クマタカ
くまたか (日本野鳥の会 筑豊支部)
 ホーム資料館行事過去録月別
online 
total 
modify:2017-03-27

since 2009-04-01


月別

イベント過去録/終了: 2012-12-30より採録)

<

トップ | お知らせ | What's New | 行事のご案内終了 | 定期行事

 行事のご案内1月

http://yacho.org/#event1301

  • 日本野鳥の会筑豊(福岡県)月間行事予定のご案内です。県名の無い地名はすべて福岡県です。
  • 本らんの記載内容は、時々変更されることがあります。なるべく参加直前に再度確認されるようおすすめします。
  • 原則として、小雨決行、昼食持参、要参加費100円です。原則を外れる場合は、各ご案内に注記しています。
  • フィールドに出かけよう」“探鳥”をウォッチング。
  • 一般参加歓迎(スズメ)印の行事は、一般(会員以外)からのご参加を歓迎します。一部を除き、事前のご連絡、お申し込みは不要です。当日、集合地へおいでください。(もっと詳しく知りたい方は
    をクリック)
  • 例会担当の方へ!ぜひ例会配布資料テンプレートをご活用ください。

ゲスト参加歓迎第726回例会:英彦山定例探鳥会

1月6日(日) 添田町落合

まだ正月気分の松の内。今年の鳥運勢はどうでしょうか?去年の寂しい英彦山から、今年は平年通りにぎやかな冬鳥たちに出会えそうです。この例会は、例年雪に見舞われますが、もし積雪があるときはJR英彦山駅周辺でみずみずしい初春の風情を観察しましょう。

  • この例会は、一般(会員外)からのご参加を歓迎いたします。事前のお申し込みは不要です。直接、集合地においでください。お待ちしています。

ゲスト参加歓迎2013年ガン・カモ調査

1月10日(木)〜16日(水) 筑豊各地の水域5ヵ所

新年恒例のガン・カモ・カウントです。筑豊のダムや湖沼・河川5地点で期間中に各1回実施します。調査への協力、調査はできないので観察のみなど、様々なかたちでどなたでも参加出来ます。カモの識別が不得意な方も勉強を兼ねてどうぞ。実施日は各調査地点ごとに異なりますので、あらかじめ、集合地・時刻・持参するもの(昼食等)などをご希望地の担当者に問い合わせてください。全国で実施されるカワウ、オオバン、ハジロカイツブリのカウントもあわせて行います。(トモエガモ 絵:田中憲二)

  • この例会は、一般(会員外)からのご参加を歓迎いたします。事前のお申し込みは不要です。直接、集合地においでください。お待ちしています。

ゲスト参加歓迎第727回例会:久保白ダム探鳥会

1月13日(日) 桂川町中屋・久保白ダム

久保白ダム湖の周回道路(5.7km)を覆う自然林が水鏡に美しい姿を写しています。今季の豊富な冬鳥たちが道路脇のブッシュを出入りするので、静かにしていれば、またとないチャンスに恵まれるでしょう。湖面のカモ類も見やすさと種類数で筑豊有数の観察サイトです。昨年は異常に冬鳥の少ない年でしたが、それでも全41種を観察しています。午前中は歩きやすいダム周回道路をゆっくり途中まで散策。会員の方、午後はぜひ定期総会へご参加ください。

  • この例会は、一般(会員外)からのご参加を歓迎いたします。事前のお申し込みは不要です。直接、集合地においでください。お待ちしています。

ゲスト参加歓迎2013年度定期総会

1月13日(日) 桂川町寿命・王塚装飾古墳館

1年間の活動を決める大切な総会です。会長をはじめ執行役員は全員“聞く耳”を持ち、耳を澄ませています。あなたのご意見をお聞かせください。多くの会員のみなさんのご参加をお待ちしています。

  • 第727回例会:久保白ダム探鳥会終了、昼食後13時から開催します。
  • 総会に参加できない会員の方は、メールによりご意見・ご提案をお寄せください。(匿名不可)
  • 本会では、下記2種類の年度設定があります。
  • 総括年度:1月〜12月 昨年度の活動を報告し、評価します。
  • 方針年度:4月〜3月 新年度の活動に関する方針を審議し、詳細を決定します。
  • 役員改選は行われません。役員の任期は2年間であり、すでに前年度、選出済みです。

ゲスト参加歓迎第728回例会:東大橋海岸探鳥会

日本野鳥の会北九州との合同探鳥会)

1月20日(日) 行橋市東大橋・東大橋海岸

今川御三家(クロツラヘラサギ、ツクシガモ、ズグロカモメ)はぜひ見たい。後背地の鳥たちもけっこう種数が出ます。

  • この例会は、一般(会員外)からのご参加を歓迎いたします。事前のお申し込みは不要です。直接、集合地においでください。お待ちしています。

会員のみ参加 会報発送&運営委員会:本会事務所

1月24日(木)、27日(日) 飯塚市柏の森(かやのもり)

会報「野鳥だより・筑豊 2月号」原稿締め切り日:1月19日(土)

運営委員会は、本会事務所で月2回(最終木曜・日曜)開催されます。提案や行事について具体的な話し合いが行われ、会員なら誰でも討議に参加できます。日曜運営委員会に先立って、会報「野鳥だより・筑豊」発送作業もあります。あなたのご都合で、参加・退出はいつでも自由です。午後のひと時、気楽なおしゃべりと情報交換、充実のボランティアはいかがですか?

トップ | お知らせ | What's New | 行事のご案内終了 | 定期行事

 行事の終了12月

http://yacho.org/#report

探鳥会やその他イベントの結果ご報告です。イベント風景の写真、感想など詳細情報とともにご覧ください。

会員のみ参加2012忘年会

12月16日(日) 飯塚市柏の森・本会事務所

Highslide JS

担当 広塚忠夫

今年の料理は、昨年の弁当から小河ケイ子様の「おにぎりと餅」、竹田澄子様から「アイガモ鍋」を準備頂き、更に、多くの差し入れをご馳走になりました。

今年の重大ニュースは、「松尾節朗名誉会長、梶原剛二会長、竹田澄子副会長、松尾浩二普及部長、矢野悦晨副部長ら新役員の誕生が投票」(18票)で一位に決まり、続いて、「本会サイト・くまたか:60,000アクセス」が二位となりました。

また、「あなたの好きな鳥」の発表を、田中良介さんから提案があり、なぜ指名の鳥が好きになったか等の質疑が飛び交い、あちこちに脱線して、“ホトトギスは農業、農耕を知らせる鳥で教育の原点でもある”“ヨシガモは一番美味しい鴨と元黒田会長が述べられていた”“オシドリは忍びの音で鳴く”とかに話が発展しました。

最後は、環境保護団体として、できるだけゴミを出さないように、例年の“国ちゃんくじ引き”で公平分配しお持ち帰り頂きました。

新年もこの元気を継続して、当会筑豊の会員間の交流を更に発展させましょう。

日本野鳥の会・筑豊の重大ニュース・ベスト10

  • 1位:(18票)松尾節朗名誉会長、梶原剛二会長、竹田澄子副会長、松尾浩二普及部長、矢野悦晨副部長ら新役員の誕生
  • 2位:(16票)本会サイト「くまたか」:60,000アクセス(見込み)
  • 3位:(15票)英彦山ソウシチョウ調査(エイソウ):延べ72コース調査完了
  • 3位:(15票)探鳥会:725回到達
  • 5位:(13票)野鳥だよりNO-418号発行
  • 6位:(12票)筑豊野鳥観察サイト(試行)実施
  • 6位:(12票)英彦山自然展:3団体1個人共催
  • 6位:(12票)声の野鳥だより2012年版発行
  • 9位:(11票)野鳥撮影におけるデジタル一眼レフの使い方シリーズNO−15連載
  • 9位:(11票)殺虫剤「ネオニコチノイド」による野鳥生息の悪影響の実感
  • 次点:(9票)筑豊アーカイブ2012年発行
  • 次点:(9票)植物観察会:104回達成

※挙手により投票し、重複投票可

ゲスト参加歓迎第725回例会:大ヶ原探鳥会(終了)

12月9日(日) 川崎町安眞木・大ヶ原(だいがはら)

Highslide JS

担当 竹田澄子

今回の探鳥会は天気が心配でしたが、1時間くらいすると雲行きが怪しくなり、雪が舞い始めるとあれよあれよという間に大ヶ原はメルヘンチックな美しい雪景色に変わりました。止みそうも無く、早目に切り上げましたが、いつもの冬鳥達とも出会え、寒かったですが皆さんお疲れ様でした。

ゲスト参加歓迎第104回植物観察会:巣箱作りと竹細工の会です。(日嶽の里)(終了)

12月8日(土) 添田町上津野・日嶽の里

Highslide JS

担当 川谷良子

去年2月に始めた竹細工も4回目になりました。

大きな孟宗竹にナタを振り下ろすと、乾いた豪快な音を立てて、まっぷたつに割れました。底に水抜きの穴を開け、小さめの竹をX字に組んだ2つの脚に渡すと、趣のある植木鉢ができました。何気ない野草が似合いそうです。自分の背丈に合わせた靴べらやバターナイフなど、初めての人も慣れた人も、思い思いの作品ができ上がりました。

広塚さんが用意してくれた板に線を引き、紐を通す穴を2ヶ所開けた横板2枚、シジュウカラ用に穴を開けた板、屋根用板、水はけ用の穴を開けた底板、5枚に切り分け、巣箱の準備ができました。釘が曲がったり、手を打ち付けたり、大騒ぎのあげく、なんとか巣箱(写真)が完成しました。来年は巣作りの嬉しい報告が届くでしょうか。楽しみです。