クマタカ
くまたか (日本野鳥の会 筑豊支部)
 ホーム資料館行事過去録月別
online 
total 
modify:2017-09-22

since 2009-04-01


月別

(イベント過去録/終了: 09-04-27より採録)

 イベントのご案内☆4月

  • 本らんの案内文で、舌足らず・言い過ぎ・間違いの責(文責)は、例会担当者ではなくすべてサイト管理人(有働)にあります。お叱りはどうか[あのね](左側サイドバー)から。
  • 時刻は24時間表記です(例:午前9時⇒09時、午後2時⇒14時)
  • 駐車可印は駐車可能な場所です。
  • 各イベントご案内の[地図](グーグル・マップ)と[乗換案内](ジョルダン)は、別ウィンドウで開きます。
  • 地図上の赤いバルーンマークが集合地点です。地図左上の“つまみ”上下で拡大(+)、縮小(−)し、地図上でドラッグすれば図面が移動します。
  • 一般参加歓迎(スズメ)印のイベントは、一般(会員以外)からのご参加を歓迎します。一部を除き、事前のお申し込みは不要です。当日、集合地へおいでください。(もっと詳しく知りたい方は、次行の「続きを見る」をクリック)

ゲスト参加歓迎第631回例会:水町みずまち遺跡公園(終了)

4月5日(日) 福岡県直方市

例会風景 観察種数39種、参加者14名(ゲスト2名+会員12名)。森や池、小川に田畑と自然環境が多様だったので多くの冬鳥や留鳥が見られ、夏鳥のツバメもいました。スコープの中の美しいイカルや、福智川にいた目前のコガモが印象的でしたし、昼食時にはアトリまで出てくれました。全体に鳥影の濃い例会でした。(担当:梶原さん談)
 写真:福智川にかかかる「たかとりばし」橋袂の上野(高取?)焼茶碗

ゲスト参加歓迎第632回例会:英彦山ひ こ さ ん定例探鳥会(終了)

4月12日(日) 福岡県添田町

例会風景 観察種数21種(在来種20種+外来種1種)、参加者14名(ゲスト2名+会員12名)。
参加者の皆さんの今日の一言二言を届けます。(担当:松尾支部長) 「続きを見る」からどうぞ。

 毒草ハシリドコロ(?)(写真右下)の花を観察する参加者


ゲスト参加歓迎第1回ミニ植物観察会(ミ ニ 観)添田そ え だ公園(終了)

4月17日(金) 福岡県添田町

4月16日から翌17日に延期となりました。

例会風景

確認できた植物種数71種(木本32種+草本39種)のうち花46種、野鳥17種+1sp.、参加者6名。

春真っ盛り、バラエティ豊かな花々に囲まれて幸せでした。特に印象に残ったのは清楚で美しいキンランの花。草木はみんな花をつけますから、今後は花を目印に観察を続ければ、ほぼまんべんなく見ることができると期待しています。来る5、6月こそ花のシーズン。お楽しみはこれからです。ご参加のみなさん、どうもありがとうございました。また、これをご覧のみなさん、来月のミニ観もよろしくお願いいたします。(担当:川谷さん談)

 写真:不思議植物ギンリョウソウ(?)に見入るみなさん

ゲスト参加歓迎第633回例会:三毛門 み け か ど海岸(終了)

4月19日(日) 福岡県豊前市

例会風景

野鳥52種、参加者14名(うち北九州支部から1名)。

チュウシャクシギやキョウジョシギが現れてくれるか心配しましたが、ちゃんと居てくれてほっとしています。これからシギ・チドリは本番です。今回、観察種数は後背地も含めて50を超えていましたが、いつ来られてもきっと見応えのあるバード・ウォッチングになるでしょう。みなさん、またお出でください。(担当:下田さん談)

ゲスト参加歓迎第87回植物例会:由布岳(終了)

4月23日(木) 大分県由布市

ヤマシャクヤクの花

植物58種(草本53種、木本5種)、参加者11名(うちゲスト1名)。

車3台に分乗して出発。由布岳の花がお目当てでしたが、ひとことで言えば大当たり。ヤマシャクヤクの大群落、イチリンソウ、ニリンソウ、サクラソウ、後で訪れた飯田高原でキスミレを愛で、お花畑の花々にも再会。花に酔い、花に見惚れ、花に夢中の一日。頭の中にはまだ咲いています。由布岳のキスミレは少し時期が遅く、またヤマシャクヤクの花は二日間しか見られないことを考えあわせると、さわやか晴天ともども幸運に恵まれた例会でした。ご参加のみなさん、またご一緒しましょう。今回見送った方も次回はぜひ、ぜひ...(担当:川谷さん談)

 写真:大輪のヤマシャクヤクの花(河野三郎さん撮影)

 支部運営委員会☆4月

 イベント予告 (5月〜6月)

ページの上に戻る