クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部)
total 
modify:2017-09-21

独断と偏見の識別講座Ⅱ

短縮URL

波多野邦彦

総目次

第42回 Jungle Nightjar <ヨタカ>

2010年10月 ヨタカ雄成鳥
ホバリング時は無音、至近距離でも全く羽音が聞こえなかった。ライトの光を瞳孔が反射してピンク色に見える。

山口県萩市見島 Field Noteから転記

ヨタカをご覧になった方は多いと思います。木の枝に平行に蹲(うずくま)ってとまり、一日中じっと動かない。たまに欠伸をしたり、からだを僅かにもじもじさせたり、とにかく動き回らないのがヨタカだと思っていませんか!?でも、これは睡眠や休息時の仮の姿です。日が暮れ始める薄暮の時間帯からが活動の本番です。ご存じのように「キョキョキョキョキョ・・・」と鳴き始めます。細長い翼を上手に使って羽音も立てず軽快に飛び回ります。飛びながら大きな口をあけて虫を吸い込みます。ヒタキ類のように餌を捕まえては元の止まり木に戻る、フライングキャッチも頻繁に行います。ホバリング(停空飛翔)も上手で、すぐそばで羽ばたかれても全く羽音が聞こえません。非常に活発に飛び回ります。「チリリリリ・・」といった可愛い声も発します。渡りの時期、多い時は数羽がかたまって電線や木の枝にとまっていることがあります。地面に直接うずくまっていることも多いようです。種類ごとの習性に合わせた探鳥をやってみるとたいへん面白いと思います。

ヨタカの仲間は現在世界で17属92種類に分類されています。日本国内で観察されるのは残念ながら1種類だけです。4月後半頃になるとインド、インドネシア、フィリピン、インドシナ半島など東南アジア方面から飛来し九州以北の平地から山地で繁殖します。初夏の英彦山では深倉林道や経読林道などで早朝暗いうちから日が暮れ始めたころに「キョキョキョキョキョ・・・」と鳴く声を聞くことができます。春秋の渡りの時期には日本海側の離島などでもよく観察されます。ヨタカの仲間にはフキナガシヨタカ、ラケットヨタカ、カマバネヨタカ、タテゴトヨタカ、ツバメヨタカ、ハサミオヨタカなど特徴的な美しい翼や尾を持つ種類が多くいます。色彩の派手さこそありませんが、大小様々、変わり種が多くとくに羽根の形が非常に変化に富んでいるのでかなり感動できます。ご自分で調べてみるのも面白いかもしれません。余談ですが私に財力があれば、きっと世界中のヨタカ、ヤマシギ、ヤイロチョウの仲間を見て回ると思います。

2003年5月 ヨタカ雌成鳥
背中側からだと余計にわからない!

山口県萩市見島 Field Noteから転記

いつもは木の横枝に平行に止まっている姿を見ることが多いのですが、この時は途中から折れたアカメガシワの幹に接ぎ木のように直立して止まっていました。こんな止まり方もするのですね!中南米に棲むタチヨタカのようです。発見当初は林縁の薄暗い中、地上から約60〜70cmほどの高さで、こちらに背中を向けていて、本当に一本の幹にしか見えませんでした。水平(横)になった普段の姿勢とは全く違うために目の前にいるにもかかわらず、姿を認識できるまでに時間を要しました。保護色、擬態、先入観、どれもバーダーにとって試練です。今回の状況とは少し違いますが、対象までの距離感が合っていない場合、目の前に居るにもかかわらず、全く認識できないことがあります。周りのみんなは気づいて喜んでいるのに自分だけ全然わかりません。「どっきり」をかけられている気分です。このような時は落ち着いて双眼鏡やスコープからいったん視線を外し深呼吸した後に再度チャレンジしてください。通常驚くほど手前にいます!!

終わりに

  • ある年春の離島遠征、最終日。雨量はそれ程でもありませんが台風並みの暴風が吹き荒れています。小鳥は木や草の中に潜ってしまうので、絶望的です。でも、せっかく遠くから来ているので宿でうだうだするのももったいない。 そうだ!こんな時はヨタカを探しに行こうと思いつき後輩を道連れに宿を出発しました。ミゾゴイ、ヤマシギにも注意しながら薄暗い林道を探します。山中の狭い畑に出て視界が開けた瞬間、林縁の太い横枝に焦点が合いました。木の瘤のようになったヨタカでした。強風の中、目を細めてじっとしています。「ヤリーッ!」後輩とハイタッチ。思惑通りにうまくいった貴重な体験でした。
  • これまでヨタカの様々な姿や行動を観察してきましたが、まだ実体験が無いことがあります。それは抱卵中の個体です。地面に直接営巣し、じっと卵を抱いている姿は未経験です。また、何かの図鑑に雛を足の間に挟んで飛ぶ親のイラストが描かれていました。おーっ!これこそいつの日かぜひ見てみたい!!

参考文献

  • Birds of East Asia: Princeton University Press Princeton Oxford
  • Collins BIRD GUIDE The Most Complete Field Guide To The Birds of Britain and Europe: HarperCollins Publishers Ltd
  • A Guide to the Birds of Southeast Asia CRAIG ROBSON: PRINCETON UNIVERSITY PRESS PRINCETON,New Jersey
  • 決定版日本の野鳥650 真木広造 大西敏一 五百澤日丸 (株)平凡社
  • フィールドガイド 日本の野鳥 高野伸二著 1988年5月10日 初版第10刷発行 (財)日本野鳥の会

(注)本識別講座において過去の記録を検証して意見を述べる場合がありますが、あくまで個人的見解であり、当該記録を否定するものではありません。誤解のないようにお願いいたします。

ご意見・ご質問はこちらへ

左矢印前へ  上矢印目次  次へ右矢印

Copyright (C) 2009-2017 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved. (無断転載禁止)