クマタカ
くまたか (日本野鳥の会筑豊支部)
 ホーム資料館リンク集
  online 
 total 
modify:2017-03-30

http://goo.gl/bLaL

野鳥に関するリンクのご紹介です。

役に立つ、面白い、楽しいをキーワードにサイト管理人の責任において選び、“見どころ”の解説まで加えています。ネット・サーフィンの起点にどうぞ。何か“くまたか好み”の良いサイトを発見された方は、その理由とともに推薦をお願いします。

  • 【お願い】このリンク集掲載について、オーナー様へのご連絡・ご了承を得ていないサイトもあります。できましたらこの「お願い」をもってご連絡とさせていただき、許可を頂戴したいのですが、もしご不快や不都合などあれば、ご連絡をいただきましたら、迅速かつ誠実に対応いたします。記載内容についても同様です。勝手を申し上げ、たいへん恐縮です。
  • 「くまたか」はリンク・フリーです。当サイトの条件にかなっていれば、リンクおよびディープ・リンクは、ご自由にどうぞ。ご報告は必ずしも必要ではありません。

(お名前は順不同、敬称略)

| アート、交通 | 九州ブロック | コレクション | ツアー | デジスコ |

| 学究 | 行政 | 個人 | 参考 | 施設 | 出版 | 植物 | 助成金 | 図鑑 |

| 総合・ソフト | 地図・動画 | 保護 | 法律・本部 | リスト |


科名標準和名見どころ
アートバナー
Ikuo Anazawa's paper craft
穴澤郁雄、紙で野鳥を作る(ペーパー・クラフト)プロの作家。野外で見るよりは多少メリハリのある色合いだが写実的。まずはお持ち帰り(シロフクロウやオオハクチョウなど)でお試ししてみよう。A4版1枚で1種作れる「小鳥シリーズ」はおすすめ。
アート内山春雄のバードカービングと木象嵌ほんものそっくりの野鳥の彫刻がバードカービング。情景のように仕上げた情感あふれる作品が見られる。象嵌もあって、精緻な造形がすばらしい。カルチャー・センターなどで教室も展開。
アート「森ともり」のいきもの大百科“ワイルドライフ・アーティスト (自然画人)”岡本正伊(おかもと しょういん)のHP。「少々時間がかかりますので何日かに分けてご覧ください。」というくらい本気のコンテンツが豊富。作品の多くは自然情景の中に野鳥がいる。見ごたえあるサイト。
アート谷口高司 鳥絵工房プロの野鳥イラストレーター。惜しげもなく多くの野鳥をあしらったページは、カラフルで楽しい。野鳥観察しながら野鳥を描く野鳥イラスト教室には、誰でも参加してみたいと思うだろう。
アートSEKI KANBEI「赤 勘兵衛:動植物を中心に自然をテーマに生物画を多く描くイラストレーター」(引用)。おもしろカッコいいトップページ。何しろリンクに文字がなくて、クリックするまで何が出るかまるで分からん玉手箱。作品はとても明るくて、野鳥も描いてあるけど、たいていの絵には植物がいる。透明感のある絵がきれい。こういう視野を持ってみたい。
アートTORINOE-水谷高英によるフィールドノートプロの野生生物イラストレーターで野鳥の会会員。Field Noteはすばらしい。日ごろ夢見る理想のフィールドノートが現実にあった!美しい。
交通ジョルダン全国の列車発着駅、時刻などを指定して、乗り換え、料金等の詳細が分かる親切案内。
交通にしてつ時刻表西鉄バスの発着駅、発時刻などを指定して、着時刻、料金などが分かる。地図上でバス停が確認でき、電車の筑豊電鉄線、天神大牟田線の時刻表もある。
交通時刻表リンク全国公共交通機関(乗り物すべて)時刻表へのリンク集。

△ページトップへ

コレクション日本野鳥の会諏訪支部珍しい鳥卵標本コレクションが見られる。卵の写真は大きさを等比で掲載し基準のメジャーもある。ごく普通の種(27種)がほとんどなのだが、それ故資料価値は高い。
コレクションMO's展示館野鳥の動画・声・羽のコレクション・サイト。「チッチ系」「チャッチャ系」など声の分類法が意外に的確でなんとも楽しい。羽毛は全身の部位により分類されており、たいへん資料価値が高い。動画は、鳥類のほかに爬虫類や昆虫もある。
コレクション羽図鑑野鳥の羽の実物コレクション。大きさが分かるように掲載。
ツアーバードデスク | JTBロイヤルロード銀座JTB/趣味の旅/野鳥撮影の旅。外国へ野鳥撮影。“撮影ポイントまで車で移動し、じっくり腰を据えて撮影する、いわゆる「定点撮影」が原則です。被写体となる野鳥を探して歩き回るようなことはしません。”(引用)こういうツアーを求める人は多いのではないか。
ツアーバードウォッチングならワイバード | Birdwatching Ybird標題の通り千葉県の国内外の探鳥パック・ツアー企画旅行業社。個人に講師1名同行から、団体まで扱う。漫然と全部お任せの観光旅行もいいが、テーマを絞りツボを押さえたこんなツアーこそが本当の探鳥ツアーである(ヨイショ)。
デジスコ--DIGISCO.COM(デジスコドットコム)--野鳥撮影の技術を革新したデジスコを総合的に紹介。初心者のためのコーナーもある。

△ページトップへ

リスト
日本の野鳥一覧 (Sibley)
日本で観察された全野鳥約600種のリスト(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)。学名・標準和名・簡単な備考。シブリー・アールキストの(新しい)分類旧分類の両方。
リスト日本鳥類目録 標準和名リスト2000年『日本鳥類目録 改訂第6版』が発行されたのに、日本野鳥のチェック・リストは意外に入手難。こういうものこそインターネットで流すべきだと思っていたら、ありがたやダウンロードができる。(入手したファイルをメモ帳にドラッグするか、拡張子をtxtに変更すれば簡単に開く)
リストList of Birds in the World(「世界の鳥」について)バード・リスター御用達。「世界の鳥類9946種類の学名、英名、和名をリストにしたもの」(引用)がダウンロードできる。本邦初記録種を発見したら、ここで和名を確認しよう。
リスト日本産鳥類リスト「この種名リストは「日本鳥類目録改訂第6版(日本鳥学会2000)」と「種の多様性調査動物種チェックリスト鳥類コード表(環境庁1994)」を対照表形式で入力したものです。」(引用)。ダウンロード・ファイルはCSV形式なのでExcelまたはちょっと読みにくいがウィンドウズの「メモ帳」で読み込み可能。
リスト日本鳥類目録「日本鳥類目録 改訂第6版」(日本鳥学会が2000年9月)の全リストをズバリ掲載。生物多様性情報システムの資料ページ。
九州ブロックoitabird 野鳥おおいたトップページは野鳥イラストのアニメーションがにぎやか。大分といえば山の鳥の印象が強いが、33か所もの探鳥地案内情報はたいへんありがたい。
九州ブロック日本野鳥の会長崎県支部充実したサイト構成と運営。パスワード・ロックの「会員コーナー」や「調査用紙等」はHPをうまく活動に織り込み、かゆい所に手が届く印象。「長崎の探鳥地」は他支部にはありがたい情報。手堅く親しみのあるサイト。

△ページトップへ

九州ブロック日本野鳥の会佐賀県支部支部紹介と入会案内。アートな印象のきれいなトップ・ページ。
九州ブロック
福岡県
まめわり通信筑後支部の公認ブログ。素敵な絵とともに、必要な情報・探鳥会の案内だけを置くという贅肉を落とした極めてストイックな作りに好感。サムライである。
九州ブロック
福岡県
日本野鳥の会福岡 しぶろぐブログ形式のページ。写真を活用したカジュアルで臨場感あるページ作りは、読んでいて楽しい。
九州ブロック
福岡県
日本野鳥の会北九州支部写真が多くあり、見ているだけでも飽きない。コンテンツは、ホームページ形式で、過不足の無いページ構成のため、目的の情報が探しやすい。
学究我孫子市鳥の博物館我孫子鳥類生息データベースは野心的な試み。こうしたデータ収集では観察地点の特定や表記はいつも問題になる。地形図と組み合わせたアイデアはすばらしい。
学究自然大好き!身近な自然を観察。普及と教育に向けた具体的な取り組みはたいへん参考になる。コンテンツはどれも示唆に富み、具体的な提案があって興味深いが博物館で遊ぼう!は、特に面白い。
学究Hawk Migration Network of Japanタカの渡りを調べるグループのための全国ネットワーク。
学究モニタリングサイト1000「環境省では全国にわたって1000か所程度のモニタリングサイトを設置し、基礎的な環境情報の収集を長期にわたって継続して、日本の自然環境の質的・量的な劣化を早期に把握します。モニタリングサイト1000を通じ、日本の長期生態系観測態勢が整いました。」調査方法の具体的な説明はたいへん有用。
学究BG Plants 日本植物学名検索システム「日本産植物の和名と学名に関する詳細情報の整備を目的」としたデータリスト。
学究生物多様性情報システム環境省生物多様性センターが管理・運営する生物多様性情報システム(J-IBIS:Japan Integrated Biodiversity Information System)。我が国の生物多様性や自然環境に関するさまざまな情報を収集し、広く提供するためのシステムで、自然環境保全基礎調査(緑の国勢調査)の成果、絶滅危惧種に関する情報をはじめ、生物多様性や自然環境に関する総合データベース。
学究バードリサーチ/ Bird Research人間と自然が共存可能な社会を構築するため、各生物種の基礎的な情報を収集、現状を把握し、もって有効な対策。アマチュアの観察者ほか多くの人々が、基礎的な情報を収集・集約体制を作る。
学究生物の分類と名前学名の読み方は貴重。外国人の観察家と情報交換するときは、学名を使う方が確実。世界には英語なまりの学名読みが多い(らしい)ので、必要な人はここでおさらいしておこう。
学究財団法人 山階鳥類研究所「山階鳥類研究所は、鳥の研究(鳥類学・鳥学)を専門にしている日本で唯一の研究機関です。」(引用)。山階鳥研の略称で知られる。鳥類に関する研究では歴史も長く日本屈指の団体。鳥類学研究の一環として行われる標識調査(バンディング)活動はよく知られている。
学究繁殖可能性の区分及びその判定項目第2回自然環境保全基礎調査(緑の国勢調査)動物分布調査(鳥類)調査要綱の繁殖区分コード

△ページトップへ

学究クマタカ広島県のクマタカ生態研究サイト。学術研究の文献を知りたい人に役立つ。
学究日本鳥学会1300名の会員を有する日本で唯一の鳥学会HP。「鳥学の発展および鳥類保護への学術的貢献を目的」として、学会誌発行、大会の開催、一般向けの講演、国内外の関連学会や団体と連絡・提携。「日本鳥類目録 改訂第6版」の発行元。残念ながらサイトでは鳥類リストの提供はしていない。学会誌「鳥」の論文要約および広報誌「鳥学ニュース」バックナンバーが読める(PDF)。
行政福岡県庁ホームページ 自然福岡県の自然行政全般に関する一覧と内容。
行政福岡県庁ホームページ 農林事務所農林事務所は県の野生鳥獣行政を直接に扱う出先機関。野鳥関連の行政問題も担当する。
個人
福岡支部
とりのまち福津「この町は海あり山あり田んぼあり。いいところです」という恵まれた環境にお住まいで、その証拠に、「マイ・フィールド」には、目をむくような珍鳥・椿事が盛りだくさん。鳥の声も聞けて興味深いが、ミヤマホオジロのさえずりなどはぜひ聞いておきたい。
個人
支部会員
野村芳宏 フォトギャラリーサイトを訪れると、野鳥をはじめ美しい作品群が目を引くだろう。余分な装飾を廃し、作品自身もまたスッキリとした味わいが独特。サイト全体にただようさわやかな森の香りは、可憐な花々がもたらしているのだろうか。
参考
Joint Typhoon Warning Center Products
米海軍の台風に関する予報サイト。夏から秋の台風シーズンになれば、探鳥や例会予定は台風のチドリ足しだい。このサイトは、予報の的中率が優秀なうえ、日本のそれに比べ、はるかに予報期間が長い。日常生活にも役に立つ。当然ながら全画面英語、だけど気にしない。Typhoonの文字のある項目配下の[TC Warning Graphic]をクリック。軍のサービスだが平和的利用にはおおいに活用したい。なお、表記時刻は協定世界時なので日本時刻に直すには時差9時間プラスする。
施設
きらら浜自然観察公園
NPO経営による山口県立きらら浜自然観察公園。自然に親しみ、観察できる公園としてオープン。野鳥以外にも昆虫、干潟の生物まで。多くの渡り鳥が通過する格好のフィールド。ビジターセンター、常駐のレンジャーなど、施設運営は本格的。支部のバス・ツアーでは定番の目的地。

△ページトップへ

施設英彦山豊前坊 高住神社「九州第一の霊峰、英彦山に鎮座する豊前豊後の総鎮守」季節の神事や自然の写真が多数。
施設薮内正幸美術館福音館の絵本で知られた動物画家の美術館HP(山梨県)。残念ながら大型の絵は見られないが、トップ画面の絵の画像を切り替えて鑑賞できる。商品カタログ(PDF)でも作品に接することができるが、きっとあれこれ欲しくなって困るだろう。
施設
福岡県
福岡市油山自然観察の森福岡市南区の油山を拠点にした本格的な自然観察施設。ネイチャーセンターにはレンジャーが常駐。街のすぐ近くにあるほぼ手つかずの山林がフィールドという恵まれた立地でビジターも多い。本部が福岡市から受託して運営している西日本では唯一のサンクチュアリ
施設
福岡県
北九州市立 いのちのたび博物館【自然史・歴史博物館】自然史博物館部門に現世・鳥類が収蔵されている。卵や死体を入手したら、捨てずに一度連絡してみよう。博物館の標本として活用されるかも。
施設MapFan(交差点名称)交差点名称が分かるので、地域の特定に便利。
施設
筑豊
(遠賀川水系)河川検索遠賀川水系の橋・堰の名前。
出版オンラインバードウォッチングマガジン - BIRDER.jp月刊誌BIRDERの目次や編集裏話など資料多数。バックナンバー目次や美しい野鳥写真の壁紙などおみやげが持ち帰り(ダウンロード)可能。[野鳥観察用語辞典]が面白い。
植物BG Plants 日本植物学名検索システム通称、YList(ワイリスト)と呼ばれる植物の和名、学名インデックス・データベース。
助成金サントリー愛鳥キャンペーン SUNTORY ecoship サントリーサントリーがメセナの一環として展開している「サントリー愛鳥キャンペーン」。団体活動への助成金提供情報やサンクチュアリ運営の紹介など。
図鑑
野鳥の窓
「野鳥の写真や図鑑を取り扱っている膨大なホームページを収集して整理」(引用)日本産鳥類のほとんどをリンク集として収録。図鑑代わりに利用できる。
図鑑猛禽類同定検索図鑑猛禽類の“同定”に目的を絞ったサイト。現物や写真で種名が分からないときは頼りになる。ポイントを写真で確認しながらYes/Noの選択形式なので、容易に結論までいけそう。いつもは遠くで見慣れている野鳥も間近で見るとまるで違って見えることが多い。識別の参考に。

△ページトップへ

図鑑
Yachoo! オンライン野鳥図鑑
YAHOO!ではなくYachoo!「自分の調べたい鳥の情報が手に入り、知りたい鳥を検索してたどり着く」。写真を説明資料とした野鳥図鑑。「フリートーク」は写真の投稿ができる掲示板であり、不明種の問い合わせが盛ん。
図鑑
■野鳥の杜
仲間内で撮影した写真により「日本の野鳥を500種!掲載したホームページをネット上に展開すること」(引用)を目標にサイトオープン。すでに539種達成(09年3月)。「オマケのコーナー」の壁紙や、動くイラスト素材などおみやげが楽しい。野鳥の素材配布は他で見られず、ありがたく利用させてもらうサイトも多いのではないか。北米産鳥類リストもあるが一覧ではなく検索式。
総合野鳥観察@2ch掲示板「2ちゃんねる」は日本最大の掲示板。誰でもスレッド(掲示板)を新設できる。匿名をいいことに相当な書き込みも多く、時々事件なども起きるが、新鮮な情報も多い。あの2chに野鳥板があるなんて!と驚く人もいるだろう。
総合
H.Hiraizumi's BirdingPage
「日本の野鳥に関する総合的な情報の提供を目標にしています。」とある通り、網羅的かつ系統的で豊富なリンク集サイト。野鳥に関する情報検索・収集ならまずここから始めるのが定法。更新頻度は良好。
ソフトSPMAP for Windows生物分布図作成ソフト。地域メッシュコードにも対応している。
地図電子国土ポータル国土地理院提供の地図レイヤー上に一般ユーザーが情報を乗せて、インターネットで共有・閲覧するためのサービス。作成のためのプログラムも無料で提供。野鳥の観察・分布図や地点特定などには便利。
地図キョリ測歩行やランニング等の移動距離を測る地図サービス。図上の2点をクリックすることで、その間の距離が分かる。2点間だけでなく、その先々の地点をクリックすれば、距離が積算され、道なりの細かい距離計算も容易。
地図地図閲覧サービス(ウォッちず)国土地理院のカラーの2万5千分1地図(地形図)情報を試験公開。地図は日本全国連続していて(販売の印刷図のように図郭ごとに分割されていない。図郭線の表示は可能)、マウスのドラッグにより移動可能。縮小・拡大、任意地点のクリックで緯度経度表示。調査などで必要な場合も、適当に編集・印刷して使えるのは便利。ホームページから地図に経緯度によるリンクも可能。
地図緯度・経度とメッシュコードの相互変換緯度・軽度⇔3次メッシュコード相互変換ができる。徳島県の農林水産総合技術センターのサイトだが、福岡県のデータでも受け付けた。
地図Geocode Viewer地図上での位置指定、経緯度、メッシュコード間で相互に連動・変換可能な超便利サービス。
地図緯度経度メッシュの地図データを知ろう緯度経度の日本・世界測地系同時表示、地図上からメッシュコード取得など、使えるサービス。
動画手乗りヤマガラ動画。野生らしいヤマガラがビデオカメラからほんの数十センチくらいの至近距離で、手のひらのヒマワリの種をくわえては、しきりにどこかへ運んでいく。かわいい。
保護鳥獣害研究室HPのオーナーは独立行政法人の研究センター。「生物多様性を保全することと、一部の鳥による農業被害を減らすことは、どちらも大切だし、矛盾していません」とあるように、駆除一辺倒でない確かな見識による活動。「よくある質問」は、農業関係者からよく受ける質問と答え。参考になる。
保護
すずめSOS
傷病スズメとひなの救護法に関するサイト。もし保護したらとりあえずこのサイトで善後策を確認。「誤認救護(必要がないのに保護すること)を防止することを目的として作成したポスター」が、幼児・子供・大人のそれぞれを対象に3種類ダウンロードできる。個人サイトとしてメいっぱいのがんばり。本部提唱「ヒナを拾わないで」キャンペーンと符号。

△ページトップへ

保護
NPO法人 希少生物研究会
大分県中津市に事務局を置き、環境省のレッドデータの生物を対象に“希少野生生物の調査・研究基づいた根拠のある自然保護や環境教育等の啓発・普及活動を目指す”(要約)。会員は全国に約40名。相互リンク予定です。
保護社団法人 岩手県獣医師会「よくある質問」野生動物のページはとても役立つので紹介。「岩手の野生動物を考える集い」なども開催されていて、野鳥への保護活動が盛んな様子がうかがえる。
保護JAWAN(日本湿地ネットワーク)「日本湿地ネットワークは、ラムサール条約の推進や、湿地・干潟の保護や回復のための活動、国際的な湿地保護運動の支援などを行っている、日本各地の湿地保護団体のネットワーク組織です。」各地の野鳥の会、特に九州の団体が多く加盟。
保護日本鳥類保護連盟比較的、行政とよく連携した日本野鳥の保護活動団体。バードウィークの愛鳥週間主催、全国野生生物保護実績発表大会、外国からの移入種調査などの活動。
保護
日本自然保護協会・NACS-J
NGOとして日本の自然保護活動と啓蒙。AKAYAプロジェクトなど大きな保護計画のほか調査・研究、教育・普及活動などに取り組んでいる。
保護WILD LIFE RESCUE VETERINARIAN ASSOCIATION2ボランティアの獣医師による「野生動物救護獣医師協会」(WRV)のHP。野生動物の医療を通じて、環境の異変に対処。野鳥の会にとっては、傷病の鳥たちを救ってくださるありがたい団体。
保護密対連「〜密猟問題の抜本的な解決をめざして1992年、密猟対策連絡会は京都で発足〜」(引用)。野鳥輸入の禁止、密猟取締りの強化、野鳥(メジロ)の愛玩飼養制度の廃止等を柱に活動。反密猟をテーマにした各種資料が豊富。福岡県の「第10次鳥獣保護事業計画書」全文(PDF)は貴重。
保護
福岡県
和白干潟を守る会「日本海側で は最大規模の干潟」和白干潟を守るために活動。自治体にとって干潟など遠浅の海は埋め立ての格好の餌食。干潟を守るため、野鳥をはじめ干潟の生物を一般へ広報・啓蒙活動している。
△ページトップへ
法律鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律新しく制定された野鳥にもっとも関係の深い法律。昔のようにカタカナ使いで書いてないので、多少読みやすくなっている。電子政府の総合窓口のサブ・ページ。
本部
BIRD FAN
日本野鳥の会の一般向けサイト。初心者の疑問や必要に応えてくれる。ベテランは初心者指導のとき野鳥に関するご質問を虎の巻にしよう。サイトの要請で掲載−「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」
本部
財団法人 日本野鳥の会
Wild Bird Society of Japan
言わずと知れた私たちの親団体。さすがに充実したサイト作り。支部一覧で他支部のサイトが見られる。各地の支部主催探鳥会情報もあるので、遠くに旅行するときは事前に確かめておき、参加させてもらうとよいかも。日ごろのウデをバードウォッチング検定で試してみよう。(最後尾になったのは[科名]でソートしたせい。意図ではありません)

△ページトップへ

Copyright (C) 2009-2016 日本野鳥の会筑豊支部 All Rights Reserved.