クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部)
total 
modify:2018-07-21

*風のたより

(公財)日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリくまたか外部サイトレンジャー
中村 聡

総目次

51: 丘の黄色、水辺の白色

Highslide JS

(写真をクリックで拡大・縮小)

丘の黄色、福寿草

(2018-04-17撮影)

我がふるさと筑豊は、最高気温がすでに30℃近い日もあったとか。こちらは、このところの暖かさで雪がすっかり消えたものの、所々に木々の芽吹きを見かけるのみで、大半は冬景色のままです。少し前までガン・カモ類やハクチョウ類で賑わっていた湖面は、急に静かになりました。

この時期に周辺を歩くと、まだ明るい林や木々に囲まれた水辺では、早春の花を見ることができます。斜面には、前にも紹介したフクジュソウ。僕は毎年、必ず逢いに出かけます。そうです。この黄色い花を見なくちゃ、春は来ません。ただ、曇りや雨の日は花弁が開いていないため、僕の休みとその日の天気がぴったり合うことを、いつも願うのです。

Highslide JS

(写真をクリックで拡大・縮小)

水辺の白色、水芭蕉

(2018-04-17撮影)

水辺には、ミズバショウ。「夏の思い出」の歌で知られるとおり、本州の高原では初夏に見られる白い花(といっても、白いのは花ではない)は、こちらでは平地の水辺ならどこでも、しかも夏ではなく、春早くから咲き始めます。あまりにも普通に生えているので、有り難みには欠けますが、それでもやはり、僕にとっては春を感じさせる花の一つでもあります。

(2018-04-21掲載)

左矢印前へ  上矢印目次  次へ右矢印

ご意見・ご質問はこちらへ

Copyright (C) 2009-2018 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved. (無断転載禁止)
本ウェブサイトに記載の会社名、システム名、ブランド名、製品名は各社の登録商標または商標です。
本文および図表、画像中では必ずしも®、™を表記しておりません。