クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部)
total 
modify:2019-05-20

*風のたより

(公財)日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリくまたか外部サイトレンジャー
中村 聡

総目次

61: Tシャツを干してみた

Highslide JS

白く湯気が立ちのぼった後、凍り付く。写真では分かりにくいかも

(2019-02-14撮影)

(クリックで拡大・縮小)

わがふるさと筑豊は、梅が満開の頃でしょうか。こちら北海道、苫小牧は厳しい寒さに見舞われています。2月5日から10日連続の真冬日。冷凍庫に入ったようなものです。ウトナイ湖は市内でも東のはずれ、どちらかと言えば、より寒い千歳市に近く、先日は久方ぶりに最低気温がマイナス20℃を下回りました。こうなると、もはや「寒い」のではなく、「痛い」感覚です。

Highslide JS

(写真をクリックで拡大・縮小)

ツグミが群れで見られるようになった。落ちたナナカマドの実を食べる

(2019-02-16撮影)

この「痛さ」をどうやったら皆さんにお伝えできるのか。そこで・・・洗い立ての、脱水機にかけていないTシャツを、そのままベランダに干してみました。(ふだん、こんなことはしません)。結果はご覧のとおりです。福岡だと、冬でも「ああ、今日は良い天気。洗濯物がよく乾く〜」となりますが、こちらでは晴れていても乾くことはなく、凍ってしまうのです。

立春を過ぎたものの、春遠からじどころか、春はまだまだ先。三寒四温ならぬ三寒四寒といったところですが、それでも北海道にしか生息していないハシブトガラのさえずりが聞かれ、バッコヤナギは綿毛の芽が顔を出すなど、春の兆しが少し見聞きできるようになりました。暖かくなるのが待ち遠しい、今日この頃です。

2019-02-17掲載

左矢印前へ  上矢印目次  次へ右矢印

ご意見・ご質問は、本ページのURLやタイトルを添えてこちらへ

Copyright (C) 2009-2018 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved. (無断転載禁止、会員を含む)
本ウェブサイトに記載の会社名、システム名、ブランド名、サービス名、製品名は各社の登録商標または商標です。
本文および図表、画像中では必ずしも®、™を表記しておりません。