クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部) (財)日本野鳥の会 筑豊支部
 ホームギャラリーのすり館野鳥展
online 
total 
modify:2024-06-16

 野鳥展

筑豊の野鳥たち ─2023年野鳥展

2023-08-01掲載

2023年の野鳥展のテーマは、昨年に引き続き「筑豊の野鳥たち」です。
筑豊地方には、山・雑木林・川・湖沼・海岸など豊かな自然があり野鳥も多く生息しています。来館者に野鳥を通して筑豊地方の豊かな自然を感じて頂けるようにしたいと思っています。

(野鳥展実行委員長・野村芳宏)

2023年8月1日から17日まで、本会野鳥展実行委員会による “筑豊の野鳥たち ─2023年野鳥展” が開催されます。本コラムでは、同時に仮想ギャラリーを協賛オープンしました。
現地の野鳥展に行けない方には、モニター越しに野鳥たちがお待ちしています。
(仮想ギャラリーの作品は、野鳥展実行委員会の許可を得て掲載しています。)

2023年野鳥展・開催のお知らせ
  1. テーマ 「筑豊の野鳥たち」
  2. 展示場所
    • ・イイヅカコミュニティセンター1Fエントランスホール(福岡県飯塚市飯塚14-67
  3. 開催期間 2023年8月1日(火)〜8月17日(火)
    • ・開館 08:30〜22:00
    • ・初日13時開幕、最終日8月17日(火)展示は12時まで
    • ・当番10:30〜16:00(13日〜15日は当番なし)
  4. 催主
    • ・主催 日本野鳥の会筑豊支部
    • ・後援 飯塚市
  5. 展示内容 (日本野鳥の会筑豊支部の会員による作品)
    • ・野鳥写真 30点
    • ・俳句 21句
  6. 野鳥展探鳥会(関連イベント)

    • ・担当 野村芳宏
    • ・日時 2023年8月5日(土)08:30〜10:00
    • ・集合 08:30 立岩駐車広場
    • ・探鳥地 遠賀川河川敷
    • ・参加 どなたでも参加できます(一般市民及び筑豊支部会員)
    • ・参加費 100円(探鳥会保険にあてられます)
    • ・詳細 「野鳥展探鳥会」参照
  7. その他
    • ・問い合わせ先 野鳥展実行委員長・野村芳宏

(情報部 2023-08-01掲載)

支部長あいさつ /筑豊の野鳥たち ─2023年野鳥展

“筑豊の野鳥たち”

日本野鳥の会筑豊支部 支部長 梶原剛二

日本野鳥の会は1934年の発足当初から、創設者中西悟堂が唱えた「野の鳥は野に」という自然を本来のままに保護する主張を一貫して掲げてきています。
自然と野鳥、そして野草・俳句を愛する優しい活動の仲間をいつでも歓迎いたします。
野鳥の会筑豊支部は地域の野鳥の保護活動を行う中、フィールドマナーを守って撮影は野鳥を脅かさない、営巣カ所の撮影は禁止、フラッシュ禁止等を行っています。写真展は個々の作品発表の良い機会となっており、テーマは「筑豊の野鳥たち」と題して写したものですが、野鳥を通して筑豊地方の豊かな自然を感じて頂けたらと思い本会の写真展は毎年筑豊4地区を輪番に実施しております。
今回はイイヅカコミュニティセンターのご厚意で開催することが出来ました。お礼申し上げます。

俳句 /筑豊の野鳥たち ─2023年野鳥展

浅野多々志

狐雨呼ぶ高鳴きの四十雀

読み:きつねあめ よぶたかなきの しじゅうから
季語「四十雀」【夏】

鳴き声をはしよりて雨の時鳥

読み:なきごえを はしょりてあめの ほととぎす
季語「時鳥」【夏】

と見かう見して鷭の考ふる嘴

読み:とみこうみ して ばんの かんがうるはし
季語「鷭」【夏】
※と見かう見=[古語]意味:あっちを見たり、こっちをみたりすること

岩野伸子

鷹柱ふいに落ちくる一羽なし

読み:たかばしら ふいにおちくる いちうなし
季語「鷹柱」(鷹が上昇気流に乗り舞い上がる様子)【秋】

梶原剛二

高音張る一二三と時鳥

読み:たかねはる いちにいさんと ほととぎす
季語「時鳥」【夏】

朝霧や鶚飛び立つ大河口

読み:あさぎりや みさごとびたつ だいかこう
季語「朝霧」【秋】

木村直樹

犬鷲の高さの春や伊吹山

読み:いぬわしの たかさのはるや いぶきやま
季語「春」主たる季語【春】、「犬鷲」【冬】

三光鳥てふ光舞ふ古刹かな

読み:さんこうちょう ちょうひかりまう こさつかな
季語「三光鳥」【夏】
※てふ=「古語」 読み:チョウ 意味:「…と言う」

大瑠璃の声燦々と奥の院

読み:おおるりの こえさんさんと おくのいん
季語「大瑠璃」【夏】

久保北風子

二番子はまだ枝の上つばくらめ

読み:にばんこは まだえだのうえ つばくらめ
季語「つばくらめ=つばめ」【春】

緑陰に鳥次々と吸ひ込まれ

読み:りょくいんに とりつぎつぎと すいこまれ
季語「緑陰」緑の茂った木立の陰のこと【夏】

久々の喜雨に戯る雀の子

読み:ひさびさの きうにたわむる すずめのこ
季語「喜雨」主たる季語【夏】、「雀の子」【春】

松尾節朗

けきょけきょと未完成なる初音かな

読み:けきょけきょと みかんせいなる はつねかな
季語「初音」その年に初めて聞く鶯の声【春】

烈風の中を鳴き消ゆほととぎす

読み:れっぷうの なかをなききゆ ほととぎす
季語「ほととぎす」【夏】

探鳥と初吟行の二刀流

読み:たんちょうと はつぎんこうの にとうりゅう
季語「初吟行」その年最初の吟行【新年】

隈えいこ

紅梅に群れし柄長の花の如

読み:こうばいに むれしえながの はなのごと
季語「紅梅」主たる季語、「花」【春】、「柄長」【夏】

草刈りの音に花鶏は去り行きぬ

読み:くさかりの おとにあとりは さりゆきぬ
季語「花鶏」主たる季語【秋】、季語「草刈り」【夏】

青葉木菟鳴く声届く枕元

読み:あおばずく なくこえとどく まくらもと
季語「青葉木菟」【夏】

真鍋直嗣

大楠や眼白と伴に雨宿り

読み:おおぐすや めじろとともに あまやどり
季語「眼白」【夏】

昼酒や山を歩いて杜鵑

読み:ひるざけや やまをあるいて ほととぎす
季語「杜鵑」【夏】

黄鶲や膨らす喉に艶のあり

読み:きびたきや ふくらすのどに つやのあり
季語「黄鶲」【夏】

カタログ /筑豊の野鳥たち ─2023年野鳥展


id和名撮影者撮影日場所カメラレンズ
1シベリアジュリン梶原剛二2022-01-30中間市ⓈRX10
2セイタカシギ2023-05-03中間市
3アオジ2022-01-17中間市
4ノゴマ2020.10.27直方市
5サンコウチョウ中村嘉一2023-06-09嘉麻市下山田ⓃCOOLPIX P1000
6キビタキ2020-04-27宮若市宮田町
7ハヤブサ長田哲夫2023-02-06北九州市門司区ⒸEOS 1DX MarkVEF500mmF4+exEF2
8ダイサぎ2023-05-03芦屋町
9ミサゴ2023-05-03芦屋町
10カワウ2023-04-27芦屋町
11ヘラサギ山下哲郎2023-03-03小郡市松崎ⒸEOS 7D MarkUSIGMA 150-600mm
12ホオアカ森永光直2023-05-18北九州市小倉南区平尾台ⓄOM-D MarkU300mm+tcMC-20
13シメ2023-04-13
14ウグイス2023-04-03宗像市久末
15ルリビタキ大田良雄2023-02-17飯塚市久保白ⓃD500AF-S NIKKOR 80-400mm
16アカショウビン2022-06-15添田町英彦山AF-S NIKKOR 200-400mm
17アリスイ2023-01-15桂川町吉隈AF-S NIKKOR 80-400mm
18ゴイサギ2023-01-25桂川町寿命AF-S NIKKOR 500mmF5.6
19ムナグロ金子忠英2023-04-27中間市砂山ⓃD7200AF-S NIKKOR 400mm+2倍tc
20タゲリ2022.12.28鞍手町上木月ⓃD300
21スズメ岩野伸子2023-01-31直方市感田ⒸSX70HS
22コガモ2022.12.30直方市感田
23アオサギ2022.10.29直方市感田
24メジロ2023-01-17直方市感田
25ズグロカモメ林孝2023-01-05北九州市小倉南区曽根Ⓢα7CEF 100-400mmF4.5-5.6+ex1.4
26イカルチドリ廣塚忠夫2023-06-03川崎町ⓈRX10 M4
27ソウシチョウ2023-04-14香春町
28カヤクグリ2023-03-30添田町英彦山
29オオヨシキリ野村芳宏2023-05-13福智町金田ⓃD500AF-S NIKKOR 300mm+1.4倍tc
30ミユビシギ2023-02-27福津市西福間

[id]は展示順を示し、受付順です
[カメラ]の社名符号:Ⓒ Canon、Ⓢ SONY、Ⓝ NIKON、 Ⓞ Olympus
[レンズ] tc:テレコン、テレコンバータ ex:エクステンダー

野鳥展実行委員会選考

ヒガラ

【画像の見方】小画像をクリックで拡大・縮小、拡大画像は複数同時重ね表示・ドラッグで移動可能、スペースまたは矢印キーで連続閲覧

Highslide JS

(01) シベリアジュリン
梶原剛二
中間市/2022-01-30

Highslide JS

(02) セイタカシギ
梶原剛二
中間市/2023-05-03

Highslide JS

(03) アオジ
梶原剛二
中間市/2022-01-17

Highslide JS

(04) ノゴマ
梶原剛二
直方市/2020-10-27

Highslide JS

(05) サンコウチョウ
中村嘉一
嘉麻市下山田/2023-06-09

Highslide JS

(06) キビタキ
中村嘉一
宮若市宮田/2020-04-27

Highslide JS

(07) ハヤブサ
長田哲夫
北九州市門司区/2023-02-06

Highslide JS

(08) ダイサギ
長田哲夫
芦屋町/2023-05-03

Highslide JS

(09) ミサゴ
長田哲夫
芦屋町/2023-05-03

Highslide JS

(10) カワウ
長田哲夫
芦屋町/2023-04-27

Highslide JS

(11) ヘラサギ
山下哲郎
小郡市松崎/2023-03-03

Highslide JS

(12) ホオアカ
森永光直
北九州市小倉南区
平尾台/2023-05-18

Highslide JS

(13) シメ
森永光直
北九州市小倉南区
平尾台/2023-04-13

Highslide JS

(14) ウグイス
森永光直
宗像市久末/2023-04-03

Highslide JS

(15) ルリビタキ
大田良雄
飯塚市久保白/2023-02-17

Highslide JS

(16) アカショウビン
大田良雄
添田町英彦山/2025-06-15

Highslide JS

(17) アリスイ
大田良雄
桂川町吉隈/2023-01-15

Highslide JS

(18) ゴイサギ
大田良雄
桂川町寿命/2023-01-25

Highslide JS

(19) ムナグロ
金子忠英
中間市砂山/2023-04-27

Highslide JS

(20) タゲリ
金子忠英
鞍手町上木月/2022-12-28

Highslide JS

(21) スズメ
岩野伸子
直方市感田/2023-01-31

Highslide JS

(22) コガモ
岩野伸子
直方市感田/2022-12-30

Highslide JS

(23) アオサギ
岩野伸子
直方市感田/2022-10-29

Highslide JS

(24) メジロ
岩野伸子
直方市感田/2023-01-17

Highslide JS

(25) ズグロカモメ
林孝
北九州市小倉南区曽根/2023-01-05

Highslide JS

(26) イカルチドリ
廣塚忠夫
香春町/2023-04-14

Highslide JS

(27) ソウシチョウ
廣塚忠夫
香春町/2023-04-14

Highslide JS

(28) カヤクグリ
廣塚忠夫
添田町英彦山/2023-03-30

Highslide JS

(29) オオヨシキリ
野村芳宏
福智町金田/2023-05-13

Highslide JS

(30) ミユビシギ
野村芳宏
福津市西福間/2023-02-27

筑豊の野鳥たち ─2022年野鳥展

2022-07-12掲載

本年の会場、若宮コミュニティセンターでの野鳥展は、4年に1度の開催です。野鳥写真30点、俳句20句を展示します。いずれも日本野鳥の会筑豊支部の会員が撮影、作成した力作です。
筑豊地方の野鳥たちに会いに来ませんか。筑豊にはこんなに大きな自然があります。多くのご来場をお待ちしています。
会場常在の弊会会員がご案内・ご説明いたしますので、気軽にお声をおかけ下さい(コロナ禍のため会員常在はありませんでした)。

(野鳥展実行委員長・野村芳宏)

2022年8月2日から8月31日まで、本会野鳥展実行委員会による “筑豊の野鳥たち ─2022年野鳥展” が開催されます。本コラムでは、これに先立ち仮想ギャラリーを協賛オープンしました。現地の野鳥展に行けない方には、モニター越しに野鳥たちがお待ちしています。
(仮想ギャラリーの作品は、野鳥展実行委員会の許可を得て掲載しています。)

このコラムに掲載されなかった応募作品は、「2022年野鳥展・別館」に掲載しています。

筑豊の野鳥四季模様 ─2021年野鳥展

2021-07-18

渡りと子育てに忙しい春、筑豊を通過する旅鳥、夏鳥や留鳥はさえずりで春を歌います。夏、巣立ちを終え、あるいは子育てから開放された野鳥たちは、渡りや厳しい冬に備え、体力を蓄えつつ、自由を謳歌します。秋、南に向かう渡り鳥と入れ違いに冬鳥の到着で、一気ににぎやかな水辺や野山。冬、羽を休める水辺の鳥たち、葉を落とした林にも小鳥の群れが忙しく移動していきます。人の直ぐそばで、四季とともに忙しくもひっそりと暮らす野鳥たちにレンズを向けてみました。

2021年7月30日から8月12日まで、本会野鳥展実行委員会による“筑豊の野鳥四季模様 ─2021年野鳥展”が開催されます。本コラムでは、これに先立ち仮想ギャラリーを協賛オープンしました。どうしても現地の野鳥展に行けない方は、モニター越しですがこちらをご観覧ください。(仮想ギャラリーの作品は、野鳥展実行委員会の許可を得て掲載しています。)

里山の野鳥たち ─2019年野鳥展

2019-08-17

Highslide JSセッカ

人里と隣り合う自然 ─ 里山には、タカ類から小鳥まで多くの野鳥が暮らしています。お隣さんの暮らしぶりをそっと覗いてみましょう。優雅で美しく、時に荒々しくもしたたかな野鳥たちの意外な素顔が垣間見えます。

本コラムでは、本会野鳥展実行委員会によるリアルの野鳥展と同時に仮想ギャラリーを協賛オープン。2019年8月17日から“里山の野鳥たち ─2019年野鳥展”を開催しています(仮想ギャラリーの作品は、野鳥展実行委員会の許可を得て掲載しています)。

里山の野鳥たち ─2018年野鳥展

2018-07-30

Highslide JSサンコウチョウ

庭に来る鳥、散歩道で出会う鳥、窓の外を飛ぶ鳥。日々暮らしの風景には、意外に多くの野鳥が登場しています。自宅から里山まで、すぐお隣で暮らしている野鳥たちの世界をご案内しましょう。

本コラムでは、本会野鳥展実行委員会によるリアルの野鳥展に先立って、仮想ギャラリーを協賛オープン。2018年7月30日から“里山の野鳥たち ─2018年野鳥展”を開催しています(仮想ギャラリーの作品は、野鳥展実行委員会の許可を得て掲載しています)。

里山の野鳥たち ─2017年野鳥展

2017-07-26

Highslide JSバン

長い歴史の中から生まれた自然と人里との境界「里山」には特別の生態が生まれ、様々な生き物たちが暮らすようになりました。とりわけ、艶やかな声と美しい姿で私たちを魅了してやまない里山の野鳥が、いまここに特別の一瞬を留めています。
本コラムでは、本会野鳥展実行委員会によるリアルの野鳥展に先立って、仮想ギャラリーを協賛オープン。2017年7月26日から“里山の野鳥たち ─2017年野鳥展”を開催しています(仮想ギャラリーの作品は、野鳥展実行委員会の許可を得て掲載しています)。

花鳥風月 ─2016年野鳥展

2016-08-07

Highslide JSホオジロ

ここに集う30と99もの道しるべが、美しい森や安らぎの水辺、花鳥風月にいざないます。日本野鳥の会筑豊支部(本会)は、野鳥との一期一会により託された30コマの写真と99の俳句が織りなす“花鳥風月”を2016年野鳥展として開催、展示します。
本コラムでは、本会野鳥展実行委員会によるリアルの野鳥展に先立って、仮想ギャラリーを協賛オープン。2016年8月7日から“花鳥風月 ─2016年野鳥展”を開催しています(仮想ギャラリーの作品は、野鳥展実行委員会の許可により掲載しています)。

花鳥風月 ─2015年野鳥展

2015-07-19

Highslide JSカケス

花に酔い、鳥と歌う、風に舞い、月を抱く。野鳥を求めて野山や水辺に遊ぶ私たちは、“常ならむ”自然に美を見る古来日本の“花鳥風月”に心を重ね、またとない一瞬を写しとりました。

日本野鳥の会筑豊支部(本会)は、野鳥との一期一会により託された30コマと21句の“花鳥風月”を2015年野鳥展として、この夏開催、展示します。

本コラムでは、本会野鳥展実行委員会によるリアルの野鳥展に先立って、仮想ギャラリーを協賛オープン。2015年7月19日から“花鳥風月”野鳥展を開催しています(掲載は野鳥展実行委員会の許可を得ています)。

野鳥俳写 ―2014年野鳥展

2014-04-26

Highslide JS ルリビタキ

「野鳥俳写」(やちょうはいしゃ)とは、野鳥の写真を題材に俳句を詠み、俳句と写真を道しるべに、野鳥の世界へ分け入る新しい試みです。

日本野鳥の会筑豊(本会)は、2014年野鳥展主イベントとして8月1日より31日まで「野鳥俳写」をテーマに写真展を開催しました。

このコラムでは、リアルの野鳥展とともに、仮想展示場を協賛オープン。2014年4月26日から「野鳥俳写」写真展を開催しています。

Copyright (C) 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved. (著作権者でない者による無断転載禁止)
本ウェブサイトは無断で自由にリンクまたはディープ・リンクができます(画像、動画、録音への直リンクは禁止)。
本ウェブサイトに記載の会社名、システム名、ブランド名、サービス名、製品名は各社の登録商標または商標です。
本文および図表、画像中では必ずしも®、™を表記しておりません。