クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部)
total 
modify:2017-11-21

*風のたより

短縮URL

(公財)日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリくまたか外部サイトレンジャー
中村 聡

総目次

39: 長い冬からの目覚め

Highslide JS

(写真をクリックで拡大・縮小)

あくまでもイメージ

(2014-04-19撮影)

Highslide JS

(写真をクリックで拡大・縮小)

軒下にはまだ雪が残る

(2017-04-21撮影)

Highslide JS

(写真をクリックで拡大・縮小)

エゾノバッコヤナギの雄花(雄株の花)

(2017-04-10撮影)


我がふるさと筑豊は、すでに夏日も記録したようですね。こちら苫小牧は4月に入ってなお、雪の舞う日もあり、1日は、何と5センチほども積もりました。いやぁ、ホントに日本は南北に長いのだということを実感します。

春浅し、といったウトナイ湖周辺ですが、それでも日増しに、確実に暖かくなり、人も生きものも目覚めたように、活発に動き出しています。

愛らしい(エゾ)シマリスは、3月25日に今季初めて、冬眠明けの姿を現しました。自然観察路の木道に、ちょこんと立っていることもあります。枝先にはエゾノバッコヤナギが開花中。といっても、雄株につく花は綿帽子のような芽が少し黄色くなり、花粉を飛ばすだけで、華やかさはあまりありません。林の中では、キバシリが歌っています。ミソサザイのさえずりを細く短く、シンプルにしたようなその声は、早春の一時期しか聞かれない、期間限定の楽しみでもあります。

左矢印前へ  上矢印目次  次へ右矢印

ご意見・ご質問はこちらへ

Copyright (C) 2009-2017 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved. (無断転載禁止)