クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部)
 ホーム風切羽次列地元鳥見ノ〜2022
online 
total 
modify:2022-06-27

セイタカシギ 渋田朗の 地元鳥見ノススメ 2022

どこであれ、それぞれのマイフィールドこそサンクチュアリ。マメに回れば、自然はいろんな姿を見せてくれる。

コシャクシギ再び | コシャクシギ飛翔

地元のヤツガシラ | カナダヅルが二年連続で福津を通過 | 今季もメジロガモ | 今季のシノリガモは2羽

[2022] [2021] [2020] [2019] [2017-18] [地元鳥見ノススメ]

ヒガラ

【画像の見方】小画像をクリックで拡大・縮小、拡大画像は複数同時表示・ドラッグで移動可能、スペース・矢印キーで連続閲覧

コシャクシギ再び

渋田朗 2022-04-29

前回、4月23日のコシャクシギ飛翔を報告しましたが、この時は地上の姿は見られず。この群れはそのまま抜けてしまったようですが、一週間後の4月29日には、降りしきる強雨の中で地上のコシャクシギ1羽を見つけました。雨の中で撮影は大変でしたが、今度こそ地上の姿を堪能。4月中旬の全国的な群れの飛来はかなり特別で、今回のように4月の最終週に1羽〜数羽が飛来というのが本来の?パターンと思います。その他、チュウシャクシギやトウネン、コチドリが近くの農地で見られました。

(2022-05-10掲載)

コシャクシギ飛翔

渋田朗 2022-04-23

[撮影日:2022年4月23日 撮影場所:福津市勝浦 撮影者:渋田 朗]

4月23日の朝に地元の農地を歩いていると、不意に4羽の中型シギが上空を飛翔。慌ててカメラを向けて、かろうじて引っ掛かった姿はコシャクシギでした。飛び去った方角を見極めて探しましたが、残念ながら再発見は出来ず。
コシャクシギは4月下旬を中心に少数が記録されることがある、かなり珍しい渡り鳥ですが、今季は4月中旬に全国的に多数の飛来が確認されているようです。なんとかその流れに乗り遅れずに済んだ…とも言えますが、やっぱり地上の姿が見たかったですね。

(2022-05-02掲載)

地元のヤツガシラ

渋田朗 2022-04-02

3月20日には隣街に出現したヤツガシラを見に行ってきましたが、4月2日に今度は地元市内でも見られました。離島でなくこのあたりの本土で、シーズン2個体目はなかなかの幸運かと思います。
警戒心強めの個体で、採餌中の姿は殆ど見られずに、背後の林の木にとまる姿ばかりです。
何故か地元で縁のない鳥(どういうわけか、珍しい秋のヤツガシラを一度見かけただけ)でしたが、ようやく念願が叶いました。

(2022-04-21掲載)

カナダヅルが二年連続で福津を通過

渋田朗 2022-04-02

昨年2021年3月14日に、『カナダヅルが福津を通過』という報告をしました。この時は、たまたまイレギュラーなルートを通ったくらいに思っていました。ところが今年の4月2日に、再び二羽のカナダヅルが上空を通過するのが確認できました。残念ながら写真は曇天空抜けでモノクロ風になっています。
南西の方角から飛来し、旋回してまた同じ方角へ戻ったように見えました。当日は晴れたり曇ったりの天気でしたが、北寄りの風が強めに吹いているのが影響したかもしれません。念の為、翌日も同じ時間帯に狙ってみましたが、さすがに見ることはできませんでした。
鹿児島県出水市のツル越冬地からの北帰行では、大多数を占めるナベヅル・マナヅルは、天草・長崎上空から朝鮮半島へ渡り、そこからシベリアや中国東北部の繁殖地に向かうとされています。一方でカナダヅルも、国内では出水市でのみ毎冬が飛来が確認されていますが、繁殖地のシベリア北極圏北東部へのルートは解明されていないと思います。10羽そこそこしか飛来しないカナダヅルが二年連続で通過したとなると、福津上空が渡りの定期ルートになっているのでは?!などと妄想しています。
ところでカナダヅルは、特に出水市に遅くまで残るわけではなく、今年も2月中には渡去したとのこと。それから半月〜1ヶ月の間は、どこで過ごしているのでしょう? いろんな意味で興味が尽きません。

(2022-04-17掲載)

今季もメジロガモ

渋田朗 2022-03-19

昨年の冬は、お隣・宗像市でメジロガモ雄が越冬し、また日によって雄雌が揃ったりと賑やかでした。今年の冬は姿が見えずにいましたが、3月19日にやはり宗像市のダム湖で、メジロガモの雌を見かけました。
すぐに警戒されて、観察できない死角に回り込まれたので、何枚か写真を撮るのが精一杯で、交雑など細かい検討はできていません。
この遅い時期まで発見されなかったので、渡り途中の通過個体なのか。あるいは、周辺には全く観察できるポイントがない池もあるので、意外と人知れず冬を越していたのかもしれませんね。

(2022-04-10掲載)

今季のシノリガモは2羽

渋田朗 2022-02-13

昨年末にマイフィールドで4年ぶりのシノリガモの飛来を報告しましたが、その後1月30日には若雄2羽を確認。2月13日まではしばしば見かけましたが、その後は見かけなくなりこの日が終認です。
過去の飛来では堤防近くにまで寄ってきたり、堤防のテトラポットに上陸したりもしてくれた事があったのですが、今季はずっと沖の方にとどまっている感じでした。

[撮影日:2022年2月13日 撮影場所:福津市津屋崎 撮影者:渋田 朗]

(2022-03-05掲載)

Copyright (C) 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved. (無断転載禁止、会員を含む)
本ウェブサイトに記載の会社名、システム名、ブランド名、サービス名、製品名は各社の登録商標または商標です。
本文および図表、画像中では必ずしも®、™を表記しておりません。