クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部) (財)日本野鳥の会 筑豊支部
 ホームギャラリーのすり館野鳥展
online 
total 
modify:2018-09-20

 野鳥展

短縮URL

里山の野鳥たち ─2018年野鳥展 | 里山の野鳥たち ─2017年野鳥展

花鳥風月 ─2016年野鳥展 | 花鳥風月 ─2015年野鳥展 | 筑豊緑地野鳥写真展 | 野鳥俳写 ―2014年野鳥展

里山の野鳥たち ─2018年野鳥展

2018-07-30

Highslide JSサンコウチョウ

庭に来る鳥、散歩道で出会う鳥、窓の外を飛ぶ鳥。日々暮らしの風景には、意外に多くの野鳥が登場しています。自宅から里山まで、すぐお隣で暮らしている野鳥たちの世界をご案内しましょう。

本コラムでは、本会野鳥展実行委員会によるリアルの野鳥展に先立って、仮想ギャラリーを協賛オープン。2018年7月30日から“里山の野鳥たち ─2018年野鳥展”を開催しています(仮想ギャラリーの作品は、野鳥展実行委員会の許可を得て掲載しています)。

✲ 2018年野鳥展について、ご意見・ご感想をお寄せください。

ごあいさつ | 実展示のご案内 | 俳句 | カタログ | 仮想ギャラリー留鳥夏鳥冬鳥旅鳥放鳥

ごあいさつ /里山の野鳥たち ─2018年野鳥展

日本野鳥の会筑豊支部 支部長 梶原剛二

日本野鳥の会は1934年の発足当初から、創設者中西悟堂が唱えた「野の鳥は野に」という自然を本来のままに保護する主張を一貫して掲げてきています。
今年も暑い夏で皆様にとりましても大変厳しいものとお察しいたします。野鳥にとっても自然環境の変化は厳しいものでしょうが、私たちのやるべきことは、身近な自然を守る努力が必要と考えます。
本会の写真展は毎年筑豊4地区を輪番に実施しています。野鳥の会筑豊支部は地域の野鳥の保護活動を行う中、野鳥の写真撮影なども近年盛んになり、このたびの写真展も個々の作品発表の良い機会となりました。テーマは「里山の野鳥たち」と題して写したものです。
筑豊地方には、自然豊かな里山が多く残っています。里山には多くの野鳥がすんでいます。そんな野鳥たちを一般の方に紹介する写真展にしたいと考えています。
野鳥展は今回・イイヅカコミュニティセンターのご厚意で開催することが出来ました。お礼申し上げます。

実展示のご案内 /里山の野鳥たち ─2018年野鳥展

下記の日程で、実際に野鳥展を開催し、展示しています。
会場には、会員が常在し(10時〜16時)、ご希望によりご案内をいたします。ご遠慮無くお申し付けください。
多くのご来場をお待ちしております。

俳句 /里山の野鳥たち ─2018年野鳥展

松尾節朗 清書及び解説
それぞれの毎月の野鳥俳句作品から4句を選びました。
真鍋直嗣

じひしんちょう やまふところの やみじかな

慈悲心鳥山懐の闇路かな
ジヒシンチョウ 鳴き声から名が付いた 十一(じゅういち)とも言う

たてまつる のりとの こえぞ みそさざい

奉る祝詞の声ぞ鷦鷯
鷦鷯(みそさざい)日本で一番小さい野鳥だが声は大きく美しい

うぶすなの ふくろうの こえ ありや なし

産土の梟の声在りやなし
フクロウ ごろすけほうこうと主に冬の深夜に鳴く

えまどうの ひなたが すきか はつすずめ

絵馬堂の日向が好きか初雀
新年に。出会うすずめは皆初がつく。鴉は初鴉でよい
落合束太

あめ やんで におの こともを みに ゆかむ

雨止んで鳰の子共を見に行かむ
鳰はかいつぶり・におどりのこと 池の浮巣で育てる

よしごいの しょうたい みたり はんげしょう

葦五位の正体見たり半夏生
よしごいは野鳥の忍者(にんじゃ)で環境にあわせ上手に身を隠す

かき たわわ れんじゃく たわわ たべつくす

柿たわわ連雀たわわ食べ尽くす
れんじゃくには緋(ひ)連雀と黄(き)連雀あり 宿り木を好む

おじろわしとは つゆしらず ゆきの かわ

尾白鷲とはつゆ知らず雪の川
オジロワシは北国に住む。冬九州でもたまに見られる
松尾節朗

かんこどり やまが こいびとだった ころ

閑古鳥山が恋人だった頃
かんこどりはカッコウのこと‥托卵で子育てをする

かすかにも おおこのはずく わらふかな

幽かにも大木葉木菟笑ふかな
オオコノハズクは深山幽谷に渡来し、夜わっはっはと鳴く

やまの ひに とうばん やちょう しゃしんてん

山の日に当番野鳥写真展
山の日は国民の祝日で今年は8月11日海の日は7月16日

とり わたる おのれに まけぬ ものばかり

鳥渡る己に負けぬものばかり
とりわたるは秋の季語越冬のため日本に来る冬鳥達
松隈英子

わきおこる はちくま わたり たかばしら

沸き起こる蜂角鷹渡り鷹柱
蜂角鷹(はちくま)蜂の子が好きなタカ 鷹柱は旋回する鷹の様子

わだつみに ひとふでがきの うみう さり

海神に一筆書きの海鵜去り
鵜は一直線に飛ぶ習性あり 首を真っ直ぐに伸ばして。

かれこだち ほしむくどりは はね やすめ

枯木立星椋鳥は羽休め
星椋鳥ホシムクドリは高山地帯を住処としている

ふゆ うらら なべこう いちわ はづくろい

冬うらら鍋鸛一羽羽繕い
鍋鸛はユーラシア大陸にすみ日本には希に渡来する
宮本秀美

あとり とぶ コンダクターの ゆみのように

花鶏飛ぶ指揮者の弓の様に
花鶏アトリは大群で移動する冬鳥 数羽から万羽あり

かれむぐら ましこの そまる べに さがす

枯葎猿子の染まる紅探す
マシコは正面から見た顔が猿のように見えるから

クリスマス ねむらぬ まちの むくの むれ

Xmas眠らぬ街の椋鳥の群れ
ムクは都会に来た田舎者が群れるようにたとえたから

まつむしり ゆれる えだのみ みえにけり

松毟鳥ゆれる枝のみ見えにけり
松毟鳥は菊いただきのこと松の実を毟るように食べる
三宅敏靖

とみこうみ ばんの おやこの あとさきに

左見右見鷭の親子の後先に
鷭ばんはあちらこちらを見るように移動するので。

あさき ふゆ よし わる おと す つりすがら

浅き冬葦割る音す吊巣雀
ツリスガラは芦の枝を割って冬越しする昆虫を食べる

はぎましこ ばらいろ おどる ゆきの ひこ

萩猿子バラ色躍る雪の比古
萩猿子は集団で冬高山で餌を拾い移動する習性がある

ふきのとう やまどり すぎる おくやまじ

蕗の薹山鳥過ぎる奥山路
山鳥は長い尾が美しいので帽子の飾り羽で識られている。
展示の様子

【画像の見方】小画像をクリックで拡大・縮小、拡大複数画像を同時表示、拡大中ドラッグで移動、スペース・矢印キーで連続閲覧

カタログ /里山の野鳥たち ─2018年野鳥展


※掲載順序は野鳥展会場展示順

idタイトル撮影者撮影日場所(県名なし福岡県)カメラ説明
留 鳥
01モズ大木謙之介2015-11-28大分県宇佐市Ⓒ EOS7D Mark II
02ヒバリ広塚忠夫2018-04-22豊前市松江Ⓢ DSC-RX10M4
03スズメ高橋幸市2018-03-26飯塚市横田⑤ K-x
04ヒガラ広塚忠夫2018-05-15添田町英彦山Ⓢ DSC-RX10M4
05力ケス虎尾俊ニ2017-06-16朝倉市秋月野鳥Ⓟ DMC-FZ1000
06ヤマドリ松隈英子2017-08-30鞍手町古門Ⓝ COOLPIX P520
07トラツグミ中村嘉一2018-02-12飯塚市庄司Ⓝ COOLPIX P900
08カワセミ野村芳宏2017-01-12宮若市宮田Ⓝ D7200
09ダイサギ落合束太2017-09-19福智町弁城Ⓒ EOS7D Mark II
10シ口チドリ阿部哲也2017-04-16山口県・見島Ⓒ EOS7D Mark II
夏 鳥
11サンコウチョウ河野藤孝2018-06-16田川市Ⓒ EOS7D Mark II
12キビタキ森永光直2018-04-21福岡市南区桧原Ⓞ E-M1 Mark II
13オオルリ広塚忠夫2018-04-21添田町英彦山Ⓢ DSC-RX10M4
14アカショウビン虎尾俊ニ2018-05-17添田町英彦山Ⓟ DMC-G8
15アマサギ阿部哲也2018-04-22北九州市若松区響町Ⓒ EOS7D Mark II
16ヨシゴイ金子忠英2018-05-31鞍手町小牧Ⓝ D7200
17ササゴイ松本民子2013-10-03みやこ郡・祓川Ⓝ D7200
冬 鳥
18ミヤマホオジ口阿部哲也2018-02-08宮若市Ⓒ EOS7D Mark II
19ハギマシコ虎尾俊二2018-03-28北九州市小倉南区新道寺Ⓟ DMC-G8
20ク口ジ宮本秀美2013-02-12飯塚市庄司Ⓒ EOS Kiss Digital X
21ルリビタキ野村芳宏2017-02-13宮若市宮田Ⓝ D7200
22ジョウビタキ森永光直2017-11-09福岡市南区桧原Ⓢ DSC-RX100
23アリスイ、
タカサゴモズ
園田正斉2017-10-07福岡市西区今津Ⓒ EOS7D Mark II
24キレンジャク河野藤孝2018-03-17直方市Ⓒ EOS 7D
25ハイタ力中村嘉一2017-11-07飯塚市上三緒Ⓝ COOLPIX P900
26サンカノゴイ金子忠英2018-03-12北九州市八幡西区香月Ⓝ D7200
27ヤマシギ松本民子2018-02-05筑紫野市Ⓝ D610
28ヨシガモ大木謙之介2016-01-11吉富町Ⓒ EOS7D Mark II
旅 鳥
29ノビタキ大木謙之介2016-04-04築上町湊Ⓒ EOS7D Mark II
放 鳥
30コウノトリ阿部哲也2017-09-05宮若市Ⓒ EOS 5D Mark III

[カメラ]項の会社名符号:⑤ PENTAX、Ⓒ Canon、Ⓝ NIKON、Ⓞ Olympus、Ⓟ Panasonic、Ⓢ SONY

野鳥展実行委員会選考

【画像の見方】小画像をクリックで拡大・縮小、拡大複数画像を同時表示、拡大中ドラッグで移動、スペース・矢印キーで連続閲覧

留 鳥
Resident breeder

Highslide JS

(01) モズ
大木謙之介
大分県宇佐市/2015-11-28

Highslide JS

(02) ヒバリ
広塚忠夫
豊前市松江/2018-04-22

Highslide JS

(03) スズメ
橋幸市
飯塚市横田/2018-03-26

Highslide JS

(04) ヒガラ
広塚忠夫
添田町英彦山/2018-05-15

Highslide JS

(05) 力ケス
虎尾俊ニ
朝倉市秋月野鳥/2017-06-16

Highslide JS

(06) ヤマドリ
松隈英子
鞍手町古門/2017-08-30

Highslide JS

(07) トラツグミ
中村嘉一
飯塚市庄司/2018-02-12

Highslide JS

(08) カワセミ
野村芳宏
宮若市宮田/2017-01-12

Highslide JS

(09) ダイサギ
落合束太
福智町弁城/2017-09-19

Highslide JS

(10) シ口チドリ
阿部哲也
山口県・見島/2017-04-16

夏 鳥
Migrant breeder

Highslide JS

(11) サンコウチョウ
河野藤孝
田川市/2018-06-16

Highslide JS

(12) キビタキ
森永光直
福岡市南区桧原/2018-04-21

Highslide JS

(13) オオルリ
広塚忠夫
添田町英彦山/2018-04-21

Highslide JS

(14) アカショウビン
虎尾俊ニ
添田町英彦山/2018-05-17

Highslide JS

(15) アマサギ
阿部哲也
北九州市若松区響町/2018-04-22

Highslide JS

(16) ヨシゴイ
金子忠英
鞍手町小牧/2018-05-31

Highslide JS

(17) ササゴイ
松本民子
みやこ郡・祓川/2013-10-03

冬 鳥
Winter visitor

Highslide JS

(18) ミヤマホオジ口
阿部哲也
宮若市/2018-02-08

Highslide JS

(19) ハギマシコ
虎尾俊二
北九州市小倉南区新道寺/2018-03-28

Highslide JS

(20) ク口ジ
宮本秀美
飯塚市庄司/2013-02-12

Highslide JS

(21) ルリビタキ
野村芳宏
宮若市宮田/2017-02-13

Highslide JS

(22) ジョウビタキ
森永光直
福岡市南区桧原/2017-11-09

Highslide JS

(23) アリスイ、タカサゴモズ
園田正斉
福岡市西区今津/2017-10-07

Highslide JS

(24) キレンジャク
河野藤孝
直方市/2018-03-17

Highslide JS

(25) ハイタ力
中村嘉一
飯塚市上三緒/2017-11-07

Highslide JS

(26) サンカノゴイ
金子忠英
北九州市八幡西区香月/2018-03-12

Highslide JS

(27) ヤマシギ
松本民子
筑紫野市/2018-02-05

Highslide JS

(28) ヨシガモ
大木謙之介
吉富町/2016-01-11

旅 鳥
Passage visitor

放 鳥
Releasing bird

Highslide JS

(29) ノビタキ
大木謙之介
築上町湊/2016-04-04

Highslide JS

(30) コウノトリ
阿部哲也
宮若市/2017-09-05


里山の野鳥たち ─2017年野鳥展

2017-07-26

Highslide JSバン

長い歴史の中から生まれた自然と人里との境界「里山」には特別の生態が生まれ、様々な生き物たちが暮らすようになりました。とりわけ、艶やかな声と美しい姿で私たちを魅了してやまない里山の野鳥が、いまここに特別の一瞬を留めています。
本コラムでは、本会野鳥展実行委員会によるリアルの野鳥展に先立って、仮想ギャラリーを協賛オープン。2017年7月26日から“里山の野鳥たち ─2017年野鳥展”を開催しています(仮想ギャラリーの作品は、野鳥展実行委員会の許可を得て掲載しています)。

花鳥風月 ─2016年野鳥展

2016-08-07

Highslide JSホオジロ

ここに集う30と99もの道しるべが、美しい森や安らぎの水辺、花鳥風月にいざないます。日本野鳥の会筑豊支部(本会)は、野鳥との一期一会により託された30コマの写真と99の俳句が織りなす“花鳥風月”を2016年野鳥展として開催、展示します。
本コラムでは、本会野鳥展実行委員会によるリアルの野鳥展に先立って、仮想ギャラリーを協賛オープン。2016年8月7日から“花鳥風月 ─2016年野鳥展”を開催しています(仮想ギャラリーの作品は、野鳥展実行委員会の許可により掲載しています)。

花鳥風月 ─2015年野鳥展

2015-07-19

Highslide JSカケス

花に酔い、鳥と歌う、風に舞い、月を抱く。野鳥を求めて野山や水辺に遊ぶ私たちは、“常ならむ”自然に美を見る古来日本の“花鳥風月”に心を重ね、またとない一瞬を写しとりました。

日本野鳥の会筑豊支部(本会)は、野鳥との一期一会により託された30コマと21句の“花鳥風月”を2015年野鳥展として、この夏開催、展示します。

本コラムでは、本会野鳥展実行委員会によるリアルの野鳥展に先立って、仮想ギャラリーを協賛オープン。2015年7月19日から“花鳥風月”野鳥展を開催しています(掲載は野鳥展実行委員会の許可を得ています)。

野鳥俳写 ―2014年野鳥展

2014-04-26

Highslide JS ルリビタキ

「野鳥俳写」(やちょうはいしゃ)とは、野鳥の写真を題材に俳句を詠み、俳句と写真を道しるべに、野鳥の世界へ分け入る新しい試みです。

日本野鳥の会筑豊(本会)は、2014年野鳥展主イベントとして8月1日より31日まで「野鳥俳写」をテーマに写真展を開催しました。

このコラムでは、リアルの野鳥展とともに、仮想展示場を協賛オープン。2014年4月26日から「野鳥俳写」写真展を開催しています。

Copyright (C) 2009-2018 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved. (無断転載禁止)
本ウェブサイトに記載の会社名、システム名、ブランド名、サービス名、製品名は各社の登録商標または商標です。
本文および図表、画像中では必ずしも®、™を表記しておりません。