クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部)
total 
modify:2017-04-23

*風のたより

短縮URL

(公財)日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリくまたか外部サイトレンジャー
中村 聡

総目次

37: 白い恋人

Highslide JS

(写真をクリックで拡大・縮小)

顔のあたりは「白丸の中に黒点」(小山留美レンジャー撮影)

(2014-11-13撮影)

Highslide JS

(写真をクリックで拡大・縮小)

厳冬期に、木の実ではない「何か」を食べる(和歌月里佳レンジャー撮影)

(2017-01-06撮影)

我がふるさと筑豊は、ウグイスの初鳴きが聞かれる頃でしょうか。一方、北の国は1月から変わらず、まだまだ冬景色です。

Highslide JS

(写真をクリックで拡大・縮小)

今冬は例年の3倍の積雪だそうで、周辺はこんな感じです

(2017-01-20撮影)

見通しの良い、明るい林では、木々の葉が広がる5月まで小鳥の姿を見つけやすく、特にこの季節、カラ類を中心とした混群が通過する時は、ワクワク感が高まります。

中でも人気ナンバー1は、エナガ。北海道に生息するのはシマエナガと呼ばれる亜種で、九州で見られるものとは、顔のあたりの配色が異なります。目先から後頭部にかけての黒い線(過眼線)がなく、まっ白。つまり、頭と目を表すと「白丸(○)の中に黒点(・)」なのです。その可愛さといったら、「白い恋人」と言っても過言ではありません。

人気者ゆえ、来訪者からの「何処に行ったら見られますか」という問い合わせも多いのですが、出合える機会は意外と少ないようで、「また、フラれた」といった声も良く聞きます。ずいぶんと気まぐれな「恋人」なのかも知れません。

左矢印前へ  上矢印目次  次へ右矢印

ご意見・ご質問はこちらへ

Copyright (C) 2009-2016 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved.