クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部)
 ホーム風切羽次列
online 
total 
modify:2020-10-25

野村芳宏の野鳥撮影術

カメラと野鳥の撮影にしっかりとフォーカスを合わせ、デジタル一眼レフの勘どころを余すところなく公開中です。別ページ「野鳥撮影におけるデジタル一眼レフの使い方」および筆者のブログ「野村芳宏の撮影日記」でご覧ください。本連載とあわせて読むと、さらにワンランク上の撮影が可能となります。デジタル・カメラへの理解と野鳥撮影の奥義をわが手の中に。(「くまたか」サイト注)


第1回 始めに

野村芳宏 2020-04-19

【画像の見方】小画像をクリックで拡大・縮小、拡大画像は複数同時表示・ドラッグで移動可能、スペース・矢印キーで連続閲覧

皆さんこんにちは、野鳥展実行委員長の野村です。2020年7月30日(木)から開催する筑豊支部の野鳥展は、今のところ開催する予定で準備を進めていきたいと思っています。しかし、展示場所のみやこ町中央図書館は5月6日まで閉館です。野鳥展が開催できるかどうかは不透明です。野鳥展開催要項にも書きましたが、もし〈野鳥だより〉7月号(紙版)が、6月下旬に発行できない場合は、会員への周知ができませんので、その時は1年延期も考えています。

さて、原稿を投稿したのは野鳥展の状況をお知らせするためではなく、〈野村芳宏の野鳥撮影術〉を筑豊支部のホームページ〈くまたか〉に連載で投稿しようかと思っているからです。野鳥の会筑豊支部は、4月・5月・6月全ての行事を中止にしました。探鳥会も植物観察会もできず退屈しているのではないでしょうか。事務局の一員として何かできないかと思い、少しでも退屈をしのぎ、楽しんでいただけるために原稿を書くことにしました。タイトルは〈野村芳宏の野鳥撮影術〉です。少しマニアックなタイトルでが、野鳥写真を掲載するなど、カメラや撮影に興味がない方でも読んでいただけるようにします。毎週日曜日に投稿しますので、もし良かったら読んで下さい。6月28日(日)まで続けるつもりです。

4月7日に安倍総理から緊急事態宣言が出され、国民に外出の自粛が呼びかけられました。それ以後私は、探鳥や野鳥撮影には行かず自宅で過ごしています。食料の買い出しに近くのスーパーに行くことはあります。時には、おやつにホットケーキを焼いて家族で食べています。皆さんは、いかがお過ごしでしょうか。野鳥撮影ができなくても、家の中で撮影をしています。近所の花屋さんでバラやガーベラを買っていましたので、それを撮影しています。その一部をここに記載しますので楽しんで下さい。バラは、真上からストロボ2灯で撮りました。ガーベラはスプレーで水を吹きかけ水滴を付けて撮りました。野鳥撮影は機材が重く、いつまで撮影ができるか不安があります。体力が衰え野外での野鳥撮影に行けなくなった時のために、室内で撮影できるように、ここ2、3年かけて少しずつ照明機材や小物をそろえています。料理やお菓子やお花、そして身の回りの小物を撮りたいと思っています。テーブルフォトと言われるものです。

〈野村芳宏の野鳥撮影術〉は、野鳥撮影するときにどのような所に気をつけているかという撮影方法を中心に書いていきます。写真を始めてすでに39年、野鳥写真を始めて27年、デジタルカメラを使い始めて16年が経ちました。年数だけが経ってしまいましたが、最高の1枚を撮るために今も奮闘しています。私の経験が少しでも皆さんのお役に立てばと思います。野鳥写真を楽しんだり、撮影の参考にしたりして頂ければ嬉しいです。

次回第2回は4月26日(日)、「野鳥撮影のためのカメラ設定」。第3回は「野鳥のチャームポイントを撮ろう」。第4回は「曇りの日に撮ろう」。第5回は「雨の日に撮ろう」。第6回は「逆光で撮ろう」。第7回は「野鳥の目線の高さで撮ろう」。第8回は「野鳥の動きを予想して撮ろう」などです。

では皆さん、新型コロナウイルスの感染拡大防止に努めながら、元気に過ごしましょう。

(2020-04-19掲載)

第2回 野鳥撮影のためのカメラ設定

野村芳宏 2020-04-26

第3回 野鳥のチャームポイントを撮ろう

野村芳宏 2020-05-03

第4回 曇りの日に撮ろう

野村芳宏 2020-05-10

第5回 雨の日に撮ろう

野村芳宏 2020-05-17

第6回 逆光で撮ろう

野村芳宏 2020-05-24

第7回 野鳥の目線の高さで撮ろう

野村芳宏 2020-05-31

第8回 野鳥の動きを予想して撮ろう

野村芳宏 2020-06-07

第9回 背景を単純化して撮ろう

野村芳宏 2020-06-14

第10回 縦位置で撮ろう

野村芳宏 2020-06-21

第11回 終わりに

野村芳宏 2020-06-28

2020年4月19日(日)から週一回のペースで投稿してきました〈野村芳宏の野鳥撮影術〉は今回をもって終わらせていただきます。11週間にわたりお付き合いしていただきありがとうございました。
いかがだったでしょうか。

4月7日に緊急事態宣言が出され、野鳥の会も活動を制限せざるを得なくなりました。探鳥会や植物観察に行くことができずに退屈していたのではないでしょうか。退屈しのぎと思い書き始めた原稿でした。少しでも楽しんでいただけたならば大変嬉しいです。マニアックな部分があったと思いますが、読み物としても楽しんでいただけるように工夫して書いたつもりです。

また、野鳥撮影される方には、私が日ごろ気を付けて撮影していることが、少しでも参考になればと思い書きました。何か撮影のヒントになったでしょうか。
野鳥を撮影するときは、〈光の方向や質〉〈背景の処理〉〈撮影ポジション〉〈構図〉〈シャッターチャンス〉等に気を配っています。これからも、このことは変わることはないでしょう。

新型コロナウイル感染拡大防止のため、自宅で過ごすことが多くなりました。私はその間、ナショナルジオグラフィックス、ブライアン・ピーターソン著〈露出を極める〉〈構図を極める〉等5冊をメモ取りながら読みました。何とか自分の写真表現の幅を広げようと思ったしだいです。外に撮影に出かけられなくても、何かできることはあるのではないかと感じました。

5月25日に緊急事態宣言は解除されました。まだまだ、感染拡大防止の取り組みは続けていかなくてはなりません。私も、感染予防をしながら撮影活動再開に向けての準備をしていこうと思っています。
最高の一枚を目指して、今後も邁進してまいりますので、ご指導のほどよろしくお願いします。
読者の皆様に感謝申し上げます。「ありがとうございました」

(2020-06-28掲載)

Copyright (C) 2009-2018 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved. (無断転載禁止、会員を含む)
本ウェブサイトに記載の会社名、システム名、ブランド名、サービス名、製品名は各社の登録商標または商標です。
本文および図表、画像中では必ずしも®、™を表記しておりません。