らされていて植物が保護されていた。エゴノキ、タンナサワフタギ(耽羅沢蓋木)も白い花を多く咲かせていた。
望雲台に登った時、目の前の枯れ木の先にとまっているオオルリを見つけた時は嬉しく興奮した。北岳から中岳への稜線では、ゴジュウカラ、アオゲラ、ツツドリの声が響き、行者堂までの下山道でも、モズ、ガビチョウを見つけた。英彦山は樹木の花も鳥も多く、素晴らしさを再確認した。

(2019-06-21掲載)

山口県大海山、勘十郎岳の自然の魅力

三浦美代子 2019-06-08

  • 2019-06-08(土) 小雨のち晴れ 大海山(おおみやま、別名、亀尾山、324.6m)、勘十郎岳(246m)
  • メンバー(4名):新飼謙次郎、三浦美代子、非会員(2名の内、山口県の山友1名)
  • 登山口(21℃、小雨) 8:25〜立岩展望所 9:12-9:15〜大海山(亀尾山)山頂、20℃ 9:40-10:00〜行者山晃望台 10:50-11:00〜千坊川砂防公園 11:20-11:30、勘十郎北口登山口〜勘十郎岳山頂(山頂、20℃) 12:13-13:10〜癒しの溜池分岐 13:53〜癒しの溜池、エメラルドグリーン 14:20-14:40〜大海山手前 15:30〜不動の滝 16:08〜登山口 16:11
  • 活動距離:9km、活動時間:8時間
  • 観察した鳥:ホトトギス、ウグイス、カッコウ、シジュウカラ、ヤマガラ、オオルリ、キビタキ、ソウシチョウ、ヒヨドリ、トビ、カルガモ

山口県の山友の案内で、山口市秋穂の大海山と勘十郎岳の縦走を楽しんできた。里山の低山であるが登りやすいように整備され、又、急登や多くの奇岩があり楽しめた。展望所も多く、瀬戸内海が美しく見渡され九州の姫島まで見られた。休憩所では多くの手作りの椅子が用意されほのぼのしたものを感じた。山道の多くの奇岩につけられたネーミングも面白く楽しめた。
樹木は、ヤマツツジ(山躑躅)やモチツツジ(黐躑躅)が咲き、ネズミモチ(鼠黐)、テイカカズラ(定家葛)が多く咲いていた。樹木には樹名と説明が書かれ参考になった。シュンラン(春蘭)がまだ咲いていて、何か所で大事に保護されていた。オカトラノオ(岡虎の尾)も多く咲いていた。登山口からホトトギスやウグイスの声が聞かれ、オオルリ、キビタキも聞かれた。エメラルドグリーンに輝く癒しの池ではカルガモが飛んできて、空にはトビも飛んでいた。
山口県は低山が多いらしいが、充分山の魅力が多くあり、これからも機会があれば楽しみたいと思った。

(2019-06-10掲載)

くじゅう連山のミヤマキリシマ

三浦美代子 2019-06-01

今年もくじゅう連山(大分県)のミヤマキリシマ(深山霧島)を見たいと思い登った。昨年は開花が早かったので5月27日の平治岳はミヤマキリシマのピンク色に染まり美しかった。
今年は少し遅いという情報を聞き、6月1日に扇ヶ鼻、2日に平治岳に登った。扇ヶ鼻は赤川登山口から登り高度の低いところではミヤマキリシマは満開で美しかった。扇ヶ鼻山頂ではミヤマキリシマはほとんど蕾が多く残念だった。
久住山山頂では登山客も多く大阪からの団体客で賑わっていた。下山しているとコマドリの声が聞かれ嬉しかった。又イワカガミ(岩鏡)も多く咲いていて楽しませてくれた。
6月2日は朝から小雨が降り吉部登山口から登った。美しい緑の渓谷沿いにミソサザイ、クロツグミ、オオルリ、キビタキの声が色々聞かれ楽しみながら登った。
坊がつるではジュウイチ、カッコウの声がし、ホオジロ、ホオアカが飛び回っていた。坊がつるから眺める平治岳山頂が、ピンク色に染まっていたので心躍らせ、大戸越に向かった。
平治岳のミヤマキリシマは5分か7分咲きだろうか、多くの登山客から綺麗だねえと感動の声があちこちから聞かれた。私も今年も平治岳の美しいミヤマキリシマを見ることができ嬉しかった。しかし、ノリウツギが大きく成長し、ミヤマキリシマが影をひそめて咲いている姿も見られ、自然界の競争の厳しさを感じた。
次世代の人達にも平治岳のミヤマキリシマに染まった素晴らしい姿が見られるように、ミヤマキリシマを守っていってほしいと思った。

(2019-06-06掲載)

由布岳のイワカガミ

三浦美代子 2019-05-26

  • 2019-05-26(日) 晴れ 20℃〜30℃ 由布岳(1583.5m)
  • 由布岳東登山口(20℃) 8:05〜日向越 8:54-9:00〜東峰山頂(1580m) 10:52-11:08〜マタエ(22℃)〜西峰山頂(1583.5m)(28℃) 11:50-12:40〜お鉢巡り〜東峰山頂(30℃) 13:58-14:08〜マタエ 14:21〜合野越 15:35-15:43〜正面登山口 16:10
  • メンバー(3人):新飼謙次郎、三浦美代子、一般1名
  • 観察した鳥:ミソサザイ、ウグイス、ソウシチョウ、ヤマガラ、シジュウカラ、キビタキ、オオルリ、ツツドリ、アオゲラ、コゲラ、アオバト、ホオジロ、メジロ、カケス、ハシブトガラス

由布岳は大分県由布院盆地の秀峰で豊後富士の愛称で親しまれ、東峰と西峰の双耳峰である。今回は東登山口から東峰、西峰を登り、お鉢めぐりをして、再度東峰に登り正面登山口に下りた。
東登山口からは急勾配の登りを経て岩峰をよじ登り東峰に着いた。山頂では登山客も多かった。ミヤマキリシマ(深山霧島)の花がところどころで美しく咲いており、高度が高くなるほど蕾が多かった。昨年と比べると花の時期が遅く感じられた。
西峰への絶壁を鎖で登っている時、高い岩峰で尾を立てしきりに囀るミソサザイを見つけた。写真を撮りたいと思ったら飛び立った後だった。西峰山頂に着き、28℃の暑さで汗が噴き出ていたが、新飼さんのサプライズでスイカをみんなで美味しく頂いた。
お鉢巡りを緊張しながら登っている時、綺麗に咲いているイワカガミ(岩鏡)を岩場に沢山見つけた時は嬉しかった。常緑の多年草で葉が茶色の光沢があり、淡紅色の花も美しかった。再度東峰に登り、マタエから正面登山道の下りで、、バイカイカリソウ(梅花碇草)(5月23日に宮本秀美さんが見つけた花)を見つけた時は嬉しかった。よくこんな小さな白い花に彼女が気付いたものだと感心した。お陰様で私も初めて見ることができた。
合野越で栃木県からのツアーの登山客の団体と会い、由布岳も知名度の高さを感じた。この日は北海道で39.5℃の猛暑日であった。山頂で30℃であったが、汗をかき気持ちの良い山登りを楽しめた。

(2019-05-29掲載)

犬ヶ岳のツクシシャクナゲ

三浦美代子 2019-05-10

  • 2019-05-10(金) 晴れ 犬ヶ岳(1130.9m)
  • 経読林道入口 05:56 〜ガードレール展望所〜一ノ岳山頂 8:19-8:30〜大竿峠 8:43〜犬ヶ岳山頂 9:05-9:15〜笈吊岩 10:06-10:15〜犬ヶ岳10:40-10:55〜大竿峠 11:20-11:35〜経読林道 11:56-12:00〜求菩提山・野峠分岐 12:23-12:45〜経読林道入口 14:47
  • 観察した鳥:ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ミソサザイ、キビタキ、オオルリ、ソウシチョウ、カケス、亜種リュウキュウサンショウクイ、コガラ、コゲラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、コジュケイ、ゴジュウカラ、センダイムシクイ、アオゲラ、トラツグミ、クロツグミ、ジュウイチ、ツツドリ、アカショウビン、イカル
  • メンバー:広塚忠夫、宮本秀美、三浦博嗣、三浦美代子

広塚氏の呼びかけで野鳥生育調査の爲、経読林道に6時集合で出発した。
私達二人はきちんとルートを確認していなかった爲、経読林道から一ノ岳、犬ヶ岳山頂に登ってしまった。
犬ヶ岳に登るのは10何年振りで楽しみにしていた。犬ヶ岳のツクシシャクナゲは裏年といわれていたが、まだ綺麗に花が咲き残っていて、蕾もあり楽しめた。ツクシシャクナゲが多く自生しており、是非多くの花が咲いている時に来てみたいと思った。
新緑が輝き、多くの鳥の声もきかれ、ジュウイチ、トラツグミ、クロツグミ、アカショウビンの声に喜んだ。大竿峠から経読林道におりる谷沿いに、コマドリが聞かれるという標識があったが、コマドリの声はしなかった。
活動距離 16.0km 林道歩きはきついなあと感じた。

(2019-05-14掲載)

涌蓋山のキスミレとハルリンドウ

三浦美代子 2019-05-04

  • 2019-05-04(土) 晴れ 16℃〜23℃ 涌蓋山(1500m)
  • 八丁原登山口 7:45〜みそこぶし山(1296m) 9:00-9:08〜涌蓋越 9:30〜女岳(1420m) 10:05-10:20〜涌蓋山山頂(1500m、昼食) 10:40-11:25〜女岳〜みそこぶし山を蒔く〜八丁原登山口 13:30
  • 参加者:広塚忠夫、三浦美代子

涌蓋山はくじゅう連山の西の端に位置し、玖珠冨士や小国冨士と呼ばれている(大分県/熊本県)。涌蓋山の主要な登山ルートは3本あり、八丁原ルートが一番長い。
登り始めからキスミレを見つけた時は嬉しかった。ホオアカも近くの枝にとまってくれた。シロドウダンが多く植樹されて花が満開であった。
みそこぶし山までもキスミレやハルリンドウ、フモトスミレもあちこちで咲いていて嬉しかった。みそこぶし山山頂では一本の小さなミヤマキリシマが早くも綺麗に咲いていて驚いた。目の前に涌蓋山が見え大草原の中を歩き、涌蓋越についた。コバノミツバツツジが鮮やかな色合いで綺麗に咲いていた。
ここから女岳までの急登を登り、やっと涌蓋山山頂についた。広々とした山頂で友人の手作りの美味しい弁当を食べ、目の前の雄大なくじゅう連山を見渡し至福のひとときを味わった。

(2019-05-07掲載)

くじゅう連山黒岳のツクシシャクナゲは裏年で残念!

三浦美代子 2019-05-03

  • 2019-05-03(金) 晴れ 黒岳(1583m)
  • 白水鉱泉登山口 7:58〜白水分れ 8:28〜前岳山頂(1334.0m、18℃) 10:16-10:25〜上台ウツシ(20℃) 11:00〜昼食 12:25-12:50〜高塚山山頂(1583m) 13:15-13:22〜風穴 14:17-14:20〜ソババッケ 15:20-15:25〜かくし水 16:00〜男池 16:38
  • 観察した鳥:アオゲラ、キビタキ、オオルリ、ソウシチョウ、ウグイス、ヤマガラ、シジュウカラ、コマドリ、ミソサザイ、ヒガラ、コガラ、コゲラ

大分県のくじゅう連山の黒岳に登った。黒岳は前岳、高塚山、天狗岩で構成されている。天然炭酸水で有名な白水鉱泉から登るコースはツクシシャクナゲ(筑紫石楠花)が多く、是非見たいと期待して登った。
前岳まで登りが続き、アオゲラ、キビタキの声が響く。残念ながら、ツクシシャクナゲ(筑紫石楠花)の花が少なく、花びらも落ちてもなかった。他の登山客から去年が最高のツクシシャクナゲが咲いたので今年は裏年だねといわれた。何本か満開に咲く花を見つけた時はそのピンクの豪華な花の美しさに喜んだ。オオカメノキの白い花があちこちに見られた。前岳から急な下りと登りの繰り返しが続く。コマドリとウグイス、ミソサザイの声が響く。
やっとの思いで高塚山につき、山頂からの展望を楽しんだ。ツクシシャクナゲの花はなかったが、赤い蕾を見つけた時は嬉しかった。バイケイソウとニシノヤマタイミンガサ(西山大明傘)の群生、オオカメノキの白い花が風穴から男池まであちこちで見られた。新緑の美しい林の中でオオルリの声が響き、鳴き声のわからない鳥の声がして録音してみた。
かくし水のところで、一株だけヤマシャクヤク(山芍薬)の花を見つけた時は嬉しかったが少なくなっているのは残念だ。
男池でH氏の顔を見た時はホッとした。今日のコースはきつく、疲れが私の顔にも表れていたらしい。

(2019-05-06掲載)

雁俣山のカタクリとヒカゲツツジ

三浦美代子 2019-04-28

  • 2019-04-28(日) 晴れのち曇り 16℃〜12℃ 雁俣山(かりまたやま、1315m)、京丈山(きょうのじょうやま、1473m)
  • メンバー(12人) 会員(3人):新飼謙次郎、安部隆成、三浦美代子、非会員(9人 )
  • 二本杉峠雁俣山登山口(16℃) 8:45〜黒原分岐 8:56〜雁俣山分岐 9:45〜京丈山山頂(12℃、昼食) 11:20-12:00〜雁俣山分岐 13:45〜雁俣山山頂(12℃) 15:00-15:25〜二本杉峠登山口 16:34
  • 観察した鳥:ウグイス、ソウシチョウ、メジロ、コゲラ、カケス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒガラ、アオゲラ、ホオジロ、オオルリ、ハシブトガラス

熊本県美里町にある京丈山から雁俣山まで縦走をした。山の仲間達12名で二本杉峠登山口に集まり、カタクリ(片栗)の花を求めて出発。
カタクリ(片栗)の花は日の光で開花するのではないかと言う事で先に京丈山に登った。ウグイス、ソウシチョウの賑やかの声が響く。山頂近くでカタクリの花を見つけた。茎頂に淡紅紫色の1個の花を下向きにつけ、花の基部にW字形の濃紫色の斑紋が美しい。数は少なかったが嬉しかった。バイケイソウの群落が多くあり、カルスト地形の石灰岩質の爲、ヤマシャクヤクの花も多くあったが、まだ固い蕾だった。急登を登り、ヒガラの声がした。京丈山山頂に着き展望もいいが風が冷たい。
昼食を食べ雁俣山に向かう。急登を登り山頂近くで、ヒカゲツツジがたくさん咲いて美しかった。優しい淡黄色の花で葉は薄い皮質でシャクナゲの葉に似ていた。雁俣山山頂ではコバノミツバツツジが満開に咲いていた。下山の途中でカタクリの花の群生地があったがロープで保護され、又花の数も少なかった。少しづつでも増えていってほしいと思った。
13.4キロ歩き、花を楽しみながら仲間達とも語らい楽しい山登りだった。

(2019-04-30掲載)

花の宝庫の井原山・雷山

三浦美代子 2019-04-21

  • 2019-04-21(日) 晴れ 16℃〜26℃ 井原山(983m)、雷山(955.3m)
  • 水無登山口 7:48〜急坂(16℃)〜井原山山頂(26℃) 10:20-10:38〜洗谷分岐 11:15〜冨士山(ふじやま、944m)12:00〜雷山山頂(24℃) 12:30-13:15〜冨士山 13:43〜洗谷分岐 14:30〜井原山自然歩道〜水無登山口 16:30
  • 観察した鳥:ソウシチョウ、シジュウカラ、ヒヨドリ、コマドリ、センダイムシクイ、ウグイス、カケス、ミソサザイ、コゲラ、ヤマガラ、オオルリ、キビタキ、メジロ、ハシブトガラス

福岡県と佐賀県の境界にあり、背振山系である井原山から雷山まで縦走した。
花の名峰と知られている井原山は、登山口からイチリンソウ(一輪草)、ニリンソウ(二輪草)、ラショウモンカズラ(羅生門蔓)等が咲き迎えてくれた。山道ではスミレの種類も多く咲き、9種類も見つけることができ嬉しかった。コバノミツバツツジは固い蕾が見られ、5月の連休あたりが楽しめそうだ。
鳥の声はウグイスの声があちこちで聞かれ、コマドリの声が響くのには驚いた。キビタキの声も美しく響き楽しませてくれた。

(2019-04-23掲載)

許斐山でコマドリを見た!

三浦美代子 2019-04-17

  • 2019-04-17(水) 晴れのち曇り
  • 場所:許斐山(271m、宗像市王丸/福津市八並)
  • 観察した鳥:コマドリ、ウグイス、ソウシチョウ、メジロ、ヒヨドリ、シロハラ、エナガ、シジュウカラ、ヤマガラ、キビタキ

許斐山は福岡県宗像市と福津市にまたがる里山である。昨日、博嗣さんが許斐山でコマドリを見たという情報で、是非見たいと思い登った。
登山口からウグイス、ソウシチョウ、メジロなどの声が響く。シロハラが柵の上にとまり、草むらに入った。この竹林の中にいると聞き、足音静かに耳を澄ませて歩く。
鳥の声、竹の上に赤いものが見える。思わずカメラを向けた。コマドリだ! コマドリのヒンカラララも聞こえた。こちらに向きをかえ、その後飛んで行った。感激!271mの許斐山で見られるなんて。下山時にも探したが声のみが響き姿は見らられなかった。
下山時に櫻の雑木林で、キビタキの姿、喉が橙色で胸にかけ黄色の綺麗な姿を、双眼鏡で見ることができ、嬉しかった。春の花々も咲きはじめ、許斐山、これからも楽しみだ。

(2019-04-17掲載)

福智山山開きと春の花々

三浦美代子 2019-04-14

  • 2019-04-14(日) 曇りのち小雨 11℃〜15℃ 福智山(900.8m)
  • 上野登山口 7:50(15℃)〜林道〜八丁越え〜福智南小屋 9:38-9:45〜福智山山頂(900.8m、11℃) 9:53〜荒宿荘(福智山山開き) 10:05-12:30〜上野越〜上野登山口 14:05
  • 観察した鳥:ソウシチョウ、オオルリ、ヒヨドリ、ウグイス、ヤマガラ、コゲラ、エナガ

福智山山開き(4月第2日曜日)のお手伝いも兼ねて、福智山に登った。上野登山口から登りはじめて、オオルリの声がする。木の枝の先に青と白い姿を見つけた時は嬉しかった。
植生されていた福智南小屋のオキナグサ(翁草)が気になり見に行った。小屋の前のオキナグサ(翁草)は沢山咲いていたが、オオシマザクラの木の根元のオキナグサ(翁草)の花が少なかった。どうしたのだろうか?盗掘?
山頂は風が強く寒かった。荒宿荘までは、ツクシショウジョウバカマ(筑紫猩々袴)、シハイスミレ(紫背菫)やフイリシハイスミレ(不入紫背菫)やエイザンスミレ(叡山菫)が咲いていて春の息吹を感じた。
荒宿荘では杵つき餅つきをしていて登山客にも餅つきを楽しんでもらったり、ぜんざいや紅白のお餅をふるまっていた。登山客の中には、毎年山開きには来て楽しみにしていると感謝されていた。
筑豊山の会の方々は昨日から山荘にとまりこんで餅つきの準備をされていた。ありがたいことである。私も少しはお手伝いして楽しませてもらった。
昼ごろから小雨が降り出し、下山した。

(2019-04-15掲載)

4月の平尾台で識別した可愛いスミレたち

三浦美代子 2019-04-09

  • 2019-04-09(火) 晴れ
  • 千貫岩〜風神山〜堂金山〜貝殻山〜茶が床(北九州市小倉南区・平尾台)
  • 参加者:広塚忠夫、三浦博嗣、村上喜久子、三浦美代子

4月11日の自然観察会平尾台の事前調査を行った。平尾台は冷たい風が吹き寒かったが、春の花々が芽を吹き始めていた。
野生のオキナグサ(翁草)は少なく、風雨に耐えているかのようにみえた。スミレは、シロバナニオイタチツボスミレ(白花匂立坪菫)、ナガバタチツボスミレ(長葉立坪菫)、アリアケスミレ(有明菫)、アカネスミレ(茜菫)などを見つけ、識別の難しさも感じながらとてもいい学習ができたと思う。
同行していただいた3人に感謝します。

(2019-04-10掲載)

羽金山のツクシショウジョウバカマの群生

三浦美代子 2019-04-07

  • *2019-04-0(日) 晴れ 20℃ 羽金山(900.3m)
  • *白糸の滝ふれあいの里登山口 8:55〜林道〜獅子舞岳分岐 10:15〜羽金山山頂 10:36-10:53〜昼食 11:00-11:50〜河童山 12:07-12:14〜縦走路〜白糸の滝登山口 13:55
  • 参加者:新飼謙次郎、安部隆成、三浦美代子
  • 観察した鳥:カケス、ヒヨドリ、カワラヒワ、シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラ、ソウシチョウ、ミソサザイ

羽金山は福岡県糸島市と佐賀県佐賀市との境界にあり、背振山地に属する山である。糸島市の白糸の滝ふれあいの里は桜が満開であり観光客も多かった。
この時期に羽金山に登るのは初めてで、ツクシショウジョウバカマ(筑紫猩々袴)が咲きはじめ、初々しい可愛い姿に感動した。縦走路のいたるところに群生しており、花の色も白色から淡紅色や淡黄色まで見つけた。これからも大事に守られてほしいと思った。
羽金山山頂は、はがね山標準電波送信所の中にあり、インターホンで立ち入りの許可で入ることができた。下山の川沿いではミソサザイの声が響き渡っていた。縦走路は、春の草花が色々芽吹き始めていた。
ショウジョウバカマの和名は花を猩々の赤い顔に、葉を袴に見立てたという。(山渓ハンディ図鑑 山に咲く花から)

(2019-04-09掲載)

多良岳、経ヶ岳のマンサク

三浦美代子 2019-03-24

  • 2019-03-24(日)  晴れ 5℃〜22℃  多良岳(996m)、経ヶ岳(1075,7m)
  • 経ヶ岳登山口(中山キャンプ場) 8:00〜中山越(5℃) 8:51〜経ヶ岳山頂(22℃) 9:55-10:15〜金泉寺分岐(8℃) 11:10〜金泉寺(昼食) 12:40-13:35〜多良岳山頂(12℃) 14:25-14:36〜中山キャンプ場 15:45
  • 参加者:4名 新飼謙次郎、安部隆成、高橋晶子、三浦美代子
  • 観察した鳥:ウグイス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ

多良岳、経ヶ岳は佐賀県と長崎県の県境にある山である。
中山キャンプ場から歩きはじめ、ウグイスの声が響き、キブシの花が咲き始めていた。
中山越からは急登が続き霜柱の上に小雪が見られた。
経ヶ岳山頂近くではマンサクが満開を過ぎ花が伸びきっていた。山頂からの見晴らしがよく多良岳、遠くに普賢岳、諫早湾が見渡せた。
金泉寺小屋周辺では、フウロケマン(風露華鬘)、ホソバナコバイモ、ハルトラノオ(春虎の尾)の花を見つけた。
多良岳山頂近くでは金色に輝くマンサクが美しかった。ここはオオキツネノカミソリの群生地であり、夏にはオレンジ色の花々が楽しみだ。
春を感じながら下山した。

(2019-03-28掲載)

一ノ岳で出会ったウソ、キクイタダキ

三浦美代子 2019-02-22

  • 2019-02-22(金) 曇り 4℃〜6℃ 一ノ岳(1124m)
  • メンバー:広塚忠夫、三浦博嗣、三浦美代子
  • 経読林道入口 8:52〜ガードレール展望所 10:30〜一ノ岳(昼食) 12:11-12:49〜経読林道入口 14:31
  • 観察した鳥:ヒヨドリ、ウソ、ヤマガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、コガラ、コゲラ、ミソサザイ、キクイタダキ

広塚さんの案内で久しぶりに犬ヶ岳、求菩提山コースの一ノ岳に登った。
探鳥会で歩く経読林道入口から歩きはじめ、イイギリの赤い実が目だった。ゴジュウカラ、ミソサザイの声が谷間を響き、ツルウメモドキの実をついばむウソを見ることができた。
三浦博嗣さんがキクイタダキを見つけ、ジーっとしていないキクイタダキを双眼鏡でやっと確認出来た時は嬉しかった。
あまり傾斜がない経読林道をゆっくり歩き進み、最後に急な登りの後に一ノ岳についた。英彦山や求菩提山が見える。下山は山道から経読林道におり、鳥の声を探しながら下りた。
帰路の途中で可憐なセリバオウレンの花を見つけ春の息吹を感じた。

(2019-02-24掲載)

仰烏帽子山の樹氷とフクジュソウ(福寿草)

三浦美代子 2019-02-17

  • 2019-02-17(日) 晴れ 0℃〜10℃ 仰烏帽子山(1302m)
  • 元井谷第二登山口入口 9:00(7℃)〜林道(0℃)〜仏石(2℃) 10:10-10:25〜仰烏帽子山山頂(10℃、昼食) 11:20-12:20〜仏石(9℃) 13:20-13:42〜元井谷第二登山口 14:54 
  • メンバー(5人):新飼謙次郎、安部隆成、三浦美代子、非会員2人
  • 観察した鳥:ゴジュウカラ、ヒヨドリ、ハシブトガラス

熊本県五木村にある元木谷第二登山口からフクジュソウを求めて仰烏帽子山に登った。今年は花の開花が早く駐車場は登山客でいっぱいだった。
林道は寒く霜柱や杉林の樹氷が見られた。石灰岩の岩陰にフクジュソウを見つけるがまだ開花してなかった。仏石のロープで保護されているフクジュソウも太陽の光がかからないせいか蕾が多かった。
山頂目指して登る。周りの木々の樹氷が多く見られ、予想だにしていなかったのでその美しさに声をあげた。山頂の樹氷も素晴らしくエビのシッポも育って青空に輝いていた。その光景を楽しみながら昼食を食べた。
下山し仏石に行くと多くのフクジュソウの花が太陽の光で開花し黄金色に輝いていた。おめでたい名前であり春を感じる。花の数は昨年より少ない気がする。警告の看板にあるように盗掘する人が多いのだろうか?
林道の樹氷が融けはじめ風に吹かれてキラキラ落ちてきた。ゴジュウカラの声が鳴り響く。登山口近くでシモバシラを見つけた。最近ネットなどで時々見ていたが実際に見たのは初めてだ。秋に咲くシモバシラの花が、この時期にも枯れた茎の根元から水を吸い上げ、外気温が氷点下になり氷のシモバシラになるという。
今年は素晴らしい樹氷の仰烏帽子山とフクジュソウも見ることができ、最高の一日だった。

(2019-02-19掲載)

英彦山の素晴らしき樹氷

三浦美代子 2019-02-02

  • 2019-02-02(土) 曇りのち晴れ -1℃〜5℃ 英彦山(1200m)
  • メンバー(7名):広塚忠夫、向野五郎、新飼謙次郎、岡田、中村清美、高橋晶子、三浦美代子
  • 野営場 8:36〜バードライン分岐 9:20〜英彦山山頂(昼食) 11:00-12:37〜北岳 13:14〜一本杉 13:55〜シオジの森 14:25〜豊前坊 15:26〜野営場 16:06

英彦山の氷瀑した四王寺の滝を見る計画であったが、あまり氷瀑していないという情報で、急遽、樹氷を見れるかもと言う事でルートを変更した。
野営場から歩き始めると1月でも見つけたあたりで、アカウソ6羽を見つけ嬉しかった。バードライン分岐でリーダーの広塚氏の指示でアイゼンを装着する。北西尾根を歩きはじめ、樹氷を見つけキラキラ光り嬉しく思った。周りも雪景色になり、青空に映える樹氷に、枝についたエビのシッポに歓声をあげた。ここまで素晴らしい樹氷とめぐり会えるとは予想だにしていなかったので、英彦山の素晴らしさと、見ることができた幸せを感じた。
英彦山山頂で温かいチャンポンやお手製のオニギリ、卵焼きを頂き、楽しい時間を過ごした。登山客も多 く集まってきた。北岳に向かった時は樹氷が融けはじめ、風に吹かれて落ちてくるエビのシッポがキラキラ光り、当たった痛さも感じながら青空に光る樹氷は素晴らしかった。
この場所でよく聞かれるゴジュカラの鳴き声もせず、どこに行ったのだろうか?崩壊した崖や、アイスバーンになっていた岩を用心深く下った。シオジの森あたりでオオアカゲラの鳴き声を聞き、ハヤブサが飛んでいる姿を見ることができた。
今日も一日元気で山登りを楽しめ、素晴らしい英彦山の樹氷とめぐり会えたことに感謝した。

(2019-02-05掲載)

雪のない英彦山と亜種アカウソ

三浦美代子 2019-01-14

  • 2019-01-14(月) 曇りのち晴れ 1℃〜12℃
  • 英彦山(1200m)
  • 参加者:広塚忠夫、三浦博嗣、三浦美代子
  • 野営場 9:00(8℃)〜バードライン分岐 9:43(1℃)〜北西尾根ルート〜英彦山山頂 10:55-11:25(1℃)〜北岳 11:54、昼食 (12:00-12:34)〜一本杉 12:45 (4℃)〜豊前坊 13:45(4℃)〜野営場 14:35(12℃)
  • 観察した鳥:亜種アカウソ、ツグミ、カケス、ヒヨドリ、ヤマガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、ホオジロ、アオゲラ、ハシブトガラス

今年初めて英彦山に登ったが、この時期に雪のない英彦山は初めてであった。
野営場から歩きはじめてすぐに、3羽の亜種アカウソとツグミ2羽と出会い幸先いいねと喜んだ。しかしそれからは鳥の鳴き声も少なく、英彦山山頂から北岳までの尾根でゴジュウカラやアオゲラの声とドラミングが遠くに聞かれた。
山道は霜柱がとれた後の黒土でぬかるみ、熔岩の壁のつららもなかった。豊前坊は参拝者で賑わっていた。
雪のない英彦山は寂しいものを感じたが、山道を歩いた後のそう快感が残った。

(2019-01-15掲載)

Copyright (C) 2009-2018 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved. (無断転載禁止、会員を含む)
本ウェブサイトに記載の会社名、システム名、ブランド名、サービス名、製品名は各社の登録商標または商標です。
本文および図表、画像中では必ずしも®、™を表記しておりません。