クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部)
 ホーム風切羽次列探鳥トラバース
online 
total 
modify:2017-08-21

探鳥トラバース

短縮URL

波多野邦彦

波多野講師による識別講座「独断と偏見の識別講座Ⅱ」開講中(別ページ)。類書にない視点から識別の要諦を解説し、特徴をよく捉えた美しい野鳥イラストがあなたをフィールドに誘います。

チョウゲンボウ♀幼鳥(亜種不明)!?

ヤンバルクイナ激減! | 宗像市沖ノ島 Ⅱ 鳥類リスト | 2013年4月27日〜29日 新潟県佐渡遠征

一人バードソン2017年1月上旬 | 上野恩賜公園不忍池 | 石垣島・西表島鳥類リストⅡ

大洗−苫小牧航路鳥類リスト | 1983年4月「野鳥」誌 フィールドノート特集号

北九州市門司区・風師山 ワシタカ・ハヤブサ類目標10種 | 佐賀県・東与賀干拓(大授搦) | 都立多磨霊園

石垣島・西表島鳥類リスト | 築上町綱敷天満宮周辺リスト | 小笠原、硫黄島3島および航路リスト

都立石神井公園 | 夜宮公園・北九州市戸畑区 | 中津市今津干拓リスト

宗像市沖ノ島鳥類リストⅠ | 山形県朝日連峰縦走―鳥類リスト | 宗像四塚縦走&鳥類リスト

1990年11月11日(土) 福岡市西区今津鳥類リスト | 岩手県早池峰山・高山植物&野鳥リスト

谷川連峰・鳥類リスト | 東京都・八丈島航路遠征 | 一人バードソン2015年3月

一人バードソン2015年1月 | 津屋崎「一人バードソン」で96種 | 彦山川および大ヶ原周辺リスト

チョウゲンボウ♀幼鳥(亜種不明)!?

波多野邦彦 2016-09-24,25

福岡市小呂島(おろのしま)

は離島フリークとしては外すことができない福岡県内の離島のひとつ。福岡市西区、姪浜から北西に約40km、壱岐北端の真東約20km強の洋上に浮かぶ遠景がちょうど「ひょっこりひょうたん島」のような形をしたかわいい島。
9月後半のこの時期、離島ではチョウゲンボウやチゴハヤブサなどの渡りが観察される。今回は二日間で、チョウゲンボウ1♂4♀、チゴハヤブサ5(全て幼鳥)を観察した。このうちチョウゲンボウ♂(亜種不明)は特に小さな個体だった。狭い範囲に枯れ木が散在し、それに同じ方向を向いて並んでとまるので大きさの比較が容易。
これらとは別に25日未明から体色の薄いチョウゲンボウ♀幼鳥と思われる個体を観察。同時に観察したチョウゲンボウ♀個体よりもさらに大型だった(イラスト参照)。体色が非常に淡く胸・腹はごく薄く細い褐色縦斑で遠距離からはほぼ無地に見える。脇腹にポタポタ斑。翼下面大雨覆い部分はごく小さな褐色斑が点在し、風切もごく薄い横斑、遠目には無斑・淡色に見える。翼上面は赤味の無いセピア色の濃淡で雨覆い部分と風切り部分とのコントラストはかなり弱い。尾上面は特徴的で先端の太い帯は無く(擦れも無い)、全体が細い褐色横線、最先端両端のみ僅かに暗色。観察の間、ホバリングはせず。低い電線から草地に時々降りては、ムカデやバッタを捕食する。
同島は観光客が宿泊できる宿は無い。定期船は曜日で時間が変わるので注意。

(2017-07-30掲載 第29回)

ヤンバルクイナ激減!

波多野邦彦 2010-04-11/13

ヤンバルクイナは2,3年前から個体数が激減しているようだ。野犬の増加が主な原因らしい。以前はふつうに観察できた安田地区や楚洲地域でも姿を見るのが難しくなってきている。
今回のリストは2010年4月に沖縄本島北部(ヤンパル)を初めて探鳥した時のもので影響は未だ出ていない。
ヤンバルクイナは7個体以上を観察し、声は昼夜を通して北部の様々な場所で確認した。また県道沿いでも運転中に道路端で採餌する個体をしばしば見かけた。
ノグチゲラは時期的に難しいのか、運が悪いのか、声3回、姿は♀1個体を観察しただけだった。
アカヒゲは各所で普通に見られ、特に辺野喜ダム周辺での早朝探鳥では相当数を確認した。

(2017-06-30掲載 第28回)

宗像市沖ノ島 Ⅱ 鳥類リスト

波多野邦彦 2015-06-14/15

(写真をクリックで拡大・縮小)

ヒメクロウミツバメ調査は9年前、2006年に続き自身二度目の調査。
小屋島のヒメクロウミツバメは数年前、クマネズミ1匹が侵入し一旦絶滅している。ネズミ駆除後、今回再度営巣を確認した。個体数も徐々に増えつつある模様。
リュウキュウコノハズクは偶然営巣木を発見し、声及び巣穴から出てくる♀成鳥を確認した。
島の北東端にある枇榔の木まで初めて行ったが、途中の山道は足元が悪く非常に厳しかった。基本的に道路等の修復はしない方針のため荒れ放題。旧陸軍道路もあと何年かで通れなくなる。鉈で枝を取り払うことも禁止事項のため、林道は全コースにわたり厳しい藪漕ぎだった。
2015年12月25日掲載の宗像市沖ノ島鳥類リストⅠと比較してご覧ください。

(2017-05-27掲載 第27回)

2013年4月27日〜29日 新潟県佐渡遠征

波多野邦彦 2013-04-27/29

昨年(初)に続き今年2017年春期も自然条件下で生まれたトキ同士の営巣が確認された。
このリスト当時(2013年4月)の目標は放鳥トキが初めて自然繁殖した子供の確認。リング無しの個体がこれに該当する。3日間で延べ15個体の放鳥トキを観察した。うち個体識別できたのは6個体。翼の着色と足のカラーリングによって個体識別可能。生まれた年と雌雄の別がわかる。(個体識別一覧表参照)

  • 個体識別結果 2006.06♂ 2008.23♂ 2009.85♂ 2010.95♀ 2010.09♂ リング無し1
  • キバラガラ 4月28日弾崎近く矢崎でヒガラ12羽の小群中に1♂成鳥or♂第1回夏羽を観察した。
  • 新潟−両津航路で観察したイルカ類 ハンドウイルカ?10 カマイルカ200+ イシイルカ20+ オキゴンドウ?6+ 他不明種

■参考リンク

(2017-04-30掲載 第26回)

一人バードソン2017年1月上旬

波多野邦彦 2017-01-07

「100種超/1地域/1日」を目指す一人バードソン。2017年1月上旬報告。
午前中、途中から100種を目指したが、99種で終了。二日間あれば100種超は容易だが、一日でとなるとかなり困難。地域の冬季生息状況は勿論、その日の天候、海上の状況、人出予想、干満時間など様々なことを考慮しながらリストアップする。
ビロードキンクロ、アカエリカイツブリ、カツオドリ、ウミスズメ、カンムリウミスズメ等、数年ぶりに海鳥好調。遠く沖合広範囲にかなり大きなナブラ(魚群)あり。カイツブリ類、アビ類、カツオドリ、カモメ類が群がっているのが見えた。今シーズン、海鳥は好不調の波がある。現在はナブラも消失、静かな元の海に戻っている。
当地域は大規模な太陽光発電施設開発工事なども行われているが、100種超のポテンシャルは辛うじて保てているようだ。

(2017-03-30掲載 第25回)

上野恩賜公園不忍池

波多野邦彦 2006-01-28

複数の識別ポイントを使った総合的な判断

東京上野不忍池

に10年ぶりにコスズガモが飛来。千葉銚子のカモメ類と併せライファー狙いで上京した。この日は蓮池で寝てばかりいて、起きてくれたのは15分間程度だった。発見時も寝姿を見つけ、識別した。
特徴的な頭の形と美しい背中のモノトーン・ジグザグ模様がポイント。頭の光沢は基本的に紫色だが緑色に見える場合もある。嘴爪(しそう)だけが黒色の嘴、初列風切部分がグレー&次列部分が白色になる太い翼帯などもコスズガモの識別ポイントになる。
オオホシハジロ、クビワキンクロなど北米産のカモ類は九州まで南下してくることはほとんどないので時々上京している。

(2017-03-03掲載 第24回)

石垣島・西表島鳥類リストⅡ

波多野邦彦 2014-01-10/13

冬季初めての八重山諸島。一年を通していつ訪問しても楽しい探鳥を満喫できる。
国内5例目のジャワアカガシラサギに遭遇。アカガシラサギ冬羽に酷似すると書いた図鑑もあるがそこまで似ているという実感はなかった。個体にもよるのだろうか。発見時は牧草から頭だけ出していたが、ワンテンポ置いてジャワ?といった感じだった。
各ポイントを車で移動。撮影を中心とした探鳥。歩きはほとんどなし。繊細な探鳥までは実施していない。

(2017-02-03掲載 第23回)

大洗−苫小牧航路鳥類リスト

波多野邦彦 2012-06-09/10

北海道・海鳥ツアー企画記念号。この機会に海鳥をぜひ勉強しましょう!
いつもは「観察リスト」([開|閉]ボタンで開く)のようにフェリーでとんぼ返りをする。北海道上陸は夕食と買い物で夜の2〜3時間程度。目標はアホウドリ。時期的には3月〜6月が観察に適したシーズン。太平洋岸を北上する個体を狙う。
アホウドリは岩手県宮古沖がポイント。出現場所は往路復路ともにほぼこの周辺海域。2日間を通して2,3年目の幼鳥(チョコレートブラウン)を5羽、7,8年目の亜成鳥(ほぼ白色)1羽を観察。淡いピンク色の巨大な嘴はかなり離れた距離でも識別可能と思われる。
ハイイロウミツバメは第1日目夕方北海道沖で船に接近する。第2日目も北海道沖。小群でいることが多い。
気候は寒くはないが、フリースorダウンジャケットの上に上下雨具のスタイル。薄手手袋あるとベター。

2012.06.08-10大洗−苫小牧航路リスト(PDF)
(2016-12-26掲載 第22回)

1983年4月「野鳥」誌 フィールドノート特集号

波多野邦彦
1981-03-16

手前味噌になりますが、1983年4月「野鳥」誌・フィールドノート特集号に掲載された北海道・霧多布探鳥行。野鳥イラストだけでなく、周辺地図や感想など様々な情報が書き込まれているというのが採用の理由でした。
私のフィールドノートも現在26冊目。37年間の鳥見情報その他がたっぷり詰まった自分だけのお宝です。一度は登山中に落としてしまいましたが、心ある山ガール?に運よく拾われ、手元に戻ってきたこともあります。
皆さんはフィールドノートをつけていらっしゃるでしょうか?きれいに書く必要はありません、メモ書き程度でOKです!私の地元探鳥パートナーは現場でスマホにチョコチョコとメモ入力しています。便利になったものです。
手書きのノートなんていまどき時代遅れだろうと言われそうですが、後々何かと役に立ちます。識別では画像以上にメモ(声や行動など)の方が有効だったりすることもあります。

(2016-11-29掲載 第21回)

北九州市門司区・風師山
ワシタカ・ハヤブサ類目標10種

波多野邦彦 2001-09-23

Highslide JS

(クリックで拡大・縮小)

アカハラダカ雄成鳥

秋、タカの渡りを見に行く場合、ワシタカ・ハヤブサ類だけで10種を目標にしています。この10種、オオタカやアカハラダカなど、少し気の利いた種類を確認しないと達成できません。
北九州市門司区・風師山(かざしやま

)は実家から近いこともあって、以前は秋のワシタカ類観察でよく通いました。山頂北側からは関門橋と下関の山並みをバックに次々とハチクマが渡ってきます。
ここの特徴はタカまでの距離がとても近いことです。運が良ければ、双眼鏡で虹彩の色まで確認できるほどです。ほぼ目線の高さを飛ぶ個体が多いのもここのウリです。
ワシタカ観察の合間に周囲の木々を見渡してみます。オオルリ、エゾビタキ、コサメビタキ、ホトトギスなど渡りの小鳥類を見ることができます。アマツバメ、ハリオアマツバメなども上空を飛翔します。
9月〜10月はワシタカの秋の渡りのピークに当たります。お出かけされてはいかがでしょうか?今週末辺りは飛ぶ可能性があるかも?!

(2016-09-21掲載 第20回)

佐賀県・東与賀干拓(大授搦)

波多野邦彦 2008-08-23

Highslide JS

(クリックで拡大・縮小)

シベリアオオハシシギ
幼鳥

今回は様々な識別方法の中からひとつをご紹介します。
この日は珍しくベストな時間に現地到着できませんでした。既に潮が引き始め、潮線上にシギチドリが集まってどんどん沖合に離れていくところでした。残された時間があまり無い中で目標のシベリアオオハシシギ幼鳥を探さなければなりません。しかも逆光気味でどれもやや黒っぽく見え、色彩はあてになりません。
ここでどうやって探し出せばいいのか?・・・・私の友人は「採餌中のからだの角度」で見事に探し当てました。シベリアオオハシシギは長く直線的な嘴と少し長めの足を持っています。この嘴を根元まで泥中に深く差し込んで採餌する習性のため、姿勢が他の種類と比べてかなり急角度、つまり前のめりの姿勢になるのです。勿論これはシベリアオオハシシギだけにしか通用しない識別方法です。でも凄い探鳥技術だと思いませんか!不断の丁寧な観察があって初めて気づく高度な識別技術だと思います。目からウロコの経験でした。
※大授搦(だいじゅがらみ)の搦(からみ)とは有明海沿岸での干拓地の呼び名です。

(2016-08-25掲載 第19回)

都立多磨霊園

波多野邦彦 1980-06-07

Highslide JS

(クリックで拡大・縮小)

チゴモズ

霊園・墓地シリーズ。今回は希少種の貴重な繁殖地としての都市公園をご紹介します。都立多磨霊園。東京都府中市の東部にある面積128ヘクタール、最大規模の都立霊園です。海外の森林墓地を参考にして作られたわが国最初の公園墓地で歴史上の著名人も数多く祀られています。過去には国内有数のチゴモズの繁殖地として知られていました。※現在は繁殖していません。
この日は早朝から日差しが強く、蒸し暑く、外にいるだけでたいへんな天候でした。霊園探鳥で気を付けることは日陰が極端に少ないこと。目標のチゴモズは午後になってもなかなか出現しませんでした。諦めかけたまさにその時、頭上から「ギチギチギチ・・・」という声が降り注いできました。汗だくの顔を上げるとペアが見下ろしていました。熱中症という病名がまだない時代、炎天下5時間30分、猛暑との格闘でした!
チゴモズは現在激減し簡単に見ることができない種類になってしまいました。越冬地(タイ、カンボジア、マレーシア、インドネシア等)の大規模な環境破壊が原因ではないかと考えられています。

※都立多磨霊園(

ストリートビュー:右下の黄色い人形を地図上にドラッグ&ドロップで、園内を散策できます)

(2016-07-29掲載 第18回)

石垣島・西表島鳥類リスト

波多野邦彦 1985-06-11/15

Highslide JS

(クリックで拡大・縮小)

ツルクイナ雄成鳥
西表島

自身二度目の南西諸島遠征。本格的に探鳥を始めて数年、このリストからはまだまだ雑な探鳥をしていることが解ります。
西表島・祖納(そない)の集落で全身が明るい黄緑色、多数の白斑があるヒタキ類の幼鳥(巣立ち雛)を見てかなり驚きました。リュウキュウキビタキがまだほとんど知られていなかった時代です。
後で読んだのですが、岩本久則さんの著書「閑話キューソク」にもUFOではなくてUFB(Unidentified Flying Bird 未確認飛行鳥)として確か白黒写真と記述があったように記憶しています。リュウキュウキビタキ
Ficedura narcissina owstoniは現在キビタキの亜種ですが、今後別種になる可能性もあり、注目種です。

(2016-06-27掲載 第17回)

築上町綱敷天満宮周辺リスト

波多野邦彦 2013-01-20

Highslide JS

(クリックで拡大・縮小)

Golden eyes display

綱敷天満宮(築上町

)周辺は良好な里山環境が残っており、そこから望む豊前海と併せ数多くの野鳥が生息しています。
転勤族だった私は引っ越し先が決まると早速地図を買ってきて、自宅周辺の探鳥に適した場所を探していました。地図を見ながらその場所の環境を頭に描き、出現予想をたてるのが楽しみでした。
今では現地の道路状況や環境まで画像で確認できるようになりました。準備を整えて探鳥に臨むことができます。
冬の九州、ちょっとした探鳥地であれば70〜80種のリストアップが可能です。

(2016-05-27掲載 第16回)

小笠原、硫黄島3島および航路リスト

波多野邦彦 2009-09-11/16

Highslide JS

(クリックで拡大・縮小)

クビワオオシロハラミズナギドリ

今回の目標はクビワオオシロハラミズナギドリ。他珍ミズナギドリ類およびメグロ、オガサワラノスリ、アカガシラカラスバト等小笠原固有種・固有亜種の確認。
クビワオオシロハラミズナギドリは父島周辺海域で2羽を確認することができた。
オガサワラヒメミズナギドリ Bryan's Shearwater (「第8回 Shearwaters」に詳細記述)に遭遇できたのはおそらく鳥見人生最大の幸運だった。この3年後、2012年2月に新種として発表され、その後2015年2月父島列島の無人島・東島で初めて営巣が確認された。
アカガシラカラスバトはこの時点で確認されていた個体数は母島20羽程度、父島6羽、弟島不明でした。つまり世界中で30羽弱しかいなかったことになります。
第1日目洋上に群れ飛ぶオオミズナギドリが第2日目朝にはオナガミズナギドリにそっくり入れ替わってしまうのがこの航路の面白いところ。オオミズナギドリは二日目には”珍鳥”に変わる。
外洋航路の海鳥観察は以前にも紹介したが、日が昇って沈むまで、日の出前見え始めてから日没後見えなくなるまで甲板上で観察する。個人的には日中トイレ以外はずっと甲板上で観察している。食事もパンやカップめんなど甲板上でとる。風呂は日没後船内コインシャワー。
東京−父島間は世界自然遺産に登録された影響もあり、観光客が非常に多く、寝る場所(毛布一枚分)を確保するのも難しいほど混んでいる。硫黄島三島に向け父島を出港すると乗船客は硫黄島戦没者慰霊の方々と鳥屋だけになり快適に過ごせる。
エリグロアジサシの記録に関して自ら確認することもなく「域外」と言った他グループメンバーがいたが、こと海鳥に関してこの「域外」はほとんど意味をなさない。

(2016-04-28掲載 第15回)

都立石神井公園

波多野邦彦 1981-06-06

Highslide JS

(クリックで拡大・縮小)

No.3,4,5号 真ん中が筆者の年代

都市公園シリーズ。東京都練馬区・石神井(しゃくじい)公園地図 現地写真 園内を移動可能)は西武池袋線沿線の閑静な戸建住宅地の中にあり、市民の憩いの場になっている。井の頭公園、善福寺公園とならび武蔵野三大湧水池として知られている。
石神井公園内にある三宝寺池及びその周辺は早稲田大学生物同好会鳥班が1961年から現在まで55年以上にわたり毎月2回の調査を継続中であり、ほぼ5年ごとに「三宝寺池周辺の鳥類」として調査結果をまとめている。
調査方法は基本的にロードサイドセンサス法を採用し、終日カウント時は併せて定点観測を採用している。
都市公園に集まる野鳥の魅力がぎっしりと詰まった一冊(非売品)。自身初めてのサンコウチョウを都内の公園で見るとは予想外だった。珍しく樹木の頂上枝先にとまり、しばらくの間囀っていた。

(2016-03-25掲載 第14回)

夜宮公園・北九州市戸畑区

波多野邦彦 2001-04-18

Highslide JS

(クリックで拡大・縮小)

オオルリ♂成鳥

市街地の中にオアシスのように点在する都市公園は街中を通過する小鳥たちにとっても休息の場となっていて探鳥に向いています。特に春秋の渡り鳥や越冬する小鳥などは、遠くの山や探鳥地までわざわざ探しに行かなくても街中の「プチ探鳥」で十分に堪能できます。そんな都市公園の魅力を順次ご紹介していきたいと考えています。
夜宮(よみや)公園は北九州市戸畑区のほぼ中央、市街地の真ん中にあります。整備された日本庭園や菖蒲園で有名です。(地図現地写真
4月に入ると、一般に夏鳥と呼ばれているヤブサメ、コサメビタキ、キビタキ、オオルリなどが既に渡ってきています。3月下旬から4月上旬頃にかけてのこの時期は、冬鳥、夏鳥両方を観察できるお得な時期でもあります。キマユムシクイには春秋に通過する渡りのものと越冬するものに分けられます。別表(観察リスト)は晩秋からの越冬個体としての記録です。
公園によっては繁みが多く、見通しが効かないところもあるので、防犯上注意が必要。女性は必ず同伴者と一緒に行くこと。

(2016-02-28掲載 第13回)

中津市今津干拓リスト

波多野邦彦 1997-12-14

Highslide JS

(クリックで拡大・縮小)

チュウヒ♀成鳥

1997年12月14日(日) 14:30〜17:30 晴れ 南微風 気温12℃

チュウヒ、コミミズクなど猛禽類に狙いを絞って、午後遅くから短時間観察した。ワシタカ・ハヤブサ6種+コミミズクの計7種類の猛禽を観察した。オオタカ、ハイイロチュウヒ等も観察頻度は高かった。
今津干拓は中津市の郊外、東側約6kmの地点にあり、東西約1km、南北約1.5kmのコンパクトな探鳥地だった。畑、水田、アシ原、クリーク、ブッシュ、堤防外は豊前海など多様な環境があり、周辺も里山が広がっていた。残念ながら現在はダイハツ(株)中津工場に変わっている。社宅から車で10分程度だったため、頻繁に通った。ふだんの観察者も知人1〜2名程度でゆっくりと観察できた。魚市場前の山国川でシロカモメ成鳥1羽を観察した。

(2016-01-27掲載 第12回)

宗像市沖ノ島鳥類リストⅠ

波多野邦彦 2006-04-29

Highslide JS

(クリックで拡大・縮小)

小屋島からの沖ノ島夕暮れ

2006年4月29日(土) 曇り時々雨後晴れ 微風 14℃⇒21℃ 波高1.5m⇒2.0m

今回の目的はカンムリウミスズメの繁殖調査。
沖ノ島(福岡県宗像市)の沖合1kmにある小屋島に渡る。成鳥2羽と巣穴中の鳴き声数羽、また孵化直後と思われる卵殻数個を確認した。一泊二日の予定だったが、海が荒れたため一日目深夜23時頃に帰港した。海中に首までつかる禊(みそぎ)を行ったが、時期的にまだ非常に寒かった。
渡りの時期だけあって面白い種類が見られた。緯度的には対馬の真東に位置しており絶海の孤島であるため、複数回行くことができれば興味深い結果が得られるはず。下記リスト中、スズメはかなりの珍鳥。島ならではの鳥相。

(2015-12-25掲載 第11回)

山形県朝日連峰縦走―鳥類リスト

波多野邦彦 1981-06-20/26

Highslide JS

(クリックで拡大・縮小)

山形県朝日連峰大展望

1981年6月20日(土)〜26日(金)

山シリーズ今回も日本百名山のひとつ山形県朝日連峰。峰々が連なる雄大な山容が魅力。最南端に最高峰大朝日岳(標高1,871m)が聳える。
イラストは連峰最北端に位置する以東岳から望む広大な連峰縦走路、最高峰大朝日岳までの大展望。1981年同好会夏合宿を実施。今回のリストは6月下見で朝日連峰を縦走した時のもの。北側に月山、鳥海山、南側に飯豊(いいで)連峰、遥か彼方西方日本海にに新潟県佐渡も見渡すことができた。
巨大なブナ林、背丈が2mもあるフキ、大きなミズバショウ、70cmもあるタキタロウ(巨大イワナ)など、まさしく豊饒の大地。全ての生き物が巨大で太古の大自然そのまま。山麓を覆う巨大なブナ林で飲んだ湧水が人生でいちばん美味かった。植物では淡いピンク色をした可憐なヒメサユリが記憶に残っている。

(2015-12-01掲載 第10回)

宗像四塚縦走&鳥類リスト

波多野邦彦 2015-05-22

Highslide JS

(クリックで拡大・縮小)

光岡から望む宗像四塚

2015年5月22日(金)

宗像四塚(むなかたよつづか)は、宗像市北部を南北に縦走する四つの山塊の総称。南から北へ、城山(じょうやま)、金山(かなやま)、孔大寺(こだいし)山、湯川(ゆがわ)山の四山が連なる。連山といっても稜線で繋がっている訳ではなく、ひとつひとつの独立峰が一直線に並んでいるイメージ。
縦走は4つの単独峰を立て続けに一日で登り下りするので体力的にも非常にキツイ。今回は持久力確認のため試行。タイムトライアルをぜひやってみたい!
今回は地元ネタ。筑豊支部の山男、山ガールの皆様、天高く馬肥ゆる秋!ぜひ宗像四塚(よつづか)縦走にチャレンジしてください!!

(2015-10-26掲載 第9回)

1990年11月11日(土) 福岡市西区今津鳥類リスト

波多野邦彦
1990-11-11

Highslide JS

(クリックで拡大・縮小)

図鑑に記載の無い特徴や感触は信頼できる人から直接聞くのが一番!!

“一人バードソン”の原点となった一日。自分自身の鳥の見方もこの日を境に大きく変わった。リストからは種数や珍鳥を追ったわけではなく、たいへん丁寧な探鳥をした結果であることがわかる。
ニール氏は当時まだ20歳代。英国のバーダーでこの時は来日直後。この日初めて偶然にお会いし一日同行した。豊富な知識、素晴らしい集中力、瞬間的な識別の速さ、且つ非常に丁寧な見方などどれをとっても本場仕込みのバード・ウォッチングは凄かった。その後、数年にわたり福岡に居住した。当時彼はまだ日本語を話せなかった。学生時代に野鳥の英名を覚えておいたのが大層役立った!!
今津は現在、環境が大きく変わっており、「100種超/日/一探鳥地」の種数をカウントするのは困難。

(2015-10-01掲載 第8回)

岩手県早池峰山・高山植物&野鳥リスト

波多野邦彦
1980-07-11/14

Highslide JS

(クリックで拡大・縮小)

ハヤチネウスユキソウ

山シリーズ今回も日本百名山のひとつ。岩手県の中央に聳える早池峰山(はやちねさん)標高1,917m。遠景は台形の穏やかな表情を見せますが、実際に登ると溶岩・ガレ場ばかりの険しく荒々しい 山です。「早池峰山および薬師岳の高山帯・森林植物群落」として国の特別天然記念物に指定されています。
高山植物の宝庫として有名で、固有種であるハヤチネウスユキソウが群生しています。国内に数種類あるウスユキソウの中でも最大種でエーデルワイスに最も近縁といわれています。今回の山行はこのハヤチネウスユキソウが大目標。野鳥よりも高山植物優先の旅は後にも先にもこれ一回きりです。リスト以外にもたぶんたくさんの花を見たと思いますが記録に残っていません。
当時早池峰山はノゴマの巣立ち雛が確認されており、繁殖の可能性があるといわれていました。ここから約1ヶ月の間に早池峰山、北アルプス穂高連峰、新潟県谷川連峰を登っています。
植物は素人ですのでもし名前が違っている場合はご指摘ください。
野鳥リストの並びは日本産鳥類目録第7版に準じています。

(2015-08-28掲載 第7回)

谷川連峰・鳥類リスト

波多野邦彦 1980-07-30/08-10

Highslide JS

(クリックで拡大・縮小)

イヌワシ

記録が古すぎて今では役に立ちませんが、いろいろな探鳥があることをご紹介したいと思います。
山シリーズ第1回目は日本を代表する百名山のひとつ群馬県と新潟県に跨る谷川連峰。主峰谷川岳は標高1,977m。ご存じのとおり双耳峰(そうじほう)でトマノ耳・オキノ耳と言う二つのピークを持っています。一ノ倉沢(いちのくらさわ)はロッククライミングにおける国内有数の岩場です。大学同好会の自前の山小屋がJR土樽駅近くにあり、年間を通してよく利用していました。

1980年夏合宿が実施され、長期間滞在。今回のリストはその時のものです。確認種数は合計48種と普通ですが、内容はかなり面白いと思います。イヌワシ、クマタカ共に山小屋から最も近い荒沢、蓬峠で観察しました。豊かな自然だったのでしょう。
当時は関越自動車道開通前で、自分の卒業後、山小屋の目の前に巨大な高架が建設されました。通常九州では冬鳥のヤマシギ、ルリビタキ、ウソ、アオジ、クロジもここでは繁殖個体です。
山にもいくらか登っているので、追々ご紹介していくつもりです。

(2015-07-27掲載 第6回)

東京都・八丈島航路遠征

波多野邦彦 2015-06-05/06

Highslide JS

(クリックで拡大・縮小)

シロハラミズナギドリ

6月5日(金)、6日(土)伊豆諸島・八丈島航路に乗船して来ましたのでご報告いたします。

第1日目深夜22:30に東京・竹芝桟橋にて乗船開始、すぐに就寝。翌早朝04:30過ぎ三宅島入港辺りから探鳥開始。八丈島には朝08:50頃到着します。港へ上陸し短い休憩。09:40東京に向け復路出発します。一日中海上で探鳥を行ないます。日が暮れて東京・竹芝桟橋到着は19:50。片道フル探鳥約10時間の航路オンリー探鳥です。航空最終便でその日のうちに福岡に帰ってくることができます。

今回、海上の状況は低気圧の影響が大きく、時化と大きなうねり(5〜7m程度)に悩まされました。まともに観察可能だったのは復路のさらに後半2/3だけでした。目標だったクロウミツバメ、オーストンウミツバメは観察最適場所が時化で条件悪く発見できず。何とか、クロアシアホウドリ、シロハラミズナギドリ、ハイイロミズナギドリを観察できました。

今回の東京-八丈島航路は、海鳥のメジャーな航路ではありません。やはり小笠原、硫黄島三島が王道です。ただ、日数・費用はバカになりません。そこで、安近短で最大限の成果があげられないかと考え、八丈島にチャレンジしてみました。たった1回で都合良くよい結果がでるはずもなく、海鳥探鳥の難しさを痛感しました。在京なら条件のよい時を選んで、何度でも乗れるのに、悔しい!チャンスがあればまた乗ってみたいと思います。

海のない筑豊支部、皆様には縁が薄いカテゴリーです。こんな探鳥は誰もやらないと思います!が、もしも物好きな海鳥好きな方がいらっしゃったら、参考になるかもしれませんので一応、ご紹介しておきたいと思います。

(2015-06-13掲載 第5回)

一人バードソン2015年3月

波多野邦彦 2015-03-07

Highslide JSモンゴルセグロカモメ第2回冬羽

この冬シーズンは福津市津屋崎において1月25日と3月7日の2回実施いたしましたのでご報告いたします。

今回は96種+3亜種、95種+2亜種でした。

何とか100種達成したいのですが、津屋崎の一日のポテンシャルは今のところ95種前後のあたりのようです。

3回目になると冬シーズンの鳥層も何となくわかってきた感じがします。福岡の今津と同じくらい、シギチが越冬していてくれるとイケそうですが無い物ねだりをしてもしょうがない かな?

観察メモ(3月):

  • 95種+2亜種(リュウキュウサンショウクイ、アカウソ)
  • オオタカは久しぶりだったが、高空に上がってしまったため雄雌、年齢不明
  • ハヤブサは最後まで出現せず。この時期になると出現率が落ちる。
  • 地域的には間違いなく100種のポテンシャルはあるのだが、それを1日で観察するとなると一気に難しくなる。

(2015-03-27掲載 第4回)

一人バードソン2015年1月

波多野邦彦 2015-01-25

Highslide JSフクロウ

この冬シーズンは福津市津屋崎において1月25日と3月7日の2回実施いたしましたのでご報告いたします。

今回は96種+3亜種、95種+2亜種でした。

何とか100種達成したいのですが、津屋崎の一日のポテンシャルは今のところ95種前後のあたりのようです。

3回目になると冬シーズンの鳥層も何となくわかってきた感じがします。福岡の今津と同じくらい、シギチが越冬していてくれるとイケそうですが無い物ねだりをしてもしょうがない かな?

観察メモ(1月):

  • 96種+3亜種(タイミルセグロカモメ、ハチジョウツグミ、アカウソ)
  • どうも1日100種の壁があるようだ
  • 午前中、早い段階で75%確保したい。
  • アカエリカイツブリは相島航路などではたまに観察されるが津屋崎から沖合の観察では初めての記録
  • ツクシガモ、ミヤコドリ、ハチジョウツグミはこの日だけ
  • 天気が良いと小鳥の出現率が上がるが、午後からは人出も多くなり、思うような探鳥ができなくなる。

(2015-03-27掲載 第3回)

津屋崎「一人バードソン」で96種

波多野邦彦 2013-01-05

Highslide JSヤマシギ

今年1月5日、福岡県福津市津屋崎で「一人バードソン」を実施しましたので、ご報告いたします。

所要時間が9時間におよびますが、途中1時間半はガンカモ一斉調査、1時間は昼食に使っていますので、正味6時間30分です。

※波多野邦彦氏は、日本野鳥の会ふくおかの会員の方です。「一人バードソン」という興味深い試みの結果、極めて貴重な観察リスト「津屋崎鳥類リスト」を作成されました。「くまたか」では特にお願いしてご提供いただきました。ご協力に感謝いたします。(紹介者:有働孝士)

(2013-01-20掲載 第2回)

彦山川および大ヶ原周辺探鳥リスト

波多野邦彦 2013-01-03

Highslide JS

(クリックで拡大・縮小)

アオシギ

「くまたか」サイト管理者・有働孝士(紹介者)

波多野邦彦氏は、日本野鳥の会ふくおかの会員の方です。昨年(2012年)12月9日、福岡県川崎町安眞木・大ヶ原(だいがはら)で開催された本会の例会に参加され、大ヶ原にフィールドとして非常に大きな可能性と魅力を感じたといいます。

その直感を検証すべく、今度は単独で再訪し、注意深く探鳥されました。その環境に予想される種をなるべく見落としなく確実に確認するというバードソン的手法を採られたようです。同時に、彦山川流域でも同様の探鳥を行い、両方合わせて観察種数62種という別表の驚くべきリストが得られました。

私は、この観察リストを拝見したとき、豊富な経験と現場感覚、確かな識別力を駆使して観察を極限まで突き詰めると、これほどの種数を稼ぎ、また思いがけない鳥相も見えてくるというひとつの例証ではないかと思いました。「くまたか」のサイト管理者として、ぜひにとお願いし、ここに掲載させていただきました。貴重な資料を快くご提供いただいた波多野邦彦氏に感謝致します。

この驚くべきリストをじっくりとお楽しみいただき、次回大ヶ原を訪れたときは、さらに注意深く観察されるようおすすめします。

(2013-01-16掲載 第1回)

Copyright (C) 2009-2017 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved. (無断転載禁止)