クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部)
total 
modify:2021-10-23

*風のたより

短縮URL

日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリくまたか外部サイトレンジャー
中村 聡

総目次

26: 春の香り

Highslide JS

(写真をクリックで拡大・縮小)

ヒサカキの花 福岡県飯塚市で。

(2016-03-19 有働撮影)

Highslide JS

(写真をクリックで拡大・縮小)

夏に葉を落とすため、ナツボウズとの別名もあるナニワズ。花の香りを楽しむには、しゃがむ必要があります。

(2015-04-19撮影)

我がふるさと福岡は、ちょうど桜の季節でしょうか。淡いピンク色の花とともに思い出すのは、漂う「匂い」というか「臭い」。古いトイレに入っているようとも称される、ヒサカキの花の独特の香りです。ちなみに、ヒサカキも含めツバキ科の樹木は、北海道ではほとんど見られません。野外では育たず、苫小牧では市立中央図書館に併設された温室!で、サザンカなどが鑑賞できるのみです。

つまり、福岡・筑豊で春先に漂う独特の「香り」は、苫小牧では味わえません。残念?です。代わりに挙げたいのが、黄色い花を咲かせるナニワズ。こちらは何とも言えないよい香り。ただ、それは漂うほど強烈ではなく、鼻を近づけて嗅がないと分かりません。高さが20〜30センチほどしかない低木で、何故よい香りかというと、ジンチョウゲの仲間だから。北海道の春の匂い。僕にとってそれは、このナニワズの花なのです。

 改めましてのご挨拶 

前号で「いったん終了し、4月号からは新たな企画で」と紹介した、「北*風のたより」。最初に声をかけていただいた有働さんとテレビ会議でお話しした結果、「看板はそのまま。リニューアルして再オープン」となりました。
生まれ育った筑豊と、今いる北海道を比べながら、自然や仕事について伝えてくださいとのリクエストです。というわけで、引き続き、もうしばらくお付き合いください。(2016-03-17)

(2016-03-17)

左矢印前へ  上矢印目次  次へ右矢印

ご意見・ご質問はこちらへ

Copyright (C) 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved. (無断転載禁止、会員を含む)
本ウェブサイトに記載の会社名、システム名、ブランド名、サービス名、製品名は各社の登録商標または商標です。
本文および図表、画像中では必ずしも®、™を表記しておりません。