クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部)
total 
modify:2020-11-29

独断と偏見の識別講座Ⅱ

短縮URL

波多野邦彦

総目次

第69回 Pipits & Wagtails Ⅲ
<タイワンハクセキレイ、シベリアハクセキレイ>

2016年5月 全て亜種タイワンハクセキレイ Motacilla alba ocularis

島内数か所に群れが分散していたが全部合わせると最大100羽程度だった。亜種ハクセキレイは極端に少なく数羽程度しかおらず、どれもこれらの群れとは別行動だったので、多くはおそらく亜種タイワンハクセキレイ単一亜種の群れだと考えることができた。通常は喉の黒色部分が嘴基部に接しているのがタイワンハクセキレイと考えられていて、腮や喉が白く抜けているものは今までほとんど認識されていないのではないだろうか。イラストの個体以外にも腮まで黒く頭頂は灰色のものなど様々なタイプが観察された。便宜上敢えて中・大雨覆が見えるようにイラストを描いているが、実際は肩羽や両脇の羽毛に隠れて見えないことが多い。背の灰色はどの段階でも独特な(僅かに青味を感じる)薄い灰色に見えた。上図に記入した各段階の雌雄、羽衣の名称は客観的な根拠に基づくものではないので注意。考えるきっかけにしていただければと思います。

Field Noteから 山口県萩市見島

一日で、一群最大70羽以上、全島で100羽以上のタイワンハクセキレイの群れを観察した。
国内の図鑑には通常典型的(♂成鳥夏羽?)と思われるひとつのイラスト程度しかないが、実際に様々なタイプの個体を確認でき、これまで頭の中でもやもやとしていたものがかなりスッキリとした。大まかに言うと頭頂・顔・腮・喉・胸黒斑の色彩と中、大雨覆および次列・三列風切の色彩パターンの組み合わせで年齢・性別を識別できると考えています。
タイワンハクセキレイの分布地域は東西が北部中央および北東シベリアからアラスカ西部の一部まで達し、冬期は中国南部から台湾・ハイナン諸島、インドネシア、タイ、ミャンマーを通りインド北東部、バングラデシュに及ぶ地域で越冬します。国内では主に春の渡りの時期に日本海側の離島や南西諸島などで観察されます。腮から喉、胸にかけてのエプロンのような黒色斑が特徴的で、背は僅かに青味が感じられるきれいな薄い灰色をしています。声はハクセキレイに近い音質ですが、やや濁る傾向があります。
これに対しシベリアハクセキレイM. a. baicalensis は、タイワンハクセキレイの生息地域に接するすぐ南側の地域、中央シベリア・東シベリアの南部地域などで繁殖し、中国南部、ハイナン諸島、ベトナム、カンボジア、北部タイ、北部ミャンマー、バングラデシュを通り、ネパール、インド北東部、同北部、中央部にわたる地域で越冬します。シベリアハクセキレイは、イメージ的にちょうどホオジロハクセキレイの背中をきれいな薄い灰色にした感じです。過眼線はありません。胸のエプロン型の黒斑は多くの雄成鳥で喉の中央まで黒く、雌成鳥や一部の雄の黒色部は喉下部までのようです。また、中大雨覆い軸斑のパターンが独特で識別ポイントの一つになっています。
ニシシベリアハクセキレイ M. a. dukhunensis では嘴基部まで黒くなります。

■ホオジロハクセキレイ雌・第1回夏羽(上)、シベリアハクセキレイ雄・成鳥夏羽(下)比較

2013年4月 シベリアハクセキレイ♂成鳥夏羽(下)
ホオジロハクセキレイ♂夏羽のエプロンは大きく喉の中央部分まで届くが、背が真黒なのでシベリアハクセキレイとの区別は容易。ホオジロハクセキレイ雌(上)には背の灰色がイラストより薄い個体もおり(但し黒斑あり)、誤認する可能性がある。

Field Noteから 新潟県佐渡

同時期に出現し混同する可能性がある2亜種を併記。上胸・喉黒斑の形状・範囲、背の色彩、中雨覆羽軸、腰の色彩等できるだけ多くの個所を確認する。背の色彩はホオジロハクセキレイ M. a. leucopsis 雌や幼鳥は灰色で黒斑が混じる場合が多い。シベリアハクセキレイの背は性別・年齢にかかわらず、僅かに青味を感じるような一見して美しい薄い灰色(黒斑無し)。胸の黒いエプロンはホオジロハクセキレイ雌では上胸まで(イラスト上)、雄でも喉下部まで。シベリアハクセキレイの雌は喉下部まで、雄は喉中央上部まで(イラスト下)広がる。イラストには無いが、腰の色彩がホオジロハクセキレイは黒色、シベリアハクセキレイは灰色の場合が多い。年齢や季節による羽衣は様々な組み合わせが考えられるので識別には十分な注意が必要だが、シベリアハクセキレイは春秋の渡りの時期、日本海側離島の記録が多い。

■終わりに

  1. ハクセキレイは現在旧大陸を中心に多くの亜種に分類されています。今回ご紹介したタイワンハクセキレイとシベリアハクセキレイ。繁殖地は、タイワンハクセキレイの方が北方の高緯度地域に広範囲にわたって位置し、シベリアハクセキレイはその南側になります。亜種名(和名)から受けるイメージ、シベリア=北、台湾=南とは逆になるので注意が必要です。
  2. 北部九州は、亜種ホオジロハクセキレイと亜種ハクセキレイの雑種が多く生息する地域です。長い間交配を繰り返していて、一見ホオジロハクセキレイの様な個体でも注意深く観察すると過眼線が僅かにあったり、片側だけだったり、左右で違っていたり、翼の白黒パターンが違っていたりといったケースがしばしばあります。周年観察されるものは雑種の可能性が高いと考えた方がいいかもしれません。一方、亜種ホオジロハクセキレイは春秋の渡りの時期に離島や北部沿岸地域などで少数が観察されます。前記ハイブリッドのハクセキレイに比べて嘴は細め、体型がよりスマートで華奢な感じを受けます。一見シベリアハクセキレイに似た個体もたまに見かけますが、胸の黒いエプロンの形や背の色彩(灰色に黒斑が混じる)、中・大雨覆いのパターンなど細かく観察すれば違いを見つけることができます。

■参考文献

  • BIRDS OF EAST ASIA: PRINCETON UNIVERSITY PRESS PRINCETON AND OXFORD
  • Collins BIRD GUIDE The Most Complete Field Guide To The Birds of Britain and Europe: Harper Collins Publishers Ltd
  • A Guide to the Birds of Southeast Asia CRAIG ROBSON: PRINCETON UNIVERSITY PRESS PRINCETON,New Jersey
  • PIPITS & WAGTAILS of Europe, Asia and North America: Per Alstrom and Krister Mild CHRISTOPHER HELM LONDON
  • 決定版日本の野鳥650 真木広造 大西敏一 五百澤日丸 (株)平凡社
  • フィールドガイド 日本の野鳥 高野伸二著 2015年6月1日 増補改訂初版第1刷発行 公財)日本野鳥の会
  • フィールド図鑑 日本の野鳥 水谷高秀 叶内拓哉 2017年12月7日 (株)文一総合出版
  • 独断と偏見の識別講座Ⅱ(Pipits & Wagtailsシリーズ)

注)本識別講座において過去の記録を検証して意見を述べる場合がありますが、あくまで個人的見解であり、当該記録を否定するものではありません。誤解のないようにお願いいたします。

(2018-11-15掲載)

ご意見・ご質問は本ページのサブタイトルまたはURLを添えてこちらへ

左矢印前へ  上矢印目次  次へ右矢印

Copyright (C) 2009-2018 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved. (無断転載禁止、会員を含む)
本ウェブサイトに記載の会社名、システム名、ブランド名、サービス名、製品名は各社の登録商標または商標です。
本文および図表、画像中では必ずしも®、™を表記しておりません。