クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部)
total 
modify:2017-09-21

*風のたより

短縮URL

(公財)日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリくまたか外部サイトレンジャー
中村 聡

総目次

42: 女王様のお出まし

Highslide JS

(写真をクリックで拡大・縮小)

チゴハヤブサが出現。トンボの仲間を空中で捕食

(2017-07-15撮影)

テレビに映る豪雨のニュースを心配しながら見ていました。我がふるさと筑豊は、川の氾濫などなかったでしょうか。災害に遭われた皆様には、お見舞い申し上げます。

こちらはこちらで、妙な天候が続いています。昨日まで10日間にわたる酷暑(といっても30℃にはなりません)となり、しまい込んでいた扇風機を取り出しました。「地球温暖化」という言葉が、ますます現実味を帯びてきたように感じます。

Highslide JS

(写真をクリックで拡大・縮小)

湿原の女王様、ホザキシモツケ

(2017-07-12撮影)

珍しく暑い夏。ウトナイ湖岸では、ホザキシモツケのピンク色の花が満開を迎えています。九州にはなく、本州中部以北の高原などに自生していますが、北海道では低地に普通に見られます。背丈1メートルほどの、こう見えても樹木で、名の通り、小さな花が集まり、穂になって咲きます。(「05: ウトナイの夏」参照)

華やかなイメージから付いたのか、英語では「Queen of the Meadow」。湿原の女王、と訳されますが、この「Meadow」は、牧草地や草原なども含む環境を指す言葉のようで、ホザキシモツケも実際は、湿原よりも少し乾燥した草地で見られることが多い植物です。ちなみに、Meadow Bunting はホオジロの、Meadow Pipitはマキバタヒバリの、それぞれ英語名です。

(2017-07-18掲載)

左矢印前へ  上矢印目次  次へ右矢印

ご意見・ご質問はこちらへ

Copyright (C) 2009-2017 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved. (無断転載禁止)