クマタカ
くまたか (日本野鳥の会 筑豊支部)
 ホーム資料館行事過去録月別
online 
total 
modify:2017-08-18

since 2009-04-01


月別

(イベント過去録/終了: ▼2011-10-02より採録)

トップ | お知らせ | What's New | 行事のご案内終了 | 定期行事 | ひとこと

 行事のご案内10月

http://yacho.org/#event1110

  • 日本野鳥の会筑豊(福岡県)月間行事予定のご案内です。県名の無い地名はすべて福岡県です。
  • 本らんの記載内容は、時々変更されることがあります。なるべく参加直前に再度確認されるようおすすめします。
  • 原則として、小雨決行、昼食持参、要参加費100円です。原則を外れる場合は、各ご案内に注記しています。
  • 一般参加歓迎(スズメ)印の行事は、一般(会員以外)からのご参加を歓迎します。一部を除き、事前のご連絡、お申し込みは不要です。当日、集合地へおいでください。(もっと詳しく知りたい方は、次行の「詳しい説明を見る」をクリック)
  • フィールドに出かけよう」“探鳥”をウォッチング。

ゲスト参加歓迎第695回例会:ヒヨドリの渡り観察会

10月2日(日) 福智町市場・彦山川河川敷

恒例、秋のヒヨドリの渡り観察会です。

河川敷の広いくさ原には、旅鳥や早い冬鳥が訪れています。集合場所から移動せず、車のかたわらに居座って、楽々ウォッチング!怯えつつも果敢に次々と渡っていくヒヨドリの群れやこれを待ち構えるタカ類との攻防を観察します。足腰に自信のない方や朝が遅い・寝坊しがちな方にも、気軽に参加できる良い機会です。この例会に限って“遅刻”はありません(ただし12時解散)。周辺には日陰がないので、日傘や帽子などお忘れなく。

  • 昨年は2000羽以上のヒヨドリが渡り、タカ類はミサゴ・ハチクマ・ハイタカ・ハヤブサが出現しました。
  • 渡るヒヨドリの群れをカウントする調査を兼ねた例会です。3次メッシュコード:@5030-4651 #5030-4641(金田)

ゲスト参加歓迎「I LOVE 遠賀川」(協賛)早朝探鳥会

10月9日(日) 飯塚市・遠賀川中ノ島

参加団体による様々なイベントを通して、川辺で遊びながら河の大切さを体感するお祭りです。本会は協賛団体として参加し、朝のひと時(08時〜09時)を探鳥会ですごします。

  • 初めてご参加の方・一般の方には、観察のご案内・ご指導をいたしますので、現地にてお申し付けください。
  • 探鳥会は09時で終了します。その後、協賛参加団体による様々な楽しい野外行事が行われ、主催者から昼食が振舞われます。14時終了。小雨決行、雨天のときは16日に延期。

ゲスト参加歓迎第696回例会:英彦山定例探鳥会

10月16(日) 添田町落合・深倉

秋たけなわ、もうすっかり冬支度の野鳥に会いに行きます。混群のカラ類や冬の渡り鳥、そしてもちろんあのクマタカ様。片道2.6kmの比較的歩き易い林道を往復します。今年の紅葉は格別とか。ほんのり秋色に染まった深倉があなたを待っています。

ゲスト参加歓迎第99回植物例会:紅葉の久住を歩きます。

10月26(水) 大分県九重町・星生山

長者原から星生山をめざします。遠出のため集合時間を早くしています。道の駅 小石原を7時40分には出発します。時間厳守でお願いします。早めに下山できれば瀬の本高原のドライブを予定しています。阿蘇の山々とススキの波打つ高原はすばらしい眺めです。帰りに温泉に入ります。タオルの用意をしてください。

  • 乗り合わせ希望の方は高速代、ガソリン代(人数にもよりますが、1500円程度)が必要です。
  • 事前参加申し込みが必要です。参加希望の方は10月22日(土曜日)までに川谷(折りたたみ内担当)へご連絡をお願いします。

会員のみ参加 運営委員会:本会事務所

10月28日(金)、30日(日) 飯塚市柏の森(かやのもり)

運営委員会は、本会事務所で月2回(最終金曜・日曜)開催されます。提案や行事について具体的な話し合いが行われ、会員なら誰でも討議に参加できます。日曜運営委員会に先立って、会報「野鳥だより・筑豊」発送作業もあります。あなたのご都合で、参加・退出はいつでも自由です。午後のひと時、気楽なおしゃべりと情報交換、充実のボランティアはいかがですか?

トップ | お知らせ | What's New | 行事のご案内終了 | 定期行事 | ひとこと

 行事の終了9月

http://yacho.org/#report

探鳥会やその他イベントの結果ご報告です。イベント風景の写真、感想など詳細情報とともにご覧ください。

ゲスト参加歓迎第25回植物ミニ観察会(ミニ観):平尾台(終了)

9月28日(水) 北九州市小倉南区・平尾台

Highslide JS

担当 川谷良子

9月末とはいえ、まだまだ暑いので、茶ヶ床から大平山の中腹に登り、カシやタブノキなどの常緑樹、珍しいアベマキなどの木々が茂る塔ヶ峰を歩きました。草原では見られないシロヨメナやギンリョウソウモドキ、ミヤマウズラなどが咲いていました。

なんと、先週英彦山で見てきたばかりの「ガクナン」を見つけました。まだ正式名称もないランです。シュスランとミヤマウズラの交雑種ではないかと考えられているようです。平尾台のものは、葉はシュスランに似ていて、花はミヤマウズラそっくりでした。草丈はミヤマウズラより10センチほど高く、花もひとまわり大きくて見ごたえがありました。

ゲスト参加歓迎秋のハチクマ渡り調査(終了) (筑豊・北九州合同調査)

9月23日(金・祝日) 鞍手町 六ヶ岳・剣岳・その他

鞍手町・六ヶ岳、撮影:木村直喜 (YouTubeより)

[ハチクマの渡り調査]ページ9月23日分を参照してください。

ゲスト参加歓迎第694回 ハチクマの渡りを観る探鳥会(終了)

9月18日(日) 鞍手町 六ヶ岳・剣岳

Highslide JS

剣岳会場報告 早川佳宏

本日は、台風の影響で?どこも飛ばなかったようです。

「皿倉山」はガスで観測不可能。粘ったが、13時下山。下関:「火の山」は17時までの間に 2羽確認との情報が知人から入りました。

菊池様の言によると、「ハチクマ」の中に、「気象予報士」がいるのでは?との話しもありました(笑)。

一羽ダケ、らしき姿?を捉えた写真(写真6)がありますので、判定をお願いいたします。

「くまたか」から早川さんに剣岳会場の取材をお願いし、短文と貴重な写真をお送りいただきました。(明日からのご旅行に備え、準備にお忙しい中、ありがとうございました。)

ゲスト参加歓迎第9回英彦山ソウシチョウ生息調査(終了)

9月1日(木)〜15日(木) 添田町・英彦山

Highslide JS

[えいそう\報告]ページを参照してください。

ゲスト参加歓迎第693回例会:英彦山定例探鳥会(終了)

9月4日(日) 添田町落合・深倉

Highslide JS

報告 早川佳宏

本日の報告をいたします。

台風12号の後影響をもろに受けながら、担当・三宅様の大英断で深倉峡の「探鳥会」を実施。参加者は、香春から来られた「一般参加者」の方を入れ3人でした。

深倉園地に着き、探鳥を開始した途端、いつも「ヤマガラ」「シジュウカラ」「オオルリ」が止まっている枯れ木の右側、三段目に「クマタカ」が止まっていました(100m以内)。止まっている「クマタカ」を見るのは初 めてでしたので、大感激でした。雨が降っていましたのでカメラを出そうとしたところで飛び立たれました。悔しかったです。翼の幅広さ等からみて間違いなく「クマタカ」だと三宅様の判定でした。

その後濁流に近い林道を登り、下りてきたところに、本日のもう一つ目的である「エゾビタキ」(写真)5羽位の活発な動きを見る事が出来感激いたしました。更には「ヤマガラ」まで姿を見せてくれ、大いに満足した探鳥日となりました。