クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部)
 ホームギャラリー柴田 光2014a
online 
total 
modify:2017-11-21

 柴田 光

短縮URL

諦めていた再会に興奮

柴田光 2014-06-10/12

Highslide JSセイタカシギ 直接頭かき

山口小学校のバードウォッチングの帰りに野村さんとケリを撮影に行き偶然セイタカシギを発見しました。今シーズン撮り逃したと諦めていた野鳥だったので、思わぬプレゼントに大喜びでした!やはり当会の活動に参加した時はサプライズが待っているようです! 今日活動を共にした野村さん、小河さんお世話になりました。

  • 観察種 ケリ セイタカシギ タマシギ番
  • 観察日 2014/06/10,11,12
  • 観察場所 宮若市 @5030-4488

リュウキュウサンショウクイ初撮り

柴田光 2014-06-09

Highslide JS亜種リュウキュウサンショウクイ

今回も県指定鳥類生息分布調査です!

毎回調査の日には新しい出逢いや、瞬間に遭遇しますので今回も期待して調査に参加しました。

今日はリュウキュウサンショウクイ(サンショウクイの亜種)の初撮りに成功しました!

真鍋さん落合さん、恐縮です(^_^;) 毎度ありで幸運継続中です!次回も宜しくお願いします。

  • 観察種 リュウキュウサンショウクイ5羽
  • 観察日 2014/06/09
  • 観察場所 福智町上野 @5030-4673

ライファーとなるヨシゴイを撮影

柴田光 2014-06-05

Highslide JSヨシゴイ

今日は早朝の深倉ミニ自然観察会の担当予定でしたが、仕事の都合で早朝の参加ができなく止む無く交代していただきました、関係各位の皆様ご迷惑おかけいたし申し訳ありませんでした。

お天気が不安定で空は、どんよりしていて撮影は厳しいかなと思いつつも、シックスセンスとでもいうべきでしょうか「今日は絶対何か新しい出逢いがあるぞ」と、胸騒ぎする気持ちを抑えることができません。以前から定期的に訪れている鞍手町の蓮池に行ってみました。

予想は見事的中で、ライファーとなるヨシゴイを撮影できました。

  • 観察種 ヨシゴイ1羽
  • 観察日 2014/06/05 11:30〜12:30ぐらい
  • 観察場所 [鞍手郡鞍手町・蓮池] @5030-5565

待ちに待った「あまちゃん」です!

柴田光 2014-06-01

Highslide JSアマサギ(左)とダイサギ(右)

田植えの時期になり各地で美しい水田を見かけます。

待ちに待った「あまちゃん」です!

夏鳥アマサギと他のサギ類を撮影しました。

  • 観察種 アマサギ4羽 ダイサギ3羽 アオサギ4羽
  • 観察日 2014/06/01
  • 観察場所
    • 嘉麻市平 @5030-3518 写真(01)〜(04)
    • 嘉麻市岩崎 @5030-3527 写真(05)〜(17)

アサギマダラ・ハチクマ・アオバズク三種と遭遇

柴田光 2014-05-19

Highslide JSハチクマ

田川郡福智町上野地区の県指定鳥類生息分布調査に行きました。真鍋さん、落合さん、僕で前回と同じメンバーです。

突然真鍋さんが「あ!サシバか?いやハチクマですね」と発見されました。前回の調査の帰りはエナガの巣立ち雛に遭遇し、今回もまた今シーズン絶対確認したかった3種と逢うことができ、何かお二人のパワーを頂いているような気がしてなりません。毎度ありがとうございます。

今シーズン初見となった3種を撮影しました。3種の生物に「おかえり」と心で呟きました。アオバズクは営巣中につき詳細な記述は伏せておきます。

  • 観察種 アサギマダラ・ハチクマ・アオバズク
  • 観察日 2014/05/19 08時〜11時
  • 観察場所 直方市・福智町上野 @5030-4673

里山が織りなす田園の風景

柴田光 2014-05-17

Highslide JSタマシギの番

この時期の水田を見ると、改めて自然と人間の共生について考えさせられます。そんな水田に野鳥達が降り立ち、農家の方達とうまく共存できるような環境作りがとても重要な事だと痛感しました。

今日は宮若市水原にお邪魔しました。当サイトで撮影された情報を基に、タマシギを見たいと去年から何度となく、この地に足を運んでいますが、1度も姿を確認することができませんでした。年を越しての未確認でしたので、僕には縁がないのかなと半ば諦めかけていましたが、念願の出逢いが今日訪れました。しかも番でいるところを観察できて一気にテンションがあがり夢中で撮影しました!

ここで出逢えたことは、皆さんの情報によるおかげです。この場をお借りして御礼に代えさせていただきます。ありがとうございました。

  • 観察種 タマシギ番
  • 観察日 2014/05/17 15:00頃
  • 観察場所 宮若市水原 @5030-4489

オオヨシキリの囀り(動画)

柴田光 2014-05-03

オオヨシキリ

動画撮影してみました。

  • 観察種 オオヨシキリ
  • 観察日 2014/05/03
  • 観察場所 飯塚市・芳雄橋付近 @5030-3565
  • 動画 くまたか外部サイト(←クリック)

オオヨシキリ

柴田光 2014-05-02

Highslide JSかまわず大きな口をあけて鳴きます

「ギョギョ ケシケシケシ」とけたたましい鳴声が聞こえてきました。

  • 観察日 2014/05/02
  • 観察場所 飯塚市・芳雄橋付近 @5030-3565

エナガの巣立ち雛

柴田光 2014-04-24

Highslide JSお腹すいたよ〜

エナガの巣立ち雛に遭遇しました。

まだ巣立ったばかりの雛達が逆光の中、木々の枝かぶりで一塊になっているのを確認しました。雛達は全部で10羽巣立っているようです。

ちょうど僕が発見した時には最後の1羽が巣立ちをする瞬間でした。雛は身体を半身にして、出るタイミングを見計らっていたようです。やがて巣から出るとピョンピョンと横に移動しながら3分くらいで羽ばたき飛ぶことができるようになりました。

今回このような瞬間に立ち会えたのは、午前中真鍋さんと落合さんで生息調査をした恩恵に与ったのかなと、思わず笑みを浮かべ、同時にお二人に感謝の念を抱きました。

  • 観察種 エナガ親鳥2羽 巣立ち雛10羽
  • 観察日 2014/04/24
  • 観察場所 飯塚市有安・鳥羽公園(鳥羽池) @5030-3567

2014年春・ご近所の野鳥達

柴田光 2014-03

Highslide JS

菜の花や桜が咲き、素晴らしい春の景色に癒されています。

野鳥の世界でも冬鳥と夏鳥の入れ替わりが徐々に始まっているようですね。水鳥達の数も減ってきているようです。

3月下旬に、ご近所で出逢った野鳥達をアップします。

(写真:アオサギの“水月”)


ノスリ・オシドリほか

柴田光 2014-03-15

Highslide JSオシドリ、大渋滞

オシドリの様子を見に畑冷泉に出かけました。

到着前に早朝より思わぬ出会い『ノスリ』の出現で、朝からテンションあがりました。その後、道中で出会った野鳥達を撮影しました。

北九州方面をぶらり探鳥

柴田光 2014-03-08

Highslide JSアトリ

地元の稲築公園(嘉麻市岩崎)を皮切りに北九州方面(北九州市八幡西区・瀬板の森公園、芦屋町)へ探鳥してみました。

2月下旬の探鳥記

柴田光 2014-02

Highslide JSセグロカモメ

2月下旬になり、早くもマナヅルやナベヅルなどは北帰行が始まり、身の回りの野草などは菜の花が河川敷でチラホラ咲き始め春の訪れを感じます。野鳥にも恋の季節が到来しているようです。

冬鳥を含め2月下旬に撮った野鳥をアップロードしてみます。

白い個体の正体

柴田光 2014-02-18

Highslide JSカイツブリのアルビノ

当会広塚さん伝いに当会松尾節朗先生の発見情報をいただきました。

ミコアイサらしい個体を目視されたと言う事で、これは筑豊地区では珍しい記録になるのではないかと期待に胸を膨らませて現地(飯塚市立岩・旌忠公園付近 @5030-3585)に行って見ました。

フィールドは調整池のような感じで、一面を見渡せる道路側には金網フェンスが張ってあります。とりあえず、ここから観察を始めました。5分程で、お目当ての白い個体を見つける事が出来ました。金網フェンス越しにレンズを覗くとフェンスが邪魔して中々鮮明に個体が写し出せません。それでも注意深く観察すると『ん?これは…ミコアイサではないのでは?』と思った矢先に有働さんからのショートメールが入りました。

『昨日ミコアイサの件、ありがとうございました。本日松尾節朗さんから連絡で、カイツブリのアルビノ(白化個体)のようだとのことでした。大変お手数でした。』

この報告を受け、これはなんとか種が判別できる証拠写真を撮らないといけないと、池の周りを歩いて撮影ポイント探しました。少し距離がありますがフェンスを避けて撮れた証拠写真を掲載します。

今回は第一発見者の松尾節朗先生、並びに広塚さん有働さんのご協力を頂き撮影できました。この場を借りて御礼申し上げます、ありがとうございました。

(サイト注:本年1月ガンカモ一斉カウントにおいて、飯塚市・久保白ダムでの田中憲二氏によるミコアイサの報告があり、松尾先生は本件を念頭に推測されたそうです。)

長崎県諫早へ遠征しました

柴田光 2014-02-12

Highslide JSチュウヒ

先日、当会の三宅さんからご紹介いただき、当会野村さんにもお尋ねし、長崎県諫早・中央干拓、森山干拓に行ってきました。この場を借りてご報告と御礼に代えさせて頂きます、ありがとうございました。

肝心の撮影は風が強くて野鳥があまり出ていないような状況で、出ても距離がある為、種を特定するのが困難なほどの写真ばかりでした。

三宅さんからは『風が強いと出が悪いので、天候を調べて行った方がベターです。』とご忠告頂いていたのですが、現地は残念ながらお天気は良いのですが強風でした。再度リベンジしたいと思います。

ところで、今回この遠征で一番の収獲だったのは、去年出水のバスツアーで見たマナヅル達と思われる集団の“北帰行”に遭遇したことです。僕は、『もうそこまで春がやってきているんだな〜』と感慨深い想いになりました。彼らの無事を祈り来年も無事帰ってきてくれることを願いました。

  • 観察種 ミサゴ2羽 マナヅル42羽 イタチ一匹 タゲリ7羽 チュウヒ2羽 ハイイロチュウヒ♀2羽 カワウ2羽
  • 観察年月日2014/02/12
  • 観察場所 [長崎県諫早・中央干拓、森山干拓] @4930-2130(干拓範囲が広い為メッシュコードが複数点在しますので中心部を選択しています)

トラツグミ初認

柴田光 2014-02-08

Highslide JSトラツグミ

北九州市八幡西区・瀬板の森公園に今シーズン注目していたトラツグミを観察に行きました。

朝起きた時には前日からの雪が少し残っていたので、雪景色をバックに撮影できればと思い現地に向かいましたが、残念ながら瀬板の森公園に到着した時には残り雪もない状況でした。

現地では当会早川さんにお会いし、ハヤブサやホオジロガモの情報を頂き観察することができました。この場をお借りして御礼申し上げます、ありがとうございました。

もう一種今季未確認だったウソも確認することができたので証拠写真を投稿します。

  • 観察種 トラツグミ1羽 ウソ5羽
  • 観察年月日 2014/02/08
  • 観察場所 北九州市八幡西区・瀬板の森公園 @5030-6528

大授搦ヘラサギ初認

柴田光 2014-02-02

Highslide JS異種愛!仲良く寄り添う2種

前日の予報では昼から晴れるという事だったので、佐賀の大干潟、大授搦に行きました。

『現地に到着するときには晴れているだろう』と甘い期待をもっていましたが、現地の天気は濃霧でドン曇りの状況です。ボツ写真ばかりですが、ヘラサギは初認でしたので投稿します。田んぼ付近では猛禽類2種を確認しました。

  • 観察種 スグロカモメ ツクシガモ ダイシャクシギ ハマシギ クロツラヘラサギ7 ヘラサギ1 ハヤブサ幼鳥1 ミサゴ1
  • 観察年月日 2014/02/02
  • 観察場所 佐賀県・東与賀海岸・大授搦
    • @4930-6201 スグロカモメ ツクシガモ ダイシャクシギ ハマシギ クロツラヘラサギ7 ヘラサギ1
    • @4930-6221 ハヤブサ幼鳥1 ミサゴ1

※ハヤブサ幼鳥の識別には当会広塚さんよりご教示いただきました。

ハイタカ

柴田光 2014-01-22

Highslide JSハイタカ

英彦山川を探鳥中に一羽の猛禽が降り立ちました。

遠目からカメラを向けると直ぐに飛びたちましたが、少し離れた木に止まり個体を確認しました。

枝かぶりの中、先日碓井で出逢った『オオタカ』に極めて近いのですが、若干違った点がありました。

自分なりに調べたところ、『オオタカ幼鳥』だと思いこみ、そのように投稿しましたが、当会でも識別に詳しい波多野さんの見解により、ハイタカだとご教示頂きました。

  • 観察種 ハイタカ1羽
  • 観察年月日 2014/01/22
  • 観察場所 田川郡大任町・英彦山川 @5030-3657

ヤマセミ

柴田光 2014-01,2013-12

Highslide JS赤村のヤマセミ

カワセミ好きな方なら気になるヤマセミですが、谷川の渓谷などに生息する個体が多いため都会ではあまり見られない野鳥ではないでしょうか。

そんな中、ここ京筑地方(福岡県)では意外に見かけることができます。県内でも有数のヤマセミが生息するスポットだと言えます。

新春の新たな出逢い

柴田光 2014-01-10

Highslide JSオオタカ

近所を探鳥するときに定番となっている、このフィールドで新たな出逢いがありました!

枝かぶりなアングルでしたが車を進めながら何とかファインダーに収めることができました。

木に止まっているオオタカを見るのは初めてで思わぬ新春のプレゼントに興奮しました。

  • 観察種 オオタカ1羽
  • 観察年月日 2014/01/10
  • 観察場所 嘉麻市碓井・遠賀川 @5030-2586

佐賀県東与賀海岸

柴田光 2014-01-02/03

Highslide JSクロツラヘラサギ
左足にメタルリング
右足にRU11の足環

あけましておめでとうございます。

正月休みを利用して佐賀県東与賀海岸に行ってみました。

今回僕が興味深く着目した事が二点あります。

一点目はクロツラヘラサギの足環です。この件については山科鳥類研究所にご報告しておりますので、後日詳細な情報がわかればお知らせしたいと思います。

二点目は、沢山のダイシャクシギの中に1羽だけホウロクシギだと思われる個体がいることです。この事は下記を参考に判断しました。

※ホウロクシギの翼の下面は一様に黒い横紋があり、ダイシャクシギの翼下面は風切りを除いて白い。

シギ・チドリの判定はすごく難解ですので、間違いなどありましたらご指摘ください。

  • 観察種 クロツラヘラサギ ハマシギ ダイゼン ダイシャクシギ ホウロクシギ スグロカモメ ツクシガモ オナガガモ モズ カササギ
  • 観察年月日
    • 01〜24 2014/1/2
    • 25〜46 2014/1/3
  • 観察場所
2013年7月〜12月

Copyright (C) 2009-2017 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved. (無断転載禁止)