クマタカ
くまたか (日本野鳥の会 筑豊支部)
 ホーム資料館行事過去録月別
online 
total 
modify:2017-05-27

since 2009-04-01


月別

(イベント過去録/終了: 2012-06-30より採録)

トップ | お知らせ | What's New | 行事のご案内終了 | 定期行事

 行事のご案内7月

http://yacho.org/#event1207

  • 日本野鳥の会筑豊(福岡県)月間行事予定のご案内です。県名の無い地名はすべて福岡県です。
  • 本らんの記載内容は、時々変更されることがあります。なるべく参加直前に再度確認されるようおすすめします。
  • 原則として、小雨決行、昼食持参、要参加費100円です。原則を外れる場合は、各ご案内に注記しています。
  • フィールドに出かけよう」“探鳥”をウォッチング。
  • 一般参加歓迎(スズメ)印の行事は、一般(会員以外)からのご参加を歓迎します。一部を除き、事前のご連絡、お申し込みは不要です。当日、集合地へおいでください。(もっと詳しく知りたい方は
    をクリック)
  • 例会担当の方へ!ぜひ例会配布資料テンプレートをご活用ください。

ゲスト参加歓迎第716回例会:寒田探鳥会

7月1日(日)築上町寒田(さわだ)

犬ヶ岳・求菩提山の山続きのためタカ類ほか深山の野鳥に出会えます。展望は良く道も歩きやすいので、お気軽にご参加下さい。

  • 出発地の寒田まで車で40分ほど移動します。同乗の必要な方は、集合時、担当までお知らせ下さい。
  • 昨年の例会報告で、寒田における観察ルート図をご覧になれます。

ゲスト参加歓迎第28回植物ミニ観察会(ミニ観):平尾台

7月6日(金) 北九州市小倉南区・平尾台

担当 川谷良子

早朝観察会です。香春町役場には駐車できないため、集合場所を香春駅に変更しています。昼までには終わる予定なので、お弁当はいりません。エネルギー補給のため、携帯食の準備をお願いします。山の木陰で昼食を希望される方はお持ちください。体を冷やすため、冷水は1リットル以上用意してください。帽子、日傘などの暑さ対策はしっかりおねがいします。

  • 前日の大雨、当日の雨の予報でも中止することがあります。必ず確認の電話をしてからお出かけください。(当日午前5時半〜6時まで)

ゲスト参加歓迎急告植物観察会・ミニミニ観のご案内:平尾台

(植物部臨時ミニ観 第2回 平尾台)

7月27日(金) 北九州市小倉南区・平尾台

担当 川谷良子

キキョウ、ノヒメユリ、カワラナデシコなどが見頃です。

早朝観察会です。香春町役場には駐車できないため、集合場所を香春駅にしています。昼までには終わる予定なので、お弁当はいりません。エネルギー補給のため、携帯食の準備をお願いします。体を冷やすため、冷水は1リットル以上用意してください。帽子、日傘などの暑さ対策はしっかりおねがいします。

  • 前日の大雨、当日の雨の予報でも中止することがあります。必ず確認の電話をしてからお出かけください。(当日午前5時半〜6時まで)

ゲスト参加歓迎「英彦山自然展」作業予定

2012年度野鳥展として、8月1日より英彦山自然展(3会合同)を開催します。7月からの作業予定をお知らせしますので、会員のみなさんのご参加・ご協力をお願いいたします。

【急告】

写真募集締め切りを延期しました。7月18日(水)まで再募集しています。ぜひ多くのご応募をお待ちしています。写真内容は、英彦山以外で撮影されたものでも結構です。

応募状況は予定数を下回り、思わしくありません。会員のみなさんのご協力をぜひお願いいたします。

写真ご応募のお礼

締切を延期し、2次募集として広く呼びかけたところ、多くの方にご協力いただきました。

11名の方から力作写真25点をご応募いただきましたが、展示会場の都合で、残念ながら15点に絞らせていただきました。ご協力たいへんありがとうございました。

(担当:野村芳宏)

  • 「3会」とは、「自然観察クラブ ミミズク」、「つくし植物友の会」、「日本野鳥の会筑豊」(本会)
  • 計画の詳細は2012年野鳥展のお知らせ・会員用を参照してください。

会員のみ参加 会報発送&運営委員会:本会事務所

7月26日(木)、29日(日) 飯塚市柏の森(かやのもり)

会報「野鳥だより・筑豊」原稿締め切り日:7月21日(土)

運営委員会は、本会事務所で月2回(最終木曜・日曜)開催されます。提案や行事について具体的な話し合いが行われ、会員なら誰でも討議に参加できます。日曜運営委員会に先立って、会報「野鳥だより・筑豊」発送作業もあります。あなたのご都合で、参加・退出はいつでも自由です。午後のひと時、気楽なおしゃべりと情報交換、充実のボランティアはいかがですか?

トップ | お知らせ | What's New | 行事のご案内終了 | 定期行事

 行事の終了6月

http://yacho.org/#report

探鳥会やその他イベントの結果ご報告です。イベント風景の写真、感想など詳細情報とともにご覧ください。

ゲスト参加歓迎急告植物観察会・ミニミニ観のご案内:平尾台(終了)

6月30日(土) 北九州市小倉南区・平尾台

Highslide JS

初めてのミニミニ観(植物部臨時ミニ観 平尾台)

報告 川谷良子

津野も折尾も「雨」の連絡が入り、出かける頃には田川も小雨が降りだしました。意外にも平尾台はガスもなく、雨も降っていなかったので、カキラン(写真)を求めて3人で歩きました。丈を伸ばしたネザサはたっぷりの露を含み、靴の中まで水浸しになりました。広谷湿原でノハナショウブの大群落を見て、10時過ぎに解散しました。

ゲスト参加歓迎第715回例会:英彦山定例探鳥会(終了)

6月10日(日) 添田町落合(深倉)

Highslide JS

担当 有働孝士

梅雨入り宣言のあとにしては爽やかな深倉に、日本野鳥の会福岡や一般からのご参加を得て総勢15名が集まり、最近にない多人数となりました。せっかくご参加いただいたのに“お約束の幸運”、ヤイロチョウやセグロカッコウ、クマタカ様もお見えにならず、珍鳥ねらいの方にはちょっと残念な深倉でした。しかし、オオルリ、キビタキ、クロツグミなど名だたる歌い手に恵まれ、あの寂しい冬鳥のシーズンから一転、やっとにぎやかな深倉が戻ってきました。

ゲスト参加歓迎第27回植物ミニ観察会(ミニ観):平尾台(終了)

6月7日(木) 北九州市小倉南区・平尾台

Highslide JS

6月のミニ観報告(第27回 平尾台 6月7日)

担当 川谷良子

茶ヶ床園地を9時半出発。薄雲がかかり、思ったほど暑くはありません。時折吹く風もさわやかです。

大平山の中腹から塔が峰の森に入りました。すぐにムラサキの白い花が目に入りました。ムラサキの根(紫根)で繰り返し染め上げた黒みがかった紫を深紫(こきむらさき)といい、最も高貴な色とされました。今も染料にするため盗掘が跡を絶たず、年々その数を減らしています。

ゲスト参加歓迎第714回例会:大法山(たいほうざん)探鳥会(終了)

6月3(日) 嘉麻市下山田

Highslide JS

担当 国武光成

参加者:18名

担当の国武です。梅林公園からひと山越えて、天慎寺で昼食、ばくちの木を見て梅林公園に戻るルートです。すぐにサンコウチョウ♂と出会い、ひらひらと私たちを270度回ってその後もずっと囀っていました。天慎寺での昼食時は、コサメビタキを観察エゾビタキ、サメビタキの違いを大楠の下で、皆で“検見”諤々、楽しかったです。探鳥会で中村さんが気分が悪くなられて心配しましたが、志水さんや広塚さんの冷静対応でほっとしました。「元気で今日も明日も探鳥会、入って良かった野鳥の会、続けていこう自然保護」