クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部)
total 
modify:2017-04-23

*風のたより

短縮URL

(公財)日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリくまたか外部サイトレンジャー
中村 聡

総目次

38: 氷上にたたずむ王者

Highslide JS

(写真をクリックで拡大・縮小)

ウトナイ湖の氷上にたたずむオオワシ。成鳥は肩羽が白い

(2017-03-16撮影)

我がふるさと筑豊は、そろそろ桜が開花する頃でしょうか。冬の間、一部を除き全面が凍っていたウトナイ湖は、このところ暖かさで、結氷部分が全体の4割ほどになりました。
水面が広がってくると、水草をとりやすくなるのでしょう、時に数百羽となるオナガガモをはじめ、北の地方に向かうガン・カモ類やハクチョウ類などで、湖は賑わいを見せます。

Highslide JS

(写真をクリックで拡大・縮小)

綿帽子をかぶったようなエゾノバッコヤナギの芽。春はもうすぐ

(2017-03-12撮影)

数が増えるのは水鳥ばかりとは限りません。ワシ類もそうです。ウトナイ湖で越冬するオジロワシやオオワシは数羽ですが、3月は渡り途中に立ち寄る個体も多く、両種合わせて20羽ほどになることもあります。
オオワシというと、オホーツク海の流氷にとまる光景が知られ、知床でしか見られないと思っている方も多いようですが、じつは道内各地で見られます。流氷とまではいかずとも、ウトナイ湖の氷上にたたずむ威風堂々たる姿は、大鷲ならぬ王鷲のようで、かなりカッコイイのです。

左矢印前へ  上矢印目次  次へ右矢印

ご意見・ご質問はこちらへ

Copyright (C) 2009-2016 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved.