クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部)
total 
modify:2020-11-24

独断と偏見の識別講座Ⅱ

短縮URL

波多野邦彦

総目次

第75回 Owls Ⅲ <アオバズク>

1995年5月 アオバズク雄成鳥
数年後、台風により営巣木であるセンダンの幹が折れ営巣不能になった。

豊津節丸小学校 Field Noteから(当時イラストに加筆)

アオバズクは、日本、中国、北朝鮮、韓国、ウスリーなどに夏季渡来し繁殖、冬季は東南アジア諸国に南下し越冬する。日本では亜種アオバズクが繁殖のため九州以北に飛来する。また、亜種リュウキュウアオバズクは奄美大島以南に周年生息する。両亜種間の見かけ上の差はほとんどない。雌雄同色だが雄の腹の褐色縦斑は雌よりも密でやや太い傾向がある。
神社や学校などにある巨木の洞に営巣し、通常2〜5個程度の卵を産む。抱卵は雌だけが行ない、雄は常時巣の近辺で見張りを行う。狩りも専ら雄の役目である。北部九州では5月中旬頃飛来し、7月下旬から8月上旬にヒナが巣立つ。巣内のヒナが大きくなると雌親も外に出てくるので、巣立ちが近いのがわかる。雌親は抱卵の為、下腹の羽毛が擦り切れている。夜行性で大型のガ、カブトムシ、カミキリムシ等の甲虫類ほか、小鳥、爬虫類、両生類、小型哺乳類等も獲物にする。巣の下の地面には食べ残しがよく落ちているので、それらを調べることで、その地域のアオバズクの食性を把握することができる。高い音質で「ホホッ、ホホッ」と二声ずつ鳴く。

アオバズクはフクロウ類の中でも最も身近でポピュラーな種類です。ハトよりやや小さな体型、愛嬌のある顔つきや仕草は見ていて飽きません。からだは小さくてもとても気が強く、テリトリー内に侵入したものは徹底的に追い払います。翼が細長く、体型もスマートで、軽々と飛び回ります。夜明け前や夕暮れ直後の薄暗い時間帯に見に行くと、よく鳴いたり餌を求めて活発に飛び回ったりする姿を観察することができます。7月下旬から8月上旬頃巣穴から出てきますが、巣立った直後の雛は樹の最上部、樹冠部付近に数羽でじっとかたまっていることが多いようです。その後、数日で親鳥と共に移動し姿が見えなくなります。
通常は夏期営巣しているところを観察することが多いアオバズクですが、春秋の渡りの時期に離島などで思いがけず遭遇することがあります。林縁などを歩いていると頭上すぐ近くから突然飛び立ち驚かされます。瞬間的にツミ?ハイタカ?と思いますが、翼が細長く、羽ばたきの音が聞こえず、舞い上がることも無く再び繁った木の中に吸い込まれるように消えますので、それと判ります。アオバズクは他に似た種類はありませんが、このように通常と違った観察条件下では注意が必要です。

■終わりに

  1. アオバズク観察はのんびりとした雰囲気で営巣木の下で長時間楽しまれる方も多いと思います。ただ、これも厳密にいうと野鳥の繁殖時期に巣の近くで撮影・観察していることになり、特に大人数が木の下で大声を上げて談笑したりすることは少なからずストレスを与えていると考えられます。アオバズク観察もできるだけ距離を置き、短時間で切り上げるような配慮が必要ではないかと思います。
  2. フクロウとアオバズク、身近な2種ですが、個体数は地域によってかなり差があるようです。私が住んでいる地域は圧倒的にフクロウの方が多く、自宅周辺だけでも数番が生息しています。これとは反対にアオバズクの方が多い地域もあると思います。皆さんのお住まいの周辺地域を調べてみるのも面白いかもしれません。

■参考文献

  • BIRDS OF EAST ASIA: PRINCETON UNIVERSITY PRESS PRINCETON AND OXFORD
  • Collins BIRD GUIDE The Most Complete Field Guide To The Birds of Britain and Europe: Harper Collins Publishers Ltd
  • A Guide to the Birds of Southeast Asia CRAIG ROBSON: PRINCETON UNIVERSITY PRESS PRINCETON,New Jersey
  • フィールドガイド 日本の野鳥 高野伸二著 2015年6月1日 増補改訂初版第1刷発行 公財)日本野鳥の会
  • 決定版日本の野鳥650 真木広造 大西敏一 五百澤日丸 (株)平凡社
  • 夏の夜にフクロウが鳴く BIRDER 1993年8月号 文一総合出版
  • 独断と偏見の識別講座Ⅱ

注)本識別講座において過去の記録を検証して意見を述べる場合がありますが、あくまで個人的見解であり、当該記録を否定するものではありません。誤解のないようにお願いいたします。

(2019-06-15掲載)

ご意見・ご質問は本ページのサブタイトルまたはURLを添えてこちらへ

左矢印前へ  上矢印目次  次へ右矢印

Copyright (C) 2009-2018 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved. (無断転載禁止、会員を含む)
本ウェブサイトに記載の会社名、システム名、ブランド名、サービス名、製品名は各社の登録商標または商標です。
本文および図表、画像中では必ずしも®、™を表記しておりません。