クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部)
total 
modify:2018-10-15

*風のたより

(公財)日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリくまたか外部サイトレンジャー
中村 聡

総目次

54: 初夏のふわふわ

Highslide JS

(写真をクリックで拡大・縮小)

歩道に落ちたドロノキの綿付き種子

(2018-07-12撮影)

我がふるさと筑豊では、先日の大雨の影響などなかったでしょうか。被災された皆様にはお見舞い申し上げます。前号で、北海道も「珍しく雨が続き・・・」と書きましたが、あの後、こちらでも滅多にない長雨となりました。苫小牧の6月の月間総降水量は何と平年の2.5倍だそうです。九州地方の大雨を心配して実家に電話をしたところ、かえって北海道の大雨を心配されてしまいました。

Highslide JS

(写真をクリックで拡大・縮小)

白い綿の中を動き回るハクセキレイ。どうも虫を探しているようだ

(2018-07-12撮影)

7月に入ってからも天候不順が続いていますが、久しぶりに雨のあがった先日、空中にたくさんの白い綿毛が漂いました。ドロノキから風で飛ばされたもので、落ちたところを見ると、黒っぽいタネが見え隠れしています。歩道脇の吹きだまりに白く積み重なり、まるで綿菓子のようです。

同じヤナギ科の樹木には、他にも並木として知られるポプラの仲間などがあり、どれもこの時期にふわふわとした綿毛を飛ばします。ただ、知らない方も多いようで、旅行者からの問い合わせもあり、これも北海道の初夏の風物詩、と僕は思います。

2018-07-17掲載

左矢印前へ  上矢印目次  次へ右矢印

ご意見・ご質問はこちらへ

Copyright (C) 2009-2018 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved. (無断転載禁止、会員を含む)
本ウェブサイトに記載の会社名、システム名、ブランド名、サービス名、製品名は各社の登録商標または商標です。
本文および図表、画像中では必ずしも®、™を表記しておりません。