クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部)
 ホームギャラリーたましぎ館森秀雄 1
online 
total 
modify:2019-11-15

森 秀雄 1

ミスミソウ | スプリング・エフェメラル | クロツラヘラサギとヘラサギ(婚姻色?)

ミスミソウ

森秀雄 2019-03-14

英彦山へミスミソウを見に行って来ました。例年咲いている所はまだ二輪しか咲いてなく、ここ数年確認出来て無い場所に五輪咲いて居ました。
ここからツクシショウジョウバカマのポイントに移動して撮影、10輪ほど咲いていました。この場所の道路沿いはほとんど全滅のようです。
ホソバナコバイモも5輪ほど出ていましたが、歩き回ると踏んでしまうので一輪だけ綺麗なのを撮って撤収です。
高住神社で見た氷筍です。10cm位の大きさです。
投稿画像は全部3月14日撮影分です。ミスミソウとツクシショウジョウバカマは深倉でホソバナコバイモは英彦山野営場近辺です。撮影はしておりませんがセリバオウレンは良く咲いていました。

(2019-03-16掲載)

スプリング・エフェメラル

森秀雄 2019-02-11

今季のスプリング・エフェメラルです。
セリバオウレンとホソバナコバイモは英彦山です。フクジュソウとユキワリイチゲ、アズマイチゲは大分県です。
セリバオウレンはスプリング・エフェメラルでは無いとのツッコミは無しでお願いします。
ミスミソウはまだ行けておりません。

(2019-03-11掲載)

クロツラヘラサギとヘラサギ(婚姻色?)

森秀雄 2019-03-05

福津市にて3月5日に撮影したクロツラヘラサギとヘラサギですが、ヘラサギの一羽の胸付近が茶色になっていたのでもしや婚姻色では無いかと思い、くまたかに投稿しようかと思っておりましたら、広塚さんの今津のヘラサギの画像にも同じような固体がいたので私の画像も投稿させて頂き、皆様のご判断を仰ぎたいと思います。

(2019-03-07掲載)

広塚忠夫

該当のヘラサギ画像は、冠羽の伸びとオレンジの夏羽(繁殖羽)がみられることから、間違いなく繁殖期へ移行の夏羽(繁殖羽)の兆候と思われます。 今後、本格的にオレンジ色が強くなると思われます。

(2019-03-08掲載)

Copyright (C) 2009-2018 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved. (無断転載禁止、会員を含む)
本ウェブサイトに記載の会社名、システム名、ブランド名、サービス名、製品名は各社の登録商標または商標です。
本文および図表、画像中では必ずしも®、™を表記しておりません。